NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想16週92話
2016年7月19日(火)放送
とと姉ちゃん16週テーマ「あなたの暮らし・誕生す」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで16週92話
7月19日(火)

綾の訪問から、数日後。
常子が綾の家を訪ねると、玄関先に綾の母親と息子・太一がいました。

母親の話では、綾は仕事に行っていると言います。どこで働いているのかと常子が聞くと、どうやら新橋の「食堂・ろまん」で配膳の仕事をしているらしいと言うのでした。

とと姉ちゃん_たいち92

その頃、花山は女性の身なりの事を考えながら、一人で闇市を歩いていました。そこで、壁に貼られたポスターが斜めになっているのを見つけます。几帳面な花山はポスターを真っ直ぐに貼り直すと、その内容に見入ります。“日の出洋裁学校”の受講生募集のポスターでした。

銀座の事務所にて・・・
鞠子が一人で事務所番をしていると、水田が訪ねて来ます。

とと姉ちゃん_水田92水田は、先日突然帰ってしまった事を詫びます。

そして、鞠子が先日何か話があると言っていた事は?と尋ねると、水田はこの会社で雇って欲しいと言うのでした。

闇市はいずれ閉鎖されるだろうからと、次の職を探していたと言います。

そして、水田は小橋姉妹が作ろうとしている雑誌は、世の中に必要な雑誌だと思うと言うと、鞠子は嬉しい気持ちと金銭的現実の間で、困ってしまうのでした・・・

数日後のこと。
常子は約束のお金を持って、綾が勤めているという新橋の店に行きます。そこは、浪漫という「カフェ」でした。常子が店に着くと、中から男性客と女給が出てきます。

その様子を見て「ここな訳ないか・・・」と、そのまま引き返そうとします。すると、今度は店から綾が男性客と共に出てきます。その風貌に、常子は愕然とします。派手な衣装に厚化粧の綾は、常子の知らない顔でした。

とと姉ちゃん_綾あや92

綾は店の裏口に常子を連れて行き「どうなさったの!」と気まずそうに語気を強めます。常子がお金を渡すと、綾は申し訳なさそうに「必ず返します」と言い、お金を受け取ります。

すると「みやびさん!」と、綾を呼ぶ店員の声がします。店では“みやび”と呼ばれている事を「おかしいでしょ。」と自嘲気味に笑ってみせると、綾は店に戻っていくのでした。

事務所にて・・・
出勤してきた花山は、常子からカフェで働く綾の話を聞くと、女給の服装について矢継ぎ早に質問します。服装を見る余裕がなかったと常子が返すと、花山は「絶好の機会を無駄にしたんだぞ!」と叫びます。

とと姉ちゃん_女給92花山の指示で、常子達三姉妹は、綾の勤めるカフェに取材に行く事になりました。

綾は、少しでもお役に立てるならと、店内に招き入れてくれます。

そこには、何人もの女給達が待機しているのでした・・・ つづく
 
 

 とと姉ちゃん16週92話・感想まとめ 

【やっぱり可愛い!】
ポッコリとび出た可愛いオデコとふっくらホッペ!それにチョコット飛び出たおちょぼ口。
たいち君、やっぱり可愛いですねぇ。

常子ちゃん、訪ねた綾さんには会えなかったものの朝から可愛いたいち君に会えたのはラッキーでしたね。常子ちゃんのお土産のりんごを持つ丸く小さな手がなんとも可愛らしいこと!

『お~、りんごだな、りんご』と、台詞も上手に言えました。
常子ちゃんの手がスッと伸びて、たいち君の左手に触れ…、ホントに触れたくもなります。ギュッと抱きしめたくなる可愛さです。

手編みのベストにブカブカの手作りのズボン、りんごが落ちそうな小さくて丸いお手々とま~るいフォルムがキュート!たいち君は可愛いベストドレッサーです。
洋服の着こなしでは三姉妹の鉄郎叔父さん向井理さんを凌ぐほど…かもです。

ところで、三姉妹のきているセーター、よっちゃんのピンクのセーター以外は戦時中と同じですよね。大事に着ているのが良くわかりますし、手編みのセーターはやっぱり素敵ですねぇ。よっちゃんにはまだまだ淡いピンクのセーターが似合いそうですけれど、もう社会人ですから大人の雰囲気というところでしょうかしら。

【綾さんの頑張り】
今日、綾さんのお母様がたいち君の破れた洋服を見ながら、『いくら貧しくても以前は太一の洋服にできた穴をそのままになどしなかった』と言っておられました。繕うこともしていない綾さんに不満そう…変わってしまった娘が気に入らないご様子でしたが…。

綾さんは、常子ちゃんに住んでいる所も知られたくなかったのですから女給さんとして働いているところなど、絶対見られたくはなかったはずですよねぇ。
戦争未亡人となり、頼れるはずの裕福だった実家は父親と一緒に財産も焼き尽くされてしまった綾さんです。たいち君とお母上、三人の暮らしが全部綾さんの肩に圧し掛かっています。

それなのに、生きていくための選択肢もなく終には、常子ちゃんに無心をしなくてはいけないところまで追い込まれています。カフェ勤めをお母上には食堂の配膳だ、と伝えていた綾さんの気持ちを思うと切なくて、綾さんが不憫でたまりません。

どうぞお母上様、綾さんの頑張りを認めてあげ、たいち君の洋服の繕いは大目に見てあげてくださいな。

【カフェの変遷】
常子ちゃんが綾さんを自宅に訪ねた足でお店まで行ったのだとすればまだ、時間的には日が高く、午前中のはずだと思うのですが…。『今日は楽しかった。またね』と綾さんに見送られカフェ「浪漫」を出る殿方や店内で綾さんを待つ殿方、常子ちゃんに冷たい一瞥を送った厚化粧の女性に見送られた殿方たちの存在。

ナレーションで壇さんが語ったように当時のカフェは女給の接待を目的とした社交場なのでしょうが、このあり様はいかがなものでしょう。戦後間もない食糧や物資も乏しかった時期です。人間の正直な欲求に呆れるべきか、はたまた、その逞しさを認めるべきか、悩ましい限りです。

本来のカフェはパリのCafeをモデルにした美術や文学の交流の場を目的としたものです。
前作の「あさが来た」で野々すみ花さん演じる美和さんが経営していた「晴花亭」も女給さんを雇っていたカフェだと考えられますが、大正時代は洋食やビールを供するレストランの意味合いが強かったようです。

綾さんが勤める「浪漫」のように女性のサービスを売り物にしたカフェの出現は、関東大震災後と言われています。ちなみに、本場のパリのCaféの従業員は男性で、無給であり客からのチップだけが収入源です。

今日、綾さんが『稼げるかと思ったのに、思いのほかチップが少なくて…』と言っていましたから、綾さんの収入源もチップだけなのかもしれませんねぇ。一日も早く、たいち君と綾さん母娘が安定した暮らしができますよう願わずにはいられません。

ではでは
感想by香風

<<前回91話次回93話>>