NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想22週130話
2016年9月1日(木)放送
とと姉ちゃん22週テーマ「常子、星野に夢を語る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで22週130話
9月1日(木)

アカバネ電器製造にて・・・

とと姉ちゃん_古田赤羽根130電気釜は、アカバネ電器製造にとって、アイロンや洗濯機と共に主力の商品でした。

社員の村山は、また「あなたの暮し」で粗悪品と批評されては、会社にとって大きな損失を招いてしまうと話します。

赤羽根社長はその言葉を遮るかのように「そういう記事は書かせないようにしろ。」と、鋭い口調で言うのでした。

あの日から3週間後・・・
常子は星野親子と4人、キッチン森田屋で食事をしていました。それは、知らぬ人が見たら仲の良い家族そのものに見えたに違いありません。

そんな中、星野は改めて、なぜ雑誌を作ろうと思ったのかと常子に尋ねます。すると、常子が「女の人の役に立つ雑誌を作りたかったんです。」と答えると、それを聞いた星野は「自分の夢を持てたのですね。」と嬉しそうに言います。

とと姉ちゃん_キッチン130

いつも家族や他人を優先し自分の事は後回しだった常子が、今は自分の夢を追っていると聞き、星野は嬉しかったのでした。

あるどしゃ降りの雨の日の事・・・
あなたの暮し出版に、2人の男がやって来ます。「アカバネ電器製造」の村山と酒井でした。「アカバネ電器製造」は、前回のアイロンの商品試験で最低の評価を下されたメーカーで、今回の電気釜の試験にも製品が含まれていました。

とと姉ちゃん_泣き落とし1302人を奥の部屋に通し、常子が要件を尋ねた途端、酒井が泣きだします。

「今年、4人目の子が生まれるんです・・・。」と言い、「お願いします!アカバネを潰さないで下さい!」と土下座をします。

二人は、商品試験の記事の影響でアイロンの売上が一気に落ち、会社の経営が危機に陥っていると話します。泣き落としを仕掛けてきたのでした。

その時、廊下を通りかかった花山はその会話を聞き、部屋に入ります。そして「泣いている暇があったら、商品開発でもしたまえ!」と言い、さっさと帰れと一喝するのでした。

2人はビルを出た途端に態度を一変させ、「くそ、あれが噂の編集長か・・・。」と悔しそうに帰って行きます。すると、そんな雨の中で何かを探るかのように「あなたの暮らし出版」の前をうろつく不審な男がいるのでした。

とと姉ちゃん_国実130

 
 
やがて「泣き落とし」は効かなかったとの電話報告を受けた赤羽根は、「冷たい奴らだなぁ。自分達にも大切な家族がいるだろうに・・・。」と意味深な言葉を呟くのでした・・・ つづく
 

■とと姉ちゃんキャスト相関図【後期】>>

 とと姉ちゃん22週130話・感想まとめ 

【森田照代さんインタビュー】
夫婦二人の時は、妻が主導権を握っていると話されるのは「キッチン森田屋」で再登場された照代さん。照代さん役の平岩紙さんは、NHK朝ドラ出演には「ちゅらさん」「げげげの女房」などに出演されていました。

個性的で存在感のあるいい女優さんですよね。宗吉さんと二人で常子たちを温かく見守ってくれる存在です。約2か月ぶりに撮影に戻ってきたら久々に会った常子たちが大人になっていてびっくりされたそうです。

とと姉ちゃん_18W予告また、まつさんが亡くなって、自分がしっかりしないといけないという反面、年も取ってきたので以前より夫婦仲良く支え合っている、そんな雰囲気が自然に出せたらと話していました。

よっちゃんの彼氏・大将くんも、息子のように可愛がってくれて二人の人柄が溢れて雰囲気がいいですよね。
近くにあったら絶対に食べに行きたいお店です。

いま照代さん、役では白髪姿で落ち着いた雰囲気ですが、実はまだ36歳と若いんですよね。常子たちを応援してくれる宗吉さん照代さん、これからも仲良くキッチン森田屋を盛り立てていってくださいね~。

【常子の原点】
今日、星野さんからどうして出版社を起こすことになったのか?と問われた常子。終戦の頃の常子を思いだしました!それは、「女性を幸せにする雑誌を作りたい!」ということでした。そしてもう一つは「収入を少しでも増やし母や妹を幸せにしたい!!」という気持ちからでした。甲東出版の頃の常子も懐かしい…。

そう言えば甲東出版に面接に行くきっかけになったのは、商社でタイピストをしていた時の給仕の坂田さんのおかげでした。色んな所で、その時を一生懸命頑張ってきたからこそ、今の「あなたの暮らし出版の社長」という結果につながっているんですよね。辛いことも、自分を成長させる過程には必要なことだと思わせてくれます。

また、花山さんの出会いも忘れてはいけません。今日は、星野さんが花山さんに会ってみたいと、少しやきもち焼いているような感じにも…?。常子の話を聞いて、少しホッとするところ可愛かったです。花山さんは、常子の仕事上の最高のパートナーですから、気になる星野さんの気持ちもわかりますが…、これは男女を超えた別次元のお話ですもんね。

昔話になってしまいますが、常子が「ひとりひとりが自分の暮らしを大切にすることで戦争がない平和な世の中にしたい!!」と言う言葉に、花山さんが感銘を受けて編集長を承諾してくれました。二人は「暮らしが少しでも楽しく、豊かな気分になる雑誌。衣食住を中心に発信する雑誌」を作ると決めましたよね。その原点がぶれることなく今も守られていいます。原点を忘れない姿勢、それが見ている私たちにも小気味よく伝わってきます。

【不吉な予感・・・】
アカバネ電器製造の社長といい社員と言い、嫌な感じがします。とくに赤羽根社長の「自分たちも大切な家族がいるだろうに・・・。」という口調から、あなたの暮らし出版の社員家族になにかあるのではないか?と不吉になります。また最後に会社の前に佇む不審な男性!誰なのでしょう?なんだか急にサスペンスの風が吹き始めたかのようです。

せっかく会社も恋もうまくいき始めているのに、こんなシーンの連続で、つい心配になります。キッチン森田屋で星野さん家族と食事をする常子たちは、本当に笑顔が絶えない幸せな家族そのものでした。こんなシーンを、意地悪して壊さないで下さいよ古田・赤羽根社長~ ((+_+))お願いしますよ!

ではでは
感想byあさひめ

<<前回129話次回131話>>