NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想24週143話
2016年9月16日(金)放送
とと姉ちゃん24週テーマ「常子、小さな幸せを大事にする」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで24週143話
9月16日(金)

美子と大昭のふたりは、デートへと出掛けます。

美子は、今日は映画を観ようか、それともゆっくり話そうかと、楽しそうにしています。そんな美子に、意を決した大昭が「俺の為におみおつけを作ってくれないか。」と、照れながら言います。

すると美子は、自分が作るよりも大昭が作った方が美味しいだろうと返します。
美子は、これが大昭のプロポーズだとは分からなかったのです。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%a4%a7%e6%98%ad143

すると大昭は「そういう事じゃないんだよ。毎日俺の為に作ってくれって事で・・・」と話し、改めて「結婚しよう。」と告げるのでした。

美子は、突然のプロポーズに驚きながらも、こくりと頷くのでした。

小橋家にて・・・
その夜、大昭が小橋家にやって来ます。「お母さん、常子さん。美子さんを僕に下さい。」大昭と美子が揃って頭を下げます。かか・君子と常子も改まり、よろしくお願い致しますと頭を下げます。そして、一同は笑顔に包まれるのでした。

ある休日の事。
小橋家には、小橋家と水田家の面々が集まり、ささやかながらも美子と大昭の結婚のお祝いが開かれました。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e7%a5%9d%e5%ae%b4143和気あいあいと食事会の準備をする中で、水田はふたりが付き合い始めたきっかけを尋ねます。

それは、大昭が作った“ポテトサラダ”だったと美子は言います。

美子は熱心に料理の勉強をしている大昭の姿に惹かれ、大昭は美子が美味しそうに料理を食べる姿に惹かれたのだとふたりが話すと、仲睦まじい2人の様子に、小橋家は温かい雰囲気に包まれるのでした。

やがて住まいの話になると、ふたりは団地を借りて住む事にしたと話します。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%83%bb%e5%90%9b%e5%ad%90143美子が結婚し家を出ると、小橋家は君子と常子だけになります。

それを聞いた水田が、いつか常子が家を建てた時には、自分達も一緒に住まわせて欲しいと言い出します。

すると、大昭と美子も同じ事を考えていたと言い、その時は自分達も一緒に住みたいと言うのでした。

それを聞いたかか・君子は「夢みたいな話ね」と目を細めて喜ぶのでした。

その時、誰かが訪ねて来ます。ナントそこには、10数年ぶりに見る、叔父・鉄郎の姿がありました。その姿に、一同はびっくりです。

さらに、鉄郎は結婚をしていると言い、妻の幸子を紹介します。皆の驚きや心配をよそに、鉄郎は今、新潟の魚沼で米農家として暮らしていると言うのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e9%89%84%e9%83%8e143

そして、自分も常子達の事をずっと心配していたと言います。ところが、先日の新聞で常子たちの活躍を知り「あなたの暮らし」が常子の雑誌だと知って駆けつけてきたというのでしたが・・・つづく
 

 とと姉ちゃん24週143話・感想まとめ 

なんとびっくり!
今日の鉄郎叔父さんの奥さん連れの再登場には驚かされましたよねぇ。

ところで、今回「とと姉ちゃん」では珍しい、ダメンズぶりを発揮していますが、イケメン俳優として人気の高い向井理さんですから、一週間ほど前のNHKの朝の情報番組「あさイチ」に出演されていたときは、たくさんの方が見ていらっしゃったかもしれませんね。でも、見逃された方のお耳をちょっと拝借…。

【向井理さんと脚本家の西田征史さんの関係】
実は、向井理さんと脚本家の西田征史さんは大親友なのだ、そうです。
向井さんによれば、二人の出会いは2008年の映画での共演、その映画「ガチ☆ボーイ」の撮影時、レッドタイフーン奥寺役の向井さんと脚本家兼ボラギノール日野役の西田サンは相部屋だったとのこと。

映画の撮影期間中、寝食を共にしていたわけですから仲良くなるのも分かりますよね。その頃から西田さんは朝ドラに対する熱い想いを抱いていたらしく、向井さんに朝ドラへの夢や憧れを語っていたそうです。

その、西田さんの想いを知っている向井さんは、「とと姉ちゃん」のオープニングのクレジットタイトルに西田さんの名前を見ると『すごく嬉しくて~』と実際に涙を浮かべて語っていらっしゃいました。

いいですねぇ。友の夢の実現を心から嬉しく思える向井さんは、容姿だけではなく間違いなく心もイケメンなのでしょうね。

それに、向井理さんの従来のイケメンキャラを覆すキャラクターや、この終盤での奥様を伴っての再登場は、脚本家の西田さんの粋な計らいなのかもしれないなぁ。なんて、勝手な想像をするのも楽しいことでございます。

【向井理さんと片桐はいりさんの関係】
向井理さんと西田征史が、親友と分かったところで、「とと姉ちゃん」の中では直接絡むシーンがなかった鉄郎叔父さんと東堂先生、実はこちらの二人も大の仲良しなのだそうです。

上記と同じ番組内で、ドラマや映画などの共演が多い女優さんとして片桐さんがコメント映像で登場して、二人の仲良しぶりを暴露(?)していましたよ。
向井理さんと片桐はいりさんの二人は映画「小野寺の弟・小野寺の姉」では姉と弟役で共演していますが、その撮影中、片桐さんのトレードマークの髪型を向井さんがだいぶ面白がって揶揄していたとのことです。

片桐さんは、そのように自分を揶揄するのは、『私のことを好きだからなのだろうと思っている』と言い、そのコメント映像を見た向井さんはあきれながらも、片桐さんを評して『共演者というより身近な人、大好きというよりは、大好物』と仲良しぶりを披露しています。

また、片桐さんも、向井さんがお酒好きで、寝ないで遊んでいた荒んだ生活を戒めるために「おさむ」君ではなく「すさむ」君とあだ名をつけ呼んでいると披露。

そういえば女性誌に、「とと姉ちゃん」のクランクアップの際の打ち上げ時、向井理さんと片桐はいりさんが仲良くじゃれ合っていたというコメントや写真が掲載されていました。二人は本当に「仲良しさん」なのですね。

【よっちゃんの結婚】
とうとう、よっちゃんもお嫁さんなのですね。
大昭君のプロポーズ、『おみおつけを作って』の言葉に『大昭さんが作った方が美味しいと思うけど…』が答えだなんて、よっちゃんらしいですねぇ。可愛いい。

それに、大昭君が作ったポテトサラダを美味しそうに頬張るよっちゃんが、幸せそうで何よりです。大昭君が食いしん坊のよっちゃんに惹かれたのは、運命だったのでしょうね。

たまきちゃんも、お料理上手な男性と結婚したいとのこと(たまきちゃんのお父上、水田さんの反応がとても怖くて、愉快でもあり、ビックリでしたが)これには全くもって同意見です。ただし、正確には結婚したかった、ですけれど…。
兎にも角にも、おめでとう、よっちゃん!

ではでは
感想by香風

<前回142話次回144話>