とと姉ちゃん ネタバレ17週101話感想あらすじ【7月29日(金)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想17週101話
2016年7月29日(金)放送
とと姉ちゃん17週テーマ「常子、花山と断絶する」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで17週101話
7月29日(金)

あなたの暮し出版にて・・・
常子は、水田の忠告に、経営者としての危機感を感じざるを得ませんでした。

とと姉ちゃん_花山101雑誌に企業の広告を載せたい、そうしなければ経営が危ないと、再度、花山にかけあいます。

しかし、花山は頑として認めようとしませんでした。

過去に何度も窮地に立たされた経験を持つ常子は、早めの対策を講じる事にします。常子は花山には内緒で広告掲載を決意するのでした。

常子のこの決断に、鞠子や水田、岡は賛同しますが、美子は、花山を裏切るような事はできないと反対します。しかし、春までに会社が潰れてしまうという常子の言葉に、美子も反論できないのでした・・・

後日の事。
常子、鞠子、水田の三人が営業に回ると、広告先はすぐに見つかりました。それは料理学校でした。そして、常子も花山のいう事に理があると心得ていた為、記事の内容には一切関与しないことを条件に、料理学校の広告掲載を取り付けるのでした。

とと姉ちゃん_料理学校101

花山には広告の事を黙ったまま、「あなたの暮し」第五号の出版に向けて作業は進められました。しかし、三女の美子は、花山の同意無く広告掲載を進めた事が納得できませんでした。

美子は、花山の仕事に対する真摯な姿勢を尊敬し、信頼していたのでした。経営者・常子と編集者・美子の間で火花が飛び交うのでした。

甲東出版にて・・・
とと姉ちゃん_谷101常子は、甲東出版の社長・谷に相談にやってきました。

谷は、常子の判断は経営者して正しいと言ってくれます。しかし、編集長として、理想の雑誌を追い求める花山の気持ちも分かると話します。

そして、直線断ちの記事のようなヒットする記事をもう一度作りたい、そんな焦りが花山の中にあるのかも知れないと話すのでした。

闇市にて・・・
花山は、美子と共に鉛筆を探していました。文章も絵も、自分が気に入った道具で仕事をするべきだ、と持論を熱く語ります。

その時、美子は威勢の良い声の店に気付きます。パン屋でした。そのパン屋は、客が持ってきた小麦でパンを焼いてくれるというものでした。

国からの配給は小麦粉が多くなっていましたが、小麦粉の調理法を知る人は少なかったのでした。その様子に花山の目が止まります。

とと姉ちゃん_花山02101

そうか!」花山は新しい企画のヒントをつかんだのでした・・・ つづく
 

■甲東出版社長・谷誠治のこと>>
■三女・小橋美子のモデル大橋芳子さんとは?

 とと姉ちゃん17週101話・感想まとめ 

【ララ物資・・・?】
ララ、女の子の名前?…。ずいぶんおしゃれで可愛らしい響きです。
今日、闇市で花山さんが「ララ物資」のお話をしていましたが、実のところ不勉強で「ララ物資」についてほとんど知らないので、少し調べてみました。

LARA とはLicensed Agencies for Relief in Asia(アジア救援公認団体)の頭文字で、たくさんの国の民間団体や民間人から集められた日本向けの援助物資の窓口として作られた、ボランティア団体です。

第二次世界大戦後当時、日本や朝鮮はアメリカの対外的慈善事業の対象外でした。そのため、日本や朝鮮へ援助物資を送るためには援助団体を立ち上げる必要がありそこで、終戦の翌年(1946年)に民間レベルで設立されたのがこの「ララ」、アジア救援公認団体です。

このアジア救済の流れに大きく寄与したのが、日本人の窮状を知ったアメリカの在留邦人や日系人の間に高まった祖国救済の気運です。

中でも「ララ物資の父」と呼ばれている元新聞記者である浅野七之助氏は、終戦時(1945年)には「日本難民救済有志集会」を催し、翌年にはサンフランシスコの代表的邦字紙「日米時事」を刊行。その中で、「故国の食糧危機重大」と題する記事を載せるなど、救済運動に尽力しています。

3300万ポンドにも達したという救援物資は458隻の船で日本に輸送されましたがこれは、現在の貨幣価値なら400億円に相当すると言われ「ララ物資」救援物資の20%は日系人が集めたものだと言われています。

ララ物資が最初に届いた横浜の港、新港埠頭には、ララ物資記念石碑と歌碑が建立されていますが、同胞、はらからを想う気持ちには頭が下がりますし、助けてくださった多くの国々にも感謝しなければいけませんよね。

【よっちゃんの竹蔵ととへの想い】
よっちゃんが常子ちゃんとやり合うときには、大なり小なり竹蔵ととの影が・・・。
浜松時代のよっちゃんは、普通に父親を話題にする同級生たちとのあつれきに悩み、孤独を感じていましたが、とと代わりの常子ちゃんが悩み解決に頑張った結果、よっちゃんを怒らせてしまいました。

次に深川時代は、一生懸命竹蔵ととの残した家訓を守ろうとする常子ちゃんに、よっちゃんが猛反発!そして今、常子ちゃんたちが広告掲載の件を花山さんに内証にしていることに、よっちゃんがひどく憤慨しています。

広告掲載の件は常子ちゃんが社長、経営者として決定したことですし、編集長・花山さんの自分たちが作りたい雑誌、我々の雑誌を守るという思いが一緒でも、先立つものがなくては雑誌が刊行できません。ここは、常子ちゃんのとった方法が一番だと思うのですが・・・。

何を聞いても、何を見ても『勉強になります』、厳しく原稿のチェックを受けても…、花山さんのすることなら何でも許せるよっちゃんにとって、花山さんはやっぱり竹蔵ととの代わり、父親への強い思慕の表れなのでしょうね。

【あかねちゃん】
今日、うどんの見事な食べっぷりを見せたよっちゃんと違い、毎日のスイトンとうどん攻撃に花山さんのお嬢ちゃん、あかねちゃんは食傷気味のようでした。

そのあかねちゃんも綾さんの息子たいち君と同じく、ぷっくらホッペにまんまるお手々そして、おかっぱ頭の食べたいほど愛らしい女の子ですよね。花山さんの奥様、花山三枝子さんを演じている奥貫薫さんが抱き上げると、ちょっぴり重たそうで終戦後にしては栄養事情が良さそげなところまでたいち君と同じでした。

でも、今日のあかねちゃんは、少し成長してお姉ちゃんらしくなっていましたね。もう、あまりお母さんに抱っこばかりもねだれない年齢かもしれません。

少し成長した花山茜ちゃんを演じているのは仙波茜ちゃん。名前が同じですね。
それにしても、NHKさんの子役選別眼は優秀ですねぇ。いつも感心しています。

ではでは
感想by香風

<<前回100話次回102話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る