とと姉ちゃん ネタバレ16週91話感想あらすじ【7月18日(月)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想16週91話
2016年7月18日(月)放送
とと姉ちゃん16週テーマ「あなたの暮らし・誕生す」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで16週91話
7月18日(月)

小橋常子と花山伊佐次は、庶民の暮らしに寄り添う、そんな「新しい雑誌」を共に作る事を決意しました。

昭和21年12月。
ある日、常子と花山は闇市へ来ていました。終戦から一年以上が経っていましたが、戦後の復興は進まず、庶民の暮らしは困窮していました。

とと姉ちゃん_花山91花山は闇市の殺伐とした光景を見ながら、「新しい雑誌」を届けたいのはここにいる自分たちと同じ庶民だと常子に話します。

そんな中、店の前で女性達が布を取り合い揉めている様子を目にします。年配の女性が跳ね飛ばされ道に倒れ込みます。

常子が「大丈夫ですか!」と駆け寄ると、「やだねぇ、昔はこんなじゃなかったよ。女である事を捨てちまったのかね・・・。」と悲しそうにつぶやき、女性はとぼとぼと去っていきます。

破れた衣服でなりふり構わず奪い合う女性たち。
その光景を見た花山は、日本人の女性としての豊かさを取り戻すために、まず戦うべきものは衣服ではないかと語ると、常子も花山の意見に賛成するのでした。

その頃。
鞠子と美子は、銀座で事務所を探していました。無名な会社が信用を得るためには、東京で一番の場所「銀座」に事務所を構えるべきと、花山が言ったからでした。

とと姉ちゃん_美子91

少ない資金の中から銀座で物件を探すという事は、なかなか容易ではありませんでしたが、なんとかビルの一室を割安に借りることに成功するのでした。

そして一週間後。
事務所の準備が始まると、そこに露天商組合の水田の姿がありました。
「荷物を重そうに運ぶ二人を見かけて・・・」と、水田は鞠子の前で嬉しそうに手伝います。

やがて、水田が鞠子に話があると言い出すと、美子は片付け物をしながら耳をそばだてます。
そんな興味津々な雰囲気の中に「おはよーございます!」の大きな声が響き、花山が出社して来ました。

とと姉ちゃん_水田91

その初対面の花山からいきなり「誰だ君は!なんなんだ君は!」とまくし立てられると、水田は「お、おじゃましました~」と、逃げ出すように事務所を飛び出して行くのでした。

小橋家にて・・・
とと姉ちゃん_綾91一家そろって台所に立って、会社の事や花山の事を話していると、誰かが訪ねて来ます。

常子が出ると、そこには疲れた様子の綾が立っていました。

そして、切羽詰った様子でお金を貸して欲しいと綾は頭を下げるのでした・・・

つづく
 

 とと姉ちゃん16週91話・感想まとめ 

【戦後の暮らし】
いよいよ花山さんと常子の雑誌作りがスタートしました。そして、今週は、いよいよ記念すべき「新しい雑誌」の誕生となりそうです。常子と花山さんなら絶対にいい雑誌ができること間違いなし!と、期待したいところですが、まあ、そこには様々なアクシデントや心温まる物語が展開されるのでしょうね。今週も楽しみです。

さて、今日のシーン。老婦の「戦争が日本の女性を変えた」という言葉がとてもショックでした。私は戦後の日本をまったく知りませんが、とと姉ちゃんを見ながらどれだけ厳しい状況だったのかというのを、おぼろげながらも覗く事が出来たような気がしています。

本当に当時の人々は苦労をしたんですね。祖母が生前に戦争や戦後の話をしてくれたことを、改めて思い出しました。当時の事を知る人がどんどん少なくなってきている今、ドラマや映画で戦中・戦後の国民がどれだけ大変な思いをしてきたのか、今の日本をいかに作り上げてきたのかということを伝えてくれるのは、ある意味必要な事なのかもしれませんね。

穴だらけの服を着ていなければならなかったという環境。考えただけでも心苦しいですね、今はほころびを繕ってまで着るなどという感覚はもうありません。安く、豊富に、良いものが溢れる今の時代では、よほどのお気に入り以外は使い捨てです。

当時の方から見れば、まったく考えられない事ですね。物の豊かな時代に、平和な時代に、いま生きていることに本当に感謝です。

さて、物語は「まず洋服から庶民の女性らしさを取り戻す」と花山さんは言っていましたが、いったいどんな洋服が飛び出すのやら、楽しみですね!!

【変人天才?花山さん】
道端のポスターのゆがみが気になり張り直したり、知恵の輪で精神統一してみたり・・・。何かと奇行が目立つ花山さん。少ない資金でのスタートにもかかわらず「事務所は銀座に!」という理由は、より大きな視野で見通した花山さんのアイディアでした。

「無名だからこそ銀座に事務所を構えて顧客を信用させる」・・・なるほど、思わずテレビの前で頷いてしまいました。

また、今日の水田さんに対しての厳しい言葉のパンチ。娘たちを守る父親のような気持ちになったのでしょうか、悪い虫がつかないようにと、しっしっと追い払われた水田さん。まあ、やがては水田さんも常子たちの会社に参加するとの事ですので、この二人のやり取りもいずれは楽しみの一つになると期待しています。

それにしても、水田さんが毎回鞠ちゃんを♡マークで見るまなざしに、すっかり気付いたおませなよっちゃん。ふたりの会話に、興味津々で側耳を立てているよっちゃんの、乙女心が可愛らしくてたまりませんね。

【綾さんのこと】
今日の最後のシーンでは、綾さんが常子にお金を借りに来ました。お嬢様だった綾さんが戦争によってこんな立場になってしまうなんて誰が思ったことでしょう。学生時代は、華やかで豪華な家に住んでいたのに、今の間借り生活は本当にどん底の生活。

本当なら一番見せたくない相手が常子ではないでしょうか?しかし、プライドを捨てて借金にやってくるという所まで、綾さんは追い詰められているということなのでしょうね。
このシーンは・・・切なかったです。

ところで、この綾さん役の阿部純子さん、デビュー当時は「吉永淳」さんという芸名だったそうです。阪急百貨店の広告モデルや、ティーン誌のモデルを経て2014年にはカンヌ出品作「2つ目の窓」でレッドカーペットも経験済なんですよ~!

その後は、さらにレベルアップするためにと、ニューヨークへ演劇と語学留学をされていたそうで、アメリカから帰国した際に心機一転、本名の阿部純子に改名されたそうです。
「とと姉ちゃん」での綾人気も益々上昇中との事、綾さん頑張って~!

ではでは
感想byあさひめ

<<前回90話次回92話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る