とと姉ちゃん ネタバレ18週103話感想あらすじ【8月1日(月)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想18週103話
2016年8月1日(月)放送
とと姉ちゃん18週テーマ「常子、ホットケーキを作る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで18週103話
8月1日(月)

広告の件で激怒した花山が「あなたの暮し出版」を辞めてしまい、常子達は自分達のアイディアで雑誌を作る事になってしまいました。

とと姉ちゃん_三姉妹103

ある日、三姉妹は東京に帰って来た森田屋の宗吉と照代の元を尋ねます。新しく洋食屋を開く準備をしている宗吉達に、雑誌の企画の為に力を貸して欲しいと頼みます。料理の事は料理の専門家の意見を参考にしたいと言うと、二人は快く引き受けてくれました。

街中にて・・・
帰宅の途に就くの水田と鞠子。水田が、常子が大丈夫そうで良かったと話すと「とと姉は、いつもあぁなんです。」周りが困っている時、自分がたとえどんなにつらくても、明るく見せようとする。今は、本当はとてもつらいのだろうと、心配そうに話します。

不安だと話す鞠子に、水田が「僕が精一杯、支えますから。」と言うと、「頼りにしています。」と鞠子が答えます。

とと姉ちゃん_鞠子103 とと姉ちゃん_水田103

すると、なにを思ったか水田は突然「僕とお付き合いして頂けないでしょうか!」と場違いな告白します。鞠子は、なぜこんな時にと困惑すると、そのまま逃げるようにその場を去ってしまうのでした。

会社にて・・・
水田が雑誌の売上を計算すると、数字は横ばいでした。そして、もしも広告を載せていなかったらもっと売上は落ち、次の号は出せなくなっていたと言います。

その時、会社の電話が鳴ります。「あなたの暮し」に広告を掲載した袴田料理学校の副校長からでした。常子が訪ねると、広告費は2倍支払うから、次号は裏表紙の表と裏に広告を載せて欲しいという依頼でした。

開店準備中の宗吉の店にて・・・
常子達は、宗吉に頼み、小麦粉料理のレシピを作る事にしました。

とと姉ちゃん_森田屋103そんな最中、照代は、このまま「仕出し屋・森田屋」の看板を下ろして良いのか迷っていると言い、宗吉は洋食屋の方が儲かると言い、昨晩も二人で言い合ってしまったのだと話します。

儲けだけではなく、受け継ぎ守ることも大切ではという照代の言葉が、常子の胸に響くのでした。

その時、「ごめん下さい。」と声がします。綾をはじめ、カフェー・浪漫のみなさんでした。読者の代表として試食して意見を出してもらおうと、常子が呼んだのでした。
久しぶりの綾との再会も相まって、にぎやかに試食会が始まるのでした。

花山家にて・・・
とと姉ちゃんt_花山夫妻103花山は、思うように再就職先が見つからずにいました。

花山は、帰り道にパンを買い、娘・茜に食べさせようと持ち帰ってきます。

「あなたの暮し出版」を辞めても、つい、自分が企画していた「新しい小麦粉料理」の事を考えてしまうのでした・・・ つづく
 
 

 とと姉ちゃん18週103話・感想まとめ 

【小橋家のオフの過ごし方】
7月30日放送のNHK「土曜スタジオパーク」で三女役として益々存在感を発揮してきた杉咲花さんがゲストで登場されました。その時に三姉妹役の高畑充希さん・相楽樹さんと3人でのオフの過ごし方を話されていました。かか役の木村多江さんも含めオフの日はよく一緒に食事に行くそうです。

とと姉ちゃん_三姉妹97

皆さん食べることが大好きなので収録時にも食べ物の話ばかりしているそうですよ!!楽しそうですね~。オフの日も一緒に食事に出かけるということは、日ごろから仲がいいのでしょうね!最近は本当の姉妹のように演技も息がピッタリ。これは、きっとオフを一緒に過ごして食事に行ったりお互い言いたいこと言ったり、美味しいものを共有して食べたりされているからなんでしょうね♪

そう言えば高畑さんもNHKドラマガイドの中で常子の優しさの原因は?という質問に、「小橋家の家族」と話されてました。「家族を演じるのが木村多江さん・相楽樹さん・杉咲花さんで本当に良かった!一緒にいると自然と優しい気持ちになれるので」というコメントもされていましたよ。

最近では常子とよっちゃんがぶつかり合うシーンでも多いですが、ちゃんとかかが二人の気持ちを考えて緩和剤としていてくれるので安心して見ることができます。木村さんって本当に理想の母親像に近いです。口やかましく干渉などせず、子供たちを信じてドーンと構えてくれているところ・・・。私も見習いたいといつも思っています。

【花山さんの存在感】
二人三脚で作り上げてきた雑誌「あなたの暮らし」を花山さんが居なくても雑誌は作なたくてはならない・・・。しかし何かにつけて花山さんを思いだす常子。やっぱり会社では夫婦のような存在?でしたから、花山さんの存在感は言わずと知れていますね。

花山さん役の唐沢さんも広告をめぐって決裂してしまったシーンで、やはりこの常子と花山は二人三脚なんだと感じたそうです。広告を入れると本来の自分の雑誌を作る事が出来なくなると先を見ていた花山さん。一方の常子は、今の資金難をどう乗り越えるかを模索していた。
本来は、お互いに補い合う存在なんですよね。

常子には「くん」づけではなく「さん」と呼ぶ花山さんから、常子を対等なパートナーとして信頼していることがわかります。また最初から花山さんの絵の才能に惹かれていた常子ですが、その花山さんが絵を仕上げると真っ先に常子に見せていた姿を思いだすだけで、この二人って仕事を通してどこか繋がっている感がありました。

「君は金の為に魂を売るのか!」という言葉は、常子にとって相当苦しかったでしょう。「君は考えが甘い」と言った花山さんの言葉も、頭からずーっと離れません。

今日の広告を載せてくれる料理学校が、2倍の広告料を出すと話していましたよね。有難い話でしょうが、大丈夫なのでしょうか?あまりにも上手くいきすぎて心配です。そう言えば、森田屋の件で宗吉さんと照代さんももめていました。

商売を続けるということは、本当に大変なことですから。時には時代の流れに乗って軌道修正も必要なことなのかもしれません。

【このタイミングで告白?!】

いや~水田さんの今日の鞠ちゃんへの告白には度肝を抜かれました!!もちろん水田さんのこと応援しています。でも、このタイミングでの告白はちょっと空気読めな過ぎでは??と思ってしまいました。

でも、困った鞠子を支えたくて気持ちが盛り上がってしまったのでしょうね。その気持ちもわかります。自分が支えになってあげたかったのでしょう。
鞠ちゃんも水田さんに気があるのかな~?という表情をたまに見せてくれるので、この二人はきっと大丈夫と勝手に信じている私。

早く花山さんと常子が和解して会社の経営も順調になれば、晴れて鞠ちゃんもOKサインが出せるでしょう。その日が待ち遠しいです~♡

ではでは
感想byあさひめ

<<前回102話次回104話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る