べっぴんさん キャスト相関図

「べっぴんさんキャスト相関図」

このドラマのモデルは「レナウン」創業家の佐々木八十八氏の三女・惇子(あつこ)さんをモデルとした物語です。
ヒロインは、2261人の中から選ばれた「芳根京子・よしねきょうこ」さん19歳。NHK朝ドラは「花子とアン/2014年」の蓮子の娘・宮本富士子役で、すでに朝ドラデビューを果たしています。



■亀田・美幸・藍の紹介▶


■後期登場の社員たち▶


■「KADOSHO」の紹介▶


べっぴんさん相関図 コピー

■坂東家キャスト紹介▶
■近江・坂東家キャスト紹介▶
■すみれの協力者キャスト紹介▶

べっぴんさん相関図 コピー

■結婚相手キャスト紹介▶
■身内・友人キャスト紹介▶

べっぴんさん相関図 コピー

■終戦直後に出会う人たち▶

%e5%9d%82%e6%9d%b1%e5%96%b6%e6%a5%ad%e9%83%a8_%e7%a4%be%e5%93%a1

■坂東営業部の社員たち▶

%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%82%b9%e9%96%a2%e4%bf%82%e8%80%85

■キアリス初期関係者▶

s34kdomo

■十代の子供たち▶


■ヨーソローの人たち▶
*画像出典:
●「ORICONSTYLE」http://www.oricon.co.jp/●「日刊スポツ.com」http://www.nikkansports.com/●「朝日新聞DIGITAL」http://www.asahi.com/●「Walkerプラス」http://news.walkerplus.com/

べっぴんさんキャスト相関図・坂東家の紹介

べっぴんさんキャスト・坂東すみれ/芳根京子

%e3%81%99%e3%81%bf%e3%82%8c-1
坂東すみれ/ばんどう すみれ(芳根京子/よしね きょうこ)

「べっぴんさん」のヒロインです。会社を経営する父親と、裁縫が得意で優しい母親、そして明るく朗らかな姉との4人家族の次女として、裕福な坂東家で何不自由無く育ちます。

母親譲りで裁縫や刺繍が大好きなすみれは、夢中になると周りが見えなくなる事も少なくないようです。一人で刺繍や裁縫の事を考える時も多く、周りの人からはボーっとした子と思われてしまう事もしばしばですが、一度こうと決めたら最後まで諦めない、そんな頑固な一面もある女の子です。

大人になったすみれは太平洋戦争の頃に結婚し、間もなく子供を授かります。しかし、その直後に夫が戦地へ行く事になり、その間、夫の帰りを待ちながら一人で女の子を出産します。

終戦が近づく頃、神戸にある実家が空襲の被害に遭い、すみれは実家のお屋敷も財産も全て失ってしまいます。帰らぬ夫を案じながら、幼い娘を抱え途方に暮れます。その後、様々な人達との出会いをきっかけに、子供の頃から好きだった裁縫の特技を生かし、子供服を作るようになっていきます。

芳根京子さんは、1997年2月28日生まれ、東京都出身の女優さんです。趣味は料理やお菓子作り、犬の散歩だそうで、特技はピアノやフルートの演奏、裁縫の腕にも自信があるそうです。

中学2年生の時にギランバレー症候群(筋肉を動かす運動神経が侵され、手足に力が入らなくなる病気。)という難病にかかり、1年程は学校にもあまり行けなかったそうですが、その後、完治したそうです。

その後、高校1年生の時にスカウトされ、それがきっかけとなり芸能活動を開始、2013年に女優デビューをします。2014年の朝ドラ「花子とアン」では、ヒロインの親友・蓮子の娘・宮本富士子を演じました。その後も数多くのドラマやCMで活躍し、現在は実力も認められる注目の女優さんです。

朝ドラ出演は「花子とアン」(2014年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・坂東五十八/生瀬勝久

%e7%94%9f%e7%80%ac
坂東五十八/ばんどう いそや(生瀬勝久/なませ かつひさ)

すみれの父親です。実家は、「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」を大切にする近江商人の家で、布を扱う事業をしていました。五十八は、その家の次男として生まれ育ちました。

生まれ持った商才を活かし、父親から引き継いだ一部の事業を見事に成功させます。しかし、本家の経営不振を助ける為、やむを得ず得意先を兄に任せる事になります。

子供の頃からよく知っていたはなと結婚し、その後、夫婦で近江の布を大阪に卸す商売を始めます。後に、繊維会社の「坂東営業部」を立ち上げ事業を成功させ大きな財を得ます。
性格は、合理的な新しものが好きな人物で、二人の娘を溺愛しています。

五十八の「初志貫徹」、「よき相棒を作れ」の哲学は、後のすみれ達にも大きな影響を与えます。

生瀬勝久さんは、1960年10月13日生まれ、兵庫県西宮市出身の俳優さんです。様々な役をこなすベテラン俳優として有名ですが、以前は別の芸名で活動されていた時期もあるそうです。その時の芸名が「槍魔栗三助(やりまくりさんすけ)」だそうで・・・すごい芸名ですよね。

ドラマやバラエティ番組に出演の際には、様々な眼鏡をかけている生瀬さん。とてもダンディでオシャレな方ですよね。また、掃除機が大好きだそうで、なんと10台以上お持ちなのだそうです。

また、生瀬さんのお母様は過去に西宮市議会議員をされていて、奥様は12歳下の現役モデル・堀本陽子さんです。

朝ドラ出演は「純ちゃんの応援歌」(1988年)、「まんてん」(2002年)に出演。
大河ドラマでは、「花の乱」(1994年)、「毛利元就」(1997年)、「元禄繚乱」(1999年)、「新選組!」(2004年)、「功名が辻」(2006年)、「龍馬伝」(2010年)、「八重の桜」(2013年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・坂東はな/菅野美穂

%e3%81%af%e3%81%aa02%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3
坂東はな/ばんどう はな(菅野美穂/かんの みほ)

すみれの母親です。明るく朗らかで優しい、坂東家の太陽のような存在です。その反面、意志の強さも持ち合わせています。二人の娘のそれぞれの性格もしっかり把握している、そんな頼もしい母です。裁縫や刺繍が得意で、すみれには裁縫を教えます。

五十八と結婚後、夫が起こした事業を手伝い、共に「坂東営業部」を発展させました。元々身体が弱かったはなは、その後、幼い娘達を残して早くに亡くなります。

夫・五十八は、若い頃に事業を手伝わせた事で無理をさせてしまい、その結果、はなの命を削ってしまったのではないかとずっと後悔しています。

菅野美穂さんは、1977年8月22日生まれ、埼玉県坂戸市出身の女優さんです。真面目な女性から悪役まで様々な役を演じる、言わずと知れた演技派の女優さんですよね。そんな売れっ子女優の菅野さんですが、実はとても気さくで優しい女性としても有名です。

バラエティ番組にもよく出演していらっしゃったので、その飾らない人柄を観てファンになった方も多いのではないでしょうか。趣味は旅行やショッピング、ヨガだそうで、一人旅がお好きなのだそうです。

菅野さんは、13歳の頃にお友達と一緒にオーディションに応募し、合格しています。その応募の動機は、なんと賞品のハワイ旅行目当てだったそうです。その後、中学3年生の時にバラエティ番組のオーディションに合格し、本格的に芸能界デビューしました。

ご主人は、こちらも人気俳優として大活躍の堺雅人さんです。堺さんは、今年の大河ドラマ「真田丸」で主役を演じていますよね。2013年のお二人の結婚の際には、“ビッグカップル誕生”と騒がれたのも記憶に新しいですよね。現在はお子さんも生まれ、幸せいっぱいの菅野さんです。

朝ドラ出演は
「走らんか!」(1995年下半期)、「ちゅらさん」(2001年上半期)に出演。
ドラマは、「街角」(1993年)、「鶴亀ワルツ」(1999年)、「オアシス」(2000年)、「ちゅらさん2」(2003年)、「ちゅらさん3」(2004年)、「ちゅらさん4」(2007年)、「坂の上の雲」(2009~2011年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・坂東ゆり/蓮佛美沙子

%e3%82%8c%e3%82%93%e3%81%b6%e3%81%a4
坂東ゆり/ばんどう ゆり(蓮佛美沙子/れんぶつ みさこ)

すみれの3歳年上の姉です。子供の頃は勉強も運動も得意で、ピアノも上手な女の子でした。物事をハキハキ言える、意志の強いしっかりした性格の持ち主です。幼い頃から長女としての自覚があり、いずれは自分が父親の会社を継ぐと考えていました。

何でもそつなくこなせる自分に自信を持っていたゆりですが、戦争で物事が思い通りにいかなくなり、自信を無くしかけます。お嬢様育ちで何もできなかったはずの妹・すみれがたくましくなっていく様子に戸惑いながらも、妊娠・出産を経験し、母性を感じるようになります。後に、奮闘する妹を公私共に支える、大きな存在となります。

蓮佛美沙子さんは、1991年2月27日生まれ、鳥取県鳥取市出身の女優さんです。2007年からは、鳥取県の「とっとりふるさと大使」も務めています。特技はピアノで、ギターも趣味だそうで、さらに、絵本を描く事も得意なのだそうです。

そんな蓮佛さんは女優の竹内結子さんのファンで、それがきっかけでオーディションを受け、グランプリを獲得し芸能界に入ったのだそうです。まだお若い女優さんですが、映画「時をかける少女」など数多くの作品を手掛けた映画監督・大林宣彦氏からその才能を買われているようで、「20年に1人の逸材」と言われているのだそうです。大物監督のお墨付きの、今後が楽しみな女優さんですね。

朝ドラは、今回が初出演となります。
NHKドラマは「七瀬ふたたび」(2008年)、「私が初めて創ったドラマ・俺んちの神様」(2010年)、「真珠湾からの帰還~軍神と捕虜第一号~」(2011年)、「大地のファンファーレ」(2012年)、「夜明けのララバイ」(2012年)、「父の花、咲く春~岐阜・長良川幇間物語~」(2013年)、「聖女」(2014年)、「ランチのアッコちゃん」(2015年)、「2030かなたの家族」(2015年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・井口忠一郎/曾我廼家文童

%e6%9b%be%e6%88%91%e5%bb%bc%e5%ae%b6
井口忠一郎/いぐち ちゅういちろう(曽我廼家文童/そがのや ぶんどう)

坂東家の執事で、ゆりとすみれ姉妹の世話も担当します。主人・五十八からの信頼も厚く、五十八の行く所には必ず付き従ってゆきます。

曽我廼家文童さんは、1946年8月10日生まれ、和歌山県白浜町出身の俳優さんです。声優としても活躍されています。

16歳の時に、喜劇俳優だった曾我廼家十吾さんの元に弟子入りし、以来、松竹新喜劇で活躍されていました。その後、1982年の朝ドラ「よーいドン」でヒロインの夫を演じ、注目されます。

現在は、ドラマや舞台を中心に活躍されています。曽我廼家さんは、人柄の良い人物から腹黒い悪役まで、実に幅広い役を演じる俳優さんとして知られていますね。

朝ドラ出演は「よーいドン」(1982年下半期)、「都の風」(1986年下半期)、「純ちゃんの応援歌」(1988年下半期)、「てるてる家族」(2003年下半期)に出演。
NHKドラマは「トキオ 父への伝言」(2004年)、「大岡越前」(2013年)などに出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・佐藤喜代/宮田圭子

%e5%96%9c%e4%bb%a3%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3
佐藤喜代/さとう きよ(宮田圭子/みやた けいこ)

坂東家の女中頭であり、すみれとゆりの養育係も担当していました。戦後は、すみれやその仲間たちの働く母親に代わって、子供たちの世話をしながら皆を支えます。

宮田圭子さんは、1947年10月23日生まれ、兵庫県神戸市出身の女優さんです。
過去には大阪の劇団「関西芸術座」に所属し、舞台を中心に活躍されていました。その後、時代劇など数多くのドラマや映画、CMに出演されています。
趣味は水泳、そしてプロ野球の観戦だそうで、特技はジャズダンスなのだそうです。

朝ドラ出演は「火の国に」(1976年下半期)、「はっさい先生」(1987年下半期)、「春よ、来い」(1994~1995年)、「芋たこなんきん」(2006年下半期)、「だんだん」(2008年下半期)に出演。
NHKドラマ近作は「フェイク 京都美術事件絵巻」(2011年)、「タイトロープの女」(2012年)、「全力離婚相談」(2015年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・番頭・野上正蔵/名倉潤

%e5%90%8d%e5%80%891
野上正蔵/のがみ しょうぞう(名倉潤/なぐら じゅん)

潔の父親で、「坂東営業部」で番頭として働いています。社長である五十八にとって、正蔵は一番頼りになる右腕的存在です。誠実で律儀な性格で、数字にはめっぽう強く頭脳明晰な人物です。

大阪で働き出した頃に五十八と知り合い、そこから「坂東営業部」に勤める事になった経緯があります。五十八のお陰で今の自分があるという強い思いがあり、坂東家の為に生涯を捧げるつもりでいます。後に、五十八が貴族院議員になった際には、正蔵が「坂東営業部」の実質的な経営者となって支えます。

名倉潤さんは、1968年11月4日生まれ、兵庫県姫路市出身のお笑い芸人さんです。長年、トリオ芸人・ネプチューンのリーダーとして第一線で活躍されていますが、実は元々は俳優志望だったそうです。

ネプチューンは、コントやトークの面白さはもちろんですが、三人の仲の良さも評判です。名倉さんの奥様はタレントの渡辺満里奈さんで、お二人はおしどり夫婦として有名ですよね。名倉さんは、仕事が終わると真っ直ぐに帰宅する事でも有名なようで、奥様やお子さんにいち早く会いたいのだそうですよ。本当に、家族を愛する良き夫・良きパパなのですね~。

