NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想16週93話
2016年7月20日(水)放送
とと姉ちゃん16週テーマ「あなたの暮らし・誕生す」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで16週93話
7月20日(水)

カフェ・浪漫にて・・・
花山に言われた通りに、常子たちは以前発行した雑誌、「スタアの装ひ」を見せながらカフェの女性たちに取材をしていました。

へぇ~、洋服の作り方が載ってんのかい・・・」一同が雑誌に集まります。

とと姉ちゃん_女給93

すると、毎日もんぺじゃ飽きちゃう。洋服なんか着てオシャレしてみたい。と言う半面、所詮、戦争未亡人には雑誌なんか買う余裕は無いと言います。

この店では6人中、綾を含め4人が未亡人だと言い、世の中に戦争未亡人なんかごまんといると、リーダー格の梢(こずえ)が話します。

。とと姉ちゃん_梢こずえ93やがて、婦人雑誌を作るのなら男性に聞いた方がいいのではと一人が言い出し、どうせ男に都合のいい女性の有り方を乗せるのだろうからと雑誌を置きます。

「私たちの雑誌はそうではなくて・・・」と常子が言いかけたところで、「同じだよこれも!」と梢が言います。

作り方が載っていても、布が無い、さらに、洋裁の技術も無い。結局、女の人に役立つ雑誌といっても、私らには役立たないのだと捨て鉢な言い方をするのでした・・・

その頃、花山は洋裁学校を取材していました。

戦時中は、モンペや着物に甘んじていた女性たちが、こぞっておしゃれに関心を持つその姿を見るとともに、その洋服作りの授業を観察します。

すると、その授業の中で、花山はあることに注目します。
洋服の型紙に沿って裁断された様々な形の布地を、複雑に組み合わせながら作られるその洋服の作り方に、花山の関心が働くのでした・・・

銀座の事務所にて・・・
後日、それぞれの取材を基に編集会議が開かれました。そこでは、常子たちの取材した女性たちの悩みがあげられました。

布地をそれほど使わず、難しい技術も無く作れる洋服・・・」と、常子がつぶやくと、花山も同じことを考えていたと言います。・・・しかし、具体的なアイディアのないままに日にちが過ぎて行きました。

とと姉ちゃん_茜あかね93花山宅にて・・・
ある日、花山の妻・三枝子は娘・茜を散髪していました。

出来上がったと茜が見せに来た姿を見て、花山の目の色が変わります。

それは、髪型ではなく、茜が散髪のためにくり抜いて着せられていた新聞紙の為でした。

花山は何かをひらめいたようです。
机に向かうと、取りつかれたようにスケッチを始めるのでした。
 
翌朝、小橋家にて・・・
朝食前に花山がやって来ました。
「おはよーございます」と一同の前で挨拶をすると「わかったんだ!」と、得意満面に花山が言います。

そして、花山は和服の反物を取り出すと「これがすぐさま洋服になる!」と手品師のような口調で常子たちの前に広げるのでした・・・ 

とと姉ちゃん_小橋家93
つづく

 

 とと姉ちゃん16週93話・感想まとめ 

【戦争未亡人】
終戦時、日本の戦争未亡人は全国に50万人以上いたとされています。夫を亡くした女性は、その後に再婚した人と、そのまま一人で子供を育てた人と、大きく分けて二通りの人生があったようです。

中には、家を守っていく為に、亡くなった夫の兄弟と再婚する女性も多かったと言われています。また、他の男性との再婚後に、戦死したとされていた前の夫が復員してきた、といった事も少なくなかったそうです。

終戦の翌年の昭和21年には、それまで支給されていた軍人恩給や軍事扶助法が廃止され、戦争で夫や父親を亡くした人達は苦労しました。生活は苦しくなり、また、夫の戦死は一体何の為だったのかという、精神的な苦痛をも女性達に与えたといいます。

カフェ・浪漫で働く女性達も、綾さんを含めその多くが戦争未亡人でしたね。女性が自分の力で生きていく為には、何としてでも稼がなければならない状況だったのでしょう。

【女性の理想と現実】
綾さんの同僚の女給さんの「雑誌を買う余裕も無い」という言葉が、この時代の状況を物語っていますね。雑誌は生活をしていく上での必需品ではありませんし、まだまだ贅沢品という位置付けだったのでしょう。

いくらオシャレや洋服への憧れはあっても、洋服はおろか、布を手に入れるお金もありません。そして、自分で洋服を作る技術もありません。洋裁学校に通うにはお金が掛かりますし、しかも、とても高額な授業料のようでしたね。

花山氏が取材に行った学校では、良い布地でオシャレな服を作っていましたが、布地の無駄が多かったですね。あれでは庶民はとても通えませんし、オシャレな洋服も作れませんよね。

世の中の多くの女性がオシャレを諦め、毎日の生活で精一杯の時代。洋服を着たくても着られない、同じ着物を毎日着なければならない。そんな理想と現実との大きな差に、多くの女性が悩んでいたのでしょうね。

実は私、綾さんがカフェで働いていると聞いて、とても心配でした。と言うのも、綾さんは名家のお嬢様育ちで、おそらく今まで働いた事も無いはずですよね。そんな綾さんが女性ばかりの職場に入って、上手くやっているのだろうか、と思った訳です。

そして、佐藤仁美さんが演じる梢さん。彼女がお店から出て来た時に、お店の前に立っていた常子ちゃんをじろっと睨みましたよね。あの様子を観て、綾さんが怖い先輩達にいじめられたりしていないかと、私は不安になりました。ですが、今日のドラマでの雰囲気を観ていると、そういった事は無さそうでしたね。皆さん、和気藹々としていましたし、そういった陰湿な事をするようなタイプの人はいなそうなので、その点はほっと安心しました~。

【憧れと恋心?】
美子ちゃん、花山氏に褒められたいからと、懸命に頑張っていますね。どうやら、花山氏にととの面影を重ねているかのようですね。
確かに、幼い頃に父親を亡くした美子ちゃんにとっては、大人の男性である花山氏は特別な存在なのかも知れません。

花山氏は厳しい方ですが、実は家族を愛する、家庭的な優しいお父さんの顔も持っていますもんね。美子ちゃんも、花山氏の様子から、そんな温かい一面を感じ取っているのかも知れませんね。花山氏に褒められたいからという美子ちゃんの姿が、お父さんっ子の女の子のようで、健気で可愛らしかったです。

そして、鞠子ちゃんは、もしかして水田さんに少しずつ惹かれているのでしょうか?水田さんは真面目そうな方ですし、鞠子ちゃんが良い人だと感じる気持ちも分かりますよね。恋愛には奥手そうな常子ちゃんが気付くくらいですからね~。この二人の今後の展開も見逃せませんね。

花山氏は、愛娘・茜ちゃんの姿から洋服のアイディアがひらめいたようですね。天才・花山のアイディアがどんなものなのか、楽しみですね。

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回92話次回94話>>