とと姉ちゃん ネタバレ21週125話感想あらすじ【8月26日(金)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想21週125話
2016年8月26日(金)放送
とと姉ちゃん21週テーマ「常子、子供たちの面倒を見る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで21週125話
8月26日(金)

光和医薬品社にて・・・
星野達は、木曜日の全体会議で遅くまで会社にいました。同僚が星野に「家政婦さんに遅くまでいてもらっては、金が掛かるだろう。」と声を掛けます。星野が木曜だけは友人に来てもらっていると話し、その友人が女性だと知ると同僚は驚きます。

とと姉ちゃん_会社125

では、これを機に再婚を考えてはどうかと言い出します。しかし、星野はその言葉をすぐに否定します。すると同僚は「加奈子さんに申し訳ないと思ってるのか?」と言いますが、星野は黙ってしまうのでした・・・。

星野宅にて・・・
夜遅く、星野が帰宅します。常子が迎えると、二人の子供達はもう眠っていました。

とと姉ちゃん_ホットケーキ125常子は、子供達と一緒にホットケーキを作り美味しく食べた事を星野に話します。

笑顔で楽しそうに話す常子を見ていた星野は、常子の様子に気付きます。

お仕事で何かありました?」つらい時ほど明るく振る舞う常子の性格を、星野は分かっていたのでした。

常子は、黙り込んでしまいます。「僕で良ければ、おっしゃって下さい。」と言う星野に、常子は“トースター商品試験”の一件を話します。

人の為にと始めた商品試験のはずなのに、誰かの暮らしを奪う事になってしまうかも知れないことを知り”商品試験”の必要性に疑問を持ち始めていると話します。でも、社長が弱音を吐くわけにはいかず、誰にも相談できずにいたと、うつむきます。

常子の話を聞いた星野は、昔と変わらない常子で安心した、と言います。そして、そんな常子だからこそ「あなたの暮し」という素晴らしい雑誌を作れるのだと話します。

とと姉ちゃん_常子125  とと姉ちゃん_星野125

さらに星野は、大樹の右足のふくらはぎにある火傷の痕の話をします。それは、不備のある電気釜による火傷で、一生痕が残ると言われたのでした。

商品試験で厳しい評価をされた会社は、苦しい状況に置かれるかも知れない。しかし、それで良い商品を作ってもらえるなら必要な事ではないか。その言葉に、常子は、15年経っても星野に励まされていると言い、笑顔を取り戻すのでした。

翌日の事。
常子は、再び「ちとせ製作所」の田中社長に会いに行きます。

とと姉ちゃん_ちとせ125帰れ!と怒鳴られますが、常子は、商品試験は消費者だけではなく、生産者の為でもあるのだと説得します。そして、大手メーカーでさえ満足なトースターは無かったと告げると、田中の表情が変わります。

商品試験に込められた思いを知った田中は、大手にも負けない一流のトースターを作ってやると、常子に宣言するのでした・・・ つづく
 

 とと姉ちゃん21週125話・感想まとめ 

【「とと姉ちゃん」クランクアップ】
人気が高い朝ドラの中でもとくに好評な「とと姉ちゃん」は、「花子とアン」の平均視聴率を上回り、10月1日の最終回までに「あさが来た」の平均視聴率23・5%を抜くかどうかに注目されているらしいですね。これまでの放送の平均視聴率は22・8%、20%を下回ったのは1回しかないのですって!

そんな「とと姉ちゃん」が昨日(25日)に無事クランクアップを迎えたとのこと。
もうそんな時期でしょうかしら、少し寂しさを感じてしまいます。
会見があり、ヒロインのとと姉ちゃん、高畑充希さんは『私はとと姉ちゃんでいられて幸せでした。最高の家族、最高のチームでした」と涙ながらに挨拶…。

母親役のかか・木村多江さんと抱き合い、涙が止まらない様子だったとのことです。やはり、人気が高いドラマはチームワークが良いものなのでしょう。それでなくては高視聴率をキープできませんものね。

【あなたの暮らし出版のこだわりの美術セット】
高視聴率をあげるには、出演者さんたちのチームワークはもちろん大切なことですが、その高視聴率の陰には、裏方さんたちの真摯な仕事ぶりが必ず隠れているのではないでしょうかしらね。今回も細部にまでこだわった「あなたの暮らし出版」のセットが見事です。

このセット、「暮しの手帖」編集部の当時の様子を取材し、NHKさんが独自に制作したものなのでしょうが、銀座にあるビルの一角、レトロな雰囲気が伝わってきますよね。
そして、その雰囲気は美術セットへの驚くべきこだわりから生まれているのではないでしょうかしら…。

日当たりのよさそうな格子のついた広い窓に白い壁。映像デザイン部のチーフデザイナーの近藤智氏によれば、「あなたの暮し」のモットー、公平さにあわせた無色透明なイメージからセットは白にし、≪朝ドラのヒロインは光を背負った場所にいるべき≫との考えで窓を増やした、とのことです。(近藤氏は大河ドラマの美術を手掛けてきた美術制作のプロ中のプロ)

「あなたの暮らし」の編集部員の机は、電話の受話器にカバーがかかり、ペン立ての下に敷物を敷き机が傷つかないような工夫や、机と机の間に隙間がなく文房具も共用です。これは常子ちゃんの社員を家族のように大事にするという考えを体現するためと同時に、女性らしさも表しているのだそうです。

それから、編集部の奥に鎮座する青い机は、花山さんのモデルである名編集長・花森安治氏が使っていた机そのもの…。花森氏が実際に使っていた机も青い机だったらしく当時、花森氏は何度も塗り直しながら使っていたそうです。

で、『長年大事に使ってきたということが伝わるよう、塗っては剥がして古びた感じを出した』と近藤氏が語っていますが、その青色も100色くらいの青い色のなかから、当時の関係者に最も近い色を選んでもらったというこだわり様がスゴイ!

【花山さんの机の小物たち】
花山さんの机の上には多くの文房具が並んでいますが、これらも花山さんの人となりを体現する逸品ぞろいです。

『花山さんの気難しい性格を表現するため、鉛筆や筆、万年筆は向きをそろえ、お尻をそろえて並べ、鉛筆は1本ずつカミソリやナイフで削り、使用感を出すため芯の長さをバラバラにし、長く握っている感じが出るよう先の木の部分を黒くしています』(デザイナーの枝茂川泰生氏談)

目を凝らしてみていても気が付かないような机の上の鉛筆に、それほどのこだわりを見せる裏方さんたち…。そして、さらに驚くべきは、インク壺。これも花森氏の大のお気に入りでずっと大事に使っていた、実際に愛用していた海外メーカーのものだそうです。

でも、現在は販売されていないので、日本中の文房具店を当たりこの1個だけ見つけたと言いますから、恐れ入ります。文鎮代わりの刀のつばも花山編集長の独特の感性、個性を表現するための小物の一つなのでしょう。

高視聴率の陰にはやはりそれだけの理由があるようですね。
(クランクアップに寄せて)

ではでは
感想by香風

<<前回124話次回126話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る