とと姉ちゃん ネタバレ14週84話感想あらすじ【7月9日(土)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想14週84話
2016年7月9日(土)放送
とと姉ちゃん14週テーマ「常子、出版社を起こす」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで14週84話
7月9日(土)

さっそく常子たちは「スタアの装ひ」を増刷すると、勢いに乗って売りまくろうと店に持ち込みます。ところが、三女の美子があるものを見つけ常子を呼びます。そこで小橋一家が見たものは「スターの装ひ」とそっくりの雑誌の数々でした。

とと姉ちゃん_スタア84

「スタアの洋服」「スタアファッション」「スタアの着物」「スタアの彩り」さらに「装ひのスタア」と、マルパクリ物まで堂々と並べられていたのでした。

評判になった本はすぐに真似される時代。
そこには様々な出版社から同様の雑誌が、安く、しかもよい紙質で販売されていたのでした。

「スターの装ひ」は経費削減のため格安の紙を使ったため、紙がすぐにボロボロになってしまう雑誌との悪評も重なり、そのほとんどが売れ残ってしまいました。
常子たちは多くの在庫を抱え込み、ふたたび窮地に立たされてしまいます。

とと姉ちゃん_鉄郎84そんな最中、
叔父・鉄郎はジーンズの事業に失敗し、これから京都の舞鶴に行くと荷造りをします。

そして「常子、鞠子、美子、あきらめないでもう一度出せ・・・」と珍しく真顔で言います。

自分は当分東京には帰らないが、自分の住む近所の本屋でも買えるような雑誌を作ってくれと言い残し、鉄郎は小橋家を去ってゆくのでした。

鉄郎の去った後、しばらく考え込んでいた常子は意を決したように鞠子と美子に向い「あと一冊、がんばってみない?」と、決意の眼差しで問うと二人も「うん!」とうなづくのでした。

数日後、甲東出版にて・・・
とと姉ちゃん_甲東出版84雑誌「新世界」の復刊をめざし活動していた甲東出版は、富樫も戻り新入社員も揃い、以前の活気を取り戻していました。

そんな中で、常子が「スタアの装ひ」の失敗を谷に相談していました。

常子は何かアドバイスをと申し出ますが、女性誌の事は畑違いで良いアドバイスができないと谷もすまなさそうにうつむくのでした・・・

常子が肩を落として甲東出版を出ると、五反田があとを追いかけて来ました。
五反田は、常子に花山伊佐次に相談してみてはどうかと、話を持ち掛けます。花山は大手新聞社の編集長も経験していて、その才能はすばらしいものだと告げます。

常子は、花山との初めての出会いを思い出し、躊躇します。しかし、五反田はとにかく会った方がいいと花山の住所を手渡すのでした。

とと姉ちゃん_五反田84

五反田は、花山が二度とこの業界には関わらないと聞いているにもかかわらず、常子には花山に会うようにと勧めるのでした・・・ つづく
 
■花山伊佐次のモデル天才・花森安治さんとは?
■三女・小橋美子のモデル大橋芳子さんとは?

 とと姉ちゃん14週84話・感想まとめ 

【五反田さんのモデルは小説家?】
「朝ドラに自分が出る日が来るとは思わなかった。」と語っていた、五反田さんを演じる及川光博さん。この五反田さんという人物は、小説家の故・柴田錬三郎氏がモデルになっているそうです。
柴田氏は、昭和27年には直木賞を受賞し、剣客小説ブームを巻き起こした作家として有名な方です。また、常子ちゃんのモデルとなった大橋鎭子さんとは戦後間もない時期に日本読書新聞で一緒に働いていた事もあり、大橋さんが作った雑誌「暮しの手帖」にも柴田氏の原稿が掲載されています。

もしかしたら、今後、五反田さんも小説家になるのでしょうか?五反田さんが小説を書き溜めていると谷社長も話していましたし、可能性はありそうですよね。
及川さん自身は、五反田さんとは性格などは似ていないと話していました。女性はあまり得意ではないのだそうですよ。ミュージシャンとしても活躍していて王子様キャラの及川さんですから、これは意外な印象ですよね。

【鉄郎叔父さんの存在】
せっかく「スタアの装ひ」が完売し、その勢いに乗って1000部も増刷したのに、まさかこんなにすぐに真似されてしまうとは~。しかも、あんなに種類があるとは!さすが闇市で生きる皆さん、目ざといですね・・・。それにしても、表紙のデザインからそのタイトルまで、どれもそっくりでしたね。現代だったら、間違いなく訴えられてしまうやり方ですよね。

しかし、こういう時でも、やはりかかは可愛らしい!「スタアの装ひ」そっくりの雑誌を手に取り「随分似たもんね。」と言っていました。鞠子ちゃんに「似てるんじゃないです、きっと真似したんです!」と言われ、ようやく気が付いて驚くかか。やはり、ほんわかしたかからしいやり取りだなぁと感じました。

それでも「真似されるなんて光栄、こっちが元祖なんだから自信を持ちましょう!」と、焦る常子ちゃん達を鼓舞する姿は、やはり三姉妹の母親なのだなぁと感じるところですね。

しかし、窮地に陥ってしまいましたね・・・。古紙やパルプから作られた質の悪い仙花紙を使ったのも、良くなかったのでしょうね。あんなにボロボロになってしまう雑誌は、さすがに困り物ですよね。ページをめくる度にボロボロする様子は、ついつい「掃除が大変そう!」などと思って観てしまいました。

そして、帰ってきたと思ったら、すぐに「じゃあな。」と家を出て行こうとする鉄郎叔父さん。今度は舞鶴ですか!?ですが、今日の鉄郎叔父さんは、今までのダメ叔父さんの顔とは違いましたね。雑誌を作る為に貸してくれた資金も今は返さなくて良い、諦めずに雑誌を作れ、その真面目な様子が印象的でした。

小橋家を後にする後ろ姿も、今までとは違って、何だか素敵に見えました。そんな叔父さんの言動が、三姉妹のもう一度やってみようという気持ちを呼び起こしてくれましたし、今ではすっかり常子ちゃん達に良い影響を与える存在になっていますよね。風来坊の叔父さん、今度はいつ現れるのでしょうか?

【五反田さんの思惑】
花山氏を訪ねてみるようにと、常子ちゃんに住所を教えてくれた五反田さん。もう編集の仕事はしないと言い切っていた花山氏の元へ行けとは、どういう事でしょうかね?
もしかすると、花山氏が常子ちゃんに対して他の人とは違う何かを感じている、そんな風に五反田さんが考えているのかも知れませんね。

花山氏が常子ちゃんを手伝う事で、常子ちゃんは編集者としても社長としても成長する。五反田さんは、なんとかして頑張る常子ちゃんの力になろうとしたのでしょうね。そして、頑なになっている花山氏の心を、常子ちゃんなら解きほぐす事ができるかも知れない。そんな可能性を、常子ちゃんに託したような気もしました。

ここから、常子ちゃんにとっても、花山氏にとっても、前に進むきっかけになるような気がしますね~。

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回83話次回85話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る