とと姉ちゃん ネタバレ21週123話感想あらすじ【8月24日(水)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想21週123話
2016年8月24日(水)放送
とと姉ちゃん21週テーマ「常子、子供たちの面倒を見る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで21週123話
8月24日(水)

あなたの暮らし出版にて・・・
ようやく花山の“トースター商品試験”の原稿が出来上がりました。

とと姉ちゃん_花山123常子はそれに目を通すと、その出来栄えの素晴らしさと同時に実名入りの批判に躊躇します。

花山にそれを問うと、それでこそ“商品試験”の意味があると言われ、改めて常子も腹をくくるのでした。

そして、試験結果と花山の厳しいし批評を掲載した「あなたの暮らし」37号が完成しました。
 
 
そんな木曜日
初めての星野宅訪問の日がやって来ました。常子が会社を出る準備をしていると、美子が声をかけてきます。

今夜はキッチン・森田屋の大昭と食事で遅くなると言うと、常子も用事があると言い残し先に会社を出て行くのでした。

常子が約束通り星野宅に着くと、「おばちゃま~」と待ちわびた青葉が飛び出してきます。

とと姉ちゃん_青葉大樹123

到着が遅くなったことを気にしながら、もし何かあったらここに電話をするようにと、常子は大樹に名刺を渡すのでした。

そして、青葉が嫌いなおかずだったため夕食を食べずにいたことを知ると、常子はその煮物をアレンジしコロッケを作ります。それを美味しそうに頬張る青葉と大樹が、電灯の下で明るく笑います。

とと姉ちゃん_星野123やがて星野が帰宅しました。
星野は、久しぶりの明るい団欒に嬉しそうに目を細めます。

そして、夕食の後片付けをしながら常子と星野は、少しづつ“今の話”を交わします。

常子は、素直な子供たちの事、それを育てた星野夫婦の素晴らしさを語ると、星野は亡妻・加奈子のおかげだと話し遠くを見ます。
その話を聞きながら、常子は意味も無く、自分の心の寄る辺なさに包まれるのでした・・・

その頃・・・
大昭に送られて、美子が家の近くまで来ていました。そして、「じゃぁ・・・」と言って別れる美子を深刻な顔で大昭が呼び止めます。

美子、あのなぁ・・・オレ・・・

やがて、美子が少し放心気味に玄関戸を開け、家に入ると居間に座ります。何かあったのかと問うかか・君子に、何かを話そうとしたその時に常子が帰って来ました。

常子は、今日の星野宅のいきさつを二人に話し、2カ月間だけ木曜日は遅くなると伝えるのでした。

とと姉ちゃん_美子123

その日の夜、寝室で美子は常子に話します。今日、大昭から「結婚を考えている」と告げられたというのでした・・・ つづく
 

 とと姉ちゃん21週123話・感想まとめ 

【憧れのポップアップ型トースター】
日本で初めてポップアップ型のトースターが発売されたのは、昭和30年だそうです。当時は、自動式と手動式があったそうで、インスタントコーヒーや紅茶のティーバッグ等もちょうどこの頃に発売されるようになり、パンの人気の高まりを後押ししました。

トースタートースターは、数万円もするテレビや冷蔵庫等と比べて、家電製品の中では購入しやすい数千円という価格帯でした。その為、庶民でも手が出しやすい商品だったのですね。電気を使って香ばしく美味しいトーストが簡単に焼けるトースターは、庶民にとっては憧れのオシャレな家電製品でもありました。
(出典:*昭和新聞広告部http://dokosorashinbun.blog.fc2.com/)

そもそも、お米が主食の日本で食パンが登場し出したのは、明治10年頃だと言われています。しかし、日本人にとっての主食はお米という概念が強く、パンは一般家庭には普及しなかったそうです。その後、終戦を迎えてからはお米が手に入りにくくなり、次第にパンの美味しさが庶民にも広がっていったと言われています。

今回、悩みに悩んだ末に花山氏が書き上げた原稿は、とても厳しい表現の連発でしたね。でもこれは、トースターを買いたいと考えている消費者にとっては、分かりやすく為になるとても素晴らしい内容だったに違いありません。一方、名指しで酷評されてしまったメーカーもあるとの事。そのメーカー側の反応が、私は少し心配になってしまいます・・・。

もう少しオブラートに包んだ表現でも良いのでは?と感じてしまいますが、それでは意味が無いというのが、花山氏の考えなのでしょうね。それだけ覚悟の上の執筆という事でしょうか。

【星野さんの気持ちは・・・?】
星野さん、再婚の意志は無いのでしょうかね。同僚の方からの「良い人を紹介するぞ」の話に対しても、笑ってごまかしていました。やはり、亡くなった奥様の事を今も愛してらっしゃるのでしょうかね。

実際に、星野さんの口からは、奥様の事を大事に思っているような言葉が節々に出てきますもんね。それを聞く常子さんの気持ちを思うと、何とも言えない切なさを感じます・・・。

ですが、お父さん一人で二人の子供を育てるというのは、とても大変な事ですよね。おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に暮らしていれば頼る事もできますが、星野さんはそれも難しいようですしね。ましてや、この時代は、今のような進化した家電や便利なサービスがある訳でもありません。仕事をして、さらに毎日の家事もとなると、星野さんの身体も心配です。

それにしても、大樹君と青葉ちゃんは、もうすっかり常子さんに甘えていますね。煮物をアレンジしてコロッケを作るなんて、常子さん“できる主婦”じゃないですか~。
子供達が熱々のコロッケを本当に美味しそうに頬張っていて、その姿が可愛らしい!まるで、本当の親子のように見えてきます。

【順調な美子ちゃんの恋】
美子ちゃんは、ついに結婚秒読みでしょうか。あんなに小さくて可愛らしかった末っ子ちゃんが、結婚話ですか・・・。何だか、しみじみしてしまいます。ですが、気付けば美子ちゃんももう30歳。良いお相手がいてもおかしくない年齢なのですよね。最近は、鞠子ちゃんとたまきちゃん親子の様子を見て、羨ましそうな表情もしていましたからね。

お相手の南さんはクールで真面目そうな方ですし、美子ちゃんともお似合いです。それに料理人ですから、子供の頃から食いしん坊の美子ちゃんにとっては、最高のお相手かも知れませんね。上手くいくと良いなぁと、今日は、娘の幸せを願う母親の気分で見ていました~ ^ ^

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回122話次回124話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る