NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想18週104話
2016年8月2日(火)放送
とと姉ちゃん18週テーマ「常子、ホットケーキを作る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで18週104話
8月2日(火)

宗吉の店にて・・・
宗吉は、腕を振るい小麦粉を使った料理を作ってくれました。カフェー・浪漫のメンバー達は、皆その美味しさを絶賛します。ところが、この料理を紹介しても喜ばれるかどうか分からない、と口々に話します。

とと姉ち3_試食104

プロの宗吉が作った料理は非常に手の込んだもので、一般の家庭では手に入らない食材も多く使われていた為でした。そして、調理時間も掛かり、およそ読者が真似をして簡単に作れるような料理ではなかったのでした。

そんな中「混ぜて焼くだけみたいな料理があれば・・・」と梢が言うと、一同は頷くのでした。
そんな梢の話を聞いていた常子は、ある料理を思いつきます。それは、まさに材料を混ぜて焼くだけで作れる「ホットケーキ」でした。
 
 
あなたの暮し出版にて・・・

とと姉ちゃん_宗吉104常子達三姉妹は、宗吉にも協力してもらい、早速ホットケーキの記事に取り掛かります。

ところが・・・
編集長・花山が辞めてからは、社長・常子が編集長を兼任していました。

しかし、美子は今後の編集作業も花山不在のままでやっていけるのかと、花山をやめさせた常子を責めるのでした。

そんな最中、突然「あなたの暮らし」の広告主である料理学校の副校長・袴田がやって来ました。袴田は、常子に紹介したい人物がいると言い、大手商事会社役員の松平という袴田のスポンサーを連れてきます。

とと姉ちゃん_袴田_松平104松平は、次号に自分の妻が考案した料理を載せてもらえると聞いて来やってた、と嬉しそうに話します。

常子は、何の事だか分からずにきょとんとします。慌てた袴田は松平を送り出し、常子に事の詳細を話すのでした。

袴田料理学校は、松平から多くの融資を受けている為、何とか彼の妻の創作料理「ポワソン・ア・ラ・アメリカン」を記事掲載して欲しいと頭を下げるのでした。

広告を載せてしまうと読者の為の記事に制約ができてしまうかも知れない、花山のあの言葉が、常子の頭をよぎるのでした・・・

後日の事。
常子たちは宗吉に頼み、松平の妻が考案した料理を作ってもらいます。その料理は、庶民には手の入らない食材をふんだんに使い、半日も掛かって作るような手の込んだ料理で、およそ「あなたの暮らし」の読者とはかけ離れた料理だったのでした。

とと姉ちゃん_常子104

常子は広告主の無理強いを聞いて会社を守るのか、断って会社を存亡の危機にさらすのか、究極の決断を迫られるのでした・・・つづく
 

 とと姉ちゃん18週104話・感想まとめ 

【コックコートのお話し】
コックコート姿の宗吉さん新鮮ですねぇ。深川時代は同じ白衣でしたけど板前姿でしたからまるで感じが違います。

とと姉ちゃん_18W予告宗吉さんのような食品関係の人が着る白衣は明治時代の終わり頃に現れ、大正の関東大震災以後の復興に伴い増加しました。そして、昭和に入り第二次世界大戦敗戦後…。

占領下だった当時、米軍のマッカーサー司令官により「保健衛生法・環境衛生法」が制定され(食品関係にとどまらず理・美容関係の業種に従事する人たちに清潔な白衣の着用を法律によって義務づけた)その結果、この白衣姿が急速に普及したのだそうです。

疎開先の高崎で和食から洋食へ転向した宗吉さんが着ているのが、白衣は白衣でもコックコートです。で、このコックコートには料理人の業界ならではのやってはいけない行為があるのだそうですが…。

それは、料理人はコックコートの下には肌着を着ないというもの。コックコートの独特なボタンとあの着物のような重なり具合は、万が一コックコートに火が燃え移った場合、一気に力をこめて引っ張ればすぐに脱げるようにと考えたからだそうです。

確かに、下に肌着を着ていると火が燃え移ってしまい意味がありません。ですから、以前は新人にはコックコートは素肌に直接着る様に指導していたとのこと。でも、近頃は燃えにくい素材のコックコートが多くなっていますし、実際に申し送りを守って素肌に直接着ている人はほとんどいなのだそうですけれど。

【梢さんの秋波VS照代さん】
戦況が厳しくなり『またな』と、深川を去った宗吉さんがその言葉通り、照代さんと一緒に東京に戻ってきてくれました。口は悪いけれど、情に厚いまつさん率いる森田屋さん一家が大好きでしたので嬉しい限りです。

再会を果たした宗吉さん、照代さんご夫婦と小橋家の皆さんもどんなにか、感無量だったことでしょう。ただ、すでにまつさんはこの世を去り、新しい命「まつ吉くん」のご両親、長谷川さんと富江さんの登場が無かったのがとても残念ですけれども…。

今日の小麦粉料理の試食会。まだ、カフェ勤めの梢さんが『よかったらいらして』と、宗吉さんに秋波(*1)を送ります。『そりゃ、一度行ってみねぇとな』と、江戸弁で相好を崩す宗吉さん。隣には深川時代そのままに、割烹着姿の照代さんが並んでいます。

照代さん『そうですねぇ』と宗吉さんに合わせて答えてはいますが、照代さん見つめられた宗吉さんは、背後の壁にぶつかるほどの動揺を隠せません。カフェー・浪漫の皆さんは気づいていらっしゃらないでしょうが、照代さんの声のトーンはソフトで優しく、穏やかなのに「そうですね」とはけして思っていませんよ。

昔々、照代さんの仕打ちと思われる、ひっかき傷を顔につけていた宗吉さんを思い出しますよね。宗吉さんと照代さん、とっても仲の良いご夫婦ですけれど、たぶん、照代さんは相当な焼きもちやきです。あのモナリザのような微笑みの下には、隠れ般若が住んでいるのかも…。

(*1)秋波(しゅうは)=色っぽい目つき。流し目。

【杞憂ではなかった花山さんの思い】
すいとんとうどんに飽きた茜ちゃんのために、小麦粉をパンに変えて帰って来た花山さん、『お金の方は大丈夫なのですか』と心配そうに尋ねる奥様に『金のことばかり気にしていると心が貧しくなる』この花山さんの言葉、本当にそうですよね。よっちゃんではありませんが花山教の信者になってしまいそうです。

唐突に「ポアソン・ア・ラ・アメリカン」って訳のわからない創作料理を掲載して欲しいだなんて、花山さんの『甘いよ。常子さん』という声が聞こえてきそうですが…。
広告主の袴田さんから持ち込まれたこの無理難題を常子ちゃんはどう切り抜けるのでしょう?本当にドウシタモンジャロノウ…、心配です。

ではでは
感想by香風

<<前回103話次回105話>>