とと姉ちゃん ネタバレ20週117話感想あらすじ【8月17日(水)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想20週117話
2016年8月17日(水)放送
とと姉ちゃん20週テーマ「常子、商品試験を始める」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで20週117話
8月17日(水)

せっけんの商品試験」が始まりました。
汚れの落ち具合、溶け具合、肌荒れ、香り、包装、泡立ち等の項目で、さまざまな商品を比較し、花山の指示の下で厳しい試験が行われています。

とと姉ちゃん_商品試験117

“商品試験”と並行して、常子の台所調査は引き続き行われていました。社員のカメラマン・本木と編集員・扇田をともなって再び住宅街を回っていた時、常子はまたあの兄妹、大樹と青葉に再会するのでした。

青葉はもう常子にすっかり懐いていました。「ねえねえ今日はお父さんいるよ。うちに来て来て」とせがむ青葉に手を引かれるまま、常子は台所の取材をお願いしようとその家の玄関先までやって来ました。

大樹と青葉が父親を呼びに家に入ります。しばらくすると、青葉を抱きかかえながら、大樹と共に家の中から父親が出てきました。

とと姉ちゃん_星野117その父親の姿を見て、常子は驚きのあまり言葉を失います。

青葉と大樹の父親は、星野武蔵だったのでした・・・

驚いたのは星野も同じでした。
夢にも思わなかった常子との再会が、突然に訪れたのです・・・。

事情を知らない本木と扇田が星野に台所の取材を申し込むと、「うちでよかったら・・・」と星野は上の空で返事をするのでした。

今日は、奥様お出かけですか?」という扇田の何気ない問いに、星野は「それが、先立たれまして・・・」と答えるのでした。常子がふと部屋の中に目を向けると、仏壇には妻の遺影が置かれていました。

常子は放心状態のまま取材を終え、動揺を隠せないままに帰宅します。
美子は最近つきあい始めたキッチン森田屋の・南大昭とデートに出かけていて不在でした。

とと姉ちゃん_常子117二人だけの食卓で、常子はかか・君子に、星野と再会したことを告げるのでした。

「もしかしたら戦争で…と思っていたので、今ああして幸せそうな星野さんを見ることができて、ただただほっとしました・・・」

かかは驚きながらも、過去の星野とのことは口にせず、優しく常子を見守るのでした・・・
 
 
あなたの暮らし出版にて・・・
「せっけんの商品試験」の真っ最中、せっけん香りについては、綾や梢にも手伝ってもらいながら検証が行われ、せっけんに含まれる手荒れに関する成分は民間の検査機関に分析を依頼しました。

そして、せっけんの商品試験の結果が出ます。しかも、最大手メーカーの商品評価が最も低いという、思わぬ結果が出たのでした。一同は騒然とします。

とと姉ちゃん_結果117

しかし、成分検査をした検査機関は、メーカー名を公表するのなら分析結果は提供できないと言い出すのでした。花山が噛みつきます・・・ つづく
 
■星野・二児の父で再登場!常子はどうするの?
■とと姉ちゃんキャスト相関図【後期】>>

 とと姉ちゃん20週117話・感想まとめ 

【石鹸のお話し】
世界でも類を見ない程の清潔好きで、お風呂が大好きと言われる日本人。そんな私達日本人にとって、石鹸は日常の中で当たり前にある物の一つとなっています。

日本に初めて石鹸が入ってきたのは、なんと1543年頃(16世紀)だそうです。その後、時は流れ、明治時代以降に一般家庭でも使われるようになりました。ちなみに、国産の石鹸が発売されたのは明治6年だそうです。

そんな石鹸ですが、戦中・戦後の物資不足の時代には、当然、石鹸も不足していました。原料となる油脂が少なかった為、粘土や陶土を主原料にして作られた質の悪い石鹸が配給されていました。さらに、昭和18年から昭和21年までの約3年間、石鹸の配給が止められていたとされています。

この時代は、現代のように合成洗剤などはまだありませんから、洗濯や入浴、台所仕事など、あらゆる用途で石鹸を使っていました。ですが、配給される石鹸はわずかな量だった為、とても日常生活を送る上では足りません。その為、石鹸を使わずに川で洗濯をする光景もよく見られたようです。さらに、粗悪品のヤミ石鹸も出回るようになってしまっていました。

その後、配給が廃止となり、十分な量の石鹸を手にする事ができるようになったのは、昭和25年頃からとされています。現代では、安心して使える石鹸を手頃な価格で買う事ができます。私達は本当に恵まれているのだと、改めて感じますね。

【鬼監督と実験結果】
社員の方が皆で実験する様子は、まるで学校での理科の実験の授業のようでした。

とと姉ちゃん_花山19W02やはり、几帳面な花山氏は、実験にも厳しいですね~。お湯の温度が1℃低いから全員やり直し!とは、花山氏らしいなぁと感じました。誰も逆らえない、まさに鬼監督ですね。

さらに、実験の工程も細かいので、写真もものすごい数でしたね。これらをまとめて記事を書く編集者さんも大変そうです。ですが、私は、結構楽しそうだなぁと思いながら観ていました。
さらに、綾さんと梢さん(今はカフェを辞めたので、本名の康恵さんですね。)が助っ人として来てくれました。

康恵さん、相変わらずハキハキ言ってくれますね~。最近の「あなたの暮し」は新鮮味が無いだなんて、康恵さんらしいです。ですが、読者の意見は貴重なものですからね。有り難いお言葉として受け止めないといけないのかも知れませんね。

ですが、せっかく社員総出で実験を重ねてきたのに、メーカー名を明かさずに検査結果を掲載して欲しいと言われてしまいました。民間の検査機関にも関わらず、大手のメーカーとは昔からの付き合いがあるとは。広告に限らず、結局、他社が介入するとこういったしがらみがあるという事なのでしょうかね。うーん、どうしたもんじゃろのう・・・。

【まさかの星野さん!】
可愛い大樹君と青葉ちゃんのお父さんが、なんと、あの星野さんでした!常子さんも驚いていましたが、私もビックリでした。まさか、こんな形で星野さんと再会する事になるとは・・・。

あの決意のお別れの日から、既に15年が経っています。その後は星野さんの情報が無かった為、もしかして戦争で命を落としたのかと、誰もが思っていたと思います。私も、そう思っていました。ですので、今回の星野さんの再登場には本当に驚きました。
そして、これまでの間に、星野さんも色々あったようですね。仏壇に飾られた奥様の遺影を見つけた常子さん、複雑な思いでしょうね。

鞠子ちゃんは結婚し、温かい家庭を築いています。美子ちゃんも、南さんという素敵な恋人ができ、仲睦まじい様子です。一方の常子さんは、もうずっと恋をお休みしていますよね。

常子さん、星野さんとの再会を務めて明るくかかに報告していましたが、本当は心の中は穏やかではないはず、と感じてしまいます。
社員の方に知り合いかと聞かれた常子さんが「以前・・・。」と言葉に詰まった時、星野さんは咄嗟に「ご近所だったものですから。」と言いました。この言葉を聞いた常子さん、少し寂しそうな表情に見えましたもんね・・・

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回116話次回118話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る