NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想123週137話
2016年9月9日(金)放送
とと姉ちゃん23週テーマ「常子、仕事と家庭の両立に悩む」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで23週137話
9月9日(金)

あなたの暮し出版にて・・・
新しく洗濯機の“商品試験”を始める為、各メーカーの洗濯機が集められていました。ボタン一つで洗濯ができるという洗濯機に、社員達も興味津々です。

すると、そこに「大変です!」と、社員の扇田が慌てた様子で駆け込んできます。とと姉ちゃん_常子137その日発売された週刊誌に、『あなたの暮しは嘘だらけ!』と題された記事が掲載されていたのでした。

その記事に、常子は動揺します。

一方、花山は「こんな週刊誌の書く事は気にするな、どうせでっち上げで誰も信じない」と言い捨てます。

しかし、気になった常子と水田は、週刊誌に証言したとされるテスターを調べてみました。すると、自社テスター名簿と全て一致したのでした。

テスターの情報が週刊誌に漏れているかも知れない、常子はその事を花山に報告します。花山は、「これを機に気を取り直して、やるべき仕事を変わらずやれば良いんだ。我々の本分を忘れてはならない。」と話し、自信に満ちた態度を変えませんでした。

街の電器屋にて・・・
社長・赤羽根は、自ら店頭に立ち自社の新型洗濯機を販売していました。その物陰で週刊誌の件を、村山達から報告を受けます。

赤羽根は、裏で「あなたの暮し出版」の社員を買収し、テスターの情報を得ていたのでした。やはり、週刊誌への記事提供は赤羽根の仕業だったのでした。

あなたの暮らし出版にて・・・
水田が顔色を変えて常子に声をかけます。「至急ご報告したいことが…」そう言って机に広げたのは大東京新聞の記事でした。
そこには、「『あなたの暮らし』への疑惑」というタイトルが踊っていました。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e6%b0%b4%e7%94%b0137

週刊誌ならまだしも、全国紙の新聞に掲載された事に、常子達は焦りを感じるのでした。

その日以来、「あなたの暮らし出版」には、記事への問い合わせ電話が鳴り響いていました。そこに、「大東京新聞社」の国実から常子宛ての電話が入ります。常子はその電話を取ると「はい分かりました」と短く言い、新聞社へと向かうのでした。

大東京新聞社にて・・・
常子が「大東京新聞社」を訪ねると、国実は早速、常子に取材を試みます。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%9b%bd%e5%ae%9f137そして、国実は、世の中の多くの人が「あなたの暮し」を買い物の指標にしていて、それだけ大きな影響を与えていると話します。

「その雑誌が本当に正しいものかどうか、それは追及されて当然じゃありませんか。」と、露骨に疑いのまなざしを浴びせるのでした・・・ つづく
 

 とと姉ちゃん23週137話・感想まとめ 

【暮しの手帖のこと】
唐突ですが、作家であり評論家の丸谷才一氏の著した本の中に、ノーベル文学賞作家・大江健三郎氏が雑誌の書評欄で「暮しの手帖」のことを褒めている、と書いている箇所があります。

それは、大江健三郎氏が書評欄で料理本の記事を書くにあたって、材料を購入して実際に作ってみることにした際、「暮しの手帖」の料理ページをパラリと開き、目に入った料理を作ってみたのだそうです。

その結果、大江氏のように普段あまり料理をしない人でも、「暮しの手帖」に掲載されている通りの手順を踏めば、ちゃんと料理が出来上がったため、大江氏が「暮しの手帖」を『非常によろしい』と褒めていた、と言うものです。

そして、丸谷才一氏もその著書の中で「暮しの手帖」の花森安治編集長の編集方針について下記の様に述べています。

先ず、新入社員を最初に然るべき料理人(コックさんや板前さん)のところに行かせ、目の前で作ってもらいながら、レクチャーを受けさせる。次に社に戻り作り方を文章にして、それを別の社員に渡す。

そして、渡された社員はその文章通りに料理を作る。その際、わからない箇所やスムーズにいかないところを一つ一つ新入社員に突きつけ、その文章を何度も書き直させる。

そして、それを繰り返すことで完全な料理記事が出来上がる・・・

上記が、花森編集長の新入社員に対する訓練法だったということから、花森編集長の考え方の基本にあると思われる、「散文の最も大事な機能は伝達性」という認識が、日本語の伝達性という側面など、日本言語に熱い思い入れのある丸谷才一氏にとっては共感を感じる点だったのでしょう。

リアル花森編集長の考え方は、ドラマの中の花山氏や常子ちゃんに相通ずるものがありますよね。それは、今行っている商品試験の中にもよく表れているようです。

【「暮しの手帖」の商品テスト】
今、たくさん出版されている「とと姉ちゃん」関連本の中に、今から、12・3年前までは東京の東麻布にあったに「暮しの手帖研究室」での商品テストや建物の様子が記載されているものがあります。

その著書によると、廊下の天井一面にソケットがズラリ並んでいて、電球のテストができ、化学実験室では食品の添加物検査はもとより細菌の検査までできたそうです。

また、工作室には大きな作業台に電動鋸が設置されていたと言います。今日ドラマの中で行われた洗濯機の試験ができる、大変広い洗濯室もあり、洗濯機の他にガス湯沸かし器やレインコートなどをテストしたそうですが、それだけではなかったようです。

2階へ続く階段には、段ごとに違う生地や種類の異なるじゅうたんを張り、人が上下するたびに、その回数をカウントする計器をセットしていて(人工芝のテストにも使用)加えて、2階にある暗室で現像はすべて行い、新館は3階まであり、吹き抜けにして、クレーンを設置し、重いものを3階まで揚げ降ろしできるようにしていた、との記述があります。

新館1階ではエアコンや冷蔵庫そして、掃除機、アイロンなどをテストしていて、3階にある音楽室には最新のオーディオ装置が完備、防音処理がされていたので、掃除機などの家電の騒音レベルなどのテストもできたのだそうです。

もはや出版社の商品テストレベルではありませんよね。ですから、実際はドラマの中のように家電メーカーや新聞で問題視されるようなことはなかったようですよ。

【素敵な想い出に】
それにしても、昨日のシーンが目に焼き付いて、一言添えずにはいられません。

青葉ちゃんのおかっぱ頭が、手を振りながら塀の角から消えて行きました…。
何とも、やるせないそして、あっけないお別れでしたねぇ。

星野さんとの思いがけない再会と恋の行方は、うたかたの夢と消えましたが、あの星野さん親子との時間は常子ちゃんにとって、一生消えない素敵な想い出となるのでしょうね。

それにしても、切ないことでございます。

ではでは
感想by香風

<<前回136話次回138話>>