日本人離れしたお顔立ちが印象的な名倉さんは、よく「タイ人のようだ」とネタにされています。そんな事もあり、「べっぴんさん」の会見では、「自分が日本人の役で朝ドラに出られるとは思わなかった。」と語っています。

NHKドラマは、今回の朝ドラ「べっぴんさん」が初出演となります。ほぼ演技経験が無いと言える名倉さんですが、どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・野上潔/高良健吾

%e9%ab%98%e8%89%af
野上潔/のがみ きよし(高良健吾/こうら けんご)

「坂東営業部」で番頭として勤める野上正蔵の息子で、すみれとは幼馴染みです。歯切れのいい豪快な性格の持ち主で、すみれには子供の頃から頼りになるお兄さんのような存在です。

強い人ですが、相手の立場に立って物事を考えられる、そんな優しさもある人物です。人の為に自分を犠牲にする事も苦にしない所があり、そんな潔は、多くの人から慕われます。

戦後は、父親達が懸命に築き上げた会社を復興させる為に尽力し、奔走します。そして、常にすみれを支えてくれる、大きな存在です。

高良健吾さんは、1987年11月12日生まれ、熊本県熊本市出身の俳優さんです。現在、熊本市の「わくわく親善大使」を務めていらっしゃいます。子供の頃から野球が好きで、「福岡ソフトバンクホークス」のファンだそうです。今年4月のソフトバンクとオリックスとの公式戦では、高良さんが始球式を行っています。

他にも、何度もチャレンジする程、スカイダイビングがお好きだそうです。ですが、観覧車などは怖くて嫌いだそうなんですよ~。

そんな高良さんは、高校生の時に熊本の地域情報誌にモデルとしてスカウトされ、モデルとして、さらにスタッフとしても活動するようになったそうです。その頃から俳優という職業に興味があり、情報誌の副編集長を通じて芸能事務所の社長と知り合い、高校の卒業を機に芸能界に入ったのだそうです。

2005年に、当時の人気ドラマだった「ごくせん」の生徒役でデビューします。2008年には、映画「蛇にピアス」で全身に入れ墨を入れ、顔には15個ものピアスを付けた、インパクトの強い男性を演じました。

この時の撮影では特殊メイクを駆使したそうで、実際は高良さんに入れ墨や15個のピアスの穴がある訳ではありませんよ~。その他にも数多くのドラマや映画に出演し、多くの賞を受賞している、実力派の俳優さんです。

朝ドラ出演は「おひさま」(2011年上半期)に出演。
大河ドラマでは「花燃ゆ」(2015年)に出演。NHKドラマでは「刑事の現場」(2008年)、「白洲次郎」(2009年)、「大地のファンファーレ」(2012年)、「書店員ミチルの身の上話」(2013年)、「ラスト・ディナー」(2013年)、「ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~」(2013年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>
物語はこちらから>>

べっぴんさんキャスト相関図・近江坂東家の紹介

べっぴんさんキャスト・坂東トク子/中村玉緒

%e7%94%9f%e6%9d%91%e7%8e%89%e7%b7%921
坂東トク子/ばんどう とくこ(中村玉緒/なかむら たまお)

五十八の母親で、すみれとゆりにとっては祖母にあたります。器の大きい性格で、思いやりに溢れる人柄です。長男が跡継ぎとして家業を継ぐという昔からの習わしがあった為、坂東家では、次男である五十八が家を出た過去があります。

トク子は、ずっとその事を五十八に対して申し訳なかったと感じています。そういった事もあり、五十八と身体が弱かったはなとの結婚の際には、様々な形で力を貸してくれました。戦争が始まると、すみれ達家族の疎開先となり、優しく迎えてくれます。

中村玉緒さんは、1939年7月12日生まれ、京都府京都市出身の女優さんです。現在は、「京都名誉観光大使」も務めています。

芸歴が非常に長く、戦後の頃から、今もなお第一線で活躍されています。そんな玉緒さんのご実家は歌舞伎役者の家系で、今は亡きご主人はあの勝新太郎さんです。本当に華やかな芸能一家ですね。

そんな玉緒さんですが、皆さんは、バラエティ番組で見る天然ボケで可愛らしい方、という印象が強いかも知れませんね。そして、ご主人の勝さんは生前はとても破天荒な方でしたが、玉緒さんはそんな勝さんの事を今でも愛していらっしゃって、「生まれ変わってもまた一緒になりたい。」と公言する程でした。朝ドラには、今までにも何度も出演されている玉緒さん、その演技が楽しみですね。

朝ドラ出演は「すずらん」(1999年上半期)、「てっぱん」(2010年下半期)に出演。大河ドラマは「三姉妹」(1967年)、「天と地と」(1969年)、「新・平家物語」(1972年)、「武蔵 MUSASHI」(2003年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・坂東長太郎/本田博太郎

%e6%9c%ac%e7%94%b0
坂東長太郎/ばんどう ちょうたろう(本田博太郎/ほんだ ひろたろう)

すみれの伯父。すみれの父・五十八の兄にあたる人物です。近江商人の家柄である坂東家の長男として生まれました。経営者だった父親が亡き後は母親・トク子が会社の経営を担っていましたが、その後、長太郎が引き継ぎました。

長太郎は、商売が決して上手いとは言えないタイプで、会社は経営不振に陥ります。その時に、弟である五十八が始めていた仕事での得意先を紹介してもらい、なんとか会社を立て直します。
戦争が起こると、疎開してきた姪・ゆりとすみれを温かく受け入れてくれます。

本田博太郎さんは、1951年2月8日生まれ、茨城県水戸市出身の俳優さんです。俳優業の他にも、書家としての顔もお持ちの多彩な方で、ご自身の出演作品の毛筆題字を書く事も多いそうですよ。また、特技は剣道や柔道だそうです。

1979年の蜷川幸雄氏演出の舞台「近松心中物語」で、急遽代役で主役を演じる事になり、これを見事に務め上げました。当時はまだ無名だった上、29歳の若さでの座長という事もあり、その演技力の高さで一躍有名になった本田さん。

その後、ドラマ「必殺仕舞人」シリーズなどに出演し、名俳優として知られるようになりました。

朝ドラ出演は、今回が初めての出演となります。
大河ドラマは「花神」(1977年)、「黄金の日日」(1978年)、「徳川家康」(1983年)、「信長KING OF ZIPANGU」(1992年)、「元禄繚乱」(1999年)、「武蔵 MUSASHI」(2003年)、「龍馬伝」(2010年)、「花燃ゆ」(2015年)に出演。NHKドラマの近作は「タイトロープの女」(2012年)、「恋するハエ女」(2012年)、「御鑓拝借~酔いどれ小籐次留書~」(2013年)、「モノゴコロ」(2013年)、「二十歳と一匹」(2015年)、「経世済民の男 第一部「高橋是清」」(2015年)、「わたしをみつけて」(2015年)、「吉原裏同心~新春吉原の大火~」(2016年)と、数多くの作品に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・坂東節子/山村紅葉

%e7%b4%85%e8%91%892
坂東節子/ばんどう せつこ(山村紅葉/やまむら もみじ)

長太郎の妻で、すみれ達の伯母にあたる人物です。長男の嫁という立場で、近江・坂東家の一切を切り盛りしています。息子・肇と孫・慶一に関しては少々溺愛気味の所があります。戦時中、疎開してきたゆりやすみれを受け入れてくれますが、お嬢様育ちの二人に厳しく接する事もしばしばのようです。

山村紅葉さんは、1960年10月27日生まれ、京都府京都市出身の女優さんです。2時間ドラマへの出演が多く、また、“ミステリーの女王”と言われた作家・山村美紗さんの一人娘としても有名ですよね。

実は、紅葉さんは学生の頃に女優としてデビューしたのですが、その後、国税庁国税専門官の試験に合格し、大学卒業後は女優を辞めて国税局に勤めていたそうです。そして26歳の時に結婚し、それを機に退職。その時は専業主婦になるつもりでしたが、紅葉さんの元にはドラマの出演依頼が続々と来たそうで、ついに女優復帰となったのだそうです。

趣味はスケートと読書で、特技は外国語(英語、ドイツ語)やピアノと、多彩な女優さんです。また、ハローキティが大好きで、数多くのグッズを集めている可愛い一面もある紅葉さんです。

朝ドラは,今回が初出演となります。NHKドラマは、「トキオ 父への伝言」(2004年)、「夫婦善哉」(2013年)、「最後のレストラン」(2016年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・坂東肇/松木賢三

%e8%82%87
坂東肇/ばんどうはじめ(松木賢三/まつきけんぞう)

長太郎と節子の一人息子で、すみれ達のいとこにあたります。戦時中は召集され、戦地に行っていました。
戦後は無事に帰還し、坂東本家に帰って来ます。しかし、肇が帰って来た事で坂東本家が手狭となり、疎開して身を寄せていたすみれ達は長太郎から出て行って欲しいと言われてしまいます。

松木賢三(まつきけんぞう)さんは、1974年4月9日生まれ。滋賀県出身の俳優さんです。2014年からは劇団テノヒラサイズに所属し、今も舞台などを中心に活躍されています。趣味は釣りやトランペットで、特技は殺陣だそうです。他にもバイクやカメラがお好きだそうです。

朝ドラ「あさが来た」では、記者の役で出演されていました。また、2005年公開の映画「男たちの大和/YAMATO」などにも出演。そして、俳優として以外にもレポーターとしても活躍されています。また、様々な再現VTRにも出演されています。

NHKでは、朝ドラは「あさが来た」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・坂東静子/三倉茉奈

%e3%81%be%e3%81%aa
坂東静子/ばんどうしずこ(三倉茉奈/みくらまな)

長太郎と節子の息子・肇の妻です。戦地に行っている夫の帰りを待ちながら、坂東家を切り盛りする姑・節子を手伝っています。
戦争中は、疎開してくるゆりとすみれを受け入れます。しかし、お嬢様育ちの二人に対する思いは複雑なようで、羨ましさと同時に、対抗心も少なからず感じているようです。

三倉茉奈さんは、1986年2月23日生まれ、大阪府大阪市出身の女優さんです。女優業の他にも、タレントとして、また歌手としても活躍されています。

幼い頃から双子の妹・佳奈さんと共にドラマなどで活躍していて、「マナカナ」の愛称で親しまれましたよね。大人気となった朝ドラ「ふたりっ子」は、皆さんもご存知なのではないでしょうか。
この「ふたりっ子」に出演されたのは20年前、茉奈さんが10歳の頃です。

佳奈さんとは、プライベートでも仲良しな事で有名です。実はお二人は、学校も大学までずっと同じで、大学の学部も同じ、さらにサークルも一緒だったそうです。本当に仲が良いのですね。

趣味は、旅行や写真を撮る事、料理などで、ヨガや卓球もお好きだそうです。特技は、トランペットやギターだそうです。ギターは、朝ドラ「だんだん」での役作りで始めて以来、好きになったのだそうですよ。

朝ドラ出演は「ふたりっ子」(1996年下半期)、「だんだん」(2008年下半期)に出演。NHKドラマの近作は「雲霧仁左衛門2」(2015年)、「ある日、アヒルバス」(2015年)、「喧騒の街、静かな海」(2016年)などに出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>
物語はこちらから>>

べっぴんさんキャスト相関図・すみれの協力者の方々

べっぴんさんキャスト・麻田茂男/市村正親

%e5%b8%82%e6%9d%91
麻田茂男/あさだ しげお(市村正親/いちむら まさちか)

神戸にある靴屋「あさや」の主人で、ベテランの靴職人です。昔から坂東家に出入りしています。誠実で真面目な人柄で、靴作りには一切妥協しない性格の為、顧客からの評判も良い人物です。

普段は笑顔を絶やさず気さくな人ですが、仕事の時には真面目な表情に変わります。そんな麻田の姿を子供の頃から見ていたすみれは、彼に興味津々でした。

戦後、「あさや」店内の一角をすみれ達に貸して事業を手助けしてくれる、大恩人となっていきます。

市村正親さんは、1949年1月28日生まれ、埼玉県川越市出身の俳優さんです。元々は劇団四季の俳優さんで、長く劇団の看板俳優として活躍していらっしゃいました。その後、劇団四季を退団し、ミュージカルなどの舞台やドラマ、ナレーションなどの幅広い分野で活躍し続けています。

中でも、「オペラ座の怪人」や「ミス・サイゴン」での演技は有名ですよね。数々の賞を受賞されている、まさにベテランの大物俳優さんです。その一方で、バラエティ番組では、ユニークなトークと飾らない人柄で観る人の笑いを誘っています。

奥様は、女優の篠原涼子さんです。歳の差があるお二人ですが、変わらない仲の良さで有名ですよね。そんな奥様とは、舞台の共演をきっかけに知り合ったそうです。市村さんは、現在は、溶岩ヨガに夢中になっているそうです。何だか意外ですよね~。

朝ドラ出演は「べっぴんさん」が初めての出演です。大河ドラマは「獅子の時代」(1980年)、「江~姫たちの戦国~」(2011年)に出演。NHKドラマは「真夜中のアンデルセン」(2002年)、「オーダーメイド~幸せ色の紳士服店~」(2004年)などに出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・多田良子/百田夏菜子

%e7%99%be%e7%94%b0
多田良子/だだ りょうこ(百田夏菜子/ももた かなこ)

すみれとは女学校の同級生で、すみれ達と立ち上げた「手芸倶楽部」の部員でした。女学校時代から、型紙から仕立てて洋服などを作る事ができ、手先が器用な女の子です。その場の雰囲気を良くしてくれる明るい性格で、時々お茶目なところもある人物です。

女学校を卒業し、すぐにお見合いをして結婚します。その後、子供を一人授かりますが、戦地に行った夫の安否が分からなくなります。子供を抱え将来への不安に苛まれる中、すみれと再会します。そこで一緒に商売をしようと誘われ戸惑いますが、共に会社を立ち上げる事になります。

