とと姉ちゃん ネタバレ16週96話感想あらすじ【7月23日(土)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想16週96話
2016年7月23日(土)放送
とと姉ちゃん16週テーマ「あなたの暮らし・誕生す」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで16週96話
7月23日(土)

「あなたの暮らし」のヒットと共に、「直線裁ち」の洋服作りが大反響を呼びます。常子は社長として、「あなたの暮し」をさらに飛躍させるためにはと考えを巡らせます・・・

あなたの暮らし・出版社にて・・・
ある日常子は花山の部屋をノックします。本に目を落とす花山に「今度、講座を開いてみませんか・・・」と、常子が提案します。

とと姉ちゃん_花山伊佐次96  とと姉ちゃん_常子96

それを新聞に記事掲載させ話題作りをし、さらに、次号の資金も調達するというのが常子の考えでした。最初は乗り気ではなかった花山も、常子の説明を聞くと賛同します。

常子は早速「毎活新聞社」を訪ね交渉します。そして、共同開催での「直線裁ちのワンピース講座」の承諾を得るのでした。

やがて、新聞に「受講者募集」の記事が掲載されると、その反響は凄まじく、講座募集の開始をすると同時にあっという間に予約は満席となり、常子たちは嬉しい悲鳴を上げることになるのでした。

ところが、鞠子と美子は雑誌の仕事でも手一杯なのに、講座の準備はどうするのかと心配すると、常子は「大丈夫・・・」と、含みを持たせた顔つきで「手伝いを頼んだ」と言います。

とと姉ちゃん_鞠子まりこ96それは、露店商組合の水田でした。
水田は、応募者への当選と落選の返信通知を任されるのでした。

小橋家にて・・・
常子と美子は、講座の内容にアイディアを出し合い、楽しそうに話し合っています。
一方、鞠子は別室で机に向かい、もの思いにふけっていました。

かかが声をかけると、振り向いた鞠子が言います。
「かかはととにイライラすることは無かったですか?」気になったり、心配になったりとか・・・。それは、水田の事でした。

鞠子は、水田を見ていると、子供を見ているお母さんの気分になってしまうと、初めて抱く感情に困惑していたのでした。

それは・・・「水田さんに、恋をしてるって事なんじゃない?」と、かかが優しく微笑みます。
それを聞いた鞠子は、理想の男性像とはまったく違うと全面否定するのでしたが・・・
 
 
講座の当日が訪れました。
常子たちを始め、主催者スタッフは受講者を迎える準備も整え、あとは来場を待つばかりとなりました。

ところが・・・来ません・・・。

もうとっくに開催時間になっているのですが、受講者は誰一人として姿を現しませんでした。不思議に思っている所に、ある女性たちが現れるのでした。

とと姉ちゃん_校長その女性は以前、直線裁ちの洋服作りに異論を唱えてきた、洋裁学校の校長でした・・・。

そして、誰も参加者が居ないことを確認するかのように会場を見回すと、笑いながら帰って行くのでした。

おそらく、彼女たちの仕業だな・・・」花山がつぶやきます。

計画的に大量の応募はがきを出し席を押えたんだろうと言います。

常子が、校長と話してくると言うと、花山が制します。洋裁学校も事業を潰さない為にと必死なのだ。恨むなら時代を恨めと言い、そして、社長としての糧にしろと常子に言うのでした。

とと姉ちゃん_常子0296

常子は、共催者にお詫びをし、社員に謝りつつ、社長としての未熟さを痛感するのでした・・・ つづく
 

 とと姉ちゃん16週96話・感想まとめ 

【杉咲花ちゃんと伊藤淳史さん】
今日の土曜スタジオパークに、このお二人がゲストで出演されていました。
杉咲花ちゃんは、とても可愛らしい女優さんですよね。かかを演じている木村多江さんは、花ちゃんの事を“相手の為にお芝居が出来る女優さん”と絶賛されていました。

花ちゃんはまだ若いのに落ち着いていて、でも可愛らしさもあって、とても魅力的な女優さんで私も大好きです!そして、美子ちゃん同様、花ちゃんも食いしん坊で甘いものが大好きなのだそうです。

とと姉ちゃんの撮影がお休みの日も、小橋三姉妹でお出掛けする事も多いのだとか。本当に普段からも仲が良いようですよ。

水田さんを演じている伊藤淳史さんは、ドラマではよく頼りない男性の役を演じていますが、ご本人はそういった役柄とは全く違うタイプだと語っていました。そして、花ちゃん曰く、伊藤さんは“テンポが良い人”なのだそうです。
お二人の様子を観ていても、とても仲が良く現場の雰囲気も良いのだろうなぁと、つくづく感じさせられました。

【恋を見守る二人の天使】
直線断ちの講座を開く為のお手伝いを、なんと水田さんに依頼した常子ちゃん。ですが、あれれ?鞠子ちゃん、水田さんの事をとても意識していますね~。そんな姉の様子に、末っ子・美子ちゃんも何かを感じ取っているようでした。二人の恋を見守る、おませな天使さんといったところでしょうか。

そして、水田さんに対する複雑な思いが、何なのか分からないと相談する鞠子ちゃんに、「それは、そういう事だと思うわ。」と、恋をしているのではないかと答えるかか。その言葉に、そんなはずはない、自分はハンサムな男性が好きだ、と慌てる鞠子ちゃんが可愛かったですね。

本人は否定していましたが、すっかり恋に悩む乙女の顔になっていました。水田さんと鞠子ちゃんの会話の様子を、遠くから優しい笑顔で見守るかか。こちらは、恋の酸いも甘いも知る、大人のかか天使さんですね。

これまでは水田さんの片思いかと思っていましたが、ついに鞠子ちゃんも意識するようになりました。二人の恋、いよいよですかね。

【強敵現る】
今日のドラマの中で、小さな女の子から大人の女性まで素敵なワンピースを着た人が街にたくさんいて、観ていて嬉しくなりました。お揃いの柄のワンピースを着ている親子もいて、思わず「素敵~!」と言ってしまいました。

そして、美子ちゃんはデザインを変えたワンピースのアイディアを花山氏に認められて、とても嬉しそうでしたね。言葉少ない花山氏の「面白い試みだ。」の言葉は、十分な褒め言葉なのですよね。

ですが、順調に行くと思っていた講座は失敗してしまいました・・・。まさか、会場に日の出洋裁学校の校長が来るとは。あの高笑いと余裕のある笑顔が、嫌味な雰囲気を増長させていましたね。「私は、あなた達の唯一のファンですから。」だなんて、思ってもいない事まで言っていました。

何の証拠もありませんが、花山氏の言う通り、彼女が手を回したのでしょうか。講座の受講を希望するハガキがたくさん届いて喜んでいましたが、あの大半が、小山内校長が送ったものだったのでしょうかね。洋裁学校の立場としては、簡単に作れる直線断ちの洋服作りは洋裁学校の大きな障害なのでしょうが、やり方が卑怯ですよね。

そして、花山氏の「少し舞い上がっていたんじゃないか。」という言葉は、常子ちゃんに言い聞かせると共に、花山氏自らへの戒めの言葉でもあったようです。
それほどに、花山氏もこの雑誌の大ヒットは嬉しかったのでしょうね・・・

来週は、常子達の女学校時代の恩師・東堂先生や、高崎へ引っ越した森田屋の大将といった懐かしいお顔が見られそうです。楽しみです。

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回95話次回97話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る