とと姉ちゃん ネタバレ感想あらすじ 12週67話【6月20日(月)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想12週67話
2016年6月20日(月)放送
とと姉ちゃん12週テーマ「常子、花山伊佐次と会う」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで12週67話
6月20日(月) 

昭和16年。
戦時下における統制や資材不足のために、青柳商店の経営は困窮を極めていました。そんな中で、さすがの女将・滝子も年齢の上に度重なる心労で、ある日、倒れてしまうのでした。

とと姉ちゃん_滝子67

滝子は「再生不良性貧血」という当時としては難病とされていた病にかかっていたのでした。そして、床に就く事が多くなった滝子に、娘・君子は不安を覚えるのでした・・・

甲東出版にて・・・
甲東出版が作るのは文芸誌でした。社長兼編集長の谷から、常子は仕事の手順を学びます。
その手順とは、
とと姉ちゃん_谷67まず、作家から原稿を受け取ると、読みにくい文字などを赤ペンで補足的に記入します。
さらに、文字数を確認すると、それを元に「割り付け」をします。中でも挿絵はその作品の世界観を表す重要な要素だと谷は話します。

製本され出版社に届いた本は、発売となり取次店、定期購読者、書店売り込み用に分けて発送されることになります。

これが、甲東出版の一連の流れですが、その間も次の号の内容について編集会議が行われ、さらにその先の企画に関しても準備されるのでした。

ある日のこと・・・
常子は編集会議への出席を指示されます。常子は商社の時のように、新人としてメモを取ったり、出席者にお茶をいれたり雑務をしていると、編集長・谷は「何をしている!」と常子をにらみます。
とと姉ちゃん_たに67会議中は雑誌の内容を考える時間。ほかのことは考えなくていい!と常子に言うのでした。

さらに、谷から企画についての意見を常子は求められます。びっくりする常子。

女がしゃしゃり出てもいいんですか?」すると五反田は、「当り前じゃないか、ここでは男も女もない」と当然のように言います。

常子は男女が対等に働く甲東出版の職場に感動と興奮を覚えるのでした。そして、「君が作りたいと思う企画が浮かんだらぜひ聞かせてくれ」と、谷に言われると常子は目を輝かせるのでした。

しかし、いざ企画をと考えてみますが、初めてのことだけになかなか思い浮かばない常子なのでした・・・

青柳商店にて・・・
「まいったなぁ」若旦那・清が番頭の隈井に話します。「このひと月で売り上げが3割減だ・・・」沈痛な顔で、清はもはや残り少なくなった従業員をさらに減らすよう、隈井に言うと、組合の寄り合いにと出かけるのでした。

とと姉ちゃん_清67

常子は会社からの帰り道、誰もいなくなった森田屋の前で足を止めます。森田屋の人々を思い出しながらたたずんでいると、森田屋あてに郵便が届いたと配達員が声をかけます。それは、親友・中田綾、今は村野綾となった綾から常子への手紙でした。

常子は家に帰ると、コートも脱がずに手紙を読み始めるのでした。

綾の夫は医師でしたが、今は軍医として満州に派遣され、離れて暮らしていると言います。夫の安否を気づかう綾の文面に、戦争の影がすぐ側まで近づいていることを実感する常子なのでした・・・ つづく
 
■叔父・鉄郎の名言「分からない事は・・・」どうしろと言った??

 とと姉ちゃん12週67話・感想まとめ 

【常子出版社に就職する】
常子は、甲東出版に就職が決まりました!!
良かったですね♪ 前職でいい味を出していた給仕の坂田さんからもらったキャラメルが、こんなにもラッキーなプレゼントだったとは思ってもみませんでした。

この出版会社に入る事で、常子の人生でのパートナー花山さんと出会うこととなります。
今週のテーマは『常子、花山伊佐次と出会う』のようですね!

先週の森田屋ロスから一転して、新しいメンバーがとと姉ちゃんを益々盛り上げてくれそうです。まず何といってもミッチーこと及川光博さんの「五反田一郎」役も期待できます♪
一風変わった雰囲気の明るくて腕がいい編集者。見ていて嫌味がないので楽しませてくれますね。この五反田さんが花山さんとのパイプ役みたいです。

それから、私の大好きな山口智充さんも登場です!!
山口さんっているだけで笑える存在で、私大好きなんです♡面白さが伝わってくる感じが、元気をもらえるというか…。今回も甲東出版で会議するシーンはとても絵になっていますよね。
これから楽しいことが始まるようなワクワク感を覚えました。息が合っていて初めてあった感じがしない、このメンバーが作る雑誌読みたいと素直に思えちゃった私でした。

また花山伊佐次役も唐沢寿明さんという豪華さ♡これだけいい男が揃うと、また視聴率が上がること間違いないでしょう(笑)

【滝子おばあちゃんの体調が心配】
まつさんとの犬猿の仲のころがよかったなぁなんて…、滝子おばあちゃんの気風のいい言い回しが懐かしく感じてしまいますね。年齢もそうですし、200年の老舗青柳商店を背負って今まで仕事をこなしてこられたでしょうから、体に無理がくるのも仕方の無い事なんでしょうか。

でも、いつまでも元気でいて欲しい!必ず常子に気づきをくれる滝子おばあちゃん!!
今回も「人に役に立つもの・人が喜ぶことをする」をというアドバイスがありましたね。
さすがですよね。

君子が娘として母・滝子の心配をして看病している姿、やっぱり母娘っていいな~と感じる場面でもありました。浜松から深川へ引っ越してきた時には、衝突してばかりでしたからね。
あの時期があったからこそ、今の時間が愛しく思えるのかもしれませんけど。どちらにしても、元気な滝子おばあちゃんに、また早く会いたいですね。

【ネットでも話題沸騰中】
毎日のようにネットでとと姉ちゃんのニュースを目にします。今日はなんと5つもヤフーニュースの話題に上がっていました。すごくないですか???1日に5つもですよ!!
①「とと姉ちゃん」好調!視聴率23.9%雑誌作りで編集長に感銘
②「とと姉ちゃん」秋野暢子、大地真央と犬猿の仲「うまくやれた」
③「とと姉ちゃん」常子編集会議に参加23.9%
④「とと姉ちゃん」大野拓朗、清のウザいキャラには理由があった
⑤「とと姉ちゃん」カリスマ編集長を演じる唐沢寿明はスカートをはくのか?
毎日のように話題に上がっている『とと姉ちゃん』今週からまた新たなメンバーで物語も本題に入っていきます。これから益々楽しみですね♪

ではでは
感想byあさひめ

<<前回66話次回68話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る