とと姉ちゃん ネタバレ22週128話感想あらすじ【8月30日(火)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想22週128話
2016年8月30日(火)放送
とと姉ちゃん22週テーマ「常子、星野に夢を語る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで22週128話
8月30日(火)

星野宅にて・・・
加奈子の父・弓岡と孫である大樹、青葉が会うのは、実に3年ぶりの事でした。二人とも、あまり覚えていない祖父の姿に戸惑いを隠せません。

家に上がり、弓岡は孫達の成長に目を細めます。そして、訪ねて来た時に出て来た家政婦さんを見て、良い相手ができたのかと思い驚いたと話し、そして、そろそろ再婚を考えても良いのではないかと言い出します。

とと姉ちゃん_星の128  とと姉ちゃん_弓岡128

弓岡は、娘が亡くなる間際に残した言葉を、星野に伝えに来たのでした。
「子供にも、母親がいた方が良い。だから、もし数年経ってもあの人が独りだったら、再婚するよう勧めて欲しい。」そう言っていたと話します。

そして、「ちゃんと君に伝えたからな。」と言うと、星野にも酒を勧めるのでした。星野は言葉に詰まり、黙って酒を口に運ぶのでした。

あなたの暮し出版にて・・・
康恵を含めた主婦達の協力もあり、アイロンの“商品試験”の資料が出来上がります。
次は、花山が原稿を書く番です。常子は、「原稿、楽しみにしています。」と告げ、花山に資料を渡します。

やがて、花山が長時間を掛けて書き上げた原稿が、ついに完成します。
原稿では、アイロンの持ち手の部分が熱くなりすぎる商品が多い事などに触れ、危険である事を記していました。

特に、「アカバネ」というメーカーのアイロンについては「完全な設計ミス」だと、厳しく批評していました。

とと姉ちゃん_“商品試験”128常子は、花山の原稿に大きな手応えを感じます。協力した康恵たちも、その内容を絶賛します。

そして、商品試験には、主婦の実践的アイディアが必要だと感じた常子は、愛読者の中から商品を試験する「テスター」を募集する事にするのでした。
 
 
昭和32年1月。
アイロンの商品試験の記事が掲載された「あなたの暮し」最新号は、売上が30万部を超えました。さらに、「テスター」の募集には全国の主婦から応募が殺到し、1万通を超えるはがきが届いたのでした。

あなたの暮し出版にて・・・
社員達がはがきを確認していると、常子と社員達が取材から戻ってきます。ちょうどそこに電話が鳴ります。それは、青葉からの電話でした。

青葉は、大樹の具合が悪く、星野も家にいない為、すぐに来て欲しいと常子に言います。それを聞いた常子は、慌てて会社を飛び出します。

その頃。
「アカバネ電器製造」社長・赤羽根憲宗は、「あなたの暮し」の”商品試験”の内容を読み、怒りをあらわにしているのでした・・・ 

とと姉ちゃん_赤羽根憲宗128
つづく

 

 とと姉ちゃん22週128話・感想まとめ 

【父と娘】
義父の突然の訪問に、青葉ちゃんは武蔵お父さんの陰に隠れてしまいました。青葉ちゃんは甘えん坊さんですねぇ。星野さん親子は父子家庭ですからなおさらですが、父親と娘という関係は、母親には少し理解できないような特別な感情があるものなのかもしれませんね。

とと美子それに、「とと姉ちゃん」はタイトルにもあるように、父親がとても大事なファクターを占めているドラマなのかもしれません。

今日、亡き娘の遺言を娘婿に届けに来た弓岡さんにも、娘を深く愛しているのが言外ににじみ出ていました。そして、キッチン森田屋の宗吉さんの富江ちゃんに対する愛情も言わずもがな、ですよね。

やはり、ヒロインの常子ちゃんと三姉妹たちの生き方を描くとともに、別の隠れた副題には父と娘の関係も織り込み済みなのかもしれませんね。

そこで、今日は世の中の父親が「娘とは絶対結婚させたくない」と思っている男性のタイプを探索してみましたよ。(あくまでも父親の意見です)

【父親がダメだしする男、トップ10!】
1位 定職についていない男
2位 チャラチャラと軽薄そうな男(ホスト風)
3位 年齢が高い男(自分と同年代or更に上)
4位 日本語がまるで話せない外国人の男
5位 離婚歴のある男 
6位 娘より年下の男子学生 
7位 (あまり好きじゃない)自分の上司の息子 
8位 (あまり好きじゃない)自分の部下 
9位 家柄の良い名家の1人息子 
10位 政治家 
上記は、「娘と結婚してほしくない男性」について、実際に結婚を控えた娘さんがいる40~50代の男性社会人200人にアンケートを取った結果だそうです。

7・8位は思わず笑ってしまいますけれど、1・2位に関しては女親とそんなに大差はなさそうです。でも、総じて女親より厳しく、少々女親の意見とは異質な感じはいたしますね。

そうそう、番外に(面倒な)取引先の息子というのもありました。「お父さんはつらいよ」というところでしょうかしらね。 

一般的には、女性の本質は現実的で男性の本質はロマンチックだと言いますけれど、こと娘に関しては、ロマンのかけらも見当たりませんねぇ。世の中の娘を持つ父親は、愛する娘が結婚して幸せになるためにはロマンより、現実を見極める必要があると思っているのかもしれません。それにしても、親業はやはり大変ですよね。

【仕事に対する真摯な想い】
星野さん親子を忘れるように仕事に打ち込む常子ちゃん。
「あなたの暮らし」は、主婦のテスターも参加してますます意気盛んですね。花山編集長も相変わらず、仕事には一切の妥協なしですから、社員の皆さんは大変です。

尊敬できる上司ではありますけれど果たして自分の上司だったらと思うと…、ついていけるかどうか自信がありません。
モデルとなった花森編集長に鍛えられたという編集者の方が、「俺の言う通りにやれ、機械になれ!」といつも怒鳴られたとおっしゃっていたのを思い出しました。

大学出の新卒で、いきなり花森編集長の水準で仕事をすることなどできるはずもないとは分かっていても、最初はなぜ怒鳴られるのか不満だったと言います。そして、入社2年目には、本社ビル(当時本社があった日吉ビル)の屋上から飛び降りようとしたこともあったとのこと…。

いやはや、ドラマの中の花山編集長以上に怖そうです。そんな恐ろしい(?)編集長と認め合い互角に仕事に打ち込む常子ちゃんはあっぱれと言うしかありません。
でも、そうは言っても星野さんとの関係がどうしても気になりますよね。個人的には二人が結ばれてくれたら・・・と、望んでおりますが・・・

ではでは
感想by香風

<<前回127話次回129話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る