NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想24週140話
2016年9月13日(火)放送
とと姉ちゃん24週テーマ「常子、小さな幸せを大事にする」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで24週140話
9月13日(火)

アカバネ電器製造の社長室にて・・・
赤羽根社長の元にも、既に「公開試験」の情報が伝わっていました。

社長室に掲げられた工場の写真を見て、赤羽根は12年前に小さな工場から始め、戦後の焼け野原から必死に会社を成長させてきた経緯を、村山と酒井に語ります。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%82%e3%81%8b%e3%81%b0%e3%81%ad140

赤羽根は、もうあの頃のような貧しい生活はごめんだと言い「我々は経済成長に貢献しているんだ。金持ちになる事が幸福なんだ。」と続けます。

そして、今回の「公開試験」はアカバネ電器製造が正しい事を証明する戦いであり、絶対に負けられないと、鬼気迫る表情で語るのでした。

あなたの暮し出版にて・・・
%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e8%a9%a6%e9%a8%93140洗濯機の「公開試験」は、6月末に行われる事が決まります。
この頃、洗濯機の商品試験は佳境を迎え、新たなテスターも増やし、その中には、康恵と綾の姿もありました。

2人は今回の疑惑記事が悔しいと言い、敵の鼻を明かしてやろうと言ってくれるのでした。

 
キッチン森田屋にて・・・
とある休日のこと。美子はかか・君子と鞠子、康恵、綾を呼んでいました。そこに森田屋の照代も加わります。

美子は、あらゆる年代の「主婦の1日の時間の使い方」を調べたい、その為に協力して欲しいと言います。

そして、便利な家電製品が普及し始め、昔に比べ主婦が家事に費やす時間に変化が出て来たのでは?と話します。

一同は快諾してくれます。そして、この美子の調査企画が後々重要な意味を持つことを、今の段階では美子本人も知る由もありませんでした。

街の電器店にて・・・
%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e6%9d%91%e5%b1%b1140アカバネの社員・村山と酒井が、こそこそと話しています。

実は、アカバネの洗濯機には製造当初から欠陥がある事が分かっていました。

しかし、何年も使用しないと分からないような欠陥だからと、二人は赤羽根社長にその事を隠していたのでした。

 
あなたの暮し出版にて・・・
商品試験を続ける中、ある洗濯機の電気コードに異変が表れます。花山がコードを分解し、何かに気が付きます。それは、アカバネの洗濯機なのでした。

昭和33年6月。
ついに「大東京新聞」主催の「電気洗濯機・公開試験」の日がやって来ました。まずは、洗濯機を製造するメーカー5社とあなたの暮し社が、それぞれ自社で行っている試験内容を発表していきます。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%a9%a6%e9%a8%93140

そんな中、「アカバネ電機製造」社長・赤羽根憲宗は、不敵な笑みを浮かべながら常子を見つめるのでした・・・つづく
 

 とと姉ちゃん24週140話・感想まとめ 

【昭和33年の頃、1950年代】
今日、ついに始まった洗濯機の公開試験は33年の6月とのこと…。
さて、その当時の時代背景も気になりますよね。でちょっと、探索。

昭和33年の7月からは岩戸景気という高度経済成長時代に突入しますから、日本中が好景気だったことは間違いなく、人々の間に「中流意識」が広がって行ったのもこの頃からだったようです。

そして、この頃からドラマの中のアカバネ電噐や他のメーカーさんのような各企業は、技術や管理、販売部門の拡張に力を入れ始めています。その結果として、若いサラリーマンや労働者の賃金が飛躍的に増加し、家電や、その他もろもろの大量消費の後押しをしたのは、うなずける話です。会社を辞めていった松永さんもたくさん物を購入していましたものね。

このような「中流意識」の高まりと共に、より快適な生活を求めて便利な電化製品は発展していったのでしょう。
その中でも、1950年代に人気の高かった電気製品の登場をご紹介します。

人気が高かったテープレコーダーですが、最初は使い方からその価値まで、説明し理解をさせなければいけなかったようです。そのテープレコーダーがソニー(東京通信工業)によって完成したのは昭和25年のことです。

次に57万円という当時としては大変高価な国産初の電子オルガンが日本ビクターから発売されたのは昭和33年。それより以前の昭和28年には、価格が175,000円のわが国初のテレビがシャープから、そして、昭和30年には、日本初の電気炊飯釜が東芝から、電気やぐらこたつは昭和32年から登場しています。

電化製品のほかには、東京タワーの完成、1万円札発行、初のバレンタイン・チョコレートなどが昭和33年の出来事として挙げられます。

【よっちゃんの聞き取り調査企画・アンケート】
キッチン森田屋の照代さんが風呂敷に包んで持参したアンケート用紙、重そうでしたねぇ。照代さんが常子ちゃんたちの「あなたの暮らし出版」のために、お店のお客さんに頼んで書いてもらったという「主婦の一日の過ごし方」の答え、大変な量でしたもの…。照代さん、やっぱり思っていた通りの優しい人です。

それに、よっちゃんの提案した調査企画は、花山編集長を父とも師とも仰ぐよっちゃんがジャナーリスト精神に目覚めた結果からなのでしょうかしら。頑張ってほしいものです。

ところで、皆さんお気付きでしたか?
よしこちゃんの聞き取り企画は、アンケート調査だと思うのですが、ドラマの中ではこの「アンケート」という言葉が一切使われていませんでした。ただ一回、檀ふみさんが『美子と照代が用意したこのアンケートは公開試験の秘策となるのです』とナレーションしています。

ナレーション部分にだけ「アンケート」という言葉を使い、ドラマの中では意図してその「アンケート」という言葉を使わない、言い回しをしているように見えましたけれど、考えすぎでしょうかしら。

今では、日本語のように浸透しているアンケートという言葉は、もともとが質問調査を表す、フランス語なのだ、そうです。英語のクエッショネア(questionnaire)とかサーベイ(survey)と同義語ですが、当時はアンケートという言葉が一般的ではなかった可能性もありますよね。

【よっちゃんと大昭君の縁】
個人的嗜好で物申せば、今日のよっちゃんもまた、可愛かったですねぇ。良いですねぇ。キュートです。

声が幼く可愛らしいので、お仕事の話を一生懸命しているのを見ると、どこかちょっと違和感を覚えてしまうのは、よっちゃんにいつまでも可愛い少女を求めてしまうからですが、もう、大昭君とは結婚のお話しもすすんでいるよっちゃんに、変わらないでと言うのは無理な注文というものでしょうかしら。

今は仕事に全力投球のよっちゃんを『また忙しくなりそうだな。頑張れよ』と励ます大昭君は、よっちゃんにはお似合いのお相手。包丁さばきもさることながら、よっちゃんを幸せにしてくれること間違いなしですものね。

ではでは
感想by香風

<前回139話次回141話>