とと姉ちゃん ネタバレ17週102話感想あらすじ【7月30日(土)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想17週102話
2016年7月30日(土)放送
とと姉ちゃん17週テーマ「常子、花山と断絶する」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで17週102話
7月30日(土)

そうか!小麦粉を使ったあたりしい料理だ・・・」というと、花山は美子を残し一人会社へと駆け出します。次号の企画がひらめいたのでした。

その頃常子は、甲東出版の谷社長を訪ねていました。

とと姉ちゃん_常子102常子は花山に内緒で広告掲載をすることを相談していました。

谷は、社長としての立場も、編集長としての立場も、まさに常子と同じ立場で甲東出版を切り盛りしてきた経験があります。

その実直さと、大きな包容力に常子は何度も救われ、まさに、常子の相談役でした。

その谷は、双方の気持ちはよくわかるとしながらも、花山も次のヒットを飛ばすために焦っているだろうと話すのでした・・・
 
 
「あなたの暮らし」第5号・発売の当日・・・
常子たちの前で、編集長・花山が凄まじい勢いで怒鳴り声をあげます。「なんだこれは!」広告を掲載した事を、常子が花山に事後報告したのでした。

とと姉ちゃん_花山102

常子は、独断で広告掲載した事を詫び、また、広告主には記事への口出しは一切しない事を条件にしたと理解を求めますが、花山は常子の弁明に聞く耳を持ちません。

残念だが、君と雑誌は作れない。」そう言うと、花山は身近な荷物をまとめ始めるのでした。常子が必死に説得しようと食い下がります。しかし、花山の怒りは収まりませんでした。

とと姉ちゃん_花山常子102いくら経営の為とは言え、金のために「あなたの暮らし」の魂を売るような行動は絶対に許せないと言います。

生活の糧のために出版をする、そんな連中とこれ以上一緒に仕事は出来ないとまで言い、そこまでまくし立てると花山は、荷物を持ってぷいと事務所を出て行くのでした。

慌てて引き留めようとする常子。それは鞠子も美子も同じ気持ちでしたが、今は誰にもそれは出来ませんでした・・・

しかし、すでに次号の企画も締め切りが迫っています、花山抜きでも仕事は進めなければいけません。花山の信望者だった美子は、その現状に耐えられず常子にきつく当たるのでした。

早々にひとり家に帰った美子はかか・君子に花山が辞めた事を伝えます。君子は、二人が話し合うきっかけがあればと口にします。すると、美子は何かを決意するように「よし・・・」とつぶやくのでした。

そして、翌日の企画会議で美子は「小麦を使った新しい料理」を提案します。これは、花山が美子と出かけた際に、パン屋を見てひらめいた企画でした。

いきさつを知らない常子たちは、一同にその企画の素晴らしさを誉め、次号の目玉企画に決定するのでした。

とと姉ちゃん_美子102

これは花山をなんとか復帰させようと、美子が考えた作戦だったのでしたが・・・ つづく
 

 とと姉ちゃん17週102話・感想まとめ 

【夫を案じる妻の存在感】
天才・花山を支える妻・三枝子さんを演じているのが、女優の奥貫薫(おくぬきかおる)さんです。いつも優しく、奥ゆかしい雰囲気の三枝子さん。家計が大変でも、明るく笑顔を絶やさず、決して夫を責めたりしない女性です。

夫である花山氏が本当に編集の仕事を愛している事を、理解しているのでしょうね。花山氏が編集の仕事はもうしないと言っていた時も、大事そうに机の上に置かれているペンや筆を見て案じていましたし、夫が本当は編集の仕事に未練がある事を見抜いていたのでしょうね。

そして、花山氏も、そんな奥様と娘の茜ちゃんの事を心から愛し、大切に思っている事がよく分かります。家から一歩外に出れば偏屈で気難しい男性と言われる花山氏ですが、家の中での表情はいつも穏やかで、口調も優しいですもんね。
今日のドラマの中では、「収入の事ではなく、あなたは本当によろしいんですか?」と、三枝子さんは花山氏の事を案じていました。「あなたの暮し」を作る仕事で活き活きとしていた夫が仕事を辞めると言い出し、本当に後悔しないのかと、心配なのでしょうね。

そして、奥貫さんも、三枝子さんが“花山伊佐次の作品”のファンでもあるのだろうと語っています。
8月5日(金)の朝9時から、NHKのEテレにて、昔話法廷「“浦島太郎”裁判」が放送され、奥貫薫さんが出演されますよ~。昔話の登場人物が訴えられたらどうなるのか?という面白い設定のドラマで、なんと、この回では乙姫が訴えられるようですよ。奥貫さんは、検察官役で登場します。楽しみですね!

【社長と編集長のすれ違い】
広告を載せた事を事後報告で知らされた花山氏は、物凄い剣幕でした。自分に黙って契約していた事も許せなかったのでしょうね。荷物をまとめて出て行ってしまいましたが、本当に、もうこのまま「あなたの暮し出版」を辞めてしまうのでしょうか。

花山氏は、広告を載せる事は命取り、と言っていましたね。もしかすると、過去に広告主の企業から色々注文されたりした経験があったのでしょうか?。もちろん、花山氏のその意見は理解できます。

編集のプロとして、編集長として、良い雑誌を作りたいという大きな志は素晴らしいと思います。ですが、社長である常子さん達が経費に余裕が無いと言っているのに、いくら掛かっても構わないと言って独断で表紙の印刷のやり直しを依頼していましたよね。

広告を載せたくないという信念があるのなら、花山氏ももう少し、会社の一員として話し合ったり、協力したりして欲しかったなぁと思いました。

雑誌作りの“理想と現実”が原因で、常子さんと花山氏がすれ違ってしまいました。どちらの言い分も、決して間違ってはいないのですよね。花山氏は、もう次の就職先を探すつもりのようですね。うーん、常子さんと花山氏、今後どうなってしまうのでしょうか・・・。天才・花山を失う事は、大きな痛手ですよね。

【美子ちゃんの作戦?】
美子ちゃんは、信頼していた花山氏がいなくなって、とても落ち込んでいましたね。ととのような存在でもあった憧れの人を怒らせてしまい、会社から去られてしまい、美子ちゃんのイライラはマックスになって、常子ちゃんにつらく当たってしまっていますね・・・。

ところで、美子ちゃん、花山さんが考えていた「新しい小麦粉料理の企画」を自分のアイディアだと言って会議で発表していましたよね。これ、花山氏が知った時、どうなってしまうのでしょうか。益々怒らせてしまう事にならないでしょうか?

美子ちゃんは、これをかかも言っていた花山氏との“話し合いの切っ掛け”にするつもりなのでしょうか。私は、今から今後の展開がとても心配なんですが・・・。

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回101話次回103話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る