とと姉ちゃん ネタバレ19週114話感想あらすじ【8月13日(土)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想19週114話
2016年8月13日(土)放送
とと姉ちゃん19週テーマ「鞠子、平塚らいてうに会う」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで19週114話
8月13日(土)

常子は、媒酌人・宗吉からスピーチを頼まれていました。小橋家を昔から知る宗吉は、父親代わりとして鞠子を見守ってきた常子に、はなむけの言葉を贈らせてやりたいと思っていたのでした。

とと姉ちゃん_スピーチ114

披露宴もにぎやかに繰り広げられる中、宗吉が大丈夫かと常子に確認します。常子は一夜漬けながらもスピーチを暗記し、万全の態勢で出番を待ちかまえていました。

やがて式は滞りなく和やかに進んで行きますが、花山がスピーチをし出すと常子は慌てふためいてしまいます。懸命に練習をしたスピーチが花山と同じ“みそ汁”の内容だったのでした・・・

とと姉ちゃん_披露宴01114かか・君子も美子も、花山の“みそ汁の話”に感動していると、常子は「言われました・・・、私が言おうとしていた言葉・・・」と、呆然とするのでした。

そんな中、次に常子が指名されます。慌てふためく常子・・・。

事を知った君子と美子は「大丈夫、だいじょうぶ!」と背中を押し、送り出します。

予定していたスピーチが話せなくなった常子は、懸命に話そうとしますが、とっさの事にどうもうまく話せません。「えー・・・。・・・えー・・・。・・・」

そして、つい本音を話してしまうのでした。
「ごめんなさい。私、いつもそうなんです。・・・どこか間が悪いというか、失敗も多くて・・・」
一同、あっけにとられた様子で常子の話を聞いています。

とと姉ちゃん_常子114「でも、そんな時、いつも私を助けてくれたのは、鞠子でした・・・」

鞠子との数々の思い出、父親代わりとして家族を支えようとしてきた常子と、その常子をいつも支えていたしっかり者の鞠子という存在・・・。

素直な気持ちを話していくうちに、何度も込み上げてくる涙を、常子はこらえ続けました。

そして最後に、常子が鞠子を幸せにしてほしいと水田に頼むと「僕は鞠子さんを一生かけて幸せにします!」と、水田も渾身の思いで答えるのでした。

それを聞いた鞠子の頬に、こらえていた涙が溢れます。そして、会場内は感動の輪に包まれ、それぞれの思いを込めた温かい拍手が湧き起こるのでした。

結婚式もお開きとなり、常子たちも自宅に帰ってきました。鞠子の抜けた席を見ながら、いくぶん広く感じる我が家に、一家の寂しさがつのるのでした・・・ つづく

とと姉ちゃん_鞠子結婚114

 
■とと姉ちゃんキャスト相関図【後期】>>
■とと姉ちゃん・実在モデル集はこちらから>>

 とと姉ちゃん19週114話・感想まとめ 

【文金高島田】
今日の披露宴での鞠子ちゃん、本当に綺麗でしたね~。女性の私でも、惚れ惚れしてしまいました。“文金高島田”がとても似合っていましたし、上品なべっ甲の髪飾りも素敵でしたね。
べっ甲の髪飾りは、格式が高いものなのだそうですよ。

この“文金高島田”は、現代でも花嫁さんに結われる髪型で、和装の結婚式ではよく見られる髪型ですよね。

とと姉ちゃん_鞠子114“高島田”とは、根本を高くして結った島田髷という髪型の一種です。その高島田の中でも、最も根が高く結われ上品な髪型とされるのが、文金高島田という訳です。

“文金”とは、江戸時代(八代・徳川吉宗の頃)の小判の事を指します。当時は、男性の高く結う髪型で“文金風”というものがありました。

その高く結われた髷が美しいと言われ、その後、女性の間でも普及し、それが文金高島田になっていきました。

未婚の女性を象徴する髪型として、武家の若い女性に人気だったそうです。他にも、芸妓や遊女にも好まれていたとされています。

明治時代以降、文金高島田は花嫁の和装の髪型の定番となり、現在に至ります。
現代では、披露宴でのお色直しと共に髪型も変える場合が多い為、ほとんどの方が簡単に着けられるかつらを使用しているようですね。

【ととのようなスピーチ】
花山氏がスピーチの題材に選んでいたのが、常子さんと同じ“お味噌汁”とは、驚きましたね。しかも、内容もほぼ同じとは・・・。この二人、発想が似ているのか、馬が合うという事でしょうか?

それにしても、披露宴のスピーチで「とりわけ話す事もありませんが・・・」と切り出すとは、さすが花山氏。普通は、二人の門出である場でのスピーチでそんな事は言えませんからね。
マイペースというか、掴みどころが無いというか。さすが、いつでもどこでも飾らない花山氏ですね。

ところが、先にお味噌汁の話をされてしまった常子さんの焦りようは、すごかったですね。
ドラマを観ている私までハラハラしてしまいました。ですが、鞠子ちゃんとの思い出話から、皆を感動させる最高のスピーチを展開させる事ができました!さすが常子さん、土壇場に強いですね。

予め考えてきた内容よりも、リアルな姉の思いが伝わって、良いスピーチになったのではないでしょうか。「幸せにしてやって下さい。お願いします。」と頭を深々と下げるシーンは、号泣ものでした。とと代わりの常子さんらしい、愛情溢れるスピーチでしたよね。

花山氏は、そんな常子さんのスピーチに力強い拍手を惜しみなく送っていました。もしかして、感動してくれたのでしょうかね?花山氏は、あなたの暮し出版を立ち上げた時から、ずっと小橋三姉妹の事を見てきた人ですからね。少し、娘をお嫁に出す父親の心境になったのかも知れませんね。

【猿顔の水田家男性陣】
水田さんのお父さん、最初に観た時からインパクトの強い面白い方でしたが、披露宴の席でも変わりませんでしたね。水田家は猿顔の家系だから、息子と鞠子ちゃんの間には猿顔の子供が生まれる、という國彦さん。その事を、何度も「すまんじゃんね~。」と言っている姿が面白かったです。確かに、お父さんの國彦さんも、お兄さんの正一さんも、親戚の方も、見事な猿顔でしたね。

ですが、水田さんはもちろん、水田さんのご両親や親戚の方も、皆さん優しそうでしたよね。ずっと鞠子ちゃんの成長を観てきた私としても、水田家なら安心してお嫁に出せます。鞠子ちゃんの子供が生まれたら、どんなお顔になるのでしょうかね?お父さん似?それともお母さん似でしょうか?今から気になってしまいます。

鞠子ちゃんが嫁いで寂しくなりますが、来週はあの星野さんと再会!?見逃せません!

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回113話次回115話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る