NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想20週116話
2016年8月16日(火)放送
とと姉ちゃん20週テーマ「常子、商品試験を始める」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで20週116話
8月16日(火)

台所取材の途中・・・
この日、常子が出会ったのは、兄・大樹と妹・青葉の兄妹でした。二人は楽しそうに遊んでいました。

とと姉ちゃん_常子116常子は家の人はいるかと訪ねると、この家のお手伝いの女性が顔を出します。

常子は台所の調査を依頼しようとしますが、家の主が不在の為と、断られます。

その時、傘の布の染料が落ちて、青葉のワンピースが赤く染まってしまいます。

このお気に入りの洋服が汚れて落ち込む青葉の姿は、常子の心に深く刻まれたのでした。

そして、その家の表札に「星野」と書かれていた事は、まだ、常子の気づくところではありませんでした・・・

あなたの暮し出版にて・・・
常子達が会社に戻ると、そこには新しいミシンがありました。美子が試しに布地を縫ってみます。と、その時、側で見ていた社員・寿美子が、突然「痛っ!」とうずくまります。

とと姉ちゃん_ミシン116

なんと、ミシンの針が飛び、寿美子の目の下を傷付けたのでした。一歩間違えれば目を怪我していたかも知れない事故でした。  

早速、花山がミシンのメーカーに問い合わせの電話をします。ところが、その対応はいい加減なものでした。

世の中では多くの物が手に入るようになりましたが、その反面、粗悪品や、欠陥商品もたくさん出回っている状態でした。

ミシンの事や、この日会った兄妹の傘の事など、欠陥商品を間近に見た常子は、あることをひらめきます。

とと姉ちゃん_02常子116試験をしましょう!」と言いながら、黒板に”商品試験”と書きます。

世の中に出回る様々な商品を試し、その商品の良し悪しを「あなたの暮し」の読者に伝えようと言うのでした。

さらに、広告を載せていない自分たちの雑誌なら、メーカーにも気兼ねすることなく、公正な目で真実を伝えられると言い、この”商品試験”は「あなたの暮らし」だからこそ出来る事だと力強く語るのでした。

この常子の提案に、花山も「素晴らしい」と太鼓判を押すと、社員達も興奮しながら賛成します。そして、さっそく花山の号令で、企画会議が開かれるのでした。

キッチン森田屋にて・・・
常子と美子は、宗吉達の元に「あなたの暮し」の最新号を届けに来ていました。そんな中、美子はそわそわした様子で厨房を気にします。

とと姉ちゃん_南大昭116

美子は、キッチン森田屋のコック・南大昭(ひろあき)と交際を始めていたのでした。
そして、常子もかか・君子も、二人の交際を温かく見守っているのでした・・・ つづく

 
■とと姉ちゃん・実在モデル集はこちらから>>
■かか・君子が八方ふさがりになると出るクセは?

 とと姉ちゃん20週116話・感想まとめ 

【東洋の奇跡(Japanese miracle)】
今日、花山さんが企画会議で話していた高度成長期とは、ある文献によれば日本の経済が飛躍的な成長を遂げた期間、昭和29年12月から昭和48年11月までの19年を指しています。

ただ、文献によっては朝鮮戦争特需の昭和30年から高度経済成長に入ったというものもありますので学術的なことははっきり分かりませんが、でも、復興後の日本経済は世界に類を見ない高度成長期に入っていったのは事実です。

高度成長期02  高度成長期01
*出典: https://teachme.jp/)

昭和29年から昭和48年まで約19年間で日本の経済成長率(実質)は年平均10%前後の高い水準で成長を続けて、欧米の経済成長率の2~4倍にもなったといいますから、驚きですよね。

この間、短い不況期はあったものの基本的にはお父さんたちの毎年のお給料は右肩上がりに推移し、ドラマの中で描かれているように日本人の生活様式から価値観まで、なにもかもが劇的に変化していった時期でもあったのですね。

そして、この驚くべき経済成長への敬意、憧れからかマレーシアなどは日本を手本とした政策(ルックイースト政策)を掲げた政権も誕生しています。
それに、我が国が戦後、何もない焼け野原の状態から世界第2位の経済大国になったことは、世界的に見ても例を見ない、驚異的なことだったため我が国の復興後から続いた一連の高度経済成長は、世界的には「東洋の奇跡」(Japanese miracle)と呼ばれるようになったのだそうですよ。

【よっちゃんが、いつの間にか…】
ところで、あらまぁ!よっちゃんにいつの間にかお付き合いしている男性が…。少し驚きました。いいえ、だいぶ驚きました。鞠子ちゃんには可愛らしいお嬢ちゃんが誕生して、もう3歳でしたかしらね。ですから、よっちゃんの年齢を考えれば別に驚くほどのことではないのですけれどもねぇ。

よっちゃんが年ごろの素敵な女性に成長していることはとても嬉しいのですけれど、それでも、いつまでも可愛いらしい子供のままでいてほしいという無謀な願いもあり、とても複雑な心境です。

でも、かかが言うように食いしん坊のよっちゃんには一番相応しいお相手かもしれませんね。宗吉さんにからかわれて慌てて厨房に駆け込もうとするよっちゃん、小声でタイショウを見上げる、なんとも初々しくて可愛らしくいよっちゃん、良いですねぇ。カワイイ!
これからはこの二人の恋の行方からも目が離せなくなりそうです。

【星野さん再び】
なんと、青葉に大樹、青い葉っぱに大きな樹ですって…。お兄ちゃんの丸メガネには何やら見覚えがあります。それに、掲げられた表札が星野とくれば思いだす人物はただ一人です。

そう、葉っぱの兄ちゃんこと星野武蔵さんに間違いないでしょうね。またまた、嬉しい再登場の人物ですが、今日はご本人の登場はなく、ジュニアたちだけのお披露目でしたね。

何やら、父子家庭の雰囲気が濃厚ですから、常子ちゃんとのこれからが心配(?)いいえ、楽しみです。

でも、嫌でも思い出してしまいます。常子ちゃん星野さん出会いから別れ…。
星野さんのプロポーズを受け入れることができなかった常子ちゃんの切ない決断や星野さんが去る列車を鉄橋越しに見送り、黙って一礼した常子ちゃんの姿など。

思い返せば今でも涙が出ますが、今日、よっちゃんのセリフ『いい人がいたとしても、とと姉ちゃんにその気が無さそうですから』にかぶせて、夜の街を一人で帰って行く常子ちゃんの後ろ姿やかかの『お仕事楽しい?』の質問、これってこれから起こることへの伏線なのでしょうかしら。

それともそれは考えすぎでしょうかしらね。
何はともあれ、目白押しの乞う!ご期待にワクワクしています。

ではでは
感想by香風

<<前回115話次回117話>>