百田夏菜子さんは、1994年7月12日生まれ、静岡県出身のアイドルであり女優さんです。「ももいろクローバーZ」のメンバーで、リーダーも務めています。「ももクロ」と略して呼ばれる事が多く、歌はもちろん、激しいダンスや独特のパフォーマンスで幅広い層から人気のアイドルグループです。

百田さんは、小学5年生の時にお母様がオーディションに応募した事をきっかけに芸能界に入りました。3歳の時から新体操を習っていたそうで柔軟性が高く、その経験が現在のパフォーマンスを高めているのでしょうね。

百田さんのキャッチフレーズは、静岡県出身という事から取った「茶畑のシンデレラ」、そして、えくぼが印象的な為「えくぼは恋の落とし穴」なのだそうです。天然ボケなキャラクターと、可愛らしい笑顔が印象的な女性です。

今までに何度かドラマや映画などでの演技経験がある百田さんですが、朝ドラは初めてです。明るく可愛らしい演技が楽しみですね。

朝ドラ出演は、今回が初めてです。NHKドラマでは「クリスマスドラマ 天使とジャンプ」(2013年)、「伝七捕物帳」(2016年7月放送予定)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・田坂君枝/土村芳

%e5%9c%9f%e6%9d%91
田坂君枝/たさか きみえ(土村芳/つちむら かほ)

すみれの女学校の時の同級生で、すみれや良子と一緒に「手芸倶楽部」を作った一人です。女学校の頃から、デザインや絵を描く事が上手な女の子でした。真面目過ぎて融通が利かない所があり、筋の通らない事が嫌いな性格です。

女学校時代は、強い戦争肯定派の考えを持っていました。
実は子供の頃から身体が弱く、家族も君枝自身も、長く生きる事はできないのではないかと悩む程でした。

結婚と出産を経た後も体調を崩す事が多くありましたが、戦後にすみれと再会しその思いに触発され、共に会社を立ち上げる事になっていきます。

土村芳さんは、1990年12月11日生まれ、岩手県盛岡市出身の女優さんです。土村さんにはお姉さんがいらっしゃって、その方は、元アナウンサーの土村萌さんだそうです。

小学生の時には、そのお姉さんと一緒に岩手県の劇団に所属していたそうです。そして、小学生の時からずっと新体操もされていて、高校生の時にはインターハイにも出場されています。趣味は読書や海外ドラマ鑑賞がお好きだそうで、お休みの日は家の中で過ごす事が多いようです。

朝ドラ出演は、今回が初めてとなります。NHKドラマは「夢駆ける大地 私、牛を飼います~キャリア官僚の転身~」(2001年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・小野明美/谷村美月

%e8%b0%b7%e6%9d%9102
小野明美/おの あけみ(谷村美月/たにむら みつき)

坂東家の女中として勤めるマツの娘です。幼い時に父親を亡くしてからは貧しい母子家庭で育ち、つらい経験も多くしてきました。そういった境遇から、富裕層に対して妬みのような感情を持っています。

一人で必死に自分の事を育ててくれた母親に親孝行をしたいという思いがあり、仕事をしながら看護師の勉強をして資格を取得しました。他にも、英語を独学で勉強するなど、向上心の高い人物です。

神戸にある外国人村などでベビーナースとして働き、子育て法を教えていました。その後、戦争でベビーナースの仕事を失ってしまい、看護師として働きはじめます。

その後、すみれと自分の思いに通じるものを感じ、次第にすみれに協力するようになっていきます。

谷村美月さんは、1990年6月18日生まれ、大阪府堺市出身の女優さんです。小学2年生の頃から大阪の劇団に所属していて、写真モデルとしても活動されていたそうです。

その後、スカウトされた事を機に芸能界に入り、2002年下半期の朝ドラ「まんてん」で女優としてデビューしました。今回は実に14年ぶりの朝ドラ出演という事で、ご本人も楽しみのようです。

子供の頃から「モーニング娘。」の大ファンで、小学生の頃にはオーディションを受けた事もあるのだそうです。残念ながら合格はしませんでしたが、もしかすると、女優よりも先にアイドルになっていたのかも知れないのですね~。

朝ドラ出演は「まんてん」(2002年下半期)に出演。大河ドラマでは「八重の桜」(2013年)に出演。NHKドラマ近作は「本日は大安なり」(2012年)、「夜明けのララバイ」(2012年)、「さよなら私」(2014年)、「京都人の密かな愉しみ」(2015年)、「ガッタン ガッタン それでもゴー」(2015年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・高西悦子/滝裕可里

%e6%82%a6%e5%ad%90%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3
高西悦子/たかにし えつこ(滝裕可里/たき ゆかり)

すみれの女学校の同級生で、周りからは「悦子さま」と呼ばれクラスでも特別な存在です。でも、何故かすみれや良子・君江が始めた「手芸倶楽部」を意識した言動に走ります。

終戦後、すみれと出会いキアリスに参加します。お店の接客マナーやその美貌でキアリスのお店を盛り立ててゆくことになります。さらに、取引先の大手百貨店の社長夫人になるようです・・・

滝裕可里さんは、1987年10月14日生まれ、大阪府大阪市出身の女優さんです。小学生の頃から、ボーカルやダンスを習うスクールでレッスンをしていたそうです。

その後、13歳の時にスカウトされ、2001年の映画で女優としてデビュー、主演を務めました。また、同時期にファッションモデルとしても活動を始め、少女向けファッション誌「ラブベリー」で創刊から専属モデルを務め、一躍人気者に。その後も、数多くの映画やドラマ、CMに出演されています。

特技は水泳やフィギュアスケート、そして着付けだそうです。趣味は大好きなイルカのグッズを集める事で、水族館も好きだそうです。

朝ドラ出演は「てるてる家族」(2003年下半期)、「瞳」(2008年上半期)に出演。NHKドラマは「御宿かわせみ~第二章~」(2004年)、「ご縁ハンター」(2013年)、「花咲くあした」(2014年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>
物語はこちらから>>

べっぴんさんキャスト相関図・結婚相手の方々

べっぴんさんキャスト・田中紀夫/永山絢斗

%e6%b0%b8%e5%b1%b1
田中紀夫/たなか のりお(永山絢斗/ながやま けんと)

すみれの夫。すみれとは幼馴染み、その後、大人になりすみれと結婚。婿養子として坂東家に入り、同時に坂東営業部へ入社します。物静かで口数が少なく、考えている事が周りに伝わりにくいタイプです。ですが、すみれや家族の事を愛していて、本当は心の優しい人物のようです。

やがてキアリスに入社し、社長としてすみれ達を陰で支えながら、キアリスの黄金期を作ってゆくことになります・・・

永山絢斗さんは、1989年3月7日生まれ、東京都出身の俳優さんです。2007年に、ドラマに出演し俳優としてデビューしました。その後、2010年には、映画で初主演を務め、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞されています。

永山さんのお兄さんは、同じく俳優として活躍されている瑛太さんというのも有名ですね。俳優を志したのも、瑛太さんの影響が少なからずあったようです。瑛太さんは弟である絢斗さんの事が可愛くて仕方が無いようで、普段からとても仲の良い兄弟なのだそうです。

趣味は読書や音楽鑑賞、そしてバイクだそうです。プラモデルもお好きなようですね。特技は、なんとシャツのアイロン掛けなのだとか。女子力が高いですね!
永山さんは、今回が2度目の朝ドラ出演となります。まだお若いですが、演技力に定評がある永山さん。ヒロインの夫役という事で、楽しみですね。

朝ドラ出演は「おひさま」(2011年上半期)に出演。NHKドラマは「大阪ラブ&ソウル」(2010年)、「歩く、歩く、歩く~四国 遍路道~」(2013年)、「ただいま母さん」(2013年)、「ガラスの家」(2013年)、「聖女」(2014年)、「64(ロクヨン)」(2015年)、「一路」(2015年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・村田昭一/平岡祐太

%e5%b9%b3%e5%b2%a1
村田昭一/むらた しょういち(平岡祐太/ひらおか ゆうた)

すみれの友人・君枝の夫です。君枝とは思い掛けない運命的な出会いをし、そこから恋愛に発展、結婚します。銀行に勤めていて、結婚後は長男・健太郎が生まれ幸せな日々を送りますが、戦争で戦地へ行く事になってしまいます。

終戦後、無事帰国できた昭一は、自ら銀行員として働く傍ら、キアリスの経理を手伝い長年にわたって妻たちを支えます・・・

平岡祐太さんは、1984年9月1日生まれ、広島県広島市出身の俳優さんです。2002年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で見事グランプリを受賞し、翌年のドラマで俳優としてデビューしました。

そんな平岡さんですが、実は、元々はミュージシャン志望で上京したそうです。その後、2004年の映画「スウィングガールズ」での演技が評価され、新人俳優賞を受賞しています。それ以来、数多くのドラマや映画に出演されています。

趣味は映画鑑賞や音楽鑑賞で、特技は作曲やギター、ピアノ、そしてサッカーなのだそうです。中学生から高校生の頃には、地元である広島のサッカーチームにも所属していたそうです。

そして、音楽が好きという事で、同じ事務所に所属しているミュージシャンの方と仲が良いようです。また、自宅ではウーパールーパーを飼っているそうですよ。

朝ドラ出演は、今回の「べっぴんさん」が初出演となります。大河ドラマは「龍馬伝」(2010年)に出演。NHKドラマは「咲くやこの花」(2010年)、「ヤアになる日~鳥羽・答志島パラダイス~」(2012年)、「あさきゆめみし~八百屋お七異聞」(2013年)、「タイムスパイラル」(2014年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・小澤勝二/田中要次

%e5%8b%9d%e4%ba%8c%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3
小澤勝二/おざわ かつじ(田中要次/たなか ようじ)

すみれの友人である、良子の夫です。良子とはお見合い結婚ですが、歳が大きく離れている事を気にしていていつも遠慮しているようです。結婚後は長男・龍一が生まれますが、生後間もない息子達を残し戦地へ行く事になってしまいます。

終戦後、帰国した勝二は昭一や紀夫たちとキアリスの経理や、雑務を手伝い「男会」を結成。長期に渡り妻たちを支援します。

やがて、定年を迎え「喫茶店」を始めます。

田中要次さんは、1963年8月8日生まれ、長野県木曽町出身の俳優さんです。高校は林業科を卒業、俳優になる前には国鉄長野鉄道管理局、そしてJR東海に勤めていたという、異色の経歴をお持ちの俳優さんです。

2001年に出演したドラマ「HERO」で謎のバーテンダーを演じ、その時の「あるよ!」のセリフが人気となりましたよね。また、NHKのバラエティ番組「サラリーマンNEO」でのコントも人気となりました。

社会人経験が長く、芸能界でも遅咲きと言われる田中さんですが、今ではすっかり存在感のある人気俳優さんとなっています。強面ながらチャーミングな人柄も有名で、数多くのドラマや映画、バラエティ番組に引っ張りだこの田中さんです。さらに、2003年には映画監督としてデビューもされています。

朝ドラ出演は「すずらん」(1999年上半期)、「ゲゲゲの女房」(2010年上半期)、「梅ちゃん先生」(2012年上半期)、「純と愛」(2012年下半期)、「あまちゃん」(2013年上半期)に出演。大河ドラマは「元禄繚乱」(1999年)、「花燃ゆ」(2015年)に出演。NHKドラマ近作は「実験刑事トトリ」(2012年)、「お父さんは二度死ぬ」(2013年)、「木曽オリオン」(2014年)、「聖女」(2014年)、「園山俊二と「国境の二人」」(2015年)、「シリーズ・江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎 心理試験」(2016年)、「恋の三陸 列車コンで行こう!」(2016年)、「ふれなばおちん」(2016年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>
物語はこちらから>>

べっぴんさんキャスト相関図・身内・友人の方々

べっぴんさんキャスト・田中五郎/堀内正美

%e4%ba%94%e9%83%8e%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3
田中五郎/たなか ごろう(堀内正美/ほりうち まさみ)

すみれの夫、田中紀夫の父親として登場します。

堀内正美さんは、1950年3月22日生まれ、東京都出身の俳優さんです。元々は俳優ではなく舞台演出を志していたそうですが、学生時代にスカウトされ、1973年にドラマに出演、俳優としてデビューしました。その後、時代劇などを中心に多くの作品に出演されています。

また、堀内さんは社会貢献活動にも尽力している方で、NPO法人の理事を務めていらっしゃいます。現在も精力的に全国各地での講演活動を行っているそうです。

朝ドラ出演は「鳩子の海」(1974~1975年)、「純と愛」(2012年下半期)に出演。大河ドラマは「峠の群像」(1982年)、「徳川家康」(1983年)、「信長 KING OF ZIPANGU」(1992年)、「八代将軍吉宗」(1995年)、「徳川慶喜」(1998年)、「元禄繚乱」(1999年)、「軍師官兵衛」(2014年)に出演。NHKドラマ近作は「大岡越前」(2013年)、「未解決事件」(2013年)、「青山ワンセグ開発「3つの告白」」(2013年)、「芙蓉の人~富士山頂の妻」(2014年)、「二十歳と一匹」(2015年)、「ボクの妻と結婚してください。」(2015年)、「昔話法廷『「白雪姫」裁判』」(2015年)、「経世済民の男・高橋是清」(2015年)、「子連れ信兵衛」(2015年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・村田琴子/いしのようこ

%e3%81%84%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%93
村田琴子/むらたことこ(いしのようこ)

すみれの親友・君江の夫、村田正一の母親役で登場します。

いしのようこさんは、1968年2月20日生まれ、兵庫県芦屋市出身の女優さんです。
1985年に、アイドル歌手としてデビューしました。その後、ドラマやバラエティ番組に出演し、一躍人気者となります。「志村けんのだいじょうぶだぁ」でのようこちゃんを観て育った、という方も多いのではないでしょうか?さらに、Vシネマ「ミナミの帝王」シリーズでも有名ですね。

