NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想20週120話
2016年8月20日(土)放送
とと姉ちゃん20週テーマ「常子、商品試験を始める」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで20週120話
8月20日(土)

昭和31年2月。
「あなたの暮らし」36号は大評判を呼び、書店も売り切れ店続出の大ヒットとなりました。
常子は、台所の取材に協力してくれた家を1件ずつ回り、掲載誌を渡しながらお礼に伺っていました。

とと姉ちゃん_常子120

その日の夜、常子は星野宅にやって来ました。
呼び鈴を鳴らすと、慌てた足音と共に鬼のお面をかぶった星野が飛び出してきました。

驚く常子に、節分の豆まきをしていたところだと説明し、星野は常子を招き入れます。
そして、大樹や青葉と一緒に常子も星野鬼をめがけ「鬼はーそと―!」と、豆まきを始めるのでした。

あなたの暮らし出版にて・・・
企画会議では次回の”商品試験候補”を話し合っていました。常子を始め皆の生活体験から、アイロン、洗濯機、電球、鉛筆、トースターなどなど、多くの商品が挙げられていました。

とと姉ちゃん_企画会議120

”商品試験”の好反応に、一同の意見も活発に盛り上がりを見せます。そんなところに、花山と水田が渋い顔でやって来ます。

とと姉ちゃん_花山120花山は、どかりと椅子に腰掛け腕組みをしながら「うむ・・・」と唸ると、今後とも”商品試験”を本当にやるべきかどうか、もう一度考えようと言い出すのでした。

花山は改めて水田に”商品試験”に関する試算をさせていたのでした。

そして、正確な試験の為の専門家の確保、長期間の試験を複数同時にこなすその膨大な資金等”商品試験”を継続させるには、深刻な課題を抱えている事を皆の前で提示するのでした。

そして、“商品試験”を失敗すれば「あなたの暮らし」は潰れるかもしれない「それでもやるか?・・・常子さん」と、花山は常子の顔を見ます。

水田も常子に向かい、今の状況だったら安定した出版会社として運営できるが「本当にいいんですか・・・」と改めて問います。

すると、美子を始め社員一同の目がいっせいに常子に向けられます。花山も腕組みのまま目を閉じ、常子の返事を待ちます。

常子は、皆を見渡し一つ深呼吸をすると、はっきりとした声で語りはじめます。

とと姉ちゃん_常子02120「あなたの暮らし」の創刊の目的“日々の暮らしを豊かにする、女性の為の雑誌を作る”と言う事を改めて掲げ、その為に“商品試験”こそは価値ある企画だと宣言します。

そして、“商品試験”は困難な道とは分かっているが「純粋に、やってみたいんです!」とその思いを語ると、美子を始め社員一同は常子に賛同するのでした。

その光景を遠目に見ながら、花山と水田はその答えを分かっていたかのように、顔を見合わせ微笑むのでした・・・ つづく
 
■押し売り?初めて星野を見た時の森田屋の態度は!?
■綾のモデル中野家子さんとは?今後どうなるの?
■変人?花山のモデル、天才・花森安治さんとは?

 とと姉ちゃん20週120話・感想まとめ 

【七輪とパン】
“七輪(七厘)”は、炭を燃料として使う、調理をする為の昔ながらの道具です。囲炉裏(いろり)や竈(かまど)よりも手軽に火を起こす事が出来るので、少量の炭で効率良く調理が出来る為、庶民の暮らしには欠かせないものでした。

七輪特に戦後の時代、家を失いバラック地帯に住むようになった人達の間で、手軽に使える七輪は一気に普及しました。狭いバラックの家では、竈を作る余裕が無かったのですね。

この七輪は、関西地方では“かんてき”とも呼ばれるそうです。
すぐに火が付く様子から、怒りっぽい事を意味する“癇癖(かんぺき)”という言葉が訛って、“かんてき”と変化したと言われています。

昔はどこの家庭にもある七輪でしたが、昭和30年代になると電気やガスが普及していき、七輪の出番は少なくなっていきました。現代では、滅多にお目にかかる事はなくなりましたね。
*画像出典: http://www7a.biglobe.ne.jp/)

愛知の三河、石川の和倉、四国の香川が七輪の三大産地として知られていましたが、需要が減った為、今も作っているのはほんの数件だけになりました。ですが、今でも、焼肉屋さんや炭火焼のお店などでは七輪を使うお店がありますよね。

炭火による遠赤外線効果で食材が美味しく焼ける為、根強い人気がある訳です。今日のドラマの中では、花山氏の奥様が七輪でパンを焼いていましたね。七輪でパンというのも、戦後から高度成長期へと移っていく、この時代ならではの光景なのかも知れませんね。

【それぞれの節分】
星野さん、真面目でとても優しいお父さんですね。鬼のお面を着けたまま玄関に出てしまう少しおっちょこちょいなところは、昔と全く変わっていないなぁと感じました。なんだか、観ていてほっとするキャラクターは相変わらずですね。

そんな星野さんの優しく温かい人柄は、二人の子供達にもしっかり受け継がれています。「痛いよ~。」と言う鬼のお父さんを見た青葉ちゃん、「お父さんが可哀想だから、もうやめよう。」だなんて、なんて優しいのでしょうか。その優しさに、朝から胸がキュンとしました。

水田家では、たまきちゃんが、鬼になったお父さんをお絵描きしていましたね。ごそごそと紙と鉛筆を取り出して、「じっとしてて!」だなんて、なんて可愛らしいのでしょうか。こちらにもキュンとしてしまいました。

そして、花山氏のお宅では、大きくなった茜ちゃんが豆まきをしていましたが、花山お父さんは素っ気ない態度でしたね。忙しいのかも知れませんが、茜ちゃん、少し寂しそうでしたよね。もしかすると、年頃の娘さんに成長して、少しずつお父さんとの距離感が出て来たのでしょうかね?

【商品試験の意義】
台所の取材をさせて下さった方のお宅を一軒一軒訪ねて、出来上がった「あなたの暮し」を手渡しする常子さん。普通なら郵便で送ると思うのですが、そこは、さすがの常子さん。直接出向いて、顔を見てきちんとお礼を言いたいのでしょうね。

それにしても、“商品試験”は、やはり膨大な経費が掛かるようですね。特に、家電製品などは、各メーカーの商品を揃えるだけでものすごい金額になります。当時の家電製品は今よりもずっと高額で、庶民にとってはまだまだ高嶺の花ですからね。そんな経費の掛かる“商品試験”を毎号掲載させるには、それなりの覚悟が必要なのですね。

読者の方は、大事なお金を払って自分達の雑誌を買ってくれている。そんな読者の方に、その価格に見合ったものを届けなければならない。常子さんのこの言葉に、私は感動しました!社員の皆さんも、この言葉で、本気で“商品試験”をしていく覚悟ができたのではないでしょうか。

世の中には色々な業種の、色々な会社があります。そんな会社の経営者が皆さん、こんな思いを持っていてくれたら、世の中に粗悪品や低品質なものが出回るような事は格段に少なくなるのではないか、と思いました。常子さんのこの強い思い、そしてその思いを基に行われる“商品試験”は、きっと世の中を変えてくれる。そんな希望さえも感じました。

世の中の女性達の為に、頑張って、常子さん!

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回119話次回121話>>