NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想18週105話
2016年8月3日(水)放送
とと姉ちゃん18週テーマ「常子、ホットケーキを作る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで18週105話
8月3日(水)

あなたの暮らし出版にて・・・
「すみません!」夜の社内に水田の声が響きます。袴田の雑誌への記事介入に困惑する常子に、広告掲載を強く勧めたのは自分だと詫びていたのでした。

とと姉ちゃん_水田105

「決断したのは私ですから・・・」と常子は言うと、思いつめるタイプの水田を気遣ってか、話題を変えます。「鞠子とはどうなんですか?」ずっと気になっていたと微笑みます。

水田は鞠子に好意を持っている事を白状するとともに、告白したが会社がこんな時にと断られたと話します。

やがて、水田も帰り一人となった事務所で、常子はひとり会社の行く末を思案するのでした。「ポアソン・ア・ラ・アメリカン」の掲載を断われば広告出稿は無くなり、経営は困難になる。一方、これを掲載すれば、経営は潤うが雑誌の使命は問われる・・・、常子は決断のつかない迷路に迷い込んでいました。

とと姉ちゃん_美子105そのまま会社のデスクで眠ってしまった常子は、翌朝、早くに出社した鞠子と美子に気づきます。

鞠子と美子は、袴田の要請をどうするかで悩んでいたのかと聞きます。

ど~したもんじゃろの~・・・」常子はまだ考えがまとまっていませんでした。

すると美子が「私たちは決めたから・・・」と言います。社員として、社長が決めた事に鞠子も美子も従うというのでした。

その言葉を聞いた常子は、意を固めます。そして、改めて袴田料理学校を訪問するのでした。

会社にて・・・
常子は事務所に戻ると、みんなを集め報告をします。
袴田にこちらの意向を伝え「ポアソン・ア・ラ・アメリカン」の掲載を断わったが理解が得られず、やはり、広告の出稿も無くなってしまったと伝えます。

すると美子の「よかったじゃない」を口きりに、皆は一応にこれでスッキリする、良かったと言います。
みんなの思いを嬉しく受け止めるとともに、常子は経営者としての手筈も準備していました。

とと姉ちゃん_会社105

このままでは「あなたの暮らし」はいずれ倒産してしまうと話し、水田と岡には、次の就職先を用意していました。元・甲東出版社長の谷の紹介で、二人とも就職先はすぐに決まると話します。

そして、常子は、最後になるかもしれないが、次号も全力で作りたいと言います。

すると、美子が広告も無くなったのだから、花山に戻ってきてもらおうと言い出します。しかし、常子がそれにストップをかけます。花山の家族の事を思うと、立ち行かなくなってしまう会社に再び花山を巻き込む事は出来ないというのでした。

その日の夕方・・・
どうしても花山の復帰を諦められない美子は、ひとりで元・甲東出版の谷のもとを訪ねます。そして、現状を報告すると谷を伴って、花山宅を訪れるのでした・・・ つづく
 

 とと姉ちゃん18週105話・感想まとめ 

【戦後の料理学校】
戦後の日本では、夫が戦死したという女性や、夫が怪我や病気で働けなくなったという女性が大勢いました。そういった女性達は、家を守る為に、自分達で稼ぎに出る必要がありました。

マノ料理学園料理や裁縫が上手い女性は、生徒を持ち、自ら教える立場となって働き、女性ならではのスキルである料理や裁縫で仕事をし、生活を成り立たせていったのです。画像:マノ料理学園http://mano-cooking.co.jp/

こうして、女性による女性の為の料理学校や裁縫学校(和裁、洋裁)がどんどん増えていきました。
これが、戦後の専門学校の始まりとされています。

戦争が終わり、多くの女性は、それまでのように専業主婦として生きていく事が難しくなりました。そういった背景から、女性達は自分達の得意な料理や裁縫を武器に、社会進出をしていったのです。そんな女性たちは、まさに、キャリアウーマンの元祖とも言える存在なのではないでしょうか。

戦後の日本は衛生状況が悪く、食中毒が頻発していました。そういった事を踏まえて、昭和22年には、食中毒を防ぐ事を目的とした食品衛生法が作られました。さらに昭和33年には、調理師の資格が設けられました。調理師資格が設けられた翌年、条件を満たした料理学校は、調理師養成施設として認められました。これによって、学生は卒業と同時に調理師資格を取得できるようになったそうです。

【袴田校長の本性】
いや~、今朝は、料理学校の校長の豹変ぶりに驚きました!あの高圧的な態度と、半ば恐喝のような言い方・・・。初めてお会いした時は、頼りなさそうな雰囲気さえ醸し出していましたが、実際はそんな印象とは全く違う人でしたね。

のほほんとした第一印象とあまりにも違い過ぎて、これが同じ人かと、恐ろしくなりました。人間、見た目や第一印象では、中身までは分からないものですね。彼は、敵に回すと怖い、厄介なタイプと見えました。

やはり、料理の記事を断った事で、広告の話も無くなってしまいましたね。このままでは、次号の発売を最後に「あなたの暮し」が無くなってしまうかも知れません。常子さんは、社員である水田さんと岡さんの今後を案じて、新しい就職先まで考えていましたね。さすが常子さん、自分の事よりも周りの人の為が信条の人ですからね。
あなたの暮し出版の素敵な社員達に恵まれ、立派な社長さんになりましたよね。このまま会社が倒産なんて事になったら、勿体無さ過ぎますよね。何としてでも、存続して欲しいものです・・・。

【大人になった?美子ちゃん】
美子ちゃん、かかの言葉で気付いたのでしょうかね。「あなたが怒っているのは、妹としてなのか、それとも社員としてなのか?」。それまでの美子ちゃんは、妹として、花山氏を失ったイライラの感情をとと姉ちゃんにぶつけていました。

かかの言葉を切っ掛けに、妹としてではなく、会社の一員として考える事の重要性に気が付いたようですね。鞠子ちゃんと共に、社長・常子さんを支えると決めました。美子ちゃん、まだまだ末っ子の甘えん坊さんだと思っていましたが、今日のドラマを観て、立派な社会人へと一歩成長したなぁと感じました。

ですが、花山氏を慕う美子ちゃんは、どうしても戻って来て欲しいようで、一人で谷編集長を訪ねましたね。慣れないお酒まで飲んで、その必死さに、観ていて切なくなりました・・・。そんな美子ちゃんに感化され、谷さんも一肌脱いでくれました。ですが、二人を門前払いの花山氏、話を聞く気も無さそうです。これは手強い相手ですよ~。谷さん、美子ちゃんの為にも、何とか頑張って下さい!常子さんも、周りには決して言いませんが、本心は花山氏に戻って来て欲しいはずですからね・・・。

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回104話次回106話>>