NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想123週136話
2016年9月8日(木)放送
とと姉ちゃん23週テーマ「常子、仕事と家庭の両立に悩む」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで23週136話
9月8日(木)

キッチン森田屋にて
星野は、今日は常子に話があって呼んだと言います。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%a4%e3%81%ad%e3%81%93136星野は、食事を終えた大樹と青葉には外で遊ぶように言いつけます。

二人だけとなった店の中に、星野の緊張感が走ります。

そして、意を決したように小さく自分にうなずくと、星野は名古屋支社への転勤を、常子に告げるのでした。

突然の話に、常子は呆然とします。星野は、転勤の辞令が出た時は迷い、撤回しようかとも考えたと話します。しかし、心を決めたのは大樹の事だと言うのでした。

大樹が火傷の痕を同級生からからかわれていたことを、父親の自分が全く気付いてあげられなかった事、そして、誰にも言えず悩んでいたそんな大樹の事を知ったとき、親としての責任を果たせていなかった自分を知ったと話します。

親子の絆とは、自然にできるものではなく、時間をかけて作り上げて行くものだと知ったと語り、それを大事にしたいと言います。そして、その為には子供達との時間が作れる、名古屋へ行く事が一番だと決心したと告げるのでした。

そして、常子の事はとても大切で『一緒になれたらどれだけ素晴らしい人生になるだろう・・・』とも思ったが、親の責任は重いものと感じていると話します。

そこまで一気に話すと、星野は「身勝手な事を言いますが、名古屋へ行く事を許して下さい。」と頭を下げるのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%a4%e3%81%ad%e3%81%9302136  %e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e6%98%9f%e9%87%8e136

「許すだなんて・・・。」常子が、細い声で答えます。星野の気持ちが分かると言い、子供達の事を真剣に考える人だから、自分は星野を好きになったのだとも話すのでした・・・

あなたの暮し出版にて・・・
%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%a1%e3%81%a8%e3%81%9b136突然、「ちとせ製作所」の田中社長が訪ねてきます。

田中は、見せたい物があると言い、皆の前で新しいトースターをひろげます。

そして好調に売れていると笑顔を見せるのでした。

田中が「色々あったけど、あんたらには感謝してる。」と告げると、その言葉に、常子も嬉しくなるのでした。

星野宅にて・・・
名古屋へ旅立とうと玄関を出たところに、常子がお弁当をもって駆けつけました。

青葉や大樹と別れを惜しむと、星野には今までの感謝の気持ちを込めお礼を言い、そして、四人で過ごした時間を「幸せでした。」と告げるのでした。

すると、星野は「常子さんは、僕の誇りです。」と言い、2人は長い握手を交わすのでした。
%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%a4%e3%81%ad%e3%81%9303136  %e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%a4%e3%81%ad%e3%81%93001136

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%a4%e3%81%ad%e3%81%9304136三人を精いっぱいの笑顔で送る常子。

そして、
その姿が見えなくなった途端、ずっと堪えていた涙が溢れ出すのでした・・・ 
 
 
つづく
 

 とと姉ちゃん23週136話・感想まとめ 

【アメリカ視察旅行!】
昭和33年(1958年)常子のモデル・大橋鎭子(しずこ)さんは、日本の雑誌社から活躍する人物としてアメリカ視察旅行の一人に選ばれました。

そして、アメリカ国務省から招待を受け、なんと4か月間もの間、視察旅行に行かれています。すごいですよね♪当時は1ドル360円時代で、一般庶民には海外旅行なんて絶対に行けない存在だったはずです。

鎭子さんが「暮らしの手帖」で、日々の暮らしを良くするために尽力を尽くしてきた成果が認められたからこそ海外の視察旅行に行けたのでしょうね。

アメリカの視察旅行中のニューヨークでは、「暮しの手帖」での家庭や子供への貢献が称えられ「ペアレンツ賞」をペアレンツ・マガジン社から授与されています。世界からも賞を頂いて評価をもらった大橋鎭子さんは、改めてすごい人物だったのだと再認識しました。

【常子さんは僕の誇り】
今日のドラマは切なかったですね。星野さんと常子はお互い愛し合って本物の家族になりつつあっていただけに、この幕引きにはショックを隠せませんでした。突然の星野さんの‟さようなら”に、常子の表情もフリーズしていました。

でも父親として大樹君が抱えていた悩みに気付いてやれなかったことを後悔し、子供たちのことを一番に考える星野さんの優しさが伝わってきて、それも星野さんらしいかとつい納得させられてしまいました。

親なら、誰でも子供の幸せが一番ですからね。星野さんの気持ちを考えると涙が溢れました。星野さんが常子にかけた「常子さんは僕の誇り」という言葉。感動しました。名言ですね。常子の夢を応援する星野さんだからこそ、常子の重荷にならないようにプロポーズもしなかったのかな?なんて色々考えてしまいました。

でも男性から出会えたことを誇りに思ってもらえるなんて素敵ですし、羨ましいですね。お互いに自分のやるべきことが明確な二人なので、辛いですが清々しいお別れでした。可愛い青葉ちゃんと大樹君に会えなくなるのも寂しいです。星野家ロスになりそうです><

【仕事を頑張ります!宣言】
星野さんとの別れを報告し、何事もなかったかのように「益々仕事を頑張ります!」とかかに宣言した常子。その昔、星野との別れをかか・君子の腕の中で泣いた常子の思いを知るかかと、その常子の表情が絶妙で、言葉に出せない二人の思いが私の涙腺を刺激しまくりでした。

君子お母さんやっぱりいいですね~。子供たちの考えを尊重して陰から応援する姿が母親の鏡ですね。君子お母さん大好きです。また妹の美子も、常子の気持ちをよく理解していて・・・。

自分も幸せだからこそ、とと姉ちゃんにも幸せになって欲しいと願っていましたよね。小橋家は本当に素晴らしい家族です。そんな中で、辛い常子にも朗報もありました。

ちとせ製作所の田中さんが新商品を作って会社に持ってこられた事です。田中さんの笑顔に救われた気持ちになりました。田中社長も最初は、あなたの暮らし出版に怒鳴り込みに来てましたが、ちゃんと消費者目線で安全ないい商品を作るという気持ちで再起してくれましたよね。この田中さんの姿を赤羽根社長にも見せたい気分です。

今後赤羽根社長が何をしでかしてくるか不安もありますが、きっとあなたの暮らし出版なら乗り越えてくれることと思います。

ではでは
感想byあさひめ

<<前回135話次回137話>>