とと姉ちゃん ネタバレ26週151話感想あらすじ【9月26日(月)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想26週151話
2016年9月26日(月)放送

とと姉ちゃん26週テーマ「花山、常子に礼を言う」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで26週151話
9月26日(月)

昭和49年4月。
あなたの暮らし出版にて・・・
ある日の事、常子は全員を集め会議を開きました。常子は社員に「あなたの暮し」の読者はどういった人達か、と問いかけます。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e4%bc%9a%e8%ad%b0151

そして、主な読者は“主婦”だが、その主婦の在り方も多様化してきていると、常子は話します。

結婚し家庭に入る人もいれば、働く人もいる。女性は結婚したら家庭に入るという風潮は、どんどん変わっていくだろうと言うのでした。

常子は、会社としても雑誌としても“新たな時代の”「あなたの暮らし出版」への脱皮を図ろうと、懸命に模索していたのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%b8%b8%e5%ad%90151そして、今後は「働く女性」をテーマにし、同時に「あなたの暮し出版」自体も、もっと女性が働きやすい会社にしてゆくことを提案するのでした。

さらに、具体策として、希望者には自宅でも働けるようにしたいと言います。

この思い切った提案にはさすがに社員も戸惑いますが、常子はこの制度を早々に開始させたいと宣言するのでした。

その日の夜
皆が退社した後、寿美子が残って作業をしています。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%af%bf%e7%be%8e%e5%ad%90151そんな寿美子に、常子が声を掛けます。会社にとって寿美子は必要だと話し、職場環境を改善するので退職を考え直して欲しいと告げます。
 
 
そんな常子の思いに、寿美子は礼を述べ「主人ともう一度話し合ってみます。前向きに。」と答えるのでした。

そんな所に、花山の部屋から出て来たたまきが「働く女性のインタビュー記事」を掲載してはと、常子の今日の会議をヒントに提案します。

常子に承諾を得ると、たまきは、その場にいた寿美子に手伝って欲しいと頼みます。寿美子は“働くお母さん”だから、経験者としてアドバイス頂ければ良い記事が出来るとたまきが言うと、寿美子は嬉しそうにそれを引き受けるのでした。

この頃定時に帰ることを習慣とした花山は、帰り際に常子の今日の提案は良いものだと言い、「私も私なりに答えを出さねばならんな・・・」と感慨深そうに話します。花山も、今後の「あなたの暮し」に必要なものを考えていたのでした。

数日後の事・・・
%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e8%8a%b1%e5%b1%b1151この日は、午後になっても花山が出社していませんでした。

体調の事もあり、常子達が心配していると、そこに花山からの電話が入ります。

なんと、一人で広島に取材に来ていると言うのでした・・・つづく

 

 とと姉ちゃん26週151話・感想まとめ 

【あなたの暮らしのビジネス方法】
あなたの暮らしが現在まで続く長者雑誌になった理由は、30年先を見据えたビジネス方法にありました。これは、さすがだなぁ!と思ったので紹介しますね。

ポイントは5つあります。
1つ目は「定期購読」を取り入れたこと。まだ書店が少なかった昭和20年頃から定期購読を始めるというアイデアはさすがですよね。

2つ目が「読者アンケート」を取り入れたこと。読者の声を聞いて、雑誌向上に力を注いだからこそ70年間も続く暮らしに役立つ本としてヒットしたのでしょう。

3つ目は、「商品試験」。これは、言わずと知れずあなたの暮らし出版の目玉企画ですよね。粗悪な商品の指摘を行い、当時の電化製品向上に役立ったと言われています。

4つ目は「主婦をテスターとして起用」したということ。女性を職場に多く起用し主婦の声を大事にしました。

5つ目は「ビジュアル中心とした紙面づくり」をしたこと。今は写真などのビジュアルは当たり前ですが当時は、費用も高くかかるので文章が中心でした。料理の手順も写真でわかりやすく高い評価を得ました。

この5つのポイントをベースとして、ビジネスには欠かせない強いメッセージを持っていたので成功したと言えます。

強いメッセージとは「女性の為の雑誌を作りたい!」「庶民の暮らしが少しでもよくなるような雑誌を作りたい!」「私とならそれを実現できる!」と常子が花山さんに宣言しましたよね。その強い思いを花山さんやスタッフと共有したことで実現できたのだと思います。それにしても、本当に70年以上前にこのように考えた常子って素晴らしいですね。

【朝ドラヒットの法則】
とと姉ちゃんもいよいよ今週が最終週に突入しました。来週から「べっぴんさん」がスタートします。大阪や神戸が舞台で、戦後子供服を作るヒロインの物語。こちらもヒット間違いなし!!と太鼓判のようです。

理由は「戦争」の話だからだそうです。最近の朝ドラは「あまちゃん」以外でヒットしているのは全て戦争が関わっています。「ごちそうさん」「花子とアン」「とと姉ちゃん」今から始まる「べっぴんさん」。なぜ戦争の内容がヒットするのかというと、お年寄りが朝ドラを見ることで追体験でき、当時の苦労や懐かしさを思いだしながら同調することで視聴率の数字が上がるそうです。

今、世間ではととロスが騒がれていますがべっぴんさんがスタートすれば、きっとべっぴんさんファンがまた増えてくることでしょうね。私自身もあさが来たが終了した時、あさロスになりましたが・・・。
今は、とと姉ちゃんのファンで一番のサポーターと思ってるくらいですからね^^寂しさ半分楽しみ半分という複雑な思いです。

【最愛のパートナー花山さん】
先週、君子母がなくなりました。とても素敵なお母さんだったので寂しくなりました。今週はいよいよ最終週で最愛のパートナーである花山さんとのお別れもあるようです。最近心筋梗塞でよく倒れているので心配ですよね。

あなたの暮らし出版がここまで成長できたのも、常子と花山さんの二人三脚があったからこそだと思うので、そのパートナーとの別れを想像するだけで、胸が苦しくなってしまいます。

ベッドの上でも執筆する姿、厳しいけれどいいものを提供するために妥協を許さない姿、本当にかっこいいです!!最後までしっかり目に焼き付けておきたいと思うあさひめでした。

ではでは
感想byあさひめ

<前回150話次回152話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る