とと姉ちゃん ネタバレ24週144話感想あらすじ【9月17日(土)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想24週144話
2016年9月17日(土)放送
とと姉ちゃん24週テーマ「常子、小さな幸せを大事にする」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで24週144話
9月17日(土)

小橋家にて・・・
美子と大昭の結婚祝いを開いているところに、叔父・鉄郎の突然の登場で皆びっくりです。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e9%89%84%e9%83%8e%e5%b9%b8

勝手知ったる家とばかりに上がり込むと、一同を見まわし「みんな元気そうで何よりだ・・・」と一人和みますが、皆はまだ、10数年音信不通だった鉄郎の突然の登場に混乱を隠せませんでした。

おまえ、どっかで見た気が・・・」鉄郎が、小橋家4人の陰にたまきを抱く水田の顔を指さします。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e9%89%84%e9%83%8e%e7%99%bb%e5%a0%b4144常子が、闇市で世話になった水田さんだと言うと、鉄郎の記憶にも蘇りますが、だからと言ってなんでその男がここでくつろいでいるのかと怪訝な顔を浮かべ迫ります。

まり姉ちゃんの旦那さんだから・・・」と、美子が言うと、鉄郎は仰天します。

どうしてこんな奴が!と、水田に駈け寄りながらも膝の上のたまきを鞠子の娘と知ると、鉄郎は目を細めるのでした。

そして、大昭が美子の結婚相手だと自己紹介をすると、鉄郎は愛おしそうに美子の結婚を喜ぶのでした。

やがて、そのお祝いをしているとかか・君子から聞かされると、鉄郎は、祝いの品が足りないと言って、一人どこかに出かけるのでした。

鉄郎が席を外すと、残された妻・幸子に注目が集まります。
鉄郎をよく知る小橋家の面々は、鉄郎の身の上を心配し幸子に近況を聞きます。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%b9%b8%e5%ad%90144すると、幸子は鉄郎には感謝していると話します。

幸子の兄がやっていた「ハタハタ漁」を手伝っていたが、兄の失敗で多額の借金を背負ってしまった。

その時、鉄郎が一緒に借金の返済を手伝ってくれて、土地や家を手放さずに済んだと、そのいきさつを告げるのでした。

やがて、鉄郎が「祝いの品」と称して酒を買ってくると、一気に座はにぎやかになるのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e9%89%84%e9%83%8e02144宴もひと段落すると、縁側でくつろぐ鉄郎の前に、常子は古い雑誌を大事そうに差し出します。

スタアの装ひ・第2号」でした。

手に取りしみじみと眺めると、鉄郎は、あのころの夢がかなってよかったじゃないかと言うのでした。

しかし、常子の嬉しそうな表情の中に、一瞬浮かんだ影を鉄郎は見逃しませんでした。

「まあ、旨くいったらそれはそれでまた大変か・・・」鉄郎は常子の今の境遇と立場を察っするのでした。

そして、悩みは尽きないとこぼす常子に「どうしたもんじゃろのぉ・・・と、悩む事があるからこそまた人生は楽しい」と力づけると、常子も和らいだ表情で「そうかもしれませんね」と微笑むのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e9%89%84%e9%83%8e144

そして、「おまえらの事はずぅっと見守っているからな」と言い残すと、その日のうちに鉄郎と幸子は小橋家を後にするのでした・・・ つづく
 

 とと姉ちゃん24週144話・感想まとめ 

【鉄郎叔父さんの奥様】
今週は、なんと鉄郎叔父さんが綺麗な奥様を連れて小橋家にやって来ました!そんな奥様・幸子さんを演じたのが、女優・岩崎ひろみさんです。

岩崎さんは子役として、なんと赤ちゃんの頃からテレビに出演。その後も数々の作品に出演し、天才子役と言われました。その後、1996年の朝ドラ「ふたりっ子」で菊池麻衣子さんと共に主演を務め、人気女優さんとなりました。