趣味は、意外にも日曜大工だとか。特技はフィギュアスケートで、乗馬やゴルフもお好きだそうです。

朝ドラ出演は「和っこの金メダル」(1989年下半期)、「てるてる家族」(2003年下半期)に出演。NHKドラマは「FLY 航空学園グラフィティ」(2000年)、「ジイジ~孫といた夏」(2004年)、「ジイジ2~孫といた夏」(2005年)、「わたしが子どもだったころ・大林素子編」(2010年)、「銀二貫」(2014年)、「鴨川食堂」(2016年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・岩佐栄輔/松下優也

%e6%a0%84%e8%bc%9402%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3
岩佐栄輔/いわさ えいすけ(松下優也/まつした ゆうや)

野上潔の親友で、潔と一緒にすみれ達を支援します。やがて、すみれに恋心を抱きますが、すみれの夫・紀夫が戦地から帰ってくると、周囲に黙って姿を消すのでした。

そして、10数年後、オドロキの再登場をするのでした・・・

松下優也さんは、1990年5月24日生まれ、兵庫県西宮市出身の歌手であり俳優さんです。2008年に歌手デビューし、2009年からは俳優業も始めています。

松下さんは、アーティストとして、マイケル・ジャクソンのトリビュートライブに最年少で出演という、華々しい経歴をお持ちです。また、2016年のミュージカル「花より男子」では、ヒロインの相手役・道明寺司を演じました。

そんな松下さんですが、小学生の頃はサッカー少年だったそうです。その後、中学生の時にソウルミュージックに惹かれ、なんと、一人でニューヨークへ行ったそうです。

帰国した松下さんは、どうしても歌の道に進みたいと親御さんを説得し、高校へは進学せずに音楽の勉強をしたのだそうです。

趣味は映画鑑賞で、ファッションもお好きだそうです。また、カレーライスが好きで、特にお母様のカレーライスが大好物なのだとか。

NHKでのドラマ出演は、今回の「べっぴんさん」が初めてとなります。

⇒キャスト一覧に戻る>>
物語はこちらから>>

べっぴんさんキャスト相関図・終戦直後に出会う人たち

べっぴんさんキャスト・服部綾子/前田千咲

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e7%b6%be%e5%ad%90
服部綾子/はっとりあやこ(前田千咲/まえだちさき)

綾子は、神戸の商店街のパン屋の娘です。麻田から話を聞き、すみれが作った雑貨を見に来てくれます。その時は金銭的な事情もあり購入には至りませんが、その後、様々な形ですみれ達に協力してくれるようになります。

前田千咲(まえだちさき)さんは、1995年3月30日生まれの女優さんです。
高校は、演劇や音楽も学ぶ事ができると言われる、りら創造芸術高校を卒業されています。卒業後、2013年から女優としての活動を開始。以降、ドラマや映画、舞台で活躍中の、今後が楽しみな若手女優さんです。

特技はスポーツで、運動は何でも万能なようです。そして、笑顔や変顔が得意だという可愛らしい一面もある方です。そして、趣味はジャズダンスや筋トレだそうです。体を動かす事がお好きなのですね。

ちなみに、サッカーのJリーグ・松本山雅で活躍されている前田大然(まえだだいぜん)選手は、千咲さんの弟さんなのだそうですよ。

NHKでは、朝ドラ「マッサン」(2014年下半期)に出演。
ドラマは「経世済民の男 第二部『小林一三』」(2015年)、「LIVE!LOVE!SING!~生きて愛して歌うこと~」(2015年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・岩波文/村崎真彩

humi56
岩波文/いわなみふみ(村崎真彩/むらさきまあや)

文は、神戸の商店街にある古本屋の娘です。「あさや靴店」で売り始めたすみれの小物に興味を示してくれ、すみれの手芸教室にも参加します。

そして、その後はすみれ達と深く関わっていく事になっていきます。商店街の仲良し主婦4人の中では、眼鏡がチャームポイントの女性です。

村崎真彩(むらさきまあや)さんは、1994年12月20日生まれ、大阪府出身の女優さんです。

9歳の時に、NHKのドラマ「恋する京都」で子役としてデビューし、翌年の朝ドラ「風のハルカ」ではヒロインの少女時代を演じました。また、NHKの教育番組「ストレッチマン」では、ストレッチマンキッズのオレンジとして出演されていました。

その後、「あさが来た」では、加野銀行に採用され初の女子行員となった高木ツルを演じました。ドラマや映画、舞台、CMなどに数多く出演されている若手の女優さんです。

特技はテニスや油絵で、趣味は映画や演劇の鑑賞、絵画、テニスだそうです。他にも、水泳や剣道もされていて、剣道は3級の腕前なのだそうですよ。

NHKでは、朝ドラ「風のハルカ」(2005年下半期)、「カーネーション」(2011年下半期)、「あさが来た」(2015年下半期)に出演。
ドラマは「恋する京都」(2004年)、「華岡青洲の妻」(2005年)、「チャレンジド」(2009年)、「チャレンジド~卒業~」(2011年)、「石坂線物語 『豆腐の味』」(2012年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・浮島時子/畦田ひとみ

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%99%82%e5%ad%90
浮島時子/うきしまときこ(畦田ひとみ/うねだひとみ)

時子は、神戸の商店街の時計屋「浮島時計店」の娘です。麻田に誘われ、すみれの雑貨を見に来てくれます。最初は購入には至りませんが、次第に常連さんとなってくれ、その後も様々な形ですみれ達を支えてくれます。

畦田ひとみ(うねだひとみ)さんは、1994年2月22日生まれ、大阪府出身の女優さんです。実は、幼い頃に子役さんとしてCMに出演されていますが、その後は目立った芸能活動はされていなかったようです。

その後、大手前大学のメディア芸術学部で演劇を学び、在学中から芸能活動を開始されています。

2012年には、およそ1800人の応募があったオーディションを受け、見事、京阪電気鉄道のイメージキャラクター「おけいはん」の5代目に選ばれています。

そして、朝ドラ「あさが来た」では加野屋の女中・ツタを演じ、この頃から知名度が全国区となりました。そして「あのツタ役の子が可愛い!」と大きな評判を呼びます。そんな畦田さんは、現在も関西地方を中心に活動されています。

特技は歌やトランペットで、中学~高校時代には吹奏楽部に所属していたそうです。そして、趣味はギターや笑う事で、お笑いが好きなのだそうです。なんと、ご自身もお笑い芸人になりたいと思っていた事があるそうです。

NHKでは、朝ドラは「あさが来た」(2015年下半期)に出演。
ドラマは「経世済民の男 第二部『小林一三』」(2015年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・二鳥千代子/安部洋花

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e5%8d%83%e4%bb%a3%e5%ad%90
二鳥千代子/にとりちよこ(安部洋花/あべひろか)

千代子は、神戸の商店街にある家具屋の娘です。すみれが「あさや靴店」で売り始めた手作りの小物を気に入ってくれますが、どれも贅沢品の為、購入には至りません。しかし、すみれが開く手芸教室に参加したりします。その後も、すみれ達が開く店とも深く関わっていく事になります。

安部洋花(あべひろか)さんは、1994年9月14日生まれ、大阪府出身の女優さんです。小学生の頃から子役さんとして活動されていて、NHKの朝ドラ「芋たこなんきん」にも出演されています。

そして「ごちそうさん」では室井幸斎と桜子の娘・文女(あやめ)の成長した姿を演じました。

その後も、ドラマや映画、舞台を中心に幅広く活躍されています。特技は日本舞踊、そして詩吟なのだとか。お若いのに古風な特技で、とても素敵ですね!

NHKでは、朝ドラは「芋たこなんきん」(2006年下半期)、「ごちそうさん」(2013年下半期)、「マッサン」(2014年下半期)、「あさが来た」(2015年)に出演。ドラマは「ちかえもん」(2016年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・ジョン・マクレガー/ドン・ジョンソン

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3
ジョン・マクレガー(ドン・ジョンソン)

新聞社の通訳として日本で働く男性で、今後のすみれ達に大きく関わってくるアメリカ人女性・エイミーの夫です。「あさや靴店」ですみれと出会い、すみれが作った小物を購入するお客第1号となってくれます。

ドン・ジョンソンさんは、日本で長く活動されている俳優さんです。
大河ドラマ「八重の桜」では宣教師のゴードンを演じました。他にもドラマや映画に出演されていて、「ショムニ」や「テルマエロマエ」、「沈まぬ太陽」などに出演。他にも、再現VTRなどにも数多く出演されています。

ちなみに、アメリカで有名な俳優さんで同姓同名の方がいらっしゃいますが、その方とは別人です。

NHKでは、大河ドラマ「八重の桜」(2013年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・エイミー/シャーロット・ケイト・フォックス

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%82%a8%e3%83%9f%e3%83%aa%e3%83%bc
エイミー・マクレガー(シャーロット・ケイト・フォックス)

新聞社で通訳として働くジョン・マクレガーの妻で、アメリカ人です。すみれとは、エイミーが妊娠中に出会います。出産後は、娘のベビードレスの作成をすみれに依頼します。このエイミーの依頼が、すみれ達が「ベビーショップ・あさや」を始めるきっかけへと繋がっていきます。

シャーロット・ケイト・フォックスさんは、1985年8月14日生まれ、アメリカ・ニューメキシコ州出身の女優さんです。現在は、ノースカロライナ州に住んでいらっしゃるそうです。

アメリカのサンタフェ芸術大学の演劇ダンス専攻で、学士を取得。さらに、ノーザンイリノイ大学では演劇専攻の修士を取得しています。

その後、演劇スクールで演技やダンスを勉強し、アメリカの舞台や映画を中心に女優として活躍されていました。

日本では、朝ドラ「マッサン」でヒロイン・エリーを演じ、外国の女優さんで初めて朝ドラヒロインを務めた事もあり、一躍有名になりましたね。共演した俳優さんやドラマのスタッフさんからは「シャロやん」と可愛く呼ばれていたそうですよ。

また、ドラマの劇中歌「ゴンドラの唄」で歌手としてもデビューを果たしました。
その後も日本のドラマや舞台に出演し、アメリカではブロードウェイの「CHICAGO」の主演も果たしました。

そして今回、「マッサン」から約2年の時を経て、朝ドラに帰ってきました。実は、日本の食べ物ではギョーザやフカヒレが大好きなのだそうですよ。

NHKでは、朝ドラは「マッサン」(2014年下半期)に出演。
ドラマでは「京都人の密かな愉しみ」(2015年、2016年)に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・根本(闇市の元締)/団時朗

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e6%a0%b9%e6%9c%ac
根本/ねもと(団時朗/だんじろう)

大阪・梅田の闇市を取り仕切る人物で、いつも子分の玉井達を従えています。闇市で商売をする人達から場所代を取り上げ、自分達の懐を肥やしています。しかし、すみれの父・五十八から闇市を変える事の大切さを諭され、そこから変わっていきます。

団時朗(だんじろう)さんは、1949年1月30日生まれ、京都府京都市出身の俳優さんです。お父様がイギリス系アメリカ人、お母様が日本人で、団さんはハーフなのだそうです。

彫りの深いお顔立ちで男前ですよね。昔も今も、イケメンと言われ続けています。
1966年、団さんのお母様が大映の三隅研次監督と知り合いだったそうで、高校在学中に、勝新太郎さん主演の映画「酔いどれ博士」に出演。

その後、高校卒業後に上京し、ファッションが好きだった事もありファッションモデルになります。前田美波里さんと共演した資生堂のサンオイルや、資生堂の男性向け化粧品のCMに出演した事で、すぐに知名度が上がりました。

その後はモデルとして活動後、1970年に本格的に俳優としての活動を開始されました。特撮番組「帰ってきたウルトラマン」でウルトラマンジャックを演じ、一躍人気者となります。

幅広い役柄を演じる演技力に定評があり、現在もドラマや映画、舞台と幅広く活躍されています。また、歌手としても活動されています。

プライベートでは、かなりの酒豪として知られているようですよ。

NHKでは、朝ドラは「カーネーション」(2011年下半期)に出演。
大河ドラマは「龍馬伝/2010年」、「軍師官兵衛/2014年」に出演。

ドラマは「新宿鮫 毒猿/1997年」、「帰ってきたロッカーのハナコさん/2003年」、「浪花の華~緒方洪庵事件帳~/2009年」、「白洲次郎/2009年」、「TAROの塔/2011年」、「銀二貫/2014年」、「京都人の密かな愉しみ/2015年」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・玉井(根本の子分)/土平ドンペイ

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e7%8e%89%e4%ba%95
玉井/たまい(土平ドンペイ/つちひらどんぺい)

大阪・梅田の闇市を取り仕切っている根本の子分です。闇市で働く人達、またゆりや潔に対して場所代を請求するチンピラです。

親分・根本と縁を切って以来姿を軽ていましたが、意外な形で再登場を果たします・・・

土平ドンペイ(つちひらどんぺい)さんは、1966年7月10日生まれ、大阪府出身の俳優さんです。
高校在学中に東映俳優養成所のポスターを見かけ、そこから休日になると東映の京都撮影所に通い発声法や殺陣の勉強をしたそうです。

高校卒業後は就職しましたが、25歳の頃から芸能の仕事がしたいと一念発起。エキストラからスタートしました。苦労を経て、大河ドラマ「功名が辻」に出演された頃から役者一本でやっていけるようになったそうです。

Vシネマにも多数出演されていて、“作品中で最も多く死んだ男”と言われる程だそうです。インパクトのある強面とその圧倒的な存在感で、現在では名脇役として大活躍。ドラマや映画を中心に、数多くの作品に出演されています。

特技は野球やカヌー、読経だそうです。カヌーでは、国体への出場経験もあるそうですよ。しかし、読経とはまた以外な特技ですね。趣味はエアロビクス、そして散髪だそうです。また、テニスのインストラクター資格をお持ちという、何とも多彩な方です。

