とと姉ちゃん ネタバレ20週119話感想あらすじ【8月19日(金)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想20週119話
2016年8月19日(金)放送
とと姉ちゃん20週テーマ「常子、商品試験を始める」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで20週119話
8月19日(金)

キッチン森田屋からの帰り道
星野親子を家まで送った常子は、青葉の為にと、女の子の洋服が買える店を書いたメモを星野に渡します。そして、また力になれる事があれば仰って下さいと言うと、星野は、自分も何か常子の仕事の力になれる事があればと、名刺を渡すのでした。

とと姉ちゃん_星野119

昭和30年11月。
あなたの暮し出版は、ビルの1階も借り”商品試験”の為の実験スペースとしました。そして、今日は社員総出の試験場作りの日でした。水田の妻となった鞠子も手伝いに来てくれ、一緒に連れてきた娘・たまきは大はしゃぎです。

とと姉ちゃん_鞠子119そんな中、鞠子は発展したあなたの暮し出版を見て「たった4人から始まったのに・・・」と、感慨深げに美子に話します。

そして、こんな大きな会社の社長となった常子には、益々男性は近づきにくくなるのではと話し、二人は笑い合うのでした。

そんな話から、美子は星野との再会を鞠子に報告します。星野の消息を知った驚きと共に、鞠子は何か複雑な表情で常子を見るのでした。

その夜。
ようやく試験スペースの準備も完了すると、常子が社員を集めます。

とと姉ちゃん_花山119花山は、メーカー名が発表できないような事はもう繰り返したくない「今夜は我が社の一大計画の幕開けだ!」と話すと、社員たちも興奮気味に顔を見合わせるのでした。

そして、自社で全ての検査を行う商品試験の第1弾として、身近な日用品「歯ブラシ」を取り上げる事に決まります。

4つのメーカーの歯ブラシを取り上げ、毛の密度、耐久性、柄の形、毛先の形の項目で比較し、使いやすさを調べます。

力の入れ方や磨く回数などまで細かく設定し、皆で約3か月の期間を掛けて、のべ300本の歯ブラシを使った“商品試験”が行われたのでした。

商品試験と共に目玉企画とした「台所特集」も、星野家を含めた多くの人の協力のお陰で良い記事に仕上がります。そして今回は、花山も納得のいく内容の本が出来上がったのでした。

とと姉ちゃん_花山伊佐次119

この2大企画を掲載した「あなたの暮し」第36号は、売り切れが続出する程の好評を得ます。今後も“商品試験”を続けていける、常子はそんな手応えを感じるのでした・・・ つづく
 
■朝ドラそれぞれの20週目「まれ」>>
■朝ドラそれぞれの20週目「あさが来た」>>

 とと姉ちゃん20週119話・感想まとめ 

【本家、暮らしの手帖の商品テスト】
常子ちゃんと花山さんが全身全霊を込めて作っている雑誌「あなたの暮らし」中では「商品試験」ですが、ドラマのモデル大橋鎭子さんと花森安治氏が身全霊を込めて作っていた雑誌「暮しの手帖」では「商品テスト」です。

「とと姉ちゃん」の好調さを表すように、花森安治氏に関する書籍が次々と出版されていますが、この本家「暮しの手帖」での「商品テスト」のことをよく知る編集者の方が本を出されています。

彼は、カリスマ編集長花森氏の右腕として18年間「暮しの手帖」の編集に関わった人物。そして、本には独特の編集方針で作られていた暮しの手帖社での編集部のエピソードや大橋鎭子さんや花森安治氏とのこぼれ話がたくさん載っています。

個性的な花森氏のことも大変興味深いのですが、今週の「とと姉ちゃん」のテーマが「常子、商品試験を始める」ですから、本の中の「商品テスト」のことを少し書いてみますね。

【「商品テスト」は正しい製品を作らせるための社会運動】
今日、ドラマの中で出ていた冷蔵庫の試験、実際に暮しの手帖社では商品テストをされたそうです。冷蔵庫に限らず当時、冷蔵庫を含めて「三種の神器」と言われた電気洗濯機、電気掃除機もそれぞれのメーカーのものを買い集めてテストをしたとのこと。

その経費は当時のお金で数百万にも上ることがあったといいます。今の金額ですと35倍ほどになるのですからスゴイ!本当に一つ間違えば倒産してしまいます…ね。

定期購読が多い暮しの手帖は、返本がほとんどなかったので利益を計算できたらしいのですが、当時30人程いた社員の給料はあまり高くはなかったといいます。しかし、経費の掛かった商品テストの後は、経費の余りかからない商品にするなどして乗り切り、結果、商品テストをするほどに販売部数は増えたそうです。

商品テスト

心に残っている石油ストーブのテストについては、捨て身で火を消した思い出を語っています。石油ストーブの暖房効率や性能を調べ、念のために倒してみようということになり、万が一石油がこぼれ出て部屋が石油臭くなるのを避けるためガレージで、点火したまま倒したところ、一気に火が出て火柱が天井まで上がり髪の毛を燃やし煤だらけで必死で鎮火…。
*出典: http://withnews.jp/)

このテストのおかげでメーカー側が、倒れても火が出ないストーブを作ることになったと言いますから、これもスゴイ!

手間のかかるテストも多く当然、編集部員から不平不満が出ると、花森氏は『これは僕の命令ではない。みんなの暮しを良くする運動だ』と編集部員みんなを集めて言ったのですって。
今日の唐沢寿明さん演じる花山さんのお話しと重なって見えますよね。

【次から次の魅力あるキャストの起用】
さてさて、常子ちゃんが星野さん親子を連れて行ったキッチン森田屋では、『生きていやがったか、この野郎』と口は悪いけれど、星野さんとの再会を心から喜ぶ宗吉さん照代さん夫婦、本当に嬉しそうでしたねぇ。それ以上に常子ちゃんが嬉しそうですけれども…。

この星野さんの再登場もそうですけれど、次から次と魅力ある俳優さんや芸人さんを上手に起用することに、ちょっと感服しています。

カメラマンの本木正晴さん役は『アダモスティ』の島崎敏郎さんですし、大塚寿美子さん役の趣里さんは水谷豊さん伊藤蘭さんの一粒種です。これまでにも、ずいぶん楽しませていただきましたが、今は、大樹君青葉ちゃん兄妹に、たまきちゃんと可愛らしい子役さんたちの活躍に、気が付くと知らないうちに頬が緩んでニヤケ顔に…。
とにもかくにも、次が楽しみなことです。

ではでは
感想by香風

<<前回118話次回120話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る