とと姉ちゃん ネタバレ14週83話感想あらすじ【7月8日(金)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想14週83話
2016年7月8日(金)放送
とと姉ちゃん14週テーマ「常子、出版社を起こす」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで14週83話
7月8日(金)

ある夜、屋台にて・・・
五反田が酒を飲みながら、自分が書いた小説の挿絵を描いて欲しいと、ある男に頼んでいました。その相手は、あの花山伊佐次でした。しかし、花山はもう出版に関わる仕事は一切断ると決めた、そう話します。

とと姉ちゃん_花山伊佐次83

断られた五反田は、突然、常子の話を持ち出します。常子が自分で出版社を立ち上げる為、会社を辞めたと花山に話します。
「どうしてそんな話を私に?」と花山は怪訝な顔をするのでした。

昭和21年7月。
雑誌を作ると決めてから数か月。ついに、三姉妹が力を合わせて作った“スタアの装い”が出来上がってきました。雑誌を手に喜ぶ鞠子と美子を前に「喜ぶのはまだ早いわ」ここがスタートだと常子は言います。雑誌を売ってまた新しい雑誌を作る、それが目標だから頑張って売ろう、そう話すのでした。

とと姉ちゃん_谷ぐっさん83甲東出版にて・・・
常子が、“スタアの装い”の出来を見てもらおうと訪ねていました。

社長の谷は「気に入らない。服がハレンチ過ぎる、けしからん。」と的外れのことを言い出します。

文芸誌一筋でやってきた甲東出版の男性達にとっては、女性ファッション誌を理解することは難しいようでした。女心をよく知る五反田でさえ、女性らしく可愛げがあって良いと褒めるのが精いっぱいでした。

小橋家にて・・・
いよいよ販売の話になります。しかし、実績のない常子たちの雑誌は書店では扱ってもらえませんでした。そこで、常子たちは闇市の露店で販売することにするのでした。
かかも一緒になって小橋家全員で道行く人たちに声をかけ続けると、一冊、また一冊と売れ始め、300部用意した“スタアの装い”は、なんと日が暮れる頃には見事に完売したのでした。

とと姉ちゃん_雑誌販売83

帰宅した常子たちが、売り上げの現金を見ながら喜んでいると、鉄郎は、「俺は俺のビジネスで稼ぐ」とリュックの中からあるものを取り出します。「木綿のズボン?」不思議そうに常子が手に取ります。
すると、鉄郎は自慢そうに説明をはじめます。「いいか、これはジーンズというんだ」と言い、進駐軍の横流し品として出回っている品だと言います。そして、これが必ず日本で大流行する日が来る、これを売りさばいて大儲けしてやると豪語するのでした。

そんな鉄郎に感化されたのは鞠子でした。私たちも負けずに雑誌を増刷してもっと売りましょうと意気込みます。そして、鞠子は、大胆にも次は1000部を目指そうと言うのでした。

とと姉ちゃん_常子83そして、二週間後。

常子たちは、増刷した雑誌1000部を抱えて、闇市の露店に持ち込みます。

ところが、そこで驚きの光景を目にする事になるのでした・・・ 

つづく
 
 
 
■花伊佐治キャスト唐沢寿明さんのこと>>
■花山伊佐次のモデル天才・花森安治さんとは?

 とと姉ちゃん14週83話・感想まとめ 

【鞠子ちゃんの頑張り】
『叔父さん、男なんだからごちゃごちゃ言ってないではやく食べちゃってください』。
ビシッと注意をされて、すごすごと『はい』と答える鉄郎おじさん、…。
君子かかのおっとりした性格と亡くなった竹蔵ととの性格や教えを受け継いだ小橋家の家風なのか、どんなときにも、小橋家の皆さんは相対する人を追い詰め、攻撃したりすることがありませんよね。

ダメンズの鉄郎叔父さんに対しても、いつも温かく迎え入れていいます。(もちろん、鉄郎叔父さんが憎めないキャラクターだということもありますが)でも、次女の鞠子ちゃんは理論的で賢い子。そんな鞠子ちゃんは幼い頃から、ちゃらんぽらんな鉄郎叔父さんに対しても、いつも的確な批判、叱責が言える子でした。

そんな鞠子ちゃんの性格が、常子ちゃんの猪突猛進に近い性格の良きストッパーの役割もはたしていると感じていましたが、今日の鞠子ちゃんは一味ちがいましたねぇ。
母親の君子かかさえ驚くほど、今までの慎重で用心深かった鞠子ちゃんとは違う大胆な一面を見せてくれました。そして、意外な顔をみせたのは鞠子ちゃんだけではありませんでした。
君子かかのバナナのたたき売りか,
はたまた、ガマの油の口上か『さぁさぁお立会い~』って、今までの君子かかからは想像ができない…。頑張っていましたものね。

【先見の明】
今日は、たいち君に会えて大満足。ちょこちょこと、綾さんの後をついて歩くたいち君がベリーベリーキュート。欲を言えばもっと見ていたいのですけれども…。
ところで、そのたいち君の柔らかく丸いフォルムによく似合っているダブダブの洋服。
戦後の物のない時代、けして高価でも新しくもないのでしょう。でも可愛い!

木綿の風合いが、かわいい子供服には最適ですものね。裏方さんの見事な仕事ぶりです。
常子ちゃんたちが作る雑誌にも洋服にも、大事なのはセンスや先見の明かもしれませんが、あの鉄郎叔父さんには先見の明があるのは間違いなさそうです。惜しむらくは、それが一向に成功に結びついていないことですけれど・・・。

今では、鉄郎叔父さんが言ったように木綿のジーンズは日本中を席捲しています。
これには、1950年代のアメリカ映画「理由なき反抗」でジェームズ・ディーンが Lee のライダーズ101、マーロン・ブランドがLevi’s501を「乱暴者」で着用したこと(お若い方は知らないかもしれませんけれど)が大きく影響しているのかもしれませんね。

【小橋家の想像の翼】
「よっちゃん、よっちゃん。『昔より、想像力が豊かになった気がする』と言いますけれど、想像している場面は幼い日のあなたが、お金持ちになった日を夢見て思い描いたご馳走の山とまるで同じですよ!」

残念ながら、よっちゃんの想像力は豊かになってはいなかったようです。
強いて言うなら、ご馳走の中身がスイーツ系から豪華な食事へ変わったことぐらいですものね。でも、そこが食いしん坊のよっちゃんらしく可愛らしいやら可笑しいやら、思わずニヤケ顔になってしまいました。

次に、鞠子ちゃんの夢は、さすがですね。本に囲まれた生活から、作家の大先生になり賞もとれる勢いですから、夢が進歩しています。
次、常子ちゃんの夢。さてさて、天蓋付きのベッドでの高笑いから、金歯とゴージャスな籐の椅子に変わったのは、どう判断すればよいのやら…。ご本人の申告通り『私、あんまりいいの浮かばなかった』でしょう、ね。

そして、以前は参加していなかった君子かかも想像の翼を広げていましたが、あれは中世の貴婦人の高笑いでしょうかしら?手にした仮面がお洒落です。
三人の娘たちの前向きな頑張りに、とても良い刺激を受けているのでしょうね。
老け込んでなんかいられませんよねぇ。頑張れ君子かか!

ではでは
感想by香風

<<前回82話次回84話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る