NHKでは、朝ドラは「瞳/2008年上半期」、「カーネーション/2011年下半期」、「純と愛/2012年下半期」、「花子とアン/2014年上半期」に出演。
大河ドラマは「功名が辻/2006年」、「龍馬伝/2010年」、「平清盛/2012年」、「軍師官兵衛/2014年」、「花燃ゆ/2015年」に出演。

ドラマは「ゴーストフレンズ/2009年」、「再生の町/2009年」、「まいど238号/2010年」、「大阪ラブ&ソウル/2010年」、「坂の上の雲 第3部/2011年」、「猿飛三世/2012年」、「夫婦善哉/2013年」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・麗子/いちえ

%e9%ba%97%e5%ad%90%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3
麗子/れいこ(いちえ)

すみれ達が始めた「ベビーショップあさや」が開店した日に来店してくれるお客様です。すぐに商品の質の良さに惚れ、姪の為にと赤ちゃんの肌着を何枚も購入してくれます。
派手な服装に濃い化粧が印象的な女性です。その上アメリカ兵を連れて来店した為、すみれを始め多くの女性達をどぎまぎさせます。
その後も何度も来店してくれますが、後に、すみれ達も知るある人物と仲が良い事が判明します。

いちえさんは、1993年8月10日生まれ、大阪府出身の女優さんです。
4歳の頃から、アカデミー児童劇団に10年程所属されていたそうです。「曽根崎心中」や「オデッセイ」といった数多くの舞台に出演されていて、「奇跡の人」ではヘレン・ケラーを演じました。主に関西地方を中心に活動されているようです。

特技は、サックスの演奏だそうですよ。かっこいいですね~。趣味は歌や音楽鑑賞で、特にジャズがお好きなのだとか。そして、写真撮影も好きなんだそうです。

麗子はとても派手な女性ですが、いちえさんご自身の素顔はとてもあどけなく、可愛らしい印象ですね。これからの更なる活躍に期待したい若手女優さんです。

NHKでは、ドラマは「経世済民の男 小林一三(2015年)」に出演されています。
朝ドラは今回が初めての出演となります。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・美幸/松田苺

miyuki31
美幸/みゆき(松田苺/まつだいちご)

美幸は、すみれ達の店「ベビーショップあさや」のショーウィンドウに飾っていたワンピースを気に入ってくれる女の子です。美幸の両親はすでに他界し、祖父・光太郎に育てられています。
もうすぐ小学校に入学するという美幸の為、すみれはそのワンピースをプレゼントしますが・・・。

松田苺(まつだいちご)ちゃんは、2007年3月24日生まれの子役さんです。2013年頃から大阪の芸能事務所に所属し、子役さんとして現在も関西を中心に活動されています。

まだあどけない苺ちゃんですが、ドラマやCMにも多数出演し、着実にキャリアを重ねています。中でも、時代劇作品への出演が多い子役さんのようですね。

プライベートでは、なんと9歳にしてチアリーディングをもう4年も続けているそうですよ。そして、水泳も得意なんだそうです。

NHKドラマは「経世済民の男 小林一三(2015年)」、「ぼんくら(2014年)」、「ぼんくら2(2015年)」、「子連れ信兵衛(2015年)」、「子連れ信兵衛2(2016年)」、「伝七捕物帳(2016年)」、「立花登青春手控え(2016年)」、「大岡越前3(2016年)」に出演。
映画は「超高速!参勤交代リターンズ(2016年)」に出演されています。
朝ドラは、今回が初出演となります。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・中山照之/井上拓哉

nakayama36
中山照之(なかやまてるゆき)/(井上拓哉/いのうえたくや)

戦地ですみれの夫・紀夫と知り合ったという青年です。戦時中に紀夫から裁縫道具を借りていた為、それを返しに坂東家を訪ねたのだといいます。ですが、中山にも紀夫の安否は分からないようです・・・。

井上拓哉(いのうえたくや)さんは、1995年11月7日生まれ、兵庫県出身の俳優さんです。所属している芸能事務所の中の俳優さん達で結成された「劇団Patch」のメンバーとして、主に関西地方を中心に、舞台やテレビなどで活躍されています。

2016年には、週刊少年ジャンプで連載されている漫画を舞台化した「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」で主演を務め、人気を博しました。

また、昨年の朝ドラ「あさが来た」では、千代ちゃんの夫となる東柳啓介氏の友人・村田清二を演じていましたね。

そんな井上さんの趣味は、野球やテニスだそうで、時計を集める事にも凝っているようですよ。そして、特技はバスケットボールだそうで、小学2年生から高校生の頃まで続けていたそうです。色々なスポーツがお好きなのですね。

NHKでは、朝ドラは「あさが来た(2015年下半期)」に出演。
映画は、「僕は友達が少ない(2014年)」、「ラブラブROUTE21(2014年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>
物語はこちらから>>

べっぴんさんキャスト相関図・坂東営業部の社員

べっぴんさんキャスト・長谷川/木内義一

hasegawa
長谷川/はせがわ(木内義一/きうちよしかず)

長谷川は、戦前、「坂東営業部」に勤務していた社員です。戦争で召集されていましたが、無事に復員。戦後、潔達が「坂東営業部」を復活させる為に動いていると知り、元社員たちと一緒に手伝いたいと言い、集まってくれます。

木内義一(きうちよしかず)さんは、1973年10月28日生まれ、大阪府大阪市出身の俳優さんです。2008年からは劇団「テノヒラサイズ」に所属されていて、関西地方の舞台を中心に活動されています。

そんな木内さんは、テレビドラマでの露出は少ない俳優さんですが、実はNHK大阪放送局が制作した朝ドラには何度も出演されています。俳優・宝田明さんの付き人として働いていた時期もあり、また、その宝田さんとは朝ドラ「カーネーション」で共演もされていました。

昨年の朝ドラ「あさが来た」では、ヒロインの夫・新次郎の兄・正太郎を演じていましたね。NHK大阪制作の朝ドラでは、もはや欠かせない名脇役となっています。
木内さんのチャームポイントは、何と言っても良い声なのだそうです。そして、特技はダンスで、舞台でもキレの良いダンスと殺陣で存在感を放つ俳優さんとして知られているそうです。ちなみに、趣味はゴルフだそうですよ。

朝ドラは「カーネーション(2011年下半期)」、「純と愛(2012年下半期)」、「純と愛 スペシャル(2013年)」、「マッサン(2014年下半期)」、「あさが来た(2015年下半期)」に出演。
NHKドラマは「フェイク 京都美術事件絵巻(2011年)」、「高橋留美子劇場 第1章 赤い花束(2012年)」、「タイトロープの女(2012年)」、「夫婦善哉(2013年)」、「経世済民の男 小林一三(2015年)」、「わたしをみつけて(2015年)」、「京都人の密かな愉しみ 夏 真名井の女(2015年)」、「ちかえもん(2016年)」に出演。
映画は「柘榴坂の仇討(2014年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・秋山/小堀正博

akiyama
秋山/あきやま(小堀正博/こぼりまさひろ)

秋山は、戦前、五十八が現役だった頃の「坂東営業部」の社員です。召集されていましたが、戦後、無事に復員します。その後、潔が「坂東営業部」を復活させようと頑張っていると知り、長谷川と共に働きたいと訪ねて来てくれます。

小堀正博(こぼりまさひろ)さんは、1988年6月19日生まれ、兵庫県出身の俳優さんです。大学は、関西学院大学の法学部を卒業されています。

朝ドラ「マッサン」では、鴨居商店で研修する学生・青山役で注目されました。特に、女性からの評判が高かったようですね~。また「ごちそうさん」では、ヒロインの夫・悠太郎の父・正蔵の若い頃を演じました。小堀さんは、NHK大阪放送局が制作する朝ドラには多く出演されています。

特技はけん玉と模写で、趣味はスポーツ全般とドライブだそうです。特技と趣味が全くの別ジャンルで、興味深い印象ですね。

そして、憧れの俳優さんは山田孝之さんなのだそうです。確かに、山田さんはどんな役柄も見事にこなす魅力的な俳優さんですね。好きな言葉は“努力は裏切らない”だそうです。お若いのに、しっかりしていますね~。

朝ドラは「だんだん(2008年下半期)」「ウェルかめ(2009年下半期)」「カーネーション(2011年下半期)」「純と愛(2012年下半期)」「ごちそうさん(2013年下半期)」「マッサン(2014年下半期)」に出演。

NHKドラマ近作は「妻は、くノ一(2014年)」「一路(2015年)」「経世済民の男~小林一三~(2015年)」「ちかえもん(2016年)」に出演。
映画の近作は「僕は友達が少ない(2014年)」「太秦ライムライト(2014年)」「日本の一番長い日(2015年)」「DEATH NOTE 2016(2016年)」「東の狼(2016)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・笹井/中村凜太郎

sasai
笹井/ささい(中村凜太郎/なかむらりんたろう)

笹井は、戦前、五十八が立ち上げて成功した「坂東営業部」に勤務していた元社員です。戦争で召集されましたが、戦後には無事に復員します。その後、潔が「坂東営業部」を再興させようとしている事を聞き、長谷川、秋山と共に再び力になりたいと言って集まってくれます。

中村凜太郎(なかむらりんたろう)さんは、1996年7月14日生まれ、兵庫県出身の俳優さんです。ドラマにはいくつか出演されていて、NHKのドラマにも出演されていますが、俳優さんとしての活動はまだそれほど多くはないようです。

特技はバスケットボールだそうです。スポーツが趣味で、他にも読書や散歩もお好きだそうです。
まだまだ若手俳優で初々しい中村さん、「べっぴんさん」での演技、そして今後の活躍が楽しみですね。

朝ドラは、今回が初出演となります。
NHKドラマは「ジャッジ~離島の判事補奮戦記~(2007年)」「大仏開眼(2010年)」「夫婦善哉(2013年)」に出演。
映画は「YOSHIMOTO DIRECTOR’S100 大きな桜の木の下で(2008年)」「いけちゃんとぼく(2009年)」「オカンの嫁入り(2010年)」「合葬(2015年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>
物語はこちらから>>

べっぴんさんキャスト相関図・キアリス初期関係者

べっぴんさんキャスト・大島保/伊武雅刀

%e4%bc%8a%e6%ad%a6%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3
大島保/おおしまたもつ(伊武雅刀/いぶまさとう)

大阪にある「大急百貨店」の社長です。すみれ達が作る「キアリス」の商品を気に入り、百貨店で取り扱いたいと言ってくれます。実は、すみれの父・五十八の会社「坂東営業部」とは戦前から取引があり、「坂東営業部」の商品を高く評価していた経緯があります。

伊武雅刀(いぶまさとう)さんは、1949年3月28日生まれ、東京都出身の俳優さんです。伊武さんは、言わずと知れた大物俳優さんですよね。

芸能界に入る前から映画スターに憧れていたそうで、愛知県名古屋市の高校在学中に、当時NHKで放送されていた「高校生時代(後の中学生日記)」のオーディションに応募。見事合格し、出演を果たしました。

そして、この事をきっかけに俳優になる為に高校を中退し、東京の劇団に入団したそうです。その後、およそ1年で退団し、劇団仲間と共に新しい劇団を立ち上げました。

下積み時代を経て、ラジオパーソナリティーのオーディションに合格。その後、数々のラジオ番組やCMに出演されました。

76年にはコメディ・ユニット「スネークマンショー」を、ラジオ番組や舞台活動でスタート。その後、YMOとのコラボレーションアルバムを発売し、10代からも注目を集めることになります。

後に、アニメ「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」のデスラー総統役を演じ、声優としても知られるようになります。その後、俳優として活躍され、幅広い役柄を演じる名俳優として知られています。また、2002年から2009年まで、ラジオ番組「ジェットストリーム」の4代目パーソナリティーも担当され、番組は人気となりました。

現在も、ドラマや映画を中心に俳優として、さらにナレーターとしても活躍されています。

朝ドラは「ひらり(1992年下半期)」「だんだん(2008年下半期)」に出演。大河ドラマは「いのち(1986年)」「春日局(1989年)」「秀吉(1996年)」「徳川慶喜(1998年)」「風林火山(2007年)」「軍師官兵衛(2014年)」に出演。

NHKドラマ近作は「雲霧仁左衛門(2013年)」「太陽の罠(2013年)」「おふこうさん(2014年)」「走れ、三輪トラック(2015年)」「かぶき者慶次(2015年)」「忠臣蔵の恋四十八人目の忠臣(2016年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・いつ子/前田美波里

beppinsan_bibari_main
いつ子(前田美波里/まえだびばり)

いつ子は、潔とゆりが開いた「坂東営業部」のブランド・オライオンのファッションショーに来場し、そこで配布した「キアリス」のショップカードを頼りに店を訪ねてくれる婦人です。

「キアリス」の商品の品質を気に入ってくれ、孫へのプレゼントにとシャツを購入してくれます。
実はこの女性、なんと大急百貨店の社長・大島氏の奥様だったのです。

前田美波里(まえだびばり)さんは、1948年8月8日生まれ、神奈川県鎌倉市出身の女優さんです。前田さんは、お父様がアメリカ人、お母様が日本人のハーフなのだそうです。

小学4年生の時にクラシックバレエを習い始め、その後、将来はバレリーナになりたいと、東京でバレエの勉強をする為に上京。高校生の時に芸能事務所に入り、バレエ団にも通ったそうです。

1963年には、専門学校・文化学院に在学中に、東宝が主催した“ミス・ノー・ストリング”で優勝。東宝現代劇の8期生として入団し、ミュージカル「ノーストリングス」に出演されました。

1966年には、資生堂の化粧品のキャンペーンガールに起用され、大人気となりました。その後、1971年からはNHKの音楽番組「ステージ101」の司会を、元・夫のマイク真木氏と共に務めました。

その後は、「風と共に去りぬ」や「レ・ミゼラブル」など、数々の舞台に出演されました。また、2008年には、資生堂のブランド「エリクシール プリオール」のCMに出演。およそ40年ぶりの資生堂のCM出演となり、注目を集めました。

現在は、劇団四季や東宝の舞台を中心に、ドラマやCMなどでも活躍されています。また、大晦日のバラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!笑ってはいけないシリーズ」にも何度も出演されていましたね。

また、遠い親戚には、女優の冨士眞奈美さんや、同じく女優の岸惠子さんがいらっしゃるそうです。何とも華やかな親戚筋ですよね~。

朝ドラは、今回が初出演となります。
NHKドラマは「女神の恋(ナレーションでの出演)(2003年)」、「黒い十人の黒木瞳。(2012年)」、「かぶき者 慶次(2015年)」に出演されています。
映画近作は「マクダルのカンフーようちえん(2012年)」、「劇場版 ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL(2013年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・小山/夙川アトム

koyama000
小山/こやま(夙川アトム/しゅくがわあとむ)

小山は、関西の百貨店・大急百貨店の男性社員です。すみれ達の店「キアリス」が大急百貨店に出店する事になり、その際の担当者となってくれる人物です。
生真面目な性格で、百貨店勤務である事に大きな誇りを持っています。「うちは大急ですから。」が口癖(?)のようになっており、少々傲慢な印象の男性です。

やがて、小山は大急百貨店の社長となり、キアリスの「悦子さま」と結婚するのでした・・・

夙川アトム(しゅくがわあとむ)さんは、1979年12月22日生まれ、兵庫県西宮市出身の俳優さんです。元々は、お笑い芸人さんとして活躍されていて、俳優さんとして本格的な活動を始めたのは2012年からのようです。

1999年、コントユニット「シティボーイズ」に憧れ、お笑いトリオ「昭和サーカス」を結成し、活動開始。2003年にトリオを解散し、その後はピン芸人として活動されていました。

大きなサングラスに肩から掛けたセーター姿という、昭和のバブル期にいたテレビ業界人のような格好でネタをしていたのを覚えている方も多いのではないでしょうか?

