NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想17週100話
2016年7月28日(木)放送
とと姉ちゃん17週テーマ「常子、花山と断絶する」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで17週100話
7月28日(木)

常子と花山のそれぞれのアイディアで、「あなたの暮し」第二号の目玉となる企画が出来上がりました。雑誌の売上は順調でしたが、その後の第三号、第四号の売れ行きは伸び悩んでいました・・・。

昭和23年、秋。
雑誌創刊から一年半の月日が流れていました。戦後、多くの出版社がひしめき合い、出版業界は厳しい時代でした。小さな出版社は次々と廃業せざるを得ない状態で、あなたの暮し出版社も厳しい経営状況にありました。

とと姉ちゃん_会社100

その頃、常子が以前勤務し編集のいろはを教わった甲東出版が、大手の出版社に吸収合併されました。

あなたの暮し出版にて・・・
会社の机の上は、雑誌の在庫で埋め尽くされていました。雑誌は、号を追うごとに売上を落としていたのでした。経理の水田は、常子に印刷代を減らす事を進言しますが、雑誌の質は落とせないと常子に却下されます。

とと姉ちゃん_広告100このままでは予算が足りず次号が出版できないと水田が言い、鞠子が、雑誌に広告を載せた方が良いのではないかと言います。

しかし、常子は、それはできないと話します。

編集長である花山から、その提案を真っ向から反対されていたのでした。

広告を掲載するということは自分たちの雑誌を部分的に売り渡す事で、公平な記事制作に支障が出るという、花山の強い信念があるのでした。

小橋家にて・・・
その日、常子達が三人そろって帰宅すると、家の中から賑やかな声が聞こえます。なんと、森田屋の主人・宗吉とその妻・照代が訪ねて来ていたのでした。

とと姉ちゃん_宗吉照代100高崎の家は空襲で焼けてしまったが、娘・富江も夫の長谷川も無事だと言います。そして、富江の息子・松吉も七歳になったと話します。

そんな中で、大女将のまつは、戦後すぐに体調を崩して亡くなってしまったと聞くと、みんなしんみりするのでした。

暗くなった雰囲気に、かか・君子が話題を変えます。宗吉たちが東京に帰って来るのだと常子たちに伝えると、宗吉は、高崎を引き上げて東京で「洋食屋」を開くと勢いよく話します。
しかし、その隣で妻・照代の表情は曇るのでした・・・

あなたの暮し出版の給料日。
給料袋を受け取った水田は、突然、辞職話を切り出します。自分が会社を辞めて人件費を削減するのが手っ取り早いと言うのでした。それを常子が拒むと、あとは、広告を載せるしか方法はないと言い、次号が大ヒットしない限りは倒産してしまうと話します。

とと姉ちゃん_水田100

常子は、大きな選択を迫られるのでした・・・ つづく
 
■昔、森田屋の長谷川が買ってきたシベリアってなに?
■あまちゃんブレイクの人気女優が2017年のヒロインに?

 とと姉ちゃん17週100話・感想まとめ 

【出版業界の厳しさ】
常子が現在出版会社を立ち上げるにあたり、大きく影響を与えた「甲東出版」が大手出版会社に吸収されてしまうほど、出版業界は厳しくなりました。実直でおおらかにみんなを包み込み引っ張っていた谷社長や常子にいつもアドバイスをしてくれるコーチ的存在の五反田さんも引っ越して居なくなってしまうと思うと朝から寂しさを隠せません。

「スタアの装ひ」が出版できたのはこの二人の協力も忘れてはいけませんよね。
このような状況ですから、当然常子が社長を務める「あなたの暮らし出版」も売れ行きが伸び悩み在庫を抱えてしまいました。そこで少しでも利益を上げるために広告を載せた方がいいと考える常子VS自分たちの想いを詰め込んだ雑誌にこだわる花山さんとのズレが生じ。どちらの考えも正しいと思うので、本当にこの問題は難しいですね。

また経営が厳しいのに給料をもらうことに躊躇する水田さんの優しさにグッと来てしまいました。「鞠ちゃん!絶対に水田さんは旦那様としていいと思うよ~♡」愛する人やその家族にも幸せになってもらいたいというやさしい思いが伝わってきました。

【明るいニュース】
今日は久しぶりに懐かしい夫婦が登場しましたね!!私の大好きな森田屋さんです。今日一番の明るいニュースでした。小橋家の人々を元気にできる明るく頼もしい夫婦の宗吉さんと照代さん。おじいちゃんになって宗吉さん笑顔がとっても優しくなってましたよね。孫にデレデレ感が伝わってきました。長谷川さんが戦争から帰ってきたことも冗談を交えながら幸せそうに話してくれて、ほっこりした気分でとっても懐かしかったです。

まつさんが亡くなってしまったのは残念でしたが、照代さんがとてもハキハキ&はつらつとしていて存在感が増してました。お姑さんがいなくなったことで、女将と言う自覚が出られたのかもしれませんね。孫も出来て守るものも増えると女性は強くなるものです。きっと富江ちゃんもお母さんになって、元気に暮らしていることが想像できますね。

宗吉さんが洋食屋さんになるということは・・・。コックさんになるわけですよね。帽子はコック帽をかぶるのでしょうか??色んな想像が膨らみますね(笑)でも、宗吉さんの先見の目は確かですよね!森田屋時代もお弁当の卵焼きに甘くないものを入れようとまつさんとバトルしてましたよね。

宗吉さんは世の中の動きに敏感なので、きっと洋食屋さんも大盛況になるでしょう。今後色んな意味で小橋家をサポートしてくれるようです。また楽しみが増えましたね。

【編集部セット紹介】
朝ドラで楽しみの一つに舞台セットがあげられると思います。本物さながらのセットは本当に見応えがあります。今回は編集部のセットについて紹介します。今日で最後となった「甲東出版」の編集セットはあえてオーソドックスに当時の一般的な編集部を再現しています。

それと対比しているのが「あなたの暮らし出版」の編集部セットです。商品テストを繰り返し行い公平な雑誌ということで無色透明なイメージを大切にしてセットでは白を壁に使用したそうです。また窓も多くヒロインの常子を思わせる明るい部屋になるようデザインされたそうです。

特にこだわりが見えるのは、何といっても花山伊佐次のデスクですよね。「どの時代に存在した道具かを確認して鉛筆1本からインクつぼ、カミソリ1枚まで小道具装飾スタッフと相談してそろえたそうですよ。」このこだわりが、花山伊佐次の部屋のシーンでは、まったく異次元の世界として、唐沢さんの演技と共に画面全体からにじみ出て来るようですね。
不思議なお部屋です。

ではでは
感想byあさひめ

<<前回99話次回101話>>