朝ドラには、他にも1995年の「走らんか!」や、2012年の「梅ちゃん先生」にも出演されていますよね。そんな実力派女優の岩崎さんですが、なんとIQが154もあるのだそうです!IQ140以上で天才と言われますから、相当な頭脳の持ち主だという事が分かりますね。お芝居でのセリフは、一度聞いたらすぐに覚えてしまうそうで、2歳の頃の記憶もはっきりあるそうです。

ご主人の俳優・吉田メタルさんとは、ミュージカル「ピーターパン」で共演し、そこからお付き合いが始まり結婚に至ったと言われています。実は、ご主人のお母様と同姓同名なのだそうです。これはややこしいですね~。

岩崎さんは、9月23日に放送される、日本テレビの金曜ロードショー「がっぱ先生!」に出演されますよ。そして、なんと、星野さんを演じた坂口健太郎さん、青柳商店の清さんを演じた大野拓朗さんも出演されるようです。
これは見逃せませんね!

【あの男、再び】
鉄郎叔父さん、またまた突然現れましたね~。彼の頭には、連絡をしてから行くという考えは無いのでしょうか?まぁ、風来坊の叔父さんですから、仕方が無いのでしょうかね。

さらに、ちょうど美子ちゃんの結婚祝いをしていたと話すと、「ばっかやろう、だったら先に言えよ。」と言ってお祝いを買いに出て行きましたが、あなたこそ、連絡して下さいよ~!ですよね。しかも、お祝いが全部お酒という所が鉄郎叔父さんらしいですよね。

とは言え、叔父さんなりに、小橋家の事も3人の姪の事もずっと心配していたのですね。叔父さんは確かにいい加減な所がある人ですが、決して悪い人ではないですもんね。

初めて会うたまきちゃんも、大叔父さんにあたる鉄郎さんにすぐに懐いているようでした。子供は良い人と悪い人の見分けがつくとも言いますし、たまきちゃんも、叔父さんが良い人だという事が感覚で分かったのでしょうかね。

それにしても、失礼ながら、まさかあの叔父さんが結婚できていたとは驚きました!飄々とした人ですから、生涯、花の独身生活を謳歌するものかと思っていました。ですが、奥様の幸子さんも素敵な女性で、何だか安心しました。風来坊の叔父さんにも、守るべき家族ができたのですね。

そして、幸子さんのお兄さんが事業に失敗した事は言わず、自分が失敗したかのようにさらっと話していました。叔父さん、男前じゃないですか!そういう気取らない性格は、昔から変わらないですね。

とと・竹蔵兄さんにも三姉妹の大人になった姿を見せたかったという話には、私も何だかうるうるしてしまいました・・・。なかなか泣かせてくれる叔父さんです。

【人生の先輩からのアドバイス】
鉄郎叔父さんは、上手く行ったら行ったで大変、と常子さんに言っていましたね。色々な事業に携わって、多くを経験してきた叔父さんならではの言葉だと感じました。

この方、波瀾万丈で、人生経験が人よりも豊富ですからね。いい加減なようでいて、常子さんの気持ちを鋭く見抜いていました。そして、さり気なく「悩みの無い人間なんかいねぇよ。」と言い、それでも悩みがあるからこそ人生は楽しい、と話しました。うーん、重みがありますね。

そして、別れ際に、ずっと見守っていると言ってくれましたね。その言葉を聞いて、亡くなってしまった兄の代わりに、女性だけになってしまった小橋家を何とかして自分が支えよう。その為にも、まとまったお金を作ろう。鉄郎叔父さんは、ずっとそう思って事業を起こす事にこだわってきたのかも知れないと、今さらながらに感じました。

叔父さん、今度はいつ会えるのでしょうか?このまま会えないのは寂しいですから、また登場してくれる事を期待しています!

ではでは
感想byさら☆彡

<前回143話次回145話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る