とと姉ちゃん ネタバレ23週134話感想あらすじ【9月6日(火)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想123週134話
2016年9月6日(火)放送
とと姉ちゃん23週テーマ「常子、仕事と家庭の両立に悩む」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで23週134話
9月6日(火)

花山は夜を徹して原稿を書き直し、常子達は雑誌に掲載する写真を全て準備し直しました。その甲斐もあり、なんとか発行日に間に合う算段が付いたのでした。

あなたの暮らし出版にて・・・
皆の帰った2階の編集部で、常子はひとりホッとします。そこに、美子が星野親子を案内してきました。

常子の一大事を知って、常子にお弁当を届けにやってきたのでした。
青葉は、「昨日はわがまま言ってごめんなさい・・・。」と謝ります。そして、常子の為に持って来たと、大樹が風呂敷包みを渡します。中身は、星野と大樹と青葉が、それぞれ1つずつ握ったおにぎりでした。常子は喜びます。

とと姉ちゃん_会社134

星野親子が帰ろうとすると、ちょうど花山が自室から出てきます。

急な花山の登場に、星野は自己紹介に戸惑い「僕達は、その…。」と口ごもると、常子が「昔の知り合いと言いますか・・・」と、これまたぎこちなく言うのでした。

ふたりの様子に花山はその意味を感じ取ると、企画案の原稿を常子に渡し自室へと帰ってゆくのでした。

星野親子を見送った後、雑誌は発売日に間に合うそうだと花山に報告します。

とと姉ちゃん_つねこ134すると、花山は「そうか。」と言うと「彼と交際しているのかい?」と、突然切り出します。

常子は、そんな思いを認めながらも、花山に「人生をかけて雑誌を作る」と宣言した約束も守りたいと答え、戸惑いを見せます。

それを聞いた花山は、「君も不器用な人間だねぇ」と言うと、もう、あの時の誓いに縛られる必要は無いのではと言います。

「仕事も大事だが、自分の人生なのだから後悔しないように生きるべきだよ。」そう常子に話し、笑顔で頷くのでした。

昭和32年5月。
「あなたの暮し」40号が発売されました。電気釜の”商品試験”は、予想以上の大反響があり、40万部を売り上げていました。

星野宅にて・・・
子供達を寝かしつけた後、星野と常子は縁側で話します。空に浮かぶ月を見て、星野は思い出し笑いをします。

昔、「月が綺麗ですね」と言った星野の言葉を、文学少女の鞠子が常子への愛の告白だと勘違いした事があったと話します。

とと姉ちゃん_キス134

星野は常子に向き直ると、あの時と同じ気持ちだと告げ、常子を抱き締めます。
そして、2人は自然に唇を重ねるのでした。

赤羽根の社長室にて・・・
ある日の事、赤羽根は「あなたの暮らし」の記事に再び激怒していました。村山と酒井に「何としてでも商品試験を止めさせろ。手段は選ばん!」と指示し、「あなたの暮し」を鬼の形相で破り捨てるのでした・・・つづく

 
■文学少女・鞠子の美しき誤解…とは?

 とと姉ちゃん23週134話・感想まとめ 

【女優・高畑充希さんの意外な交友録】
高畑充希さんは、演劇賞の受賞経験もあり今や若手実力派女優さんのなかでも一押し、監督や共演者さんからの評価もたいへん高い女優さんです。で、どんな方と交友があるのか少し探索してみましたよ。

ちょっと驚きなのですが、彼女は「ブス会」なるものを結成しておりました。高畑充希さんをブスと評する方がいるとは思ってもいませんでしたが…。

前田敦子さんはドラマで共演したことがきっかけで、今ではお互いにブスと言い合える仲、親友なのだそうです。歌手としての顔も持つ高畑さんですから、『いつか一緒に歌いたいね』なんて言うお話もしているらしいですよ。

その前田敦子さん、柄本時生さん、池松壮亮さんと高畑さんを加えた4人でグループを結成しているとのこと、意外ですよね。
今回の「とと姉ちゃん」のコンセプトがオヤジヒロインだと知ると、『ビビッときた。とても私らしい』と言ったとか…、ただ可愛いとか美人で勝負しないところが面白いですねぇ。

もう一人、舞台での共演以来、仲の良いのが小泉今日子さん。小泉さんは良く高畑さんを飲みに誘うとのこと。その際、高畑さんが演技の悩みを相談しようとすると、小泉さんは『まぁ、飲もうよ』と、まるで芸能界と関係のない話をするのだそうです。

朝ドラの大変さを経験している小泉さんは、肌で感じ実感しているはずですから、妹のように可愛がっている高畑さんを飲みに誘えば、それが高畑さんにとっては良い気分転換になるのでしょうね。

そう言えば、赤羽社長役の古田新太さんと高畑さんは去年、舞台・歌謡ファンク喜劇「いやおうなしに」の父娘役で共演していて、ドラマの中とは違い仲良しなのだそうですよ。
その時に古田さんが約束した、高畑さんを焼鳥屋さんに連れて行くことがまだ果たされていならしく、約束は守るとおっしゃっていました。

【星野さんとの抱擁シーン】
今、巷には、葉っぱの兄ちゃんの男性としての進化(?)と三十路まで恋愛感情を抱く男性との接触がないまま、職業婦人として仕事一筋に過ごしてきた常子ちゃんの抱擁シーンについての感想が溢れておるようでございます。なかでも、星野さんのバックハグやキスハグに生々しい感想も多いですね。

『どんな朴念仁(葉っぱの兄ちゃんこと、結婚前の星野青年のことらしいですね)でも、一回結婚生活を経験していると異性に対する肌感覚が違うなぁ』とか、
『ホント朝から目に毒なキスハグだったんだけど、常子が完全に困ってて、一方の星野さんは当たり前みたいにやってて、これが未婚で恋愛もろくにせず働いてきた女と子供ふたりいる男やもめの違いなのかと納得した。』

確かに、言われてみればそんな気もいたしますが、「守りたい」と星野さんから言われた時の複雑な表情を浮かべた常子ちゃんと、毅然として「あなたたちを守る」と社員に宣言した時の常子ちゃんの表情を見比べると、二人のこれからの関係に、どこか不安を感じてしまうのは私だけでしょうかしらね。

【よっちゃんと大昭君】
それに引き換え…、比べるものでもないのですが、よっちゃんの恋人「キッチン森田屋」の料理人、南大昭役を演じる俳優の上杉柊平さんと、よっちゃんを演じる杉咲花さんとのツーショットは大好評のようですね。上杉さんの身長185cm。で、杉咲さんは153cm、なんと2人の身長差は32cmもあります。

で、『身長差たまらない。素敵で微笑ましい!』『二人を微笑ましく観ています』『昭和感がたまらない!身長差に憧れる』といった具合らしいです。
よっちゃんが大のお気に入りですので、よっちゃんが幸せなら何の懸念もありませんが、兎にも角にも、恋人たちの行く末が気になることでございます。

ではでは
感想by香風

<<前回133話次回135話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る