とと姉ちゃん ネタバレ19週113話感想あらすじ【8月12日(金)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想19週113話
2016年8月12日(金)放送
とと姉ちゃん19週テーマ「鞠子、平塚らいてうに会う」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで19週113話
8月12日(金)

小橋家にて・・・
鞠子の結婚式前夜、食卓にはかか・君子の丹精込めた食事が並びました。アジの干物、かぼちゃの煮物、玉子焼き、ごまあえ、おはぎ等々、君子は、鞠子の好きだった料理を並べます。
もっと豪華なご馳走にすれば良かったと言う君子に、鞠子は、かかの料理が何よりのご馳走だと笑顔で答えます。

とと姉ちゃん_団欒113

小橋家は、こうして家族4人水入らずで過ごす、最後の団欒を楽しんだのでした。

夕食の後、鞠子は、感慨深げに部屋に飾られた白無垢を見つめます。そして、改まった様子で居間に行き、家族一人一人に挨拶をしていきます。

鞠子は、昔、常子と美子のお弁当が間違っていて、常子が美子の学校に届けに行った時の話を始めます。実は、二人のお弁当を間違えてかばんに入れたのは自分だった事を明かし、すみませんでしたと謝ります。思わぬ新事実の発覚に、常子達は笑います。

とと姉ちゃん_まりこ02113そんな笑い話をしながらも、明日からはこうして4人で食事をしたり笑ったりできなくなる事に、鞠子は涙を堪えられなくなります。

本当は笑ってお嫁に行きたかったと話し、家族一人一人に順番に挨拶をしていきます。

君子には、「いつも家族を陰ながら支えてくれる、憧れのかかのような存在になります。」と、母への感謝と憧れの思いを話します。

常子には、「いつも明るく励ましてくれて、そんなとと姉のお陰で、一点の曇りもない晴れやかな気持ちでお嫁に行けます。」と、感謝の思いを告げます。

そして美子には、「素直で真っ直ぐな美子の事が羨ましかった。自分も、水田さんの妻として、迷わずに真っ直ぐ進んでいく。」と話します。

挨拶を終えると、鞠子は仏壇の方を向き、とと・竹蔵の遺影に向かって語りかけます。そして、「とととかかのように温かい家庭を築くので、どうか見守って下さい。」と続けるのでした。

ところが、「結婚するの、ちょっと悩んでます・・・」と鞠子が言い出します。みんなの顔が一瞬固まります。すると鞠子は、水田さんと結婚すると「水田鞠子、みずたまりこ。水溜り」になっちゃうとおどけて見せると、小橋家に笑い声が響くのでした・・・

とと姉ちゃん_かか・君子113  とと姉ちゃん_鞠子113

翌朝。
小橋家の前には、ご近所の人達が鞠子の花嫁姿を一目見ようと集まっていました。そこに白無垢姿の鞠子が現れると、その美しさに一同は沸き立ち、祝福の言葉が飛ぶのでした。

そして、二人の披露宴が始まります。媒酌人を務める宗吉の、やや脱線気味の乾杯の音頭で、いよいよ宴は始まるのでした・・・

とと姉ちゃん_乾杯
つづく

 
■初めて4人で囲んだ食卓と鞠子の感情が哀しい?
■その昔、鞠子が名前の由来にショックを受けた理由とは?

 とと姉ちゃん19週113話・感想まとめ 

【「暮しの手帖」創刊号復刻版のお話し】
ドラマの中で常子ちゃん三姉妹が頑張って守っている雑誌「あなたの暮らし」のモチーフとなっているのは「暮らしの手帖」ですが、この「暮らしの手帖」83号が付録には創刊号の復刻版を付けて出版されました。もうご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

KT83_表1-4_入稿_OL後[ノーマル].indd2016年の夏の号として出版された本体にはサマーパンツの作り方や真夏の麺料理、夏の朝の大掃除術などが掲載されていますが、ドラマの中の「あなたの暮らし」同様に、企業からの広告を一切、載せていませんでした。

本家本元の「暮らしの手帖」がいまだに企業広告を掲載していないということに、少なからず驚かされましたし、創業者である大橋鎭子氏や花森安治氏の遺志を脈々と受け継いでいることにも敬意の念を抱かずにはいられません。

付録のほうは創刊号の復刻版ですから、直線裁ちのワンピースの記事が写真入りで掲載され、「家中みんなの下着」もイラスト入りで載っています。

「家中みんなの下着」は花森安治編として48種類もの下着の作り方をイラスト入りで説明していますが、ドラマの中のように女性用の下着だけではなく、赤ちゃんや子供用の下着から男性用から女性用まで、文字通り「家中みんなの下着」の作り方を記事にしています。
《日本で初めての下着全書》と銘打っていますがまさに、その通りのものだったのでしょうね。

創刊号本編の記事の題や見出し、自社広告など《書き文字》を担当していたのは当時の編集長、花森安治氏だろうと思われますが、その味わい深い《書き文字》やイラストは今拝見しても大変魅力的です。

【鞠子ちゃんの花嫁衣裳】

あれよあれよ、という間に鞠子ちゃんがお嫁入り…。前の晩の水田鞠子《みずたまり》のダジャレが切なく響いたことが嘘のように、輝くほど美しい花嫁姿でしたねぇ。
『一点の曇りもない、晴れやかな気持ちでお嫁に行けます』と鞠子ちゃん本人が言っていたように、披露宴では本当に晴れやかな笑顔をみせていましたものね。めでたいことです。

白無垢の花嫁衣裳に角隠しは付き物ですが、角隠しには裏紅、縁には赤が覗き鞠子ちゃんの朱の口元を引き立たせています。おキレイです!
披露宴では角隠しを外し、文金高島田に色振袖のお色直しも豪華で見事です。染も刺繍も華やかですが色振袖に紋がついているのは珍しいかも…。

かかの黒留袖には《丸に三つ柏》の紋が付いていますが、それと同じ紋が鞠子ちゃんの色振袖にも付いていました。かかの黒留袖に付いていたということは《丸に三つ柏》は家紋ですから、鞠子ちゃんの衣装は小橋家のあつらえモノということになります。常子ちゃん頑張りましたねぇ。

常子ちゃんとよっちゃんの振袖に紋は確認できなかったのですが、二人のテーマカラーのブルーとピンクの豪華で艶やかな振袖姿が良く似合っていて素敵でした。良い目の保養です。それに、かかの黒留袖は、その大人の色香に二重◎です。

【あれは誰?】
披露宴の席上、水田さん新郎側に何やら見たことがある顔を発見しましたよ。
水田さん側の列席者では、正平さんのご両親、國彦さんとむめさんのご夫婦しかまだ知らないはずなのですが…。

宗吉さんの媒酌人としての挨拶は、かかやよっちゃんを温かい気持ちにしてくれた三姉妹のおばあちゃん、青柳商店のおかみさんの話から大きく脱線して的外れになりかかりましたが、その時、(花山さんは苦虫をかみつぶしたようなお顔でした)國彦さんから一人置いたところに、少し苦笑しながら宗吉さんを見つめている男性がいましたよね。

見覚えはあるのですがどなたでしたでしょうかしら?
気になるところですが、明日の披露宴でのお愉しみといたしましょうかしらね。

ではでは
感想by香風

<<前回112話次回114話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る