とと姉ちゃん ネタバレ16週95話感想あらすじ【7月22日(金)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想16週95話
2016年7月22日(金)放送
とと姉ちゃん16週テーマ「あなたの暮らし・誕生す」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで16週95話
7月22日(金)

この中のいくつかは すぐあなたの暮しに役立ち
この中のいくつかは すぐには役に立たないように見えて
やがて いつの日か あなたの暮らし方を変えてしまうかもしれない
そんなふうに いつでもこの一冊は あなたの暮しによりそって息づいている

花山は、表紙絵と共に、新しい雑誌の前書きを考えていたのでした。常子は神妙な顔でその文章を読み、良いですね、と笑顔で頷くのでした。

とと姉ちゃん_花山伊佐次95  とと姉ちゃん_常子95

そして、雑誌のタイトルを「あなたの暮し」にし、出版社の名前を「あなたの暮し出版」にしてはどうかと提案します。花山は、「社長さんが言うなら従うまでだよ。」と満足そうに返すのでした。

昭和22年4月。
新聞に「あなたの暮し」の広告が掲載され、ついに小橋三姉妹と花山伊佐次の希望を乗せた新しい雑誌が発売されました。

雑誌の発売日、常子達は事務所で感慨深げに「あなたの暮らし」を見ていました。

とと姉ちゃん_書留95そこに、大量の郵便が届きます。それは、全国の読者からの「あなたの暮し」を購入したいという依頼の手紙でした。

雑誌は期待以上の評判を呼び、好調な売れ行きを示します。

直線断ちの洋服はブームとなり、街には直線断ちの洋服を着た女性たちが増えて行くのでした。
 
 
事務所にて・・・
かかは、花山に、どうしてそんなに洋服などに詳しく女性的な視点を持っているのか、と尋ねます。

花山は、オシャレが好きだった母親の影響だと話し始めます。花山が中学生の時に母親が亡くなり、それ以来、花山は長兄として兄弟の面倒を見てきたと話します。

それを聞いていた美子が「かか兄ちゃんだ。」と言うと、花山は少し照れくさそうに笑みを浮かべるのでした。

ところが、そんな和やかな空気を一変させる出来事が起こります。

とと姉ちゃん_小山内95突然、花山が取材をした日の出洋裁学校の校長・小山内が怒鳴り込んできたのでした。

取材を受けたにも関わらず、全く掲載されていないと言い、さらに、直線断ちの洋服は許せない、あなたは洋裁学校を潰すつもりかと、花山に食ってかかります。

しばらく押し問答の末、常子が「社長は私です!苦情があるなら私に仰って下さい。」と言うと、小山内は「あなたが社長!?」と驚きます。
そして、常子の“読者への思い”を聞くと、不服そうな表情を浮かべながらも事務所を出て行くのでした。

花山は、洋裁学校が意識するという事はそれだけ良い記事なのだと言い、余裕を見せます。

すると、今度は綾が訪ねて来ました。
母親と息子も一緒で、二人も綾が作ったという直線断ちの洋服を着ていました。ゆとりが出来て、母親とも久しぶりに会話が弾んだと嬉しそうに話す綾に、常子も笑顔になるのでした・・・ 

とと姉ちゃん_綾あや95
つづく

 
あまちゃんの人気女優が2017年のヒロインに?
綾のモデル中野家子さんとは?今後どうなるの?
変人?花山のモデル、天才・花森安治さんとは?

 とと姉ちゃん16週95話・感想まとめ 

【花山さんは、かか兄ちゃん】
今日は常子ちゃんと花山さんの意外な共通点に、驚かされた方も多いのではないでしょうか。
花山さんが幼少期に一家の母親の代わりをしていたということですから、父親と母親の違いこそあれ、それはまるっきり常子ちゃんと同じ状況ですものね。

よっちゃんが言うように「とと姉ちゃん」に「かか兄ちゃん」です。

花山さんが、どうして洋服や女性について、あんなにも詳しいのかという謎も解け、理由も判明しました。さらに、あの素敵な絵が描けるわけにも納得ができました。

失礼ながら、偏屈で変わり者の花山さんが、周りを包み込むようなあの温かくて優しい絵を描くことが、ただ才能の有る無しではかたづけられない気がしていて、不思議で不思議でたまりませんでした。
でも今は、その謎が解けてうつうつは晴れ、むしろ心地まで良いのですけれど、・・・なぜでしょうかしら?
たぶん、今の花山さんの基礎は花山さんの素敵なお母上の手によるものだということをお聞きしたからかもしれません。素敵なお母上だったのですねぇ。母は強し、です。

とにかく、「とと姉ちゃん」と「かか兄ちゃん」が強力タッグを組んで刊行した「あなたの暮らし」が売れないわけがないですよねぇ。夢の一万部は確かに夢ではなさそうです。

【たいち君常子ちゃんを訪ねる】
可愛い笑顔のたいち君に今日も会えました。満足、満足!
今日のたいち君は、綾さんが早速「直線裁ち」をアレンジして作ったおばあさまとお揃いの洋服を着て、常子ちゃんの会社を訪ねていました。

華奢で痩せている綾さんのお母上が、たいち君を抱き上げるとちょっぴり重そうですが…。ドラマの中だけではなくて、出演者の方々がたいち君の可愛らしさにメロメロになっているように見えましたけれど、気のせいでしょうかしらね。

ふっくらぷくぷくのお手々が、リンゴをつまんで小さなお口に運んでいました。まん丸のたいち君の手といい、お顔といい可愛いですねぇ。
戦後にしては栄養事情が良過ぎる感は否めませんが、そこはあの可愛らしさに免じお許しいただくとして……。

それにしても毎回たいち君可愛い、可愛い、の連呼はいただけませんね。反省しなければいけませんかしら。

【花山編集長の画力】
花山さんの素敵な絵や言葉の発想の原点はお母さまだと良く分かりましたけれど、知恵の輪と対戦しながらアイデアを巡らす花山編集長はたぶん、天才なのだろうと思われます。

花山さんのモデルである花森安治氏も天才と謳われた方ですが、花森氏ご自身も東大の学生のころから洋服には興味を持っていらっしゃったようです。ドラマの中にも娘の茜ちゃんがいますが、実在の花森氏が娘さんに「直線裁ち」の洋服を着せていたというお話もあります。

なお、花森氏は、東大の文学部美学美術史学科に入学はしていますが、絵を本格的に学んだことはないはずなのですが、「暮しの手帖」の表表紙は創刊号からお亡くなりになる直前に発行された号まで、全て彼が手掛けたものだそうです。それを考えますと、やはり才能のなせる業でしょうかしらね。

ドラマの中で花山さんが経営していた「巴里」の壁に飾られていた絵や「あなたの暮らし」の前文や表表紙は花森氏本人の作品だそうですし、モデルの花森安治氏は大変個性的で魅力的な方だったようです。でも、ドラマの中の花山さんも負けてはいませんよね。

何にせよ、才能に恵まれているということは羨ましい限りですが、今日は、花山編集長にエールをお送りしたい気分です。 ガンバレ、編集長!

ではでは
感想by香風

<<前回94話次回96話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る