とと姉ちゃん ネタバレ23週138話感想あらすじ【9月10日(土)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想123週138話
2016年9月10日(土)放送
とと姉ちゃん23週テーマ「常子、仕事と家庭の両立に悩む」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで23週138話
9月10日(土)

あなたの暮らし出版にて・・・
花山が、水田と美子、そして、常子を集めました。そのテーブルの向かいには、社員の松永がうつむいて座ります。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%be%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%8c138「私に話したことを、常子さんたちの前で言いなさい」と、花山が松永に促がします。

松永は、テスターの情報を漏らしたのは自分だと白状します。

面識のない連中に、テスターの情報を渡せば5万円くれると言われ渡してしまったと話します。

そして、自分の渡した情報からテスターに接し、お金で買収し嘘の証言をさせたのだろうと言うと、事の重大さにいまさらながら後悔するのでした。

そして、松永は会社を辞めると言い出します。自分は編集者としてこの会社に入ったが、繰り返し飯を炊いたり、ひたすら鉛筆を削るという、およそ編集の仕事とは遠い仕事ばかりでもう耐えられないと言うのでした。

「今日限りで、辞めさせてください」と深々と頭を下げ、「ほんとうに、お世話になりました」と言葉を残し、松永は去ってゆくのでした。

小橋家にて・・・
その日の夜、常子は今日の出来事を思いなかなか寝付けずにいました。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e7%be%8e%e5%ad%90138そんな常子の気配を察してか、美子が声をかけます。「眠れないの?・・・」

一人よがりだったのかなあ・・・」と、常子が身を起こしいます。

「あなたの暮らし」創刊当時からの思いで自分たちは”商品試験”をやり続けていたが、それを強いられている社員は、その責任と影響力を負担に感じているのではと、常子は弱気になるのでした。

あなたの暮らし出版にて・・・
翌日の事、常子は社員全員を集め話をします。

あなたの暮らし出版に「編集者」として入社したにもかかわらず、本来の仕事と違う”商品試験”ばかりやらされることに疑問を持つ人は、正直に言ってほしいと言います。希望者には担当業務を見直したいというのでした。

常子は、会社からの一方的な押し付けや、納得のいかない業務をしていないか、改めて皆に確認したかったのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e4%bc%9a%e7%a4%be138

すると、社員は口々に「この仕事に誇りを持っている!」と言いだします。
困難な状況の中でも、自らの仕事にプライドと信念を持って、この状況に立ち向かおうとする社員たちの姿を、常子は見ることになるのでした。

翌年、昭和33年1月の事
「あなたの暮らし出版」では、電気洗濯機の“商品試験”が半年を経過していました。そんな中、「大東京新聞」に「あなたの暮らし・商品試験」の記事が掲載されたのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%b8%b8%e5%ad%9002138その記事には、 “商品試験”について、全国500店の家電販売店からのアンケート結果が掲載されていました。

その結果とは「疑問がある・47.2%

・・・、常子の顔色が変わるのでした。

つづく

 

 とと姉ちゃん23週138話・感想まとめ 

【買収、そして松永さんの今後】
この頃(昭和30年代)の大卒の初任給が、およそ1万3500円とされています。そして、洗濯機は3万円、テレビは7万円、冷蔵庫は10万円程で、“三種の神器”と呼ばれたこれらの家電製品は、お父さんのお給料の数か月分という庶民の憧れの
高額商品でした。

松永さんが“誰か分からない男(赤羽根が雇った人間か、社員でしょうか?)”から受け取ったのは5万円だと言いますから、こうして見ると、相当な金額だという事が分かりますね。

この頃は、電化製品はどの商品も高額でした。松永さんは、そんな電化製品をいくつも購入し、それらを月賦払いにしていたと言います。

一体いくらの返済に毎月追われていたのかと考えると、恐ろしくなります。つい最近も、今度はステレオを購入したと、水田さんに話していましたよね。

このステレオも、当時の価格でおそらく5万円以上はする、高額商品の一つです。とても普通の会社員のお給料では、簡単に払えないであろう事が想像できます。浪費癖が治らない限り、他の会社に勤めても生活していけないのではないかと、彼の今後が心配です・・・。

ちなみに、1万円札が初めて登場したのは昭和33年で、この頃は高額紙幣と言われていたそうです。現在の福沢諭吉ではなく、聖徳太子のお顔が描かれている紙幣でしたよね。

【社員の裏切りと社長の迷い】
松永さん、まさか彼がテスターの方々の情報を漏らしていたとは。それでずっと様子がおかしかったのですね・・・。自分の浪費でお金に困り、その為に会社の情報を売るとは、何とも情けない事です。ですが、罪悪感に苛まれて、睡眠不足になったり、上の空になったりしていたのでしょうか。

松永さんは、去り際に、編集者として仕事をしたかったと訴えました。やりたい仕事ができない、自分はこのままここで働いていて良いのか、将来はどうなるのか。

彼のやり切れない、つらい気持ちも多少は理解できます。ですが、彼は絶対にやってはいけない、会社や仲間を裏切るという行為をしてしまいました。それは、決して許される事ではありませんよね。

「商品試験はもううんざりだ」という彼の言葉を聞いた時の、常子さんの悲しい表情が観ていてつらかったですね。社員の事を家族同然に思っている常子さんにとって、この裏切りはつらすぎますよ~((+_+))

水田さんも、彼の様子がおかしい事に薄々気付いていましたし、もっと早く何とか出来ていればという思いから、自分を責めているようでしたね・・・。

【新たな新聞記事の掲載】
国実さんは悪意がある訳ではなく、ただ真実が知りたいだけという事は分かりました。“商品試験”が社会に与える影響力の大きさ、そして、それに伴う大きな責任。

「これは良い商品、これは粗悪品」とはっきり批評する「あなたの暮し」は、画期的で他には無いものですが、その分、間違いや偏った見方があっては取り返しがつかないですからね。

そして、大東京新聞に新たな記事が掲載されました。“商品試験”の記事内容やデータが本当に信用できるものなのか「疑問がある=47.2%」という内容は、衝撃でしたね。常子さん達、この記事に対してどう動くのでしょうか?

ところで、宗吉さんと照代さんは、本当に隠し事ができないタイプの人達ですね。今回に限らず、いつも嘘を付くのが下手すぎますよ~。新聞を慌てて隠したり、そうかと思えばその新聞で堂々と大昭君の頭をバシバシ叩いたり。

隠そうとすればする程、不自然な表情と動きになってしまっていて、それが可愛らしく思えてきます。宗吉さんも照代さんも、本当に優しくて温かい、正直な人柄が表れていますよね。

来週は、久々のあの人も登場するようですし、目が離せませんね!

ではでは
感想byさら☆彡

<<前回137話次回139話>>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る