とと姉ちゃん ネタバレ23週135話感想あらすじ【9月7日(水)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想123週135話
2016年9月7日(水)放送
とと姉ちゃん23週テーマ「常子、仕事と家庭の両立に悩む」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで23週135話
9月7日(水)

キッチン・森田屋にて・・・
ある夜の事、美子が仕事帰りにお店を訪ねると、「帰れ・帰れ・かえれー!」と、宗吉の怒鳴り声が聞こえます。

宗吉の前には、そう、あの「大東京新聞社」の記者・国実恒一がいました。

とと姉ちゃん_森田屋135

その剣幕に、さすがの国実も追い返されてしまいますが、入り口に立ち尽くす美子を見ると「これはこれは美子さん。今度ゆっくりと話を聞かせてくださいよ」と、強い口調で言いながら店を出てゆくのでした。

国実は「あなたの暮らし出版」の取材を重ねつつ、今日は常子を昔から知り、支援し続ける宗吉から何かを聞きだそうと、取材に来たのでした。

しかし、その質問に悪意のようなものを感じた宗吉たちは、国実に激怒し追い返していたところだったのでした。

光和医薬品社にて・・・
ある日の事、「星野君、おめでとう」と上司から言われます。

とと姉ちゃん_星野135以前、星野が希望していた「名古屋支店」への移動願いが承諾されたというのでした。

子供たちとの時間を作るためにと、残業の少ない支社への転勤を願い出ていたのでした。
しかし、星野自身も忘れていた2年前の移動願いの受理に、星野も呆然としてしまいます。
 
とまどいを隠せないままに、星野は帰宅します。家のドアを開けると、子供たちの声とともに常子の声が聞こえます。常子がシュークリームをもって、遊びに来ていたのでした。

とと姉ちゃん_常子135そして、常子は「あなたの暮らし」が好評を得ていると、嬉しそうに星野に報告します。

常子はその時、いつもと違う星野の素振りに気付くことはありませんでした。

ある日の事、星野は青葉の絵本を買おうと本屋に入ります。
そこで、「あなたの暮らし」の評判を耳にすると、女性に役立つ雑誌を作る「それが私の夢です。」と言っていた常子を思い出します。

その時に、星野は心の中で何かを悟るのでした・・・

星野宅にて・・・
ある日の事、早くに帰宅した星野はある事に気づきます。いままでずっと半ズボンで過ごしていた大樹が、急に長ズボンばかりを履くようになっていたのでした。

星野は不思議に思い、それを大樹に聞きます。すると大樹は、隣の席の女子から足の火傷を見て「気持ち悪い」と何度も言われていると話します。
星野は気付いてやれなかった自分を責めるとともに、何かを決意するのでした。

ある日曜日・・・
常子は星野から誘われ、キッチン森田屋での食事会に出かけます。

とと姉ちゃん_ほしの135青葉や大樹との楽しい会話の中で食事も終わり、常子はこのあと裏の公園に遊びに行こうと言います。

しかし、星野は改まった表情で「常子さん、今日はお話があってお呼びしたんです」と、言うのでした・・・

つづく

 

 とと姉ちゃん23週135話・感想まとめ 

【大樹君も青葉ちゃんも大好き、シュークリーム】
老若男女から愛される、優しい甘さで美味しい「シュークリーム」。今日は、子供達が夕食後に美味しそうに頬張っていました。
ケーキ屋さんやお菓子屋さんでは定番の焼菓子ですし、今ではシュークリーム専門店もありますよね。そんな人気のシュークリームですが、その誕生は、実は偶然の産物だったんだそうですよ。

別の料理を作っていた時に、余った生地をオーブンで焼いてみると、たまたまキャベツのような面白い形の生地が焼き上がり、そこからシュークリームができたのだとか。「シュー」は、フランス語で「キャベツ」を意味しています。本場フランスでは「シュー・ア・ラ・クレーム」と呼び、英語圏の国では「クリーム・パフ」と呼ぶそうです。「シュークリーム」という呼び方は、日本独自の呼び方なのですね。

日本にシュークリームが登場したのは、幕末から明治時代にかけて、カステラなどの南蛮菓子が出始めた頃とされています。その後、「米津風月堂」が西洋菓子を取り入れ、明治17年(1884)頃にシュークリームを発売しました。時は流れ昭和30年代になると、家庭でも冷蔵庫が普及し、それに伴い、シュークリームも人気が高まっていったようです。

ちなみに、毎月19日は「シュークリームの日」なのだそうですよ。シュークリームと語呂が近いという理由から決まったそうです。

【気掛かり続きのあなたの暮し出版】
あなたの暮し出版の社員・松永さんは、水田さんが言うように何だか元気がないと言うか、様子がおかしい感じがしましたね。それに、最近は遅刻が多いと言いますし、何となく表情も浮かないようですし。何かあったのでしょうか?何だか気掛かりです。

そして、新聞記者の国実という男、森田屋さんにまで来るとは、恐ろしいですね。“商品試験”について調べているようですが、あなたの暮し出版にとって敵となるのか、味方となるのか。謎が多く、なかなか読めませんね。

宗吉さんがあんなに怒鳴るなんて、一体何を聞き出そうとしたのでしょうか?うーん、気掛かりな事が重なっていますね・・・。

一方で、美子ちゃんと大昭君の交際は順調そのもののようですね。大昭君も真面目な男性のようですし、美子ちゃんが幸せそうで、私は母親のように嬉しく思いながら観ています。

【星野家、大問題勃発】
なんと、星野さんに転勤話が出てしまいました!2年前に出していた移動願が、このタイミングで決まるとは…。奥様が亡くなってから、子供達の為にと、実家が近く残業も少ない勤務地を希望していたのですね。

しかも、すぐに行って欲しいだなんて。神様は意地悪ですね・・・。常子さんと星野さんは、やっとお互いの気持ちを素直に出せるようになったばかりですのに、2人の関係が大きく進展しそうな予感さえしていたのに~。

星野さんは、常子さんにも名古屋に一緒に来て欲しそうに見えました。ですが、常子さんは、今や社会現象さえ巻き起こすまでに成長した「あなたの暮し」を作る社長さんです。そして、その仕事に対して誇りを持ち、自分の夢だと笑顔で語った常子さん。

星野さんなら、そんな常子さんの夢を奪う事はできないと考えそうに思います。そして、真面目で優しい星野さんは、自分の恋愛よりも大樹君の事を考えて、父親として、名古屋行きを選んでしまうような気がします。

お父さんが忙しくて大変な事を理解している大樹君は、心配を掛けないようにと、こっそり長ズボンに履き替えて学校に行っていたのですね。家でも本当に心の優しい子ですし、妹思いのお兄ちゃんですから、誰にも言えず、ずっと悩んでいたのでしょうね。

女の子から傷痕が気持ち悪いなんて言われたら、悲しいですよね。うつむきながらお父さんに打ち明ける大樹君の姿に、悲しくて涙が出てしまいました・・・。
星野さん、常子さんに話があると告げましたが、一体どう決断したのでしょうか。その話を聞きたいような、聞きたくないような、私は今、複雑な気持ちです。

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回134話次回136話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

会員さまご案内ページ

ページ上部へ戻る