とと姉ちゃん ネタバレ25週148話感想あらすじ【9月22日(木)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想25週148話
2016年9月22日(木)放送
とと姉ちゃん25週テーマ「常子、大きな家を建てる」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで25週148話
9月22日(木)

昭和40年1月
あなたの暮し出版にて・・・

常子は、以前花山から「何か書いてみないか」と言われていた、そのテーマを見つけたと話します。

常子は、君子と過ごした時間の中で“何気ない日常の愛おしさ”に改めて気が付いたと話し、ごく普通の暮らしについて、そっとお知らせするように綴ってみたいと言います。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e8%8a%b1%e5%b1%b1148  %e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%b8%b8%e5%ad%90148

そして、私は母親から教わった事を自分の子供に伝える事ができない。しかし、多くの読者になら記事を通して伝えられる。人生に彩りや安らぎを添えられる言葉や知恵を、読者に伝えたいと話すのでした。

常子の言葉を聞いた花山は、自分が読みたいからすぐに書くようにと常子に言いつけるのでした。そして、花山は満足そうに笑みを浮かべるのでした。

早速、常子は原稿に取り掛かります。この企画は「小さなしあわせ」というエッセイとなり「あなたの暮らし」の読者から多くの支持を集めるのでした。

さらに7年の月日が流れ、昭和48年の事
日本は、東洋の奇跡と言われる高度経済成長を果たし、世界第2位の経済大国となっていました。そして、あなたの暮し出版は社員の7割を超える女性が、自由に活躍する職場となっていたのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e7%a4%be%e5%93%a12階では、休憩中の若い社員達が盛り上がっています。最近創刊されたファッション雑誌を見て、流行のサングラスを購入したというのでした。

1970年以降、既製品の洋服や小物を掲載した女性ファッション雑誌が次々と創刊され人気を博していました。

婦人雑誌の様相も随分変わったと、創業以来の社員・岡が言います。モノのない時代から、消費の時代へと日本が進む中、読者の傾向も大きく変わって来ていたのでした。

編集長室にて・・・

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e7%b7%a8%e9%9b%86%e9%95%b7148花山は5年前に心筋梗塞で倒れ、現在は、あなたの暮し出版の自室にベッドを置き、休みながら仕事を続けていました。

花山と常子、水田が話していると、寿美子が”商品試験”のスチームアイロンを運んできました。

雑談の中で、寿美子は、自分が働いている事で子供がからかわれたり、近所の人から貧しいから共働きなのだと噂されたりしている、と話します。

それは康恵や綾も同じで、女性が働くという事に対して、世間ではいまだに大きな偏見があるというのでした。そんな声を聞き、常子は自分に何ができるのかと考え始めるのでした。

そんな昼下がり
あなたの暮し出版に、一人の女の子がやって来ました。
成長し大学生になったたまきが、常子の忘れ物を届けにやって来たのでした・・・

148

つづく

 とと姉ちゃん25週148話・感想まとめ 

【たまきちゃんは国民的美少女】
ドラマの後半に出てきた女性。鞠子の娘・たまきちゃんでしたね。大学生のたまきちゃん役を演じられる吉本実憂さん。目がくっきりの美少女さんですね♪

吉本さんは第13回(2012)全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞されています。国民的美少女は、芸能人大手プロダクションのオスカープロモーションが毎年開催して、女性タレントにとって登竜門的なオーデションなのです。

このコンテスト受賞者は、現在の芸能界で大活躍されている方ばかり。実名を上げれば、米倉涼子さんや上戸彩さん・武井咲さんなどいらっしゃるんですよ!常子の忘れ物を届けにあなたの暮らし出版へ行った彼女は、目を輝かせながら会社で働く人たちを見ていました。

「人々の暮らしを良くしたい!」と言い、スタッフ一丸となっている様子に感銘を受けているようでした。自分もこのメンバーに入りたいと確信した様子でしたね!そう言えば幼い頃「大きくなったら私、あなたの暮らしで働きたい」と言っていたような・・・。

そんな吉本さんは、念願の朝ドラデビューに「緊張もありますが、嬉しい気持ちでいっぱいです」とコメントされています。

常子に憧れるというたまきちゃん役ですが実際に「私も高畑さんのような女優さんになってNHK朝ドラヒロインを務めたい!好きな事に没頭するたまき役を演じながら、周りに元気や活力、楽しい気持ちを届けたい」と話されていました。今後の吉本さんに期待したいですね。

【今日のドラマ時代の日本は?】
昭和40年になると休日には家族で外食を楽しむプチ贅沢が始まりました。
昭和42年には東京に回転ずしがオープンし、翌年には牛丼のチェーン店が登場。
そして、昭和45年以降には外資系のファミレスやファーストフードがどんどん開店しました。

休日には家族そろって車で外出、夕食を楽しむ姿が見られるようになりました。
またファッションでは昭和42年モデルのツイッギーが来日。彼女が履いていたミニスカートが大流行しました。

その後パンタロンスーツも流行!ドラマの中でも最近パンタロン姿の女性が多くなっていますよね。今では女性に必須アイテムのパンティストッキングもこのころから登場しました。

男性ではビジネスマン必須アイテムのカラーシャツが一般化され登場。ジーンズも普段着として定着し、食では冷凍食品やレトルト商品が登場しました。このことで、冷凍冷蔵事電子レンジの普及も始まり、家庭に冷凍食品やレトルト商品が食卓に並ぶようになりました。

あなたの暮らしでも女性の社員が増えたように、女性の社会進出が増え、簡単便利にできる家庭料理が求められる時代に突入したのもこの頃からですね。

【常子執筆スタートする】
君子お母さんが亡くなって一番寂しいのは常子でしょう。鞠子も美子も旦那さんと子供のお世話で慌ただしいので、寂しい気持ちを和ませてくれると思います。しかし常子はいつもかかと一緒でしたから・・・。ふとした瞬間にかかのこと思い出してしまう気持ち良くわかります。

今回花山さんから執筆してみないか?と言われたことで「小さな幸せ」というエッセイ執筆がスタートしましたね。何でもできる常子は女性の憧れの存在だったに違いありません。私も当時主婦だったら絶対に常子の会社で働きたいですから~♪

とと姉ちゃんも来週で終了。考えただけで寂しくなります。花山さんの厳しい言葉を聞けないのも寂しい。常子&花山さんロスになりますね~><

ではでは
感想byあさひめ

<前回147話次回149話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る