とと姉ちゃん ネタバレ19週111話感想あらすじ【8月10日(水)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想19週111話
2016年8月10日(水)放送
とと姉ちゃん19週テーマ「鞠子、平塚らいてうに会う」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで19週111話
8月10日(水)

平塚らいてう宅から鞠子が会社に帰ると、東堂先生が鞠子を待っていました。
そして、みんなの注目する中、“らいてう”から執筆の約束を得た事を伝えると、一同から喜びの声が上がります。

とと姉ちゃん_会社111

そして、“らいてう”との会話の中で「考えは変わるもの。それはとてもいい事・・・」その言葉を聞いて、鞠子は救われた気がしたと話すのでした。

数日後。
鞠子は大きな封筒を、大事そうに抱きかかえ小走りに会社へと急いでいました。平塚らいてうからの原稿でした。会社に戻るとその原稿を、編集長・花山に渡します。

原稿に目を通す花山に、鞠子は不安そうに聞きます。「いかがでしょうか・・・」

とと姉ちゃん_鞠子誉められる111読み終わった花山はひと呼吸置くと「すばらしい!」と、鞠子を見ます。

「ごま汁粉」を題材に、優しく慈愛に満ちたすばらしい原稿を頂けたのは、鞠子の力だ「よくやった!」と花山は、その功績を絶賛するのでした。

鞠子は自分の中で何かが湧き上がるとともに、心の中が晴れわたってゆくのを感じます。
その姿に、ただ一人水田だけが顔をくもらせるのでした。

その日の帰り道・・・
とと姉ちゃん_まりこ111鞠子は水田と歩いています。

すると、鞠子は突然立ち止まり「私を水田さんのお嫁さんにしてください」と、待たせていた水田のプロポーズに応えます。

すると、「本当にいいんですか・・・」水田は、鞠子が仕事で生き生きと輝く姿を見て、本当は仕事を続けたいのではと、思いを巡らせていたのでした。

しかし、それは違うと鞠子は言い「これでようやく水田さんと一緒になれる」そう思えたから嬉しかったのだと話します。

水田は鞠子を見つめ改めて「僕と結婚してください。」と力強く言うと、鞠子は「はい。」と満面の笑みで答えるのでした。

その夜、小橋家にて・・・
水田と鞠子が、かか・君子、常子、美子を前に緊張の眼差しで座っています。

「鞠子さんを、僕にください!」水田が深々と頭を下げると、かかに促された常子が「鞠子を、よろしくお願いいたします」と頭を下げ、かかも美子もそれに続くのでした。

こうして、長いお付き合いを経た二人は、ようやく結婚へと歩み出すのでした。

とと姉ちゃん_水田111

翌日の事。
二人は早速仲人役にと、花山に願い出ますが「私はそんな柄じゃない」と、あっさり断られてしまうのでした。

その頃、常子と美子は森田屋に報告に来ていましたが、二人の結婚の話は本人たちが言うまでは、知らなかった事にしてほしいと話していると・・・、案の定、鞠子と水田がやって来ます。

二人は、宗吉と照代に結婚の報告をすると共に「媒酌人」を頼むのでした・・・つづく
 
■若かりし頃のらいてうが噛みついた相手とは?
■次女・鞠子のモデル大橋晴子さんとその後>>

 とと姉ちゃん19週111話・感想まとめ 

【媒酌人と仲人】
結婚式と言えば“仲人”をお願いするという印象が強いですが、今日のドラマでは、“媒酌人”を誰にお願いするかという話が出ていましたね。

この媒酌人とは結婚式での立会人の事で、新郎新婦の結婚を列席者の皆さんに報告し、祝杯の発声をしたりする役を担います。仲人とは違い、結納から結婚式までの間、または結婚式の当日のみに役を務めます。最近の結婚式では、媒酌人を立てる事はほとんど無くなっているそうです。

一方の仲人には、お見合いから婚約、結婚までの面倒をみたり、両家の橋渡し役になったりと、色々な役目があります。さらに、結婚後も二人の為に色々と相談に乗ったりしてくれる存在です。この仲人を立てる場合は媒酌人を別に立てる事はせず、仲人が全て取り仕切ってくれます。

媒酌人も仲人も、大抵の場合は新郎新婦の職場の上司や恩師など、関係が深い方とその伴侶の方にお願いする事が多いものです。しかし、現代では恋愛結婚の夫婦が増え、お見合い結婚が少なくなってきた事もあり、仲人や媒酌人を立てる方は少なくなりました。昔は一般的だった「仲人は親も同然」という言葉も、最近ではあまり耳にしなくなりましたしね。

ドラマの中では、森田屋の宗吉さん夫妻が鞠子ちゃん達の媒酌人を務める事に決まりました。きっと、感動的な式になるのでしょうね。

【吹っ切れた鞠子ちゃん】
らいてう先生のお言葉は、やはり重みがありますね。長い年月の間に子育てや戦争といった様々な経験をした、当時の女性だからこその意見だなぁと感じました。

確かに、時代が変われば、おのずと人の心や考えも変わっていきます。そして、それは決して悪い事ではないのですよね。そうやって時代は作られていくのかも知れない、そんな風にさえ感じました。頑なに一つの考えに固執するよりも、時の流れや環境の変化に応じて、柔軟になる事も大事なのですね。

とと姉ちゃん_鞠子108鞠子ちゃんも、らいてう先生の言葉で、今までずっと自分の中にあった迷いや不安が吹っ切れたようでしたね。

笑顔がキラキラと輝いていました。らいてう先生や東堂先生など、常子さん達の周りには、素敵な先輩女性がたくさんいらっしゃいます。

そんな先輩方の助言は、若い常子さん達にとって、これからの人生の中での大きな財産になっていくのでしょうね。

鞠子ちゃんの努力が実り、らいてう先生の原稿を読んだ花山氏から力強い「よくやった!」の言葉をもらえました。鞠子ちゃんの嬉しそうな顔を観ていたら、私まで嬉しくなって、涙が出てしまいました。

【優しすぎるよ、水田さん】
水田さん、仕事にやりがいを感じている鞠子ちゃんの笑顔を見て、本当にこのまま自分と結婚して良いのかと思ったようですね。水田さんは、少し頼りない所もありますが、心の優しい男性ですからね。本当に鞠子ちゃんの事が大好きなのですね。鞠子ちゃんを見つめる優しい眼差しや大切に思う気持ちに、朝から感動です。

そして、ついに鞠子ちゃんがプロポーズを受け、結婚が決まりました!鞠子ちゃんの「お嫁さんにして下さい!」の言葉が可愛すぎて、胸がキュンキュンしました。そして、笑顔で見つめ合う二人の様子を観ていたら、心がほんわか温かくなりました。ごちそうさまです!

しかし、失言しそうになり、鞠子ちゃんにつねられる水田さん。早速、尻に敷かれていますね。でも確かに、水田さんよりも鞠子ちゃんの方がしっかり者でしょうからね。結婚後の水田家の様子が、今から目に浮かびます・・・。

それにしても花山氏、本当にマイペースな方ですね。二人の上司なのに、媒酌人は自分の柄じゃないからやりたくないだなんて、まるで駄々をこねる子供のようですよね。二人の結婚話など知らないような演技をしていた宗吉さん夫妻も、媒酌人という重大な役を頼まれて、ビックリしてしまっていましたよね。

いよいよ、お嫁に行き決定の鞠子ちゃん。嬉しいような寂しいような、複雑な思いです・・・

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回110話次回112話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る