NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想25週146話
2016年9月20日(火)放送
とと姉ちゃん25週テーマ「常子、大きな家を建てる」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで25週146話
9月20日(火)

昭和39年10月
東京オリンピックが開催される中、かか・君子の自宅での療養は続きます。布団で休みながらも「あなたの暮し」を読み、賑やかな家族の声に包まれながら過ごしていました。

そんなある日の朝・・・
%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%9f%e3%81%be%e3%81%8d146鞠子の娘・たまきが風邪をひいてしまいました。美子の娘・真由美の髪をとかしてあげながらも咳が止まりません。

起きてきた君子がたまきの額に手を当て、その熱に驚くと今日は休むようにと勧めます。

たまきの代わりに、君子が真由美の髪を整えてあげます。真由美の髪を愛おしそうにとかしながら、君子は幼い頃の美子を思い出していました。

そして、朝の準備に追われる鞠子に向かい「今日は調子が良い」と言うと、君子はたまきの看病をかってでるのでした。

たまきの部屋にて・・・
君子はたまきの枕もとで具合を看ながら、戦時中にたまきの母・鞠子が体調を崩した時の事を思い出していました。そして、たまきは常子に似ている一面もあるが「やはり鞠子似ね」と話します。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%9f%e3%81%be%e3%81%8d02146

その理由を語りながら優しくたまきの頬を両手で包むと、その昔、君子は母からこうされると心も体も少し楽になったと言います。たまきも「うん」とうなずき小さく微笑むのでした。

その日の夜・・・
この日は、君子も大昭と共にキッチンに立っていました。体調が良いと振る舞う君子のその姿を見ながら、常子は医師からの余命宣告を思い出し一瞬悲しい表情になるのでした。

夕食後。
自室に向かう君子に、常子が付き添います。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%83%bb%e5%90%9b%e5%ad%90146常子に支えられながら、君子は自然と鼻歌が出ます。
昔から、悩み事があると鼻歌が出る癖がある君子、その君子の鼻歌に気付いた常子は心配そうにその事を口にします。

すると君子は「これは、嬉しい時の鼻歌よ」と微笑みます。

真由美の髪をとかしながら、美子の幼い頃を思い出し、たまきの看病をしながら鞠子の同じ年ごろを思い出し、そしてにぎやかな夕食を囲む、そんな今日が嬉しくて、懐かしくて・・・と話します。

そして、「あと何回、皆でごはんを食べられるのかしら・・・」とつぶやくのでした。

かかの部屋を後にすると、また鼻歌が聞こえてきました。常子はその響きに、やはり悲しみを感じてしまうのでした・・・

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%8b%e3%81%8b02146

昭和39年12月
君子の病状は進み、一日のほとんどを布団で過ごすようになっていました。
そんなある日、常子と美子は花山を連れて帰宅するのでした・・・ つづく
 
かか・小橋君子のモデル大橋久子さんとは>>

 とと姉ちゃん25週146話・感想まとめ 

【東京オリンピック(1964年)の想い出】
今日の「とと姉ちゃん」では、ラジオから流れる朝のニュースが東京オリンピックで女子バレーボールがソビエト(ロシア)を破り、金メダル獲得したことを報じていましたね。

今、東京オリンピックと言うと4年後に控えた2020年のオリンピックが頭に浮かぶ方がほとんどでしょうけれど、今日は久しぶりに1964年の東京オリンピックを思い出させていただきました。

1964年に開催された東京オリンピックはアジアでも初の出来事でした。ですから、当時は子供心にも大変胸躍る、画期的なことだったのですよ。リアルタイムで、テレビにかじりついて応援したことが昨日のように思い出されます。その記憶に間違いがなければ、その応援のために小中学校は午前中までしか授業がなかったような気がいたしますが…。

特に、優勝した女子バレーボール、キャプテン河西昌枝さん率いる「東洋の魔女(日本チームのニックネーム)」と宿敵ソビエト戦はよく覚えております。そしてオリンピック後、日本全国にママさんバレーが拡がっていきました。それだけ日本中が盛り上がり、熱中していたということなのでしょう。

当時の日本のテレビ普及率は90パーセント近く(諸説あり)あったと言われていますが、個人的には、テレビ普及率が伸びたのは、この東京オリンピックの観戦のために購入された結果なのでは、と想像しております。

まだまだカラーテレビの普及率は少なかったはずですので、見ていたのは白黒の画像だったのでは、と思うのですが…、どうしたものか、脳裏には日の丸をイメージした赤のブレザーと白いボトム、白い手袋に帽子を掲げ整然と行進する日本の選手団がはっきりと残っているのですよね。不思議です。

【明日があるさ】
今日、同じようにドラマの中のラジオから流れていたのは、今は亡き坂本九さんが歌った「明日があるさ」とペギー葉山さんの歌った「学生時代」でした。
どちらも、とても良い曲ですねぇ。懐かしくて思わず口ずさんでしまいました。

曲の選曲センスもそうですが、「明日があるさ」はオリンピック開催の前年、昭和38年に発売されたものですから、時代考証もしっかり押さえているのだなぁと、あまり歌と関係のないところでも感心しております。

この「明日があるさ」はウルフルズや吉本興業の芸人さんたち、森高千里さんなど多くの方がカバーしているのをみても、良い曲だとわかりますものね。
それに「明日があるさ」をカバーした、吉本興業に所属する芸人さんが結成した11名のユニット、Re・Japanとウルフルズとの共演で、NHK紅白歌合戦へも出場をしています。
良い曲は、時代を超えても残っていくものなのでしょうね。

【かかの鼻歌】
癌に侵されているかかの鼻歌も、この「明日があるさ」でしたねぇ。
常子ちゃんではありませんが、かかの鼻歌が出るときは決まって、不安や心配事があるときでしたのに、今日は違っていました。

かかの鼻歌に気づき、不安の入り混じったとても複雑な表情を浮かべて、かかをそっと見つめる常子ちゃん…。常子ちゃんの切なさが胸に迫ります。

表情だけで病に侵された母親への愛情や万感の想いを表現する高畑さんはやはり、すごい女優さんなのですね。

『今日は、嬉しい時の鼻歌…』かかはそうおっしゃいましたが、やはりお別れの時は迫っているのだと、少し感傷的に『あと何回、皆でご飯を食べられるのかしら?』というセリフとかかの鼻歌に聞き入ってしまいました。

かかの病状を考えれば、明日のドラマを楽しみには待てない複雑な心境です…

ではでは
感想by香風

<前回145話次回147話>