とと姉ちゃん ネタバレ15週88話感想あらすじ【7月14日(木)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想15週88話
2016年7月14日(木)】放送
とと姉ちゃん15週テーマ「常子、花山の過去を知る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで15週88話
7月14日(木)】

小橋家にて・・・
天井のシミを見た花山は、その性格上、それを見過ごす事はどうしてもできませんでした。
結局、君子と美子の勘違いを許したまま、花山は屋根の雨漏りの修理を始めるのでした。

とと姉ちゃん_修理88

なんとか雨漏りの修理を終えた花山でしたが、今度は傾いているちゃぶ台に気付いてしまいます。花山は「これもやってしまおう!」と言い、ついでだからと修理し出します。ちゃぶ台を修理しながら、花山はある物に気が付きます。

常子の机の上に立て掛けられている、「常子の三つの目標」でした。そして、君子と美子の会話から、雑誌の売上が小橋家の大事な収入源である事、また、自分が常子にどう言われているのかを知るのでした。

夕方になり、常子が帰ってきます。落としたと思った小銭入れを捜し歩いていたのでした。

とと姉ちゃんt_常子88そこに、ようやく本物の大工が訪ねてきます。
この時初めて、君子と美子は、雨漏りとちゃぶ台の修理をしてくれたのが大工ではなかった事を知ります。

すると、奥の部屋から常子の叫び声がします。

なんと、机の上に無くしたはずの小銭入れが置いてあるのでした。
かか・君子と美子の話しから大工の正体が花山だと気が付いた常子は、とんでもない事をさせてしまったと、激しく動揺するのでした。

花山家にて・・・
花山が帰宅すると、一緒に医療関係の事業をしようと話していた長澤が訪ねて来ていました。花山は、コーヒー店の収入だけではやっていけないからと、事業の話を快諾するのでした。夜になり、「スタアの装ひ」のページをめくりながら、花山は常子の言葉を思い出していました・・・

次の日のこと。
露天商組合・水田の口添えのお陰で、闇市の露天商の一人が「スタアの装ひ」を販売してくれることになりました。この時、喜ぶ鞠子に手を握られて嬉しそうな水田の表情を、美子は見逃しませんでした。

とと姉ちゃん_鞠子水田88

花山のコーヒ店にて・・・
常子は花山を訪ねます。先日の雑誌作り宣言の時とは打って変わって、肩を落とし途切れそうな声で花山に詫びます。家の修理をさせてしまった事を謝り、母と妹が感謝してたことを伝えると、今日はそれだけ言いに来たと告げ、逃げるように店を出ようとします。

とと姉ちゃん_花山伊佐次88手伝う事にした。嫌ならいいぞ!」えっ?常子が驚いて振り向くと、花山は「雑誌の件だ。」と言います。

放っておけば1冊目のようなひどい雑誌を作り、また売れないだろう。売れなければ家族は路頭に迷う事になる。
次の号一回だけと念を押しながら花山は手伝うことを約束するのでした。

常子の顔に満面の笑みが戻ります・・・ つづく
 

 とと姉ちゃん15週88話・感想まとめ 

【ナイスな君子お母さん】
君子お母さんのキャラクター大好き♡天然キャラですが、肝心なところはちゃんと抑えてくれていてナイスです。今日も花山さんを大工さんと勘違いするところ・・・笑えました!!しかし、その勘違いを正さず大工仕事をしてくれた花山さんも「優しい人なんだ~。」と一安心。
常子にはあれだけ冷たく追い払っていましたけどね。

今回の件で花山さん自身、ひょっとしたら君子お母さんを自分の母親に照らし合わせたのかもしれません。他のところも修理してくれていましたよね、几帳面な性格が出てしまったのかもしまれせんが・・・。

常子の部屋で3つの目標を見た花山さん。どう感じたのでしょう??私は、何度も言いますが、常子のあの3つの目標を見るたび感動してしまいます。あんな目標、今でこそ常子も大人になりましたが、子供のころから掲げているんですから。どれだけ責任感があるんだろうかと感心しますよね。きっと花山さんも心動かされたはず・・・です。

最後に「1度だけ編集長になってやる」と言ってくれた時には、私まで嬉しくてうれしくてハッピーな気分になりました。

【よっちゃんの目が光る】
水田さんと鞠ちゃんの恋の行方が気になりだしました。お礼を伝えたい気持ちで水田さんの手を握る鞠ちゃんでしたが、水田さんの過剰なまでの喜びの表情に、おませなよっちゃんの目が光っていました。これは・・・ひょっとして?というか完全に、恋バナの始まりですよね。

杉咲よっちゃんは途中からの参加ですが、常子・鞠子・美子とまったく違和感のない三姉妹に見えます。今はもうすっかり馴染んでいますよね。雑誌作りでは、挿絵を担当するという大役ですし、一般的には、兄弟姉妹は下になるにつれしっかりしてくると言われますが、小橋家もそうなんでしょうか?

案外鞠ちゃんも美子ちゃんも頑固そう・・・、いえいえ、芯がしっかりしているといった方がいいですね!!お母さんのおっとりした部分を、子供たちがしっかり支えてカバーしているところが小橋家のいいところですもんね。

水田さんはいろいろと助けてくれるので、美子ちゃんも応援してくれるのでしょうか?今後の二人の進展も楽しみですよね。小橋家の女性たちにはみ~んな幸せになって欲しいと願う思いでいっぱいです。

【人を敬う姿が美しい】
とと姉ちゃんを見ていると、毎回心が洗われる気がします。
家族の会話の中にも、親を敬う心、夫を敬う妻の姿が多く出てきます。ある意味封建的なという言葉で片付けられがちなことですが、そこに根差すものが強制や義務とは違う、感謝や思いから成り立つ場合には、それは美しい関係性として、今の時代にも改めて新鮮に映ります。

花山さんが家に帰ると奥さんが、必ず玄関でお出迎えして「おかえりなさい。お疲れさまでした」と三つ指をたてて言われますよね。昔の日本では当たり前だったこの光景は、今では生活様式も変わり日常では目にすることもなくなりました。

生活のスタイルや感情の表現の方法は変わっても、このドラマの登場人物のようにお互いを敬い、感謝し合い、そして、日々を正しく懸命に生きて行く。そんな姿を美しいと思い、そんな家族や人間関係に憧れる視聴者が多いと聞いて、やはり日本人はこれからも幸せでいられそうですねなんて、根拠もない確信につい嬉しくなってしまいました。

いよいよ天才・花山伊佐次編集長の助言で制作される「スタアの装い・第2号」。
新しい雑誌が小橋家にどのような影響をもたらしていくのか、目が離せませんね。

ではでは
感想byあさひめ

<<前回87話次回89話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る