NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想19週110話
2016年8月9日(火)放送
とと姉ちゃん19週テーマ「鞠子、平塚らいてうに会う」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで19週110話
8月9日(火)

あなたの暮し出版にて・・・
鞠子が“平塚らいてう”の名をあげ、誰もが知る作家であり、彼女の言葉を待っている読者は大勢いると提案すると、その言葉に一同が賛成します。

とと姉ちゃん_常子110花山は常子に担当を任せると言いますが、常子は鞠子こそが適任だと花山に提言します。

らいてうの作品を一番良く知り、らいてうをテーマに随筆も書いている、そんな鞠子こそが適任だと言います。

鞠子の担当を了解した花山は、“らいてう”は信頼した編集者としか仕事をしないことで有名で、そう簡単には取り合ってもらえないだろうと話します。そして、まずは“らいてう”の専属編集者の元へ足を運ぶべきだと助言するのでした。

鞠子は、“らいてう”の専属編集者・若松がいる乙葉出版を訪ねます。しかし、若松はまったく相手にしてくれませんでした。

とと姉ちゃん_まりこ110

鞠子は、何度断られても、連日、乙葉出版に通いました。そしてある夜、雨が降る中傘もささずに若松を待つ鞠子。そんな鞠子の熱意についに若松も折れ、“らいてう”が受けるかは分からないが、話は通しておくと言ってくれるのでした。

後日の事。
あなたの暮し出版に、一本の電話が入ります。“らいてう”が会って話を聞きたいと言っている、というものでした。社内一同が沸きます。

とと姉ちゃん_社内110しかし、書いてくれるかどうかは、まだわからないと常子が制すると「ご安心ください」必ず平塚先生を説得してくると、鞠子は息巻くのでした。

鞠子は、早速“らいてう”の自宅を訪れます。

鞠子は、“らいてう”の影響を受け、作家を志した事や出版の仕事をしている事を話します。

読者にも先生の言葉を届けたいと鞠子が話すと、“らいてう”は「執筆致しますよ。」と、意外な程にあっさり引き受けてくれるのでした。

鞠子は、かつて自分が感動した青鞜時代のような文章を、執筆して欲しいと熱く語ります。
しかし、“らいてう”は、その内容では「あなたの暮し」には合わないと言い、他に書きたいものがあると話します。

それは「夏に食べたくなる“おしるこ”の随筆」でした。その提案に、鞠子は驚きます。

とと姉ちゃん_たいてう110

“らいてう”は、戦争を経て、世の中も自分も大きく変わったと言います。女性の問題ももちろん大事だが、何よりも平和が一番だと話します。

そして、人の考えは変わるもので、それはとても良い事なのだと続けます。“らいてう”の言葉が、鞠子の心に大きく響くのでした・・・ つづく
 
■次回作「べっぴんさん」ネタバレあらすじ概要はこちら>>
■2016年下期ヒロインは「花子とアン」のあの子?

 とと姉ちゃん19週110話・感想まとめ 

【日本女子大と朝ドラ】
今日、鞠子ちゃんの努力の甲斐があって「あなたの暮らし」への寄稿を快諾してくれた平塚らいてう女史は、前作の朝ドラ「あさが来た」でも日本女子大の生意気な女子学生、平塚明(はる)として登場していましたよね。
この平塚らいてう女史は、日本フェミニズムの先駆者ともいえる女性です。それを考えますと、今までのNHKさんの多くの朝ドラは根底に女性の生き方をテーマとして描かれているのだと合点がいきます。

なかでも、朝ドラの歴史上「あさが来た」のモデル広岡浅子女史が創立した日本女子大はとても大事な意味を持つ、中核のような位置にあるようです。

あさが来た_あさ03156

なにしろ日本最初の女子大、日本女子大学校には有為の女子が集まり、そこから平塚らいてう女史をはじめ、様々な分野で活躍する女性を輩出することになるわけですから、それだけでも意義深い事ですが、朝ドラに関係する女性たちが日本女子大と何らかの関わりがあることにも驚かされます。

今の常子ちゃんモデル、大橋鎭子女史は肺結核のため一年で中退してしまいましたが、日本女子大・家政科二類で学んでいますし、古くは1986年の「はね駒」のヒロインのモデル、新聞記者の磯村春子女史は日本女子大の聴講生だったと言われています。

また、1994年の「春よ、来い」は橋田壽賀子女史、2000年の「オードリー」は大石静女史とそれぞれの脚本家は二人とも日本女子大の卒業生です。
2014年の「花子とアン」のモデル、翻訳家の村岡花子女史は日本女子大出身ではないものの、広岡浅子女史が晩年に、御殿場で勉強会を主催した際(「あさが来た」の最終回のシーンを思い出します)に参加していた、と言われています。

このように、朝ドラの中で女性の登場人物たちが時代を超えて様々にリンクし合うのは、見ていてワクワクしますし、とても興味深いことです。

【双葉出版の若松さん】
雨に濡れながら待つ、鞠子ちゃんを見てとうとう折れた双葉出版の若松さん、もしかしたら確信犯…でしょうかしら?鞠子ちゃんが平伏低頭して寄稿をお願いすると、拍子抜けするほどあっさりと執筆を快諾した平塚らいてう先生曰く、『私のほうこそ、是非寄稿させていただきたいと思ったの。若松にはそうお伝えしたはずなのだけど…』なんということでしょう!これは、由々しき事態ですよ。

双葉出版の若松さん、自分が窓口なのを良いことに平塚らいてう女史を独り占めするつもりだったのでしょうかしら?平塚らいてう女史の家へ直接に伺うという鞠子ちゃんに『何を言っているのだ、君は!仕事の依頼は私に一任されているのだ』と一喝するところなど、秘書の前に陳情者が列をなしたという、昔々の大物政治家と秘書(もしかしたら、今もそうでしょうか)の関係を彷彿とさせるようなやり取りでしたが…。

モロ師岡さん演じる平塚らいてうの担当編集者、若松永正さんは久々の憎まれ役ですが、雨に濡れている鞠子ちゃんを中に招き入れ傘を貸してくれたところを見ると『あの人、人の話をちゃんと聞かないから…』という、平塚先生のお言葉通りの人物なのでしょうね。

それに、コメディアンでもあるモロ師岡さんのファンでもありますから、今日の所は許してあげることにいたします。

【熱い鞠子ちゃんの想いと平塚先生の心の変遷】
今日の鞠子ちゃん、熱かったですねぇ。身振りよろしく憧れの平塚先生に訴えるさまは熱く情熱的で、余計なことながら、その情熱の一部でも水田さんに与えてあげれば良いのに…と思ったほどですが、平塚先生の『考えは変わるものなのよ』という言葉に何か思うところがあった鞠子ちゃん。

平塚先生の言葉に背中を押され、水田さんとの関係が一歩前進するような予感がしますけれど、さてさて、楽しみなことです。

ではでは
感想by香風

<<前回109話次回111話>>