NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想25週150話
2016年9月24日(土)放送
とと姉ちゃん25週テーマ「常子、大きな家を建てる」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで25週150話
9月24日(土)

難関試験を見事パスしたたまきは、晴れて「あなたの暮らし出版」の社員となりました。

昭和49年(1974)4月の事
入社後間もないたまきたちの同期生は、先輩たちからもみな優秀だと評価も高く、その仕事ぶりは、常子も目を細めずにはいられないほどの頑張りようでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%ef%bc%bf%e3%81%9f%e3%81%be%e3%81%8d150

一方、花山も63歳を迎えていましたが、相変わらず自他ともに厳しい姿勢を貫くその仕事ぶりは健在でした。

しかし、そんな花山を常子は心配のまなざしで気遣います。実は、花山は5年前に心筋梗塞で死の淵をさまよった経緯があったのでした。

花山もまた、編集長室に用意されたベッドに時折横になり、我が身を自重しながらの仕事の日々を送っていました。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%b8%b8%e5%ad%90150そんな花山が、部屋を訪れた常子に改めて語ります。

自分は常子と出会うまでは、男性としか仕事をしてこなかった。

しかし、実際に働いてみると、女性の柔軟な考え方や粘り強さに驚かされるばかりだ。

「もっと女性が活躍できる世の中になるべきだ。」と、つくづくと語るのでした。

「そうですね。」常子はそう答えると、創業時の“女性の為に役立つ雑誌が作りたかった”という言葉を思いだしながら、何かを感じ始めていたのでした・・・

そんなある日の事
創業時以来の社員・寿美子が、会社を辞めたいと常子に願い出たのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%af%bf%e7%be%8e%e5%ad%90150出産後復職していた寿美子でしたが、働きながらの子育ては厳しく、家庭と仕事の両立が困難になっていたのでした。

悩んだ末、寿美子は仕事を辞める道を選んだのでした。

そんな寿美子の話を聞いた常子は、これからも同じ立場の女性社員が出るのではと危機感を持ちます。

編集長室にて・・・
常子は「社内の仕組みを変えたいと思います。」と、花山に言います。女性の為の雑誌作りを目指してきた我が社は、女性の働きやすい会社として社内環境の整備をするべきと、今後の方針を話していたのでした。

花山はその報告を頼もしそうに聞き、常子が部屋を出る姿を見送ります。そして、一人となった花山が席を立とうとしたその瞬間・・・、花山の顔がゆがみます。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e8%8a%b1%e5%b1%b1150
花山は、胸をかきむしるように机に倒れるのでした・・・
つづく

 

 とと姉ちゃん25週150話・感想まとめ 

【花山氏の心筋梗塞】
花山氏の病が「心筋梗塞」と言うことで、早速、心筋梗塞なるものを調べてみました。なんとなくは知っていたのですが、現在でもけっこうシビアな病の一つに挙げられていますよね。

心筋梗塞とは、虚血性心疾患の一つで、通常は、急性の心筋梗塞の事を言うらしいです。心臓麻痺や心臓発作とも言われるそうです。

心筋(心臓を構成している筋肉)が虚血状態となり壊死した状態を心筋梗塞と呼び、これは命に関わる病気で、早急な処置が生死を分ける事になります。また、虚血状態になっても、壊死するまでには至らない状態を狭心症と呼ぶそうです。

心筋梗塞は、動脈硬化が原因となって起こる場合が多いようですが、その他の要因として、高血圧や肥満、糖尿病、喫煙、ストレスなども挙げられます。症状としては、胸部の強い痛みや息苦しさが15分以上続くとされ、肩や首、背中にも痛みが出る場合もあり、重傷の場合は意識を失う症状となります。

花山氏も、今日のドラマの終盤で胸を強く押さえ、苦しそうにしていました。5年前に倒れ、それでも会社にベッドまで持ち込んで働くなんて、花山氏らしいと言えばそうなのですが・・・

心筋梗塞は絶対安静といわれるものですから、普通はそんな事はできません。いくら倒れた時から5年が経っているとは言え、やはり心配です。
花山氏は、ジャーナリストとしての自分の仕事に、並々ならぬ誇りを持っています。自宅で休んでいるなんて事は、彼にはできないのでしょうね。花山氏の場合は、家でじっとして寝ている方が、ストレスになって身体に負担が掛かりそうな気さえします。とは言え、心臓の病気ですし、無理は禁物なのですがね・・・。

【念願の入社!】
たまきちゃんが、ついにあなたの暮し出版に入社しました。採用通知の封筒を開ける瞬間は、私までドキドキしてしまいました。ベートーベンの運命が、採用か不採用かどちらなのかという緊張感を盛り立てていましたね。大きくなった潤君や真由美ちゃんも、たまきちゃんを心配そうに見ていました。

たまきちゃんは、鞠子ちゃんにももちろん似ていますが、やはり常子さんに似ていますね。入社試験で誰よりも先に床に突っ伏して記事を書き始める姿は、猪突猛進型の常子さんそのものだと感じました。

そして、社内をバタバタと慌ただしく駆け回る姿も、少し危なっかしい所も、まるで若い頃の常子さんを観ているかのようです。「あなたの暮し出版」での仕事にも、目をキラキラさせて頑張っているようですし、期待の大型新人現る、といった風格さえ感じます。あのくりくりとした大きな目も、常子さん似でしょうか。

たまきちゃん以外の新入社員さんも、皆さん優秀なようで、あなたの暮し出版の将来が楽しみですね。あの厳しい花山氏が認めるくらいですから、良い人材が揃ったのでしょうね。

【家庭と仕事に揺れる女性達】
ついに、寿美子さんから仕事を辞めたいという話が出ました。随分前から、ずっと常子さんに話したそうにしていましたもんね。寿美子さんは、本当は仕事が大好きで、辞めたくないはずです。

商品試験が問題になった時にも、やりがいのある仕事だとはっきり言ってくれていましたからね。それでも、思い通りに働けない事で仲間達に迷惑を掛ける事が、彼女にとっては心苦しいのでしょうね。

この頃は、まだまだフルタイムで働く主婦の方は少なかったのでしょう。今よりも家事に手間も時間も掛かった時代です。周りの人からは、主婦なのに働きに出るなんて、家事や育児はきちんとしているの?なんて思われてしまうのかも知れませんね。

それに、昔は家族が3世代、4世代で暮らすお宅も多かったものです。子供が生まれても、皆で協力して子育てする事ができていたのですよね。時代が変わり、核家族化が進み、家族の在り方もそのお宅ごとで違うようになってきました。

“女性は家を守るもの”という考えもありますし、家庭と仕事の両立というのは、本当に難しい時代だったのでしょうね。何とか、寿美子さんには気持ち良く仕事を続けて欲しいですが・・・。

来週は、ついに最終週です。もうそんな時期かぁと、しみじみとしてしまいます。

ではでは
感想byさら☆彡

<前回149話次回151話>