NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想19週109話
2016年8月8日(月)放送
とと姉ちゃん19週テーマ「鞠子、平塚らいてうに会う」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで19週109話
8月8日(月)

昭和25年7月
水田と鞠子の交際は順調でしたが、すでに2年の月日が経とうとしていました。そして、鞠子が水田からのプロポーズを保留にしたまま、2週間が過ぎていました。

あなたの暮し出版にて・・・
とと姉ちゃん_美子109水田は、鞠子に返事を待ってほしいと言われた日から、ずっと元気がありません。

仕事上のミスも何度も起こす程でした。美子は、そんな二人の事が気掛かりで仕方がありません。

プロポーズの答えを保留にした鞠子、このままでは水田が身を引くのでは?とまで言い出します。
 
 
小橋家にて・・・
常子は、美子の言葉も気になり、思い切って鞠子に真意を聞いてみます。すると鞠子は、水田と結婚する事が不安な訳ではないと話します。結婚に踏み切れない理由は、自分に自信が持てないからだというのでした・・・。

作家をめざし大学に行かせてもらったがそれもかなわず、また、その経験を仕事に活かす事もできていない、と話すのでした。

とと姉ちゃん_鞠子109

自らの生き方に答えを出せないまま、結婚を選ぶ事は水田に対して失礼だと、迷っている理由を常子に話すのでした。

ある日の事
とと姉ちゃん_東堂109鞠子は、東堂先生を訪ねます。そしてしばらく後・・・、東堂宅から出て来た鞠子の顔は、晴々とした表情となっていました。

すると、それとすれ違いに、今度は常子が東堂を訪ねて来ました。

東堂は常子に、鞠子が結婚について相談に来た事を話します。

そして、「あなたは今、挑戦していますか?」と問い、仕事で何か一つでもやり遂げたと思えたその時に、何か答えが出るのではと、アドバイスを送った事を常子に伝えるのでした。

あなたの暮し出版にて・・・
それからの鞠子は、活き活きと仕事をしていました。しかし、厳しい仕事ぶりの花山に、鞠子の原稿はダメ出しをされ、その上、花山が書き直すとまで言われてしまいます。

そして、花山が書いた原稿を読んだ鞠子は、自分の文才の無さを痛感すると言い、部屋を飛び出してしまいます。

鞠子は、後を追ってきた水田に、自分の思いを吐露します。
「仕事の逃げ道に、結婚を選ぶような失礼な事はできない」と言う鞠子の思いを知った水田は、準備ができるまでいくらでも待つと、笑顔で答えるのでした。

翌日の事
依頼していた作家から、多忙の為記事を断りたいとの連絡が入ります。急いで他の作家に依頼しようと皆が慌てる中、鞠子がある作家の名前を挙げます。

とと姉ちゃん_会社109

それは、あの平塚らいてうでした・・・ つづく


 
■とと姉ちゃんキャスト相関図【後期】>>
■星野・二児の父で再登場!常子どうする?

 とと姉ちゃん19週109話・感想まとめ 

【伊藤淳史さんインタビューより】
伊藤さんは今回の役柄、水田のキャラクターが大好きなんだそうです。水田さんは顔に感情が出やすい素直な人。台本に「!」の数も多く、分かりやすいリアクションを求められていると感じているそうです。

とと姉ちゃん_水田17W01鞠子に初めて闇市であった時の分かりやすい一目惚れのシーンも「あんな顔したらみんな気付くでしょ!」という演技をされたそうです。あの一目ぼれのシーンはコミカルさもあって、記憶に残るおもしろシーンでしたからね。

さらに、花山さんと初めてあった時に「君は誰だ?」と聞かれて、あの焦る演技もずいぶん分かりやすい演技で、私たちを楽しませてくれました。

また、伊藤さんは今回のドラマで、小橋三姉妹の志に心を動かされたそうですよ。闇市で会って以来、彼女たちの「女性の暮らしを豊かにしたい」という志に未来を感じ、彼女たちの前向きで一生懸命な姿に惹かれて、雑誌作りの手伝いを申し出ました。
水田さんは、気が弱く人と接するのが苦手な性格でしたが、そんな彼の心を動かしたのも、彼女たちの純粋でまっすぐな志だったのだと思ったそうです。

そして、現場の雰囲気も居心地が良く楽しいそうですよ。これだけのメンバーが揃えば、楽しくないはずはありませんよね(笑)。唐沢さんのアドリブや、高畑さんのとと姉ちゃんぶりが、撮影現場でもずいぶん盛り上げてくれているそうです。

今後の展開は、家族愛だけでなく仕事や会社に対する愛も魅力になってきます。鞠子さんともいっぱい話していい関係を作っていくので期待してみていてください!!との事でしたよ♪

【頑張れ鞠ちゃん】
水田さんからのプロポーズを受けて、自分の中でモヤモヤ感が消せない気持ち・・・よく分かります。姉妹の中で一人、大学まで進学して勉強させてもらったわけですからね。まして花山さんからあんなにダメ出しを食らってしまっては、辛いですね。こんな中途半端なままで水田さんのプロポーズを受けることは、生真面目な鞠ちゃんには許せない事だったのでしょうね。

東堂先生からのアドバイスを受けて、自分なりに仕事で結果を出そうとする姿が印象的でした。それにしても、ここで、憧れの平塚らいてう先生に執筆を思いつくなんて、鞠ちゃんらしいと言えば、「らしい」気がしますね。鞠子役の相楽樹さんも「清楚な次女で美しい」「可愛すぎる」「ブレイク間違いなし!」の話題がネットニュースでも頻繁に見ることができます。

期待度がアップしています。明日は平塚先生に会って執筆をお願いすることになりそうです。頑張れ鞠ちゃん!!

【2作続きの“らいてう”】
先ほども話が出た平塚らいてう先生。実は前作「あさが来た」でも、大島優子さんが演じて話題になりましたよね。

「あさが来た」の時はまだ学生で若く、大人に対して思ったことをはっきり言ってしまう尖ったイメージにだったのに対して、今回は落ち着いた大人オーラ全開の真野響子さんが演じられます。戦争を通して、今の暮らしに何が必要なのか、色々と考えることも多かったようです。

考え方はどんどん変化していく事が自然という、大人になった平塚らいてう先生に会えることが楽しみです。『あさが来た』からの平塚らいてう繋がりは、ネット上でも「ムネアツ!!(胸が熱くなる)」と評されたり、大島優子さんが演じたあの“らいてう”が、年を重ねたらこんなに柔和な感じになるのかな?という連想が働いて、まさに朝ドラファンには絶妙な話題となりましたね。

前作「あさが来た」との時の流れを描くかのような、平塚らいてうの変化は今週の見どころのひとつかも知れません。

ではでは
感想byあさひめ

<<前回108話次回110話>>