NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想22週129話
2016年8月31日(水)放送
とと姉ちゃん22週テーマ「常子、星野に夢を語る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで22週129話
8月31日(水)

星野の娘・青葉からの電話を受け、常子は星野宅へと駆けつけました。

ところが、兄・大樹は元気に笑っています。それどころか、家族そろっての“青葉の誕生祝い”の真っ最中だったのでした。青葉は、自分の誕生日にどうしても常子に来てほしくて、最近はまったく来てくれなくなった常子に、つい嘘の電話をしてしまったのでした。

とと姉ちゃん_青葉誕生日129そんな星野家の光景を見た常子は、大樹に何事も無かったことを安堵し、その目に涙をにじませるのでした。

青葉の嘘を責める事も無く、ただ息子の無事に安堵する常子の姿に、星野は強く胸を打たれます。

しばらく誕生会を過ごしたのちに、子供たちを寝かせると常子は星野宅を後にします。

すると、常子を見送りに出た星野は、思いつめた表情で語り始めるのでした。「僕はもう、常子さんには会わないほうがいいと思っていました・・・」星野は、亡き妻・加奈子への後ろめたさから、常子への思いに目を向けることを避けてきたのでした。

しかし、星野はもはや自分の気持ちを隠し通すことが出来なくなっていました。「もっと会えませんか、・・・もっと話をさせてもらえませんか・・・」星野が思いを告げます。

その言葉に戸惑いながらも、常子が言います。「もっと、大樹君や青葉ちゃんと一緒にいたい。星野さんとも一緒にいたい。だけど、星野さんはまだ亡くなった奥様のことを愛していらっしゃるだろうから、きっと、ご迷惑だって、だから・・・」

とと姉ちゃん_常子抱擁129

そんな常子の言葉をさえぎるように、星野は常子を抱き寄せるのでした。そして、常子も星野の背にそっと手を回すのでした・・・

あなたの暮らし出版にて・・・
「これもだ!」水田が声をあげます。何事かと常子が水田の席に行くと、最近の投書の中に「電気釜」についての問い合わせが多くあると話します。

とと姉ちゃん_商品129常子は、大樹の火傷のエピソードを思い出し、「電気釜の“商品試験”」に着手することを決めるのでした。

早速数社の電気釜が集められ、その“商品試験”は開始されるのでした。

電気釜は当時の価格で4,500円。大学初任給の半月分という、高額な製品だったのでした。

そして、その試験官「テスター」には、1万人もの登録者の中から試験室に通える主婦10名に協力を依頼しました。

アカバネ電器製造にて・・・
その頃、社長室で食事をする赤羽根の前に、社員の酒井と村山の二人が「あなたの暮らし」の次の“商品試験”は電気釜のようだと、報告に来ていました。

とと姉ちゃん_赤羽根憲宗129

目障りだなぁ、商品試験てのは・・・」と、赤羽根は鋭い目つきで呟くのでした・・・ つづく

 
■15年前に星野が常子を抱きしめた?問題のシーンとは>>

 とと姉ちゃん22週129話・感想まとめ 

【主婦の救世主・自動式電気釜】
日本で初めて、火加減まで全て自動で行える“自動式電気釜”が発売されたのは、昭和30年の事でした。東芝が第1号となる商品を発売しましたが、その開発には約3年の年月が掛かり、研究はとても困難なものだったそうです。

電気釜.ppt電気で簡単にご飯が炊ける電気釜は、当時としては画期的な商品で、毎日の食事を作る主婦にとっては大変魅力的でした。スイッチを押すだけで良い電気釜を使えば、土間で竈(かまど)に付きっきりになって炊く方法やガスを使う方法と比較して、家事に費やす時間を格段に短くできます。

また、竈でご飯を炊くというのは難しく、その日の天候や炊く人の腕で、ご飯の炊き上がりが変わってしまいます。家庭の主婦達は、毎日大変な思いをしてご飯を炊いていました。現代では、スイッチを押して放って置けば美味しいご飯が炊けますから、本当に便利になりましたよね。
(*画像出典:ジャパンアーカイブス https://jaa2100.org/)

この頃の家電製品はどれも高価でしたが、その中でも電気釜は比較的低価格だった為、家庭への普及が早かったそうです。そうして、各家庭からは次第に竈が消え、台所の様子もがらっと変わっていきました。

私の実家でも、長年この電気釜を使ってご飯を炊いていました。シンプルな設計の為か故障しづらかったようで、おそらく30年近く使っていたと思います。

【切ない嘘】
大樹君の具合が悪いと聞いて、私も驚きましたが、実は青葉ちゃんの嘘だったのですね。青葉ちゃん、どうしても常子さんにお誕生日を一緒にお祝いして欲しかったのですね・・・。星野さんに隠れて、こっそり電話を掛けたのでしょうか。その姿を想像したら、切なくて涙が出てきます・・・。

大人の事情というものは、子供には分かりませんからね。毎週来てくれていた“オシャレおばちゃま”が、どうして急に来てくれなくなったのか、青葉ちゃんには理解できませんもんね。確かに、嘘を付いた事は良くない事ですし、後でお父さんに叱られる事も想像できたでしょう。それでも、常子さんに会いたくて仕方が無かったのですね。

子供達は、心から常子さんを慕っているようですね。
青葉ちゃんは、皆で一緒に誕生日を過ごせて、本当に嬉しそうな笑顔でした。これはもう、大人達も自分の気持ちに素直になるべき時が来ましたよね。

【大人の恋、一歩前進?】
星野さんは、やはりずっと奥様に対して申し訳ないという想いがあったのですね。確かに、パートナーを亡くされると、その後の新しい恋や再婚というのは、相手に対する裏切りになってしまうのではないか、と考えてしまうのでしょう。私も、星野さんの立場だったら、きっとそう思ってしまうと思います。

ですが、夫や子供達を残して先に逝かなければならない、奥様の複雑な気持ちも理解できます。自分の事を忘れて欲しくはないけれど、だからと言って、ずっと引きずって生きて欲しくはない。加奈子さんも、星野さんや子供達には、前を向いて自分達の人生を生きて欲しい、そう思ったのでしょうね。

今日は、思いがけず、青葉ちゃんが可愛いキューピッドになってくれました。やっと、お互いの心の内を明かす事ができた常子さんと星野さん。あの真面目な星野さんが、思わず常子さんをぎゅっと抱き締めましたね!その瞬間、私は胸がキュンとして、嬉しくて涙が出てしまいました~。

このまま上手くいってくれたら良いのに…。そう感じているのは、私だけではないですよね?

それにしても、赤羽根社長、怖いですね~。「いい加減、目障りだな・・・。」と言いながらステーキに食らい付く姿、観ていて背筋がぞっとしました。一体、何を考えているのでしょうか・・・。古田さんお手柔らかに~ ((+_+))

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回128話次回130話>>