とと姉ちゃん ネタバレ15週89話感想あらすじ【7月15日(金)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想15週89話
2016年7月15日(金)】放送
とと姉ちゃん15週テーマ「常子、花山の過去を知る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで15週89話
7月15日(金)】

小橋家にて・・・
さっそく花山は編集長の仕事に取り掛かりました。まずは常子たちの「スタアの装ひ」に関する欠点を列挙し厳しく苦言を呈します。

とと姉ちゃん_花山伊佐次89雑誌の構成や挿絵、文章まで、そのほとんどがダメだと言い、雑誌に容赦なくバツ印を書き込んでいきます。

さらに、在庫の雑誌は安く売ろうとするよりも紙屋に引き取ってもらった方がマシだ、とまで言い放ちます。

鞠子は、具体的にどこがダメなのかを教えて欲しいと訴えます。
花山は「一度しか言わないからよく聞け。」と言い、文字だけで説明する事の難しさを教え、挿絵を使って読者の視覚に訴える事の重要性を説明します。

花山は、自ら絵を描きながら説明していきます。挿絵は、服の良さを伝える為に角度を付けたり動きを出さなければ良さが伝わらないと言い、見出しは、叙情的なものではなくもっと分かりやすい言葉にしろと言います。

とと姉ちゃん_編集89

さらに、一番の問題点を改善しなければならないと花山は話します。それを改善しなければ、この本のにのまえになるぞと「スタアの装ひ」をつまみ上げるのでした・・・
そして、それは何かを自分達で考えろと言い残し、花山は帰って行くのでした。

闇市にて・・・
とと姉ちゃん_常子89常子と鞠子が買い物に来ましたが、花山の課題が頭から離れません。

そんな中、水田と出会います。

常子は、水田との会話から、花山が言った「洋服よりも大事なもの」に気が付きます。それは、「下着」でした。
 
 
再び、小橋家にて・・・
花山の前で常子は、洋服よりも大事なものは「下着」だと答ます。常子の答えに花山がようやく満足そうに「ご名答!」と答えると、三姉妹の顔にも笑顔が戻ります。

そして、花山は「下着の事は自分達で考えろ、いくら私でも羞恥心がある。」と言い、下着が出来上がったらまた呼びに来なさいと言い残し、帰って行くのでした。

さっそく、三姉妹は洋服用の下着の研究に取り掛かります。

おでんの屋台にて・・・
花山と五反田が、飲みながら話しています。五反田は花山の様子から、文句を言いながらも小橋一家の事を褒めている事に気付くのでした。そして「もう一度ペンを握りませんか?」と、五反田は誘いをかけるのでした・・・

後日。
常子たちは、下着の記事を花山に見てもらいます。そして、花山から「まぁ、合格点をあげよう!」と言われると、一同はようやくほっとします。そして、次号はこの下着の記事を中心に雑誌を作ることにするのでした。

89

そして、そんな苦労の末ようやく出来上がった「スタアの装ひ」第二号は、想像以上の人気となり、飛ぶように売れてゆくのでした・・・ つづく

 

 とと姉ちゃん15週89話・感想まとめ 

【天才編集者花山さん】
ペンを持ち『スターの装い』第1号のほとんどに、ダメ出しする花山さんは『この挿絵は悪くないですよね』と、よっちゃんの勢い込んだ必死の抗弁に間髪をいれず『悪い!』と一蹴。
そして、返す刀で『私の文章だっていいとこはあるんじゃないですか』と、反骨精神を見せる鞠子ちゃんには、使えるのは「洋服」という単語だけだと言い放ちます。

『これ以上はインクの無駄だな』と切り捨てる花山さんに『だめだ、だめだ、ばかりじゃなくどこが悪いのか言っていただけませんか』と理論的に反論する鞠子ちゃんの口はとがり、顔には不満がいっぱいです。

『ぐずぐずするな、さっさと答えんと帰るぞ』『もたもたするな!』と半身は立膝で帰るそぶりを見せながら怒涛の編集指導をする花山さんに最初は不満顔の文学娘とお絵かき娘(それにしても花山さん、上手いこと言いますね)こと、鞠子ちゃんとよっちゃんでしたが、天才編集者の花山さんの的確で鋭い指摘の前には納得せざるを得ない、かなう道理がありませんものね。

それにしても、お絵かき娘に対しては、『君の単調で面白みのない挿絵を増やして良いわけがないだろう!』、文学娘の挿絵の見出しには『1684点満点中の100点だ!』。
なんという毒舌でしょうかしら。
花山さんの生きの良い毒舌のテンポと三姉妹のやり取りが軽妙洒脱、その上会話にプラスした花山さんのリアクションがとても愉快で、大笑いです。
花山さんは『帰るぞ』と言うたびにコミカルに半身を翻していましたが、そのキレの良さと言ったら、さすが元アクション俳優ですねぇ。でも、あれはアドリブだったのかも…。

【君子かかがお気に入り?】
朝ドラの第41作「純ちゃんの応援歌」は花山伊佐治役を演じていらっしゃる唐沢寿明さんと、この作品が女優デビューとなる山口智子さんの初共演の作品です。後に、お二人は御結婚され、今もおしどり夫婦として知られているのは周知の事実ですよね。
そんな経緯から、唐沢寿明さんが今回のドラマの出演を決めたのは奥様との出会いをもたらしてくれた朝ドラへのお礼の意味があるのだとか…。

その花山さん、君子かかには妙に優しいと思うのですが、いかかでしょうかしら?
常子ちゃんたち三姉妹に熱血指導の際は遠慮会釈なく罵倒しているのに、君子かかが正解を出すと『よくぞお分かりに』と声音もテンポまで変わり、かかにお茶受けを出していただくと『ありがとうございます』と礼節も守ります。
人を褒めたことがないという花山さんですが、五反田さんとの会話では、三姉妹を何気に褒めてしまいます。なかでも『母親の力も大きいのだろうな』と君子かかの子育てを一番認めているようでしたし…、ね。

【かか曰く、乳バンド】
ブラジャーという名称があの時代から使われていたというのは少なからず驚きでしたが、君子かかが「乳バンド」と言うのも軽く衝撃的でした。
古くは古代ギリシャでも、歩く、走るなどの動きで乳房が揺れないようにと、布で作られた小さな帯(アポデズム)を巻き付けていたといわれています。

日本でも大正末期、昭和初期ごろには洋装の下着として少しずつ浸透して行ったようです。婦人雑誌の広告には「乳房バンド」や「乳房ホルダー」、として紹介されています。
それにしても花山さんは物知りですねぇ。
そして、唐沢さん演じる花山さんが百面相のようにいろいろな顔を見せてくれるのがたまりません。

鞠子ちゃんに見出しの模範をだせと迫られたときは「夏から初秋の明るいワンピース」となんとも優しげで可愛い顔、そして、鋭い指導の鬼の形相と奥様に見せる穏やかな顔や下着構想に見せる羞恥心…。まるで違います。
魅力的なのが花山さんなのか唐沢さんなのか、判別ができないほど個性的なキャラクターの登場で、ますますドラマにのめりこんでおります。

ではでは
感想by香風

<<前回88話次回90話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る