2009年には、一人芸で一番面白い人物を決める「R-1ぐらんぷり」に出場。決勝まで進み、この事で一気に知名度を上げました。

その後、2012年からは俳優活動を開始し、同年にはフジテレビの月9ドラマに2クール連続での出演を果たしました。その後も、ドラマを中心に舞台や映画にも出演されています。そんな夙川さんですが、なんと映写技師として働いていた時期もあるのだそうです。

ちなみに“夙川”というのは芸名で、出身地である西宮に流れる川の名称と、阪急神戸線の夙川駅から取ったそうです。

NHKドラマは「昨夜のカレー、明日のパン(2014年)」「経世済民の男 小林一三(2015年)」「受験のシンデレラ(2016年)」に出演。
映画は「シティボーイズのFilm noir『俺の切腹』(2010年)」「はなくじらちち(2016年)」に出演されています。
朝ドラは、今回が初出演となります。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・足立武/中島広稀

takeshi_main
足立武/あだちたけし(中島広稀/なかじまひろき)

足立武は、潔の紹介で「キアリス」の従業員として住み込みで働く事になる青年です。真面目な性格で、すみれ達の事をいつも応援してくれます。ですが、どうやら明美に恋心を抱いているようで・・・。

明美との恋は実りませんでしたが、別の女性と結婚し、やがてキアリスの役員となって行きます・・・

中島広稀(なかじまひろき)さんは、1994年3月28日生まれ、群馬県出身の俳優さんです。

スカウトされた事をきっかけに、2008年、中学生の時から芸能活動を開始されました。俳優としては、2010年公開の映画「告白」での演技が注目されました。

その後、数々のドラマや映画に出演し、大河ドラマ「八重の桜」にも出演されています。そして、前作の朝ドラ「とと姉ちゃん」では、お竜さんと行動を共にする不良少年・銀太を演じていましたね。

現在も放送中のダイハツ「WAKE」のCMでは、玉山鉄二さんの弟役で出演中です。そんな中島さんの憧れの俳優さんは、山田孝之さんなのだそうです。幅の広い役を演じる山田さんが目標との事ですよ。

既に多くの作品に出演している中島さん、今後の活躍が楽しみな若手俳優さんですね。特技は、野球やサッカー、バスケットボールなど、球技がお好きだそうです。

朝ドラは「とと姉ちゃん(2016年上半期)」に出演。今回で2作目です。
大河ドラマは「八重の桜(2013年)」に出演。
NHKドラマは「一路(2015年)」、「夏目漱石の妻(2016年)」に出演。

映画は「星者が町にやってきた!?(2016年)」、「あやしい彼女(2016年)」、「お父さんと伊藤さん(2016年)」、「金メダル男(2016年)」、「平成・土佐の一本釣り(2016年12月に全国公開予定)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・順子/小林さり

jyunko
順子/じゅんこ(小林さり)

順子は、悦子、富士子とは女学校時代からの友達です。
いつも悦子の事を“悦子様”と呼んでいて彼女の影に隠れがちですが、実は、悦子にも劣らぬ美女でもあります。
キアリスが大急百貨店に出店する際、悦子や富士子と一緒に3人で接客販売を担当し、店頭に立ってくれます。

小林さり(こばやしさり)さんは、1991年4月26日生まれ、京都府出身の女優さんです。女優業以外にも幅広く活動されていて、2010年からは女性ファッション誌「JJ」の専属モデルとしても活躍、東京ガールズコレクションなどのファッションショーにも出演されています。

実は、元々は桐嵯梨(きりさり)さんというお名前で、アイドルとして活動されていました。

2009年、ミスマガジンのグランプリを獲得。そして、同年に第89回全国高等学校ラグビーフットボール大会のイメージキャラクターにも抜擢されました。
その後、関西地方の情報番組で、レギュラーやリポーターとして多くの番組に出演されています。

2010年の朝ドラ「ゲゲゲの女房」では、ヒロイン・布美枝の一番上の姉・暁子の若い頃を演じていました。

そんな小林さんですが、ホノルルマラソン、パリマラソンでは見事完走されたそうです。すごいですよね~。
特技は和太鼓や書道で、ウインドウショッピングもお好きなようです。

朝ドラは「ゲゲゲの女房(2010年上半期)」に出演。
映画は「グーグーだって猫である(2008年)」「SAMURAI SONG(2010年)」「いのちのコール 〜ミセスインガを知っていますか(2014年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・富士子/島居香奈

hujiko
富士子/ふじこ(島居香奈/しまずいかな)

富士子は、悦子、順子の女学校時代からの仲の良い友達です。いつも悦子の後ろで彼女を引き立てていますが、いずれ劣らずの美貌の持ち主です。
キアリスが大急百貨店に出店する事になり、悦子や順子と共に、百貨店の店頭での販売員として働いてくれます。悦子の事は、今でも女学校時代と変わらず“悦子様”と呼んでいるようです。

島居香奈(しまずいかな)さんは、1993年9月14日生まれ、広島県尾道市出身の女優さんです。現在、関西地方を中心にドラマや映画、舞台などで活躍されています。NHKの朝ドラの下半期作品には、今回の「べっぴんさん」以前にもいくつも出演されています。

また、よしもと祇園花月での舞台「茂造の決意!」や「茂造の美しき謎」といった、コメディ舞台にも出演経験があります。島居さんのお名前ですが、“しまい”ではなく“しまずい”とお読みするのですね。この機会に覚えておきたいですね~。

特技はバスケットボールやダンスで、中学生の時にはチアリーディングをしていたそうですよ。そして、ヘアメークも得意なのだそうです。

朝ドラは「カーネーション(2011年下半期)」「純と愛(2012年下半期)」「マッサン(2014年下半期)」に出演。
NHKドラマは「夫婦善哉(2013年)」「経世済民の男 小林一三(2015年)」「ぼんくら2(2015年)」「子連れ信兵衛(2015年)」「鴨川食堂(2016年)」「ちかえもん(2016年)」に出演。
映画は「少女たちの羅針盤(2011年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>
物語はこちらから>>

べっぴんさんキャスト相関図・十代の子供たち

べっぴんさんキャスト・坂東さくら/井頭愛海

sakura15
坂東さくら/ばんどうさくら(井頭愛海/いがしらまなみ)

さくらは15歳になりました。すみれと紀夫が仕事で多忙な為、家族の時間がなかなか取れず、年頃の少女に成長したさくらは寂しさをつのらせます。しかし優しい性格の為、そんな素振りを親には見せないように気を遣っているのでした。

そんな時に、ジャズ喫茶「ヨーソロー」でドラムを演奏する河合二郎と知り合い、淡い恋心を抱くようになっていきます。
15歳になったさくらは、1月11日から出演の予定です。

23週では、紆余曲折有りましたが、幼なじみの『健太郎』と結婚。キアリスのデザイナーとして自らも成長してゆきます。

井頭愛海(いがしらまなみ)ちゃんは、2001年3月15日生まれ16歳、大阪府出身のアイドルであり、女優さんです。

井頭さんは、あの有名な「全日本国民的美少女コンテスト」の第13回のファイナリストで、現在は、同コンテストのファイナリスト21人で結成されたアイドルユニット「X21(エックスにじゅういち)」のメンバーとして活躍されています。

昨年の12月には、シングルCD「鏡の中のパラレルガール」が発売されたばかり、
また、中高生向けのファッション誌「ラブベリー」では、モデルとしても活動中です。

そんな井頭さんは、2016年には、第88回選抜高等学校野球大会の応援イメージキャラクターにも抜擢されています。

今回、念願の朝ドラ出演が決まり、朝ドラが好きだというお母さんと一緒に跳びはねて喜んだそうですよ。また、母・すみれ役の芳根京子ちゃんとは、顔がそっくりだと評判のようです。二人の共演が楽しみですね~。

特技は、一輪車とクラシックバレエ、ピアノだそうです。

朝ドラは、今回が初出演となります。NHKドラマは「鴨川食堂(2016年)」に出演。他局のドラマは「ドラマスペシャル湊かなえサスペンス『望郷』三部作 雲の糸(2016年)」「世にも奇妙な物語‘16秋の特別編シンクロニシティ(2016年)」に出演。

映画は「おしん(2013年)」、「マイ・フレンドシップ・キルト(2015年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・村田健太郎/古川雄輝

kenntarou15
村田健太郎/むらたけんたろう(古川雄輝/ふるかわゆうき)

健太郎も15歳の高校生になり、学校の成績も良く、大人っぽい性格の少年に成長しました。実は、人知れず、幼馴染みであるさくらを女の子として意識するようになっています。

その為、二郎に恋心を抱き大人の世界に惹かれていくさくらの事を心配します。
15歳に成長した健太郎は、1月11日から出演予定です。

大学時代、さらに海外留学時代を通してずっとさくらへの思いを温めて来た健太郎は、さくらと一緒にきありすににゅうしゃし、結婚します。

そして、新時代のキアリスを模索しますが・・・

古川雄輝(ふるかわゆうき)さんは、1987年12月18日生まれ29歳、東京都出身の俳優さんです。7歳の頃からおよそ11年の間、カナダやアメリカといった海外に住んでいたんだそうです。

アメリカにある四年制の高等学校・慶應義塾ニューヨーク学院で勉強し、その後、帰国して慶應義塾大学の理工学部に進学しました。そして、そこで2009年にミスター慶応に選ばれたそうです。

その後、2010年にホリプロの新人発掘オーディションを受け、審査員特別賞を受賞。その事をきっかけに芸能界デビューとなりました。

2013年には、日本と中国で配信されたドラマ「イタズラなKiss~Love in TOKYO」で主演を務め、一躍注目されることとなりました。日本だけではなく中国での人気も非常に高く、中国では“男神(憧れの男性の意味)”と呼ばれているそうです。

そんな古川さんの憧れは俳優の渡辺謙さんで、国際派の役者さんを目指しているのだそうですよ。

特技はバスケットボールや麻雀、ブレイクダンスで、大学の頃はブレイクダンスのサークルの代表だったそうです。
実年齢29歳で15歳の健太郎君の役とは、驚きですね~。

朝ドラは今回が初出演となります。大河ドラマは「八重の桜(2013年)」に出演。NHKドラマは「ビターシュガー(2011年)」に出演。
映画は、近年は「まほろ駅前狂騒曲(2014年)」、「脳内ポイズンベリー(2015年)」、「ライチ☆光クラブ(2016年)」、「太陽(2016年)」、「L-エル- (2016年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・小澤龍一/森永悠希

ryuuiti16
小澤龍一/おざわりゅういち(森永悠希/もりながゆうき)

16歳になった龍一君は、幼馴染みのさくらや健太郎よりも一学年上です。その為、いつもお兄さんぶる所があるようです。新しいものや流行物が大好きな明るい男の子に成長し、ジャズ喫茶「ヨーソロー」にさくらや健太郎を連れて行きます。
16歳になった龍一は、1月12日から出演予定です。

やがて、大学生となった龍一は学校を辞め、自分探しの旅と称して世界を放浪します。帰国した龍一の見つけたものとは・・・

森永悠希(もりながゆうき)さんは、1996年6月29日生まれ20歳、大阪府出身の俳優さんです。4歳の頃からずっと子役さんとして活躍されていて、ドラマや映画、テレビCMなど、幅広く活躍されています。

子役時代には朝ドラ「芋たこなんきん」や「ウェルかめ」にも出演されていて、ここ数年は大河ドラマにも出演するなど、NHKのドラマに数多く出演されています。

2013年には、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」でバンドMUSH&Co.のドラマーを演じ、映画の中のそのままの役名でCDデビューもされています。この映画の役柄で初めてドラムに挑戦し、そこから、今では趣味になる程のドラム好きになったそうです。

森永君はまだ若い俳優さんですが、子役さんの頃から演技力には定評があります。さらにその容姿から、現在も「可愛い」と評判の俳優さんです。茶目っ気たっぷりの龍ちゃんを演じてくれそうですね。
特技はピアノで、趣味はドラムの演奏と音楽鑑賞、テニスだそうですよ。

