とと姉ちゃん ネタバレ22週132話感想あらすじ【9月3日(土)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想22週132話
2016年9月3日(土)放送
とと姉ちゃん22週テーマ「常子、星野に夢を語る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで22週132話
9月3日(土)

ある日の夜の事。

とと姉ちゃん_星野132常子は星野宅の玄関にいました。

相次ぐ投石事件の状況をつたえ、ここにまで危険が及ばないようにと、しばらく星野家に近寄らないことを報告に来たのでした。

それだけを伝え、帰ろうとする常子を星野は抱きすくめます。
そばにいて守っていたい、そんな星野の気持ちがそうさせたのでした。

 
あなたの暮らし出版にて・・・
投石による嫌がらせは他の社員たちの家にも及び、社内は不安と恐怖に包まれていました。そんな最中、村山と酒井を引き連れた、「アカバネ電器製造」社長・赤羽根憲宗が現れます。

先日の村山と酒井のお詫びに来たと言います。柔和な表情を浮かべ、丁寧な物腰ではありましたが明らかに偵察であることを匂わせていました。

そして、投石の件に話が及ぶと、赤羽根は常子たちをあざ笑うかのように挑発します。「まあ、しかし、そうなってしまったのも、おたくらにも責任があるんじゃございませんか?あれだけほかの会社の製品にケチをつけてりゃあ、恨みを買って当然でしょう」

すると常子は、赤羽根の威圧的なもの言いに、毅然とした態度で答えるのでした。

とと姉ちゃん_常子132  とと姉ちゃん_赤羽根132

私たちは屈しませんから。何をされようが、私は社員たちを守り抜いてみせます!どんな卑劣な行為にもとことん戦っていくつもりです!」そう落ち着いた態度で言いのけると、赤羽根は「社員を守りたいのは私も一緒だ・・・」と、捨て台詞を残しながら帰って行くのでした。

赤羽根たちを追い返した常子の心には、これまで感じたことのないほどの怒りがわき起こります。

とと姉ちゃん_あなたの暮らし出版132このいきさつから、皆もやはり嫌がらせの首謀者は赤羽根たちだと確信します。

そんな状況にひるむ社員もいる中、花山が「皆、ジャーナリストとしての誇りを持て!ペンは剣よりも強い!」と熱弁を振うと、社員も頑張ろうと口々に思いをにじませるのでした。

そんな不安な日々の中で、ようやく電気釜の“商品試験”が終了しました。

やはり、「アカバネ」の製品には欠陥が多く、最低ランクの評価となっていました。そして、その記事も印刷所に入稿され、最新号完成も目前に迫っていました。

そんなある日。
常子のデスクの電話が鳴ります。星野からの電話でした。
星野は、常子の仕事がそろそろ落ち着く頃かと見計らい、週末に子供たちと一緒に動物園に行こうと誘ってきたのでした。常子は一抹の不安を感じながらも、久々に星野親子と過ごせる事を楽しみにするのでした。

 

一方その頃、赤羽根は新たな行動に出ようとしていたのでした・・・
とと姉ちゃん_赤羽根02132
つづく

 

 とと姉ちゃん22週132話・感想まとめ 

動物園の歴史】
今日は、常子さんが、星野さん親子と動物園に行く約束をしていましたね。
ところで、日本で初めて動物園が開園したのは、明治15年(1882年)3月20日の事だったそうです。上野恩賜公園の中に東京国立博物館と共に作られ、博物館の付属の動物園として開園しました。これが、現在の“恩賜上野動物園”の前身です。

その後、全国に次々と動物園が開園しましたが、第二次世界大戦が起こると、ほとんどの動物園が閉鎖を余儀なくされました。しかし、戦後には再開され、家族連れやカップルの人気の場所となりました。
ところが、1980年代以降は動物園の入園者数が減少し、閉園となった園も少なくないそうです。

そういった背景もあり、最近の動物園では、その展示の仕方にも園ごとの工夫が見られるようになりましたよね。

旭山以前は檻に入れられた動物を見るだけでしたが、動物の自然な行動を見る事ができる“行動展示”や、その動物が生息する本来の環境に近付けた“生態展示”なども増えました。さらに、見るだけではなく、動物と触れ合う事ができる所も増えていますよね。また、期間限定で夜間に入園できる“ナイトズー”を行っている動物園もあります。
(*画像出典:HIS | http://www.his-j.com/hotel/tokusyu/zoo/)

この動物園というものは、元々は、国同士が友好関係を結ぶ事を目的に動物を政治的に使ったり、各国の王侯貴族が個人的に所有したりしたものが始まりで、それは世界の各地にあったとされています。それが時代と共に変化し、現在の動物園は、教育や研究の為の施設として存在し、多くの人々に愛される施設となっているんだそうです。

【募る不安】
星野さんは、常子さんの事が心配で仕方が無い様子でしたね。星野さんの突然の抱擁と「守ってあげたいです。」の言葉に、常子さんは乙女の顔になっていました。普段は素朴な星野さんのいつもとは違う表情に、観ている私まで朝からドキドキしてしまいました!

そして、星野さんから、皆で動物園に行こうと言われましたね。大樹君や青葉ちゃんも一緒ではありますが、これって、デートのお誘いなのでしょうか?4人で動物園だなんて、本当の家族の休日のようですよね。何だか、私まで楽しみでワクワクしてしまいます。

そして、水田さんと鞠子ちゃんの不安そうな会話を聞きながら、一緒に「心配ねぇ…。」と、まるでお母さんのように言うたまきちゃんの仕草がとても可愛かったです。たまきちゃんはまだ小さいですが、結構おませさんな可愛らしい女の子ですよね。

【赤羽根社長、あなたの暮し出版に現る】
赤羽根社長、自分達が本当に良い商品を作っているというプライドがあるのなら、正々堂々とすべきですよね。嫌がらせという卑怯な事しかできないという事は、自信の無さの表れだと思います。

物作りをする人間としてのプライドが無いのでしょうか?しかも、子供がいる家にまで石を投げ込むなんて、最低です。幼い子供にとっては、あんな出来事は生涯のトラウマにもなりかねません。

それにしても、アカバネ電器製造の社員・酒井さんは、赤羽根社長にとって甥のはずですよね。甥っ子にあんな犯罪をさせるなんて、社長としても伯父としても、本当に最低です。そんな社長の事を、酒井さんは心から慕っているのでしょうか?そうだとしたら、なんだか可哀想ですね…。

そして、わざわざあなたの暮し出版に来て、他人事のように「恨みを買って当然でしょう。」だなんて。恨んでいるのは赤羽根社長自身でしょうに、あんな白々しい事がよく言えますよね。そして、花山さんのペンを床に投げ捨てた時の顔が、なんとも憎たらしい。何とかして、執拗な嫌がらせの犯人が赤羽根達だという証拠を見つけたいところですよね。

ですが、あれだけはっきりと批評する“商品試験”の記事ですから、他にも逆恨みしている会社があるのでしょうか。赤羽根社長にも、商品試験が目指す所を理解してもらえたら、それが一番良い事なのですが…。

赤羽根社長は、また何か新たな仕打ち事を考えているような、不敵な表情を浮かべていましたし、そんな事は彼には通じないのでしょうかね。社長室で蟹を貪る姿は、まるで暴君のようでした。さてさて、来週はどうなるのでしょうか?とても不安です…

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回131話次回133話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る