とと姉ちゃん ネタバレ14週81話感想あらすじ【7月6日(水)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想14週81話
2016年7月6日(水)放送
とと姉ちゃん14週テーマ「常子、出版社を起こす」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで14週81話
7月6日(水)

常子は綾に喜んでもらおうと、布を手に綾の借家を尋ねました。
しかし、その貧しい暮らしぶりに驚きます。そして、あれほど優雅なたたずまいを見せていた綾の母も、すっかり消沈しきった面持ちで所在なさそうに常子に挨拶をします。

とと姉ちゃん_綾0181

今日はどうしたの。何かご用。」何故に来たのかと、綾は親友がゆえに見せたくはなかった実状に動揺します。

常子も、来るべき時ではなかったと後悔しながらも、綾の子供にためにと新しい木綿の布を差し出します。一瞬重い空気が流れ、・・・綾は子供の寝顔に目を落とします。

すると、綾は両手でその布をしっかりと抱きしめ「ありがとう。」と、ようやく素直な気持ちで常子にお礼を言うのでした。
そして、綾は常子と二人だけで話をしたいと、母に席を外すよう頼みます。

どうしたの」と常子。
すると、本当はあなたにうちに来てほしくなかった。こんなにみじめな暮らしをしているなんて、あなたに見られたくなかった。こんなつらい状況のなかで何のために必死に生きているのか・・・。綾は初めて本音を漏らすのでした。

そして、一冊の雑誌を取り出します。

とと姉ちゃん_あや81それは女学校時代に藤堂先生から教わった「青鞜」でした。

「原始、女性は実に太陽だった。・・・今、女性は月である・・・」その言葉を思いながら、あれから10年経つが私はまだ月のままだとうつむきます。

でもこの言葉を思い出しては、いつかは私も太陽になれる事を信じ頑張れるのだと言います。

「青鞜」を胸に抱いた綾の顔は、笑顔に輝くのでした

綾の家を出て闇市の雑踏を歩く常子に、叔父・鉄郎の声が頭の中で響きます。
「お前の稼ぎで一家を養っているんだぞ、もっと金を稼ぐことを考えろ・・・」

小橋家にて・・・
常子は机に向かい神妙な顔で何かを書いていました。「辞職願」でした。
翌朝、仏前に手を合わせると、意を決したようにととの写真に向かい「行ってきます」と微笑みます。

その日、甲東出版の仕事が終わりになると、常子はみんなの前で話しだします。
私、甲東出版をやめさせていただきたいんです・・・」社長・谷の顔が硬直します。
「おいおい、何の冗談だい」五反田が笑いながら言います。常子は「退職願」を取り出し、谷に差し出します。

谷のどうしてやめるのかの問いに、常子は二つの理由を挙げるのでした。
一つは、家族を支えるためにお金を稼がなくてはいけない。
もう一つは、自分の作りたい本を、自分の出版社でやりたいということでした。
そして、その作りたい本とは「女の人の役に立つ雑誌」だというのでした。

「失敗する可能性もあるんだよ」と、相田が心配します。すると、常子は「このご時世、すでに失敗しているようなものじゃないですか」と、あっけらかんと言い放つのでした。

とと姉ちゃん_辞職81

そんな常子を、社長の谷は「やれるだけやってみろ」とエールを送り、常子を笑顔で送り出すのでした・・・ つづく
 
■青柳滝子のモデル大橋きんさんとは?
■とと姉ちゃんキャスト主要24人の相関図>>

 とと姉ちゃん14週81話・感想まとめ 

【赤ちゃんのおむつ】
現代では紙おむつが主流ですが、紙おむつが日本で発売されたのは1960年代になってからです。それまでは、おむつは布製のものを使っていたんですよね。

布製は取り替えの頻度が多く、洗い替えがいくつも必要です。物資も少なく、布もなかなか手に入らない戦後の時代では、おむつ用の布も足りなかったのではないかと考えられます。

そして、木綿は柔らかい素材で吸水性が良く、洗濯しても乾きやすい為、おむつには適した素材でした。常子ちゃんが渡した木綿、あれだけあれば、綾さんもきっと助かる事でしょうね。

最近では、布おむつの良さが再び注目されているそうですよ。赤ちゃんの肌に優しく、かぶれにくい。洗って繰り返し使える為、紙おむつのようにゴミが出ない。そういったメリットが見直され、お母さん達に人気が出ているようです。

【綾さんと“青鞜” 】
綾さんの「本当は家に来て欲しくなかった。」という言葉、とても切なかったですね・・・。元々は、お嬢様育ちで凛とした女の子だった綾さんですからね。やはり、知り合いには今の自分の姿を見られたくない、仲が良かった常子ちゃんには特に、という思いがあったのでしょうね。

そして、心の奥には、同情されたくないというプライドもあるように感じました。木綿を持ってきてくれた常子ちゃんに対しても、有り難いという思いの反面、情けなさもあるように見えて、綾さんの複雑な胸中を思うと胸が詰まりました。

あんなに気品があった綾さんのお母様もすっかり元気が無くなっていますし、綾さんはまだ幼い息子を抱えて、先の暮らしさえもどうなるのか分かりませんからね。目黒の常子ちゃんの家を訪ねた時も、綾さん自身きっと何度も迷ったのではないかと思います。

戦争で多くのものを失った綾さんですが、女学校時代に知った“青鞜”はずっと持っていたのですね。嫁ぎ先の名古屋にも持って行っていたのでしょうかね。太陽でありたいのに、それが叶わない現状。それでも、いつかは太陽になりたい。綾さんにとって、東堂先生が教えてくれた“青鞜”は、生きる希望であり、宝物なのですね。

今日のドラマを観ていて、綾さんが太陽になった姿が観たい、負けないでほしい、そう強く感じました・・・。

【ついに会社を辞める!】
常子ちゃん、綾さんの現状を見て、彼女の涙を見て、ついに決心が固まったのですね。
「女性の為に役立つ雑誌が作りたい」という思いを胸に、新たなスタートです。

戦争が終わり、女性の意識が変わってきて、皆、自立心を持って生きるようになってきました。ですが、まだまだ女性の力だけではままならない世の中ですからね。そんな女性達の為に、何かを届けたい。

そして、“とと姉ちゃんとして”もっとお金を稼いで、とととの約束通り母と妹達を守りたい。
かかも白髪が出てきていますし、早く楽をさせてあげたいのでしょうね。

そんな常子ちゃんの思いを汲んで、背中を押してくれた谷社長、器が大きいですね。失敗したら戻ってくれば良いとまで言ってくれるなんて、本当に良い社長さんですよ!辞めて独立したいという社員に、そこまで言ってくれる会社はなかなか無いですよね。

そして、自分で起業すれば失敗する可能性もあるという皆の心配に対して、笑顔で答える常子ちゃんの言葉に、「なるほど、確かに!」と妙に納得してしまいました。

戦争で色々なものを失い、不自由だらけの毎日。そんな今だからこそ、失敗したとしても怖くない、むしろ何もせずにこのままでいるだけの方がよほど危ないという常子ちゃん。その前向きさに、驚きました。

ついに、常子ちゃんが女性の為の雑誌を手掛けます!ガンバレとと姉!

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回80話次回82話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る