朝ドラは「芋たこなんきん(2006年下半期)」、「ウェルかめ(2009年下半期)」に出演。大河ドラマは「平清盛(2012年)」、「花燃ゆ(2015年)」に出演。

NHKドラマは「パパ・トールド・ミー 大切な君へ(2003年)」、「われ、晩節を汚さず~新夫婦善哉~(2003年)」、「鞍馬天狗(2008年)」、「テンペスト(2011年)」に出演。

映画は、近年は「プリンセス・トヨトミ(2011年)」、「カノジョは嘘を愛しすぎてる(2013年)」「ライヴ(2014年)」「リュウグウノツカイ〜妊娠サークル〜(2014年)」「ちはやふる・上の句(2016年)」「ちはやふる・下の句(2016年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>
物語はこちらから>>

べっぴんさんキャスト相関図・ヨーソローの人たち

べっぴんさんキャスト・大村すず/江波杏子

suzu
大村すず/おおむらすず(江波杏子/えなみきょうこ)

大村はジャズ喫茶の店「ヨーソロー」の女性オーナーです。戦争で夫と息子を亡くし、店を切り盛りしながら必死に生きてきた女性です。

長年の店の経営経験から、二郎や五月の生き方が理解できないさくら達を優しく諭してくれる、人生の先輩です。1月12日から出演予定です。

江波杏子(えなみきょうこ)さんは、1942年10月15日生まれ、東京都渋谷区出身の女優さんです。江波さんのお母様は、戦前の時代に活躍された東宝の映画女優・江波和子さんです。

お母様は江波さんがまだ幼い頃に亡くなられたそうで、江波さんはそんな母親と同じ女優になりたいと思い、女優を志すようになったそうです。

1959年、16歳の時に大映に入り、翌年には映画「明日から大人だ」でデビュー。助演としてキャリアを積み、1966年には「女の賭場」で主演の代役を務め、注目されるようになりました。

その後は、映画「女賭博師」シリーズの“昇り竜のお銀”を演じ、大映の看板スターにまでなりました。日本人離れした目鼻立ちのくっきりした美人さんで、当時から人気女優さんだったようです。

その後は、映画だけではなくドラマや舞台などで幅広く活躍。ドラマ「大奥」や「ごくせん」といった人気作品にも数多く出演されました。そんな江波さんの曾祖父は、なんと、新選組の沖田総司を最後にかくまったとされている植木職人・柴田平五郎さんなのだそうですよ。

趣味は読書で、新聞を読む事も好きなのだそうです。そして、お酒が大好きだそうで、ブランデー一本を一晩で飲んでしまった事もあるそうです。イメージ通りにお酒が相当強いのですね。

朝ドラは「ちりとてちん(2007年下半期)」「カーネーション(2011年下半期)」に出演。大河ドラマは「元禄太平記(1975年)」「春の波涛(1985年)」に出演。

NHKドラマ近作は「塚原卜伝(2011年)」「いつか陽のあたる場所で(2013年)」「火怨・北の英雄 アテルイ伝(2013年)」「あなたに似た誰か(2013年)」「かぶき者 慶次(2015年)」「わたしのウチにはなんにもない。(2016年)」に出演。

映画の近作は「行きずりの街(2010年)」「相棒 -劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜(2010年)」「桜、ふたたびの加奈子(2013年)」「地獄でなぜ悪い(2013年)」「ぶどうのなみだ(2014年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・河合二郎/林遣都


河合二郎/かわいじろう(林遣都/はやしけんと)

二郎は、思春期に入ったさくらが思いを寄せる、19歳の青年です。仕事をしながら、いずれは東京でプロのドラマーとして成功する事を目指し、日々、ジャズ喫茶「ヨーソロー」で演奏の腕を磨いています。さくら達と知り合い、だんだんと心を開くようになっていきます。1月12日からの出演予定です。

林遣都(はやしけんと)さんは、1990年12月6日生まれ、滋賀県大津市出身の俳優さんです。お名前の“遣都”というのは芸名ではなく本名で「都で大きな事を成し遂げる人になって欲しい」という思いから、ご両親が付けたお名前なのだそうです。とても素敵なお名前ですよね。

そんな林さんは2005年から芸能活動をされているのですが、なんと、中学校の修学旅行中に渋谷駅でスカウトされたのだそうです。

2007年に映画「バッテリー」の主演で俳優デビュー。この時の演技が高く評価され、日本アカデミー賞をはじめ、いくつもの新人賞を受賞されました。

その後、数々の映画やドラマを中心に活躍されています。最近では、芥川賞受賞で話題になった、又吉直樹さんの小説「火花」の主演を林さんが務めました。

林さんはお肌が白くて綺麗な為、共演する女優さんも皆さん羨ましがる程だそうですよ。確かに、画面を通して観ていてもお肌がツルツルですよね。

特技は野球と書道で、現在は俳優仲間やスタッフさん達と草野球チームに入っているそうです。そして、趣味はドラムではなくギターだそうですよ。

朝ドラは、今回が初出演となります。
NHKドラマは「黒猫、ときどき花屋(2013年)」、「銀二貫(2014年)」「京都人の密かな愉しみ(2015年)」「その男、意識高い系。(2015年)」「経世済民の男 第一部・高橋是清(2015年)」「精霊の守り人(2016年)」「漱石悶々(2016年)」に出演。

映画の近作は、「悪の教典(2012年)」「僕だけがいない街(2016年)」「HiGH&LOW THE MOVIE (2016年)」「花芯(2016年)」「にがくてあまい(2016年)」「グッドモーニングショー(2016年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・山本五月/久保田紗友

satuki
山本五月/やまもとさつき(久保田紗友/くぼたさゆ)

五月は実年齢よりも大人っぽい印象の女の子で、高校には進学せず、ジャズ喫茶「ヨーソロー」でアルバイトをしています。さくらの1歳上の16歳で、さくらにとっては優しく頼れるお姉さん的な存在となります。1月12日からの出演予定です。

久保田紗友(くぼたさゆ)ちゃんは、2000年1月18日生まれ、北海道札幌市出身の女優さんです。

2008年から、地元の北海道で舞台やCMを中心に芸能活動をされていました。その後、2011年に、ソニー・ミュージックアーティスツが行った女優発掘の為のオーディションを受け、東京での活動を開始。

同事務所に所属する女優さんで結成されている「劇団ハーベスト」のメンバーにも選ばれ、現在も定期的に公演やイベントを行っています。そして、2013年にはドラマ「神様のイタズラ」の主演を務め、ドラマの主題歌も歌いました。その後、2015年に上京して本格的な芸能活動をスタートさせ、現在も頑張っています。

そんな久保田紗友さんは、北川景子さんに憧れて女優を目指すようになったそうで、今でも憧れの存在なのだそうです。そして、同じく女優の二階堂ふみさんも、憧れの存在なのだとか。

また、将来はどんな役柄でも演じられる女優さんが目標だそうで、日本だけではなく海外の映画作品などにも出演してみたいそうです。久保田紗友さんはまだ16歳ですが、容姿も大人っぽく、目標もしっかりしたものを持っているのですね。将来は、大物の女優さんになりそうな予感がします。

特技は料理やダンス、そしてものまねだそうです。ものまねというのは意外な感じがしますよね。一体どんなものまねをするのでしょうか?是非見てみたいものです。そして、趣味は音楽鑑賞とDVD鑑賞だそうです。

朝ドラは、今回が初出演となります。
NHKドラマは「三人のクボタサユ(2013年)」「被爆70年特集ドラマ・赤レンガ(2015年)」「インディゴの恋人(2016年)」「喧騒の街、静かな海(2016年)」「運命に、似た恋(2016年)」に出演。

映画は「僕は友達が少ない(2014年)」「アゲイン 28年目の甲子園(2015年)」「先生と迷い猫(2015年)」「鬼談百景 尾(つ)けてくる(2016年)」「疾風ロンド(2016年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>
物語はこちらから>>

べっぴんさんキャスト相関図・キアリス後期登場の社員たち

べっぴんさんキャスト・寺田明日香/大西礼芳


寺田明日香/てらだあすか(大西礼芳/おおにしあやか)

明日香は、「キアリス」の開発宣伝部で働く女性社員です。さくらとは学校は違いますが、同じ美術研究会の先輩でデザインを勉強していました。
「キアリス」への入社が決まったさくらと健太郎に対し、最初は嫉妬から嫌味を言ったりしますが、次第に二人の事を認めてくれるようになります。

大西礼芳(おおにしあやか)さんは、1990年6月29日生まれ、三重県伊勢市出身の女優さんです。

京都造形芸術大学の映画学科・俳優コースに通っている時に、まだ一年生で、しかも演技が未経験にも関わらずヒロインに大抜擢。学科のプロジェクトで制作した映画「MADE IN JAPAN~こらッ!~」で、女優の松田美由紀さんと共にW主演を務めました。

この映画はプロの俳優と学生が共同で制作した作品で、2010年に公開されました。その後、様々なドラマや映画に出演されています。また、最近では「銀座ダイヤモンドシライシ」のCMにも出演されていますね。

特技は日本舞踊や水泳、剣道といったものから、英会話やピアノ、サックスなど幅広い大西さんです。英検や簿記などの資格も持っていて、書道は7段の腕前なのだそうですよ。

趣味は、映画鑑賞や音楽鑑賞、そして楽器を演奏する事、読書などだそうです。お若いのに、趣味や特技が多彩で驚きですね~。
ここ数年は朝ドラや大河ドラマでも活躍されていますし、今後注目の女優さんですね。

朝ドラは「花子とアン(2014年上半期)」に出演。大河ドラマは「花燃ゆ(2015年)」「真田丸(2016年)」に出演。NHKドラマは「死刑台の72時間(2013年)」「芙蓉の人~富士山頂の妻(2014年)」「美女と男子(2015年)」に出演。

映画近作は「かなわぬ恋(2015年)」「アリエル王子と監視人(2015年)」「イニシエーション・ラブ(2015年)」「グッドモーニングショー(2016年)」「菊とギロチン ~女相撲とアナキスト~(2016年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・佐藤久美子/呉城久美


佐藤久美子/さとうくみこ)(呉城久美/くれしろくみ)

久美子は、武が部長として率いている「キアリス」の開発宣伝部の社員です。
「キアリス」に入る前にはおもちゃメーカーに勤務していて、その実力を買われて「キアリス」に入社した経緯があります。

新入社員として入社した役員の子供である健太郎やさくらに冷たくしますが、次第に彼らの能力を認め、打ち解けるようになっていきます。

呉城久美(くれしろくみ)さんは、1986年9月30日生まれ、大阪府出身の女優さんです。実は、偏差値が70以上と言われているあの名門・京都大学の法学部を卒業しているという才女なのでした。

様々な経歴や肩書きを持った方がいらっしゃる芸能界の中でも、京都大学卒業の方、しかも法学部出身の方はなかなかいないですよね。アナウンサーの方や小説家の方では、京都大学卒の女性も多いですが、女優さんではとても珍しいみたいですよ。

そんな呉城さんですが、ドラマや映画などへの出演はまだ少なく、これまでは主に関西を中心に、舞台などで活躍されてきたようです。テレビに出演するようになったのは、本当にここ数年のようですね。

趣味はトロンボーンで、特技はバレーボール、そして甘酒作りだそうです。勉強も運動もお芝居もできて、さらに美容と健康にも気を遣う才色兼備の女優さんなのですね。今後の活躍が楽しみな女優さんです!

朝ドラは、今回が初出演となります。
他局のドラマでは「瀬戸内少年野球団(2016年、TBS)」「インテリワードBAR 見えざるピンクのユニコーン(2016年、BSジャパン)」「東京女子図鑑(2017年、Amazonプライム)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・島野直子/青山夕夏


島野直子/しまのなおこ(青山夕夏/あおやまゆうな)

直子は、「キアリス」の開発宣伝部に所属し、女性社員三人の中では一番年下の社員です。

先輩二人がさくらや健太郎に対して良く思わない中、直子は先輩に逆らう事もできず、波風を立てないようにと気を遣うようです。いつもふんわりした雰囲気の、可愛らしい女性です。

青山夕夏(あおやまゆうな)さんは、1993年7月27日生まれ、神奈川県出身のモデルさんであり、女優さんです。

13歳の頃から芸能活動を開始し、ドラマや映画に出演されていたそうです。その後、170㎝の長身と抜群のスタイルを活かし、モデルさんとして、ファッションショーや広告などを中心に活躍されています。

最近では、「スシロー」のCMにも出演し、お着物姿で美味しそうにお寿司を頬張るシーンが流れていました。これがとても可愛いらしいのです!

