とと姉ちゃん ネタバレ14週80話感想あらすじ【7月5日(火)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想14週80話
2016年7月5日(火)放送
とと姉ちゃん14週テーマ「常子、出版社を起こす」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで14週80話
7月5日(火)

ある日の事・・・
常子に思いがけない来訪者がありました。女学校時代の親友・綾でした。
1402とと姉ちゃん_綾綾は、当時と変わらぬ笑顔で常子の前に現れましたが、その風貌はかつての綾のそれとはまったく別人のようでした。綾は子供の手を引いて常子の前に立ちます。

小橋家の居間にて・・・
綾の昔を知る小橋家の皆は、久しぶりと挨拶を交わしながら、綾のいきさつに耳をかたむけるのでした。

綾は、女学校卒業後に親が決めた名古屋の医師の元へ嫁いでいましたが、その夫が軍医として派遣された満州で病を患って亡くなり、さらに実家の父親も亡くなったと話します。今は、実家が空襲で焼けてしまった為、蒲田の近くで母親と息子と一緒に、間借りをして暮らしていると話します。

夜になり。常子は、帰宅の途につく綾を見送ります。
「やはり訪ねて良かったわ。久々に笑ったわ。」と話す綾。そして、「あの頃には想像もできなかったものね。こんな風になるなんて・・・。」突然、悲しそうな表情になる綾。

そんな綾を見て、常子は心配になります。別れ際、常子が「今度、お母様にご挨拶を」と言うと、綾は「いいえ、結構よ・・・」と言葉を濁すのでした。

とと姉ちゃん_綾80002

常子が家に戻ると、老眼が進み針に糸を通すのも苦労するかか・君子の姿を見ます。そんな君子を見て、常子は「ごめんなさい、ずっとかかを働かせて。本当は楽させなきゃいけないのに。」と謝ります。

君子は、苦労だなんて思っていないと微笑みますが、常子も鞠子も美子も、皆やるせなさを感じていました。すると、寝ていたはずの鉄郎が急に起き出し、常子に明日ちょっと付き合え、と言います。

翌日のこと・・・
鉄郎は常子を闇市へと連れ出します。時代は変わった、女でもやりたい事ができる、と話す鉄郎。鉄郎は、闇市の中で自力で働く女性の強さを常子に見せたかったのでした。

数日後・・・
鉄郎の言葉を受け、常子は揺れていました。甲東出版で働き続けるのか、自分で事業を起こすのか・・・。その日、一人で闇市を歩いていると、叔父・鉄郎が声を掛けてきます。

常子は、鉄郎が抱えていた木綿を、綾にあげたいから分けて欲しいと頼みます。常子には、女学校時代に疑われた自分を助けてくれた綾に対して、恩を返したいという思いがあるのでした。

常子は、布を届けようと住所を頼りに綾を尋ねると、そこは荒れたバラック地帯でした。そして、住所の家の前に立つと、家主から冷たい仕打ちを受ける綾たちの姿が見えるのでした。

とと姉ちゃん_綾80  とと姉ちゃん_ 常子80

軒先で常子が立ち尽くしていると、振り向いた綾と目が合いました・・・ つづく
 
綾のモデル中野家子さんとは>>

 とと姉ちゃん14週80話・感想まとめ 

【可愛い、たいち君】
たいち君、何とも愛らしいこと!
鉄郎叔父さんに遊んでもらって、無邪気に『きゃっきゃっ』と笑う声が本当に可愛いらしかったですねぇ。食べてしまいたいほどでした。
たいち君はお竜さんの妹弟のようぞう君とかず子ちゃんに次ぎ、愛らしさと癒しを視聴者に届ける役目を見事に果たしています。

思いがけない綾さんの来訪でしたが、綾さんはしっかりお母さんに変わっていましたよね。
それもそのはず、小橋家の三姉妹だってまだあどけなさが残る末っ子のよっちゃんは別にして、常子ちゃんも鞠子ちゃんも、もうすっかり大人の女性。お子さんがいてもおかしくない年齢ですものね。

毎日、楽しみにしている「とと姉ちゃん」の中でも、芸達者でかわいらしい子役さんの活躍は一段とお気に入りのレベルが上がる瞬間なのですが、このところ子役さんの登場する場面がありませんでしたので、久々に相好を崩させていただきました。
これからも、たいち君が綾さんと一緒に画面にたくさん登場してくれると、とても嬉しいのですけれどね。

【闇市の活気】
ダメンズの鉄郎叔父さん、闇市に常子ちゃんを連れ出し、今日はまるで経済学者か哲学者のように常子ちゃんを導いていました。

胸が高鳴ることとして、闇市の喧騒を見ると『みんな生きている』、『女が男に言い返したり文句言ったりするのを見ると笑える』『これからは、女にもチャンスが巡って来た。家族のために稼げ』と言っています。

たまには的確な良いことも言うのですね。ただし、家族のために稼げ、は鉄郎おじさんにこそ、言いたいような気もしますけれど…。

それに、ダメンズなのに何を着ても似合ってしまう向井理さんのせいで、グレーのハイネックのセーターも、へちまカラーの大胆な黄色と黒の格子柄の上着にサスペンダーも素敵でハイセンスないでたちに見えてしまうのは困りものです。

その当時は、ほとんどの食糧が食管制度下に置かれていたため、配給以外で食料を手にすることはできず、入手すれば違法行為とみなされました。でも、食料物資はまるで足りていなかったため、自ずと配給制度は揺らぎ人びとはヤミ物資を手に入れ、買出しをしたりしなければ生きていけないような状態でした。そのような状況が闇市の活気を促していたのでしょうね。

当時は活気にあふれていた闇市とはいえ、当然、今は昔の面影など無く多くは繁華街・商店街になっています。

ちなみに、終戦直後は「闇市」と侮蔑交じりに呼ばれ表記されましたが、後には国民の生活のためには必要であるとみなされ「闇市」から「ヤミ市」と表記、表現されるようになったのだそうですよ。

【過酷な運命】
日本中が戦争という悪魔に過酷な運命を背負わされていた時代ですから、お嬢様育ちの綾さんも例外ではないのはよく解かっています。それにしても、綾さんのそれは想像以上でした…。

常子ちゃんが木綿を携えて綾さんを訪ねた先には、見知らぬ名が書かれた木の表札の下に、表札とは呼べそうにない紙に「村野」の文字が手書きされ、貼られていました。狭い家に大家と思しきおばさんのヒステリックで意地の悪い怒声が響き渡ります。綾さん親子は間借りなさっていたのですね。

何とも切ないですねぇ。やりきれません。『どうしたもんじゃろのう』…。
鞠子ちゃんが言うように『私は辛くなっちゃった』本当に同感です。お金持ちで、美しさも賢さも何もかも備わっていた綾さんの運命が過酷すぎます。何もかも備わっていた綾さんだけに、その運命の過酷さが身につまされますよね。

常子ちゃんとの再会が綾さんの僥倖となることを祈るばかりです。がんばれ!綾さん。

ではでは
感想by香風

<<前回79話次回81話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る