とと姉ちゃんネタバレ21週122話感想あらすじ【8月23日(火)】| NHK朝ドラファン

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想21週122話
2016年8月23日(火)放送
とと姉ちゃん21週テーマ「常子、子供たちの面倒を見る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで21週122話
8月23日(火)

星野宅にて・・・
大樹は、風邪で熱を出していました。この時間は、いつも来てくれている家政婦さんは既に帰宅し、子供達だけで留守番をしていたのでした。

その夜。
何も知らない星野が帰宅します。星野はいつもとは違う家の気配を感じ、さらに、玄関に女性の靴がある事に気が付きます。

とと姉ちゃん_常子122すると居間から「お邪魔しています。」と、常子が顔をのぞかせ小さく声をかけます。

星野が中に入ると、大樹が布団で眠っていました。青葉は、その横で常子の膝枕ですやすやと眠っています。常子から事情を聞いた星野は、常子に迷惑を掛けたと詫びます。

そして、子供たちを寝室に寝かせると、ようやく二人は話し始めるのでした。
星野家に家政婦さんが来てくれるのは午後からで、朝食の準備や青葉のお弁当作りも星野がこなしているといいます。

そして、話題は二人の子供の名前の話になります。常子が、植物好きの星野らしい名付けだと言うと、星野は照れくさそうに話します。兄・大樹は、自分でつけたが、妹・青葉は星野と同じく植物好きだった亡妻・加奈子が名前を付けたと話します。

常子は、加奈子を語る星野の姿を見て、今もなお抱き続ける妻への深い思いを知るのでした。

星野は、これから2ヶ月は仕事が繁忙期となり、特に、木曜日の会議はどうしても帰宅が遅くなってしまうと話します。今日の事もあり、子供達だけの留守番を心配する星野を見て、常子は「帰宅するまで、私が顔を出しましょうか?」と言い出すのでした。

とと姉ちゃん_星野122  とと姉ちゃん_常子02122

星野は遠慮しますが、「今は一番にお子さん達の事を考えましょう。」という常子の言葉に、星野もその言葉をありがたく受け入れます。

こうして2か月間、毎週木曜日の夜は、常子が星野宅に訪問する事になるのでした。

あなたの暮らし出版にて・・・
この日、トースターの試験を開始してから60日目となり、いよいよ試験の最終日となっていました。1年分のトースト1460枚を焼き上げ、その試験結果を基に、花山が原稿を書く段階となりました。
とと姉ちゃん_会議122ところが、花山の原稿は思うように進みませんでした。

1年分のトーストを焼いた時点で、問題が無い製品は1つも無かったのです。

どのトースターにも批判的な記事を書くしかなく、さすがの花山も、そう簡単には書き進められなかったのでした。

夜が更けた頃、ようやく花山がペンを執ります。花山の覚悟を知る常子は、苦悩する花山に寄り添うかのように、共に会社に残っていたのでした・・・ つづく
 

 とと姉ちゃん21週122話・感想まとめ 

【大橋鎭子さんの自叙伝】
とと姉ちゃんのモデル大橋鎭子さんの自徐伝≪「暮しの手帖」とわたし≫は2010年、大橋さんが90歳の時に書き下ろされたものですが今、多くのとと姉ちゃん関連本に混じってハンディサイズに新装され出ていますよね。(常子ちゃんの顔写真付き)

初版から3年後に肺炎でお亡くなりになるまで、現役で「暮しの手帖」の社主を務めていたというのも驚きですが90歳での初の自叙伝というのもスゴイですよねぇ。

「暮しの手帖」で連載していた『すてきなあなたに』が賞を受賞していますから、エッセイストでもあったのでしょうけれど、個人的には、なぜ自叙伝を書くお気持ちになったのかをお聞きしてみたかったですけれども…。
本の中にはとても興味深い話題がいっぱいなのですが、少し紹介してみましょうかしらね。

【皇族の方の本当の暮らしを知りたい】
ドラマの中で常子ちゃんたちの「あなたの暮らし」の危機を救ったのは、直線裁ちの洋服でしたが、大橋さんの自伝(目次五『暮しの手帖』の誕生)によれば、3号目を出したところで「暮しの手帖」の経営が行き詰まり、それを助けたのは皇族の方が自ら筆を執った記事だったのだそうです。

花森氏から次号で何か画期的な企画を出さなければジ・エンド、と提言された大橋さんは戦後、世間はまだまだ不自由な暮しを強いられている中で、皇族の方々がアメリカのマッカーサーの庇護のもとで優雅な暮らしぶりをしている、との風説を確かめるべく、無謀(?)にも昭和天皇の姉・東久邇成子様に原稿依頼をしたのですって。これが、皇族が雑誌に寄稿した最初の記事として大評判となり完売して、危機を回避。

『「暮しの手帖」とわたし』には、苦労の末に手に入れた、この原稿『やりくりの記』が掲載されています。手紙を書き、家を訪ね、元皇族の実生活を書いてもらうだけでも大橋さんの行動力は舌を巻くほどなのに、この初稿を恐れ多くも花森氏がダメ出し!大橋さんが修正依頼までし書き直しさせているのは、もう論外の驚きですよね。

【ドラマの中で・・・】
花森氏の薫陶よろしく編集者としても優秀な大橋さんは、川端康成氏の寄稿にも成功しています。ただこれは、大橋さんが最初に勤めていた「日本読書新聞」(ドラマの中の甲東出版のモデル)からの縁によるものらしいですけれど。ドラマの中の常子ちゃんの活躍と重なりますよね。

残念ながら、星野さんのような男性のお話は一切載っていませんので、本当にいい意味で「暮しの手帖」一筋、とと姉ちゃんを全うされたのだろうと感じております。

自叙伝の巻頭言には親交のあったシャンソン歌手石井好子さん(府立第六高女の後輩)が言葉を添え、目次の一は‘花森安治と出会う’ですが、やはり自叙伝には星野さんらしき男性は出てきません。

ドラマの中では星野さんとの再会を果たし、変わっていない星野さんに喜びを隠し切れない様子の常子ちゃんですが、大橋さんが選ばなかった結婚という形を常子ちゃんが選ぶ形になるのかなぁ、なればいいのにと少々期待しています。

【素敵なお父さん】
大樹くんの名前の由来も星野さんらしいですし、まるで変っていない星野さんはやっぱり葉っぱの兄ちゃん。青葉ちゃんの名前も星野さんがつけたのかと思いましたが亡くなったお奥様だったのですね…。

毎朝、青葉ちゃんのお弁当を作り会社に勤めながらもまるで、ギスギスした様子などなく、熱を出した大樹君の額に優しく手をかざす星野さんはとても素敵なお父さん。

常子ちゃんはそんな星野さんを助けてあげたいのでしょう。でも独身で、姪のたまきちゃんはいるものの、子育ての経験がない常子ちゃんが仕事をしながら子供の面倒を見るのは大変…。
無理はしないでくださいね。

ではでは
感想by香風

<<前回121話次回123話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る