特技はバレーボールで、趣味は歌を歌う事、聴く事なのだそうです。
これからは女優さんとしても活動の幅を広げていくのでしょうか?楽しみですね。

朝ドラは、今回が初出演となります。
他局のドラマでは「TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜(2013年、TBS)」に出演。
映画は「美人局、さゆり。(2016年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・阿部靖夫/川上周作


阿部靖夫/あべやすお(川上周作/かわかみしゅうさく)

阿部は、「キアリス」の入社試験を受け、500人以上の応募の中から、さくらに次ぎ二番目の好成績で、さくらや健太郎と共に新入社員として採用されます。
前向きでしっかりした考え方の持ち主で、さくらや健太郎が愚痴をこぼしても元気付けてくれる、頼もしい存在です。

川上周作(かわかみしゅうさく)さんは、1993年2月18日生まれ、大分県出身の俳優さんです。

京都造形大学の映画学科・俳優コースを卒業。その後は、あの個性派・演技派の俳優さん達が大勢所属する劇団「大人計画」に入団し、現在に至ります。

テレビドラマには、ここ数年の間に多く出演するようになったようですね。また、最近では人気スマホゲーム「パズドラ・ファイナルファンタジーコラボ」のCMにも出演されていました。

特技はサッカーだそうです。今後の活躍が期待される演技派の若手俳優さん、要注目ですね。

朝ドラは、今回が初出演となります。大河ドラマは「真田丸(2016年)」に出演。
他局のドラマでは「妻と飛んだ特攻兵(2015年、テレビ朝日)」「サマー・ストーカーズ・ブルース(2015年、フジテレビ)」「コウノドリ(2015年、TBS)」「HOPE~期待ゼロの新入社員~(2016年、フジテレビ)」「銭形警部(2017年、日本テレビ)」に出演。

映画は「さすらいのジャンゴ(2012年)」「大奥〜永遠〜 右衛門佐・綱吉篇(2012年)」「彌勒 MIROKU(2013年)」「最後の天使(2014年)」「正しく生きる(2015年)」「赤い玉、(2015年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・中西直政/森優作


中西直政/なかにしなおまさ(森優作/もりゆうさく)

中西は、キアリスの第一期新入社員です。控え目な性格で、純粋で穏やかな人柄の青年です。入社試験ではあまり印象に残りませんでしたが、彼が描いた絵をすみれが気に入り、採用となりました。

初めは、おっとりしている為にキアリスでも目立ちませんが、仕事をこなす中で、だんだんと才能を開花させていきます。

ドラマ中期から後期にかけて、キアリスの人事部長として活躍します。

森優作(もりゆうさく)さんは、1989年12月4日生まれ、大阪府出身の俳優さんです。
2013年から俳優として活動されている、まだ若手の俳優さんです。そんな森優作さんですが、学歴が少々特殊な方なのです。

通訳の仕事を志し、英国Brittin college Manchesterで学び、その後、17歳の時から3年間、イギリスにあるサンダーランド大学に留学されていたそうです。

森優作さんは、2015年公開の塚本晋也監督の映画「野火」に出演されているのですが、その時のインタビューの際も英語でそつなく返答し、抜群の英語力が発揮されていたそうです。もしかすると、「べっぴんさん」のドラマの中でも“実は英語が話せる新入社員”という、実力を秘めた役柄なのかも知れませんね。

特技はもちろん英語で、他にもサッカーや陸上の長距離走が得意だそうです。そして、趣味は音楽鑑賞と銭湯巡りだそうです。銭湯巡りとは、渋いですね~。

まだ俳優としての経歴は短い森優作さんですが、既にその演技力に注目が集まっています。

朝ドラは、今回が初出演となります。
映画の近作は「ミスターホーム(2014年)」「野火(2015年)」「シン・ゴジラ(2016年)」「太陽を掴め(2016年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>
物語はこちらから>>

べっぴんさんキャスト相関図・KADOSHO・かどしょう

べっぴんさんキャスト・古門充信/西岡德馬


古門充信/こかどみつのぶ(西岡德馬/にしおかとくま)

古門社長は、誰もが知る大手の商社「KADOSHO」の社長で、野心家で豪快な性格の人物です。日本で開催される大阪万国博覧会を戦後の日本の奇跡の復活を世界に知ってもらうきっかけと捉え、更なる飛躍の機会だとも考えています。

栄輔の会社「エイス」に出資していて、栄輔を万博でのショーの責任者に選びます。その子供服のショーでは、縁あってすみれ達の会社「キアリス」も協力する事になるのですが・・・

西岡德馬(にしおかとくま)さんは、1946年10月5日生まれ、滋賀県米原市出身の俳優さんです。

実は、西岡さんは幼い頃に子役さんとしても活動されていたそうですが、喘息があった為、活動休止されたのだそうです。

その後、中学生になって器械体操部に入部し、そこでどんどん体力が付いたのだそうです。大学で演劇を学んだ後、文学座に入団。退団後には、テレビや映画で活躍されました。

特に、「極道の女たち」などの任侠映画に多数出演し、強面の役のイメージが強くなりました。また、2006年にスタートした「ウルトラマンメビウス」から、「ウルトラマンギンガ」以外のシリーズでウルトラの父の声を務めていらっしゃいます。

他にも、大晦日の人気テレビ番組「ダウンタウンガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP 絶対に笑ってはいけないシリーズ」には、2014年から連続で出演されバラエティーでも活躍されています。

さらに、2012年からは俳優養成所「ドラマスクール・レッドホースヒルズ」を立ち上げ、主催者としても活動されています。

プライベートでは、二人の娘さんがいらっしゃって、家では“王子様”と呼ばれているのだとか。好きな食べ物はマグロのトロで、嫌いな食べ物はトマトだそうです。ん~、王子様と言うよりは“お坊ちゃま”みたいですよね♪

朝ドラは、今回が初出演となります。大河ドラマは「武田信玄(1988年)」「春日局(1989年)」「翔ぶが如く(1990年)」「太平記(1991年)」「八代将軍吉宗(1995年)」「元禄繚乱(1999年)」「北条時宗(2001年)」「風林火山(2007年)」に出演。

ドラマ近作は「鼠、江戸を疾る(2014年)」「大岡越前(2014年)」に出演。
映画近作は「神様のカルテ(2011年)」「僕達急行 A列車で行こう(2012年)」「神様のカルテ2(2014年)」「瀬戸内海賊物語(2014年)」「アゲイン 28年目の甲子園(2015年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・西城一朗/永瀬匡


西城一朗/さいじょういちろう(永瀬匡/ながせたすく)

西城は、中西と同期キアリス第一期新入社員です。頭の回転が速く、性格は積極性が高い人物です。自分のそんな有能さを理解しており、上昇志向も強く持っています。

ところが、ある日突然キアリスを辞めてしまいます。その後、古門社長の秘書として再登場しますが、ドラマへの影響はどうなるのか?現状は不明です。

永瀬匡(ながせたすく)さんは、1993年1月22日生まれ、鳥取県出身の俳優さんです。
実は、俳優として活躍する前にはジャニーズJr.として活動されていたそうで、2007年から「OSSAN」というユニットのメンバーとして、ギターを担当していました。

その後、2010年にジャニーズ事務所を辞め、俳優さんとしての活動を2011年からスタートさせました。そして、この年のドラマ「桜蘭高校ホスト部」で俳優デビュー。その後、2013年には「仮面ライダーウィザード」に出演。仮面ライダービースト(仁藤 攻介)役を好演され、人気となりました。

また、大河ドラマ「八重の桜」では、広沢安任の遠縁にあたる学生・青木栄二郎を演じていました。

永瀬匡さんは、純粋な日本人ながらとても彫りが深いお顔立ちの為、歩いているとよく職務質問をされる事もあるそうですよ。イケメンさんなりのご苦労もあるようですね~。

芸能界を意識したきっかけは、映画「ラストサムライ」を観てお芝居に惹かれたからなのだそうです。特技はバスケットボールとダンス、趣味は音楽鑑賞と歌う事、そして英会話だそうですよ。

朝ドラは、今回が初出演となります。大河ドラマは「八重の桜(2013年)」に出演。
NHKドラマは「おふこうさん(2014年)」「アイアングランマ(2015年)」「初恋芸人(2016年)」に出演。映画の近作は「天空の蜂(2015年)」「Mr.マックスマン(2015年)」「HiGH&LOW THE MOVIE(2016年)」「CUTIE HONEY -TEARS-(2016年)」「RANMARU 神の舌を持つ男(2016年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>
物語はこちらから>>

べっぴんさんキャスト相関図・亀田・美幸・藍の紹介

べっぴんさんキャスト・亀田/上地雄輔


亀田/かめだ(上地雄輔/かみじゆうすけ)

亀田は、アメリカで活動し、その後、日本に帰国したプロのカメラマンです。映画を製作する事に長けていて、今は大阪の製作会社に所属しています。明るい性格で、少し個性的な人物のようです。

龍一と知り合いで、世界のあちこちを旅していた龍一と出会いました。そんな縁から、すみれ達の「映画を作りたい」という案を実現する為に、色々と助けてくれます。

上地雄輔(かみじゆうすけ)さんは、1979年4月18日生まれ、神奈川県横須賀市出身の俳優さんであり、タレントさんです。
1999年にドラマ出演を果たし、俳優としてデビュー。最近は俳優さんとしての活動が多いですが、以前はバラエティ番組でおバカキャラとしても人気者でしたよね。合わせて、2009年からは「遊助」の名義で歌手活動もされていて、紅白歌合戦にも2回出場されています。

上地さんは6歳の時から野球を始められて、小学校から中学校の頃には全日本の選抜メンバーに抜擢され世界大会に出場された経験をお持ちです。

その後、野球の名門校・横浜高校に進学し、野球を続けました。この頃に、一学年後輩だった松坂大輔選手とバッテリーを組んでいた事もあるというのは、有名ですね。その為か、ドラマでも野球の経験を活かした役を多く演じられました。

プライベートでは、2015年に結婚。今年に入りお子さんが生まれ、パパになられました~。上地さんは、今回の「べっぴんさん」に出演後、11月から放送予定のNHK大河ファンタジー「精霊の守り人」最終章への出演も決まっています。主人公・バルサの父・カルナを演じるとの事ですよ。

朝ドラは、今回が初出演となります。大河ドラマは「天地人(2009年)」に出演。
NHKドラマは「酔いどれ小籐次(2013年)」「生きたい たすけたい(2014年)」「全力離婚相談(2015年)」に出演。

映画近作は「クローバー(2014年)」「バンクーバーの朝日(2014年)」「超高速!参勤交代 リターンズ(2016年)」「土竜の唄 香港狂騒曲(2016年)」「新宿スワンII(2017年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・美幸(みゆき)/星野真里


美幸/みゆき(星野真里/ほしのまり)

美幸は、幼稚園に通う女の子・小雪のお母さんで、保育士として働いています。
幼い頃の思い出のワンピースを今でも大切に持っていて、それをもうすぐ小学校に上がる小雪にも着させてあげたいと思っています。そして、そのワンピースのお直しの相談に「キアリス」を訪ねるのですが・・・

美幸?・・・、そうです。実は、幼い頃ウインドーの洋服を眺めていた、あの女の子だったのでした。そして、ワンピースはあの時すみれ達からプレゼントされたものです。感激のドラマが展開されるようですね。
▮少女美幸ちゃんはこちら▶

星野真里(ほしのまり)さんは、1981年7月27日生まれ、埼玉県出身の女優さんです。
7歳の頃から劇団東俳に入り、子役さんとして活動されていました。

その後、1994年から翌年にかけて一年間放送された朝ドラ「春よ、来い」の第二部で、女優としてデビュー。

同年のドラマ「3年B組金八先生」では金八先生の娘・乙女役に抜擢され、2011年のファイナルまでレギュラー出演されました。その後も、ドラマに映画に舞台にと、幅広く活躍されています。

2000年には、JR東海の「X’mas Express2000」のヒロインに選ばれ、深津絵里さんや牧瀬里穂さんのCMで有名になったシリーズの8年ぶりの新作CMに出演されました。現在は、セザンヌ化粧品のイメージキャラクターも務めていらっしゃいます。

プライベートではかなりの恥ずかしがり屋さんな性格だそうで、バラエティ番組などでは緊張して上手く話せない星野さん。ですが、女優さんとしての力はすごい方ですから、「べっぴんさん」での演技もとても楽しみですね!

朝ドラは「君の名は(1991年~1992年)」「春よ、来い(1994~1995年)」「天花(2004年上期)」「ゲゲゲの女房(2010年上期)」「ごちそうさん(2013年下半期)」に出演。

大河ドラマは「龍馬伝(2010年)」に出演。
NHKドラマ近作は「本日は大安なり(2012年)」「ラスト・ディナー エール(2013年)」「花咲くあした(2014年)」「鼠、江戸を疾る(2014年)」「吉原裏同心(2014年)」「44歳のチアリーダー!!(2015年)」「立花登青春手控え(2016年)」に出演。

映画近作は「交渉人 THE MOVIE タイムリミット高度10,000mの頭脳戦(2010年)」「失恋殺人(2010年)」「デッドボール(2011年)」、「吉祥寺の朝日奈くん(2011年)」「もちつきラプソディ(2015年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>

べっぴんさんキャスト・村田藍/渡邉このみ


村田藍/むらたあい(渡邉このみ/わたなべこのみ)

藍は、さくらと健太郎の長女で、すみれにとっては初孫です。
「べっぴんさん」の初期にすみれの子供の頃を演じたこのみちゃんが、今度はすみれの孫・藍ちゃんが成長した姿を演じます。どのような女の子になっているのかが見どころですね。

渡邉このみ(わたなべこのみ)ちゃんは、2006年7月25日生まれ、大阪府出身の子役さんでありタレントさんでもあります。

2011年、5歳の時にデビュー。映画「八日目の蝉」で主人公・恵理菜の幼少期(薫)を演じ、日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。史上最年少での受賞との事で、非常に注目されたのは記憶に新しいですね。

その後、朝ドラ「まれ」では、ヒロイン・希の幼少期を演じました。また、2013年のドラマ「ハクション大魔王」では、アクビちゃんを演じて可愛いと評判になりました。

様々なドラマや映画に出演し、「可愛い」、「演技が上手い」と評判のこのみちゃん。数多いる子役さんの中でも、特に、このみちゃんの泣きの演技はすごいと言われているようです。

そう言えば、「八日目の蝉」では誘拐されてしまう役でしたが、この時も泣きの演技が素晴らしかったですからね。実は、このみちゃんの2歳下の弟・一功君も、子役として活動されているようです。

このみちゃんは英語を習っていて、もう既に英検4級を取得しているとか。もしかすると、将来はハリウッドなどの海外にも通用するような、大物の女優さんになるかも知れませんね!

朝ドラは「まれ(2015年上半期)」に出演。NHKドラマは「おそろし~三島屋変調百物語(2014年)」に出演。

映画は「八日目の蝉(2011年)」「大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇](2012年)」「ストレイヤーズ・クロニクル(2015年)」「少女(2016年)」に出演されています。

⇒キャスト一覧に戻る>>
物語はこちらから>>


関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る