NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想26週152話
2016年9月27日(火)放送

とと姉ちゃん26週テーマ「花山、常子に礼を言う」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで26週152話
9月27日(火)

あなたの暮し出版にて・・・
花山が取材で広島に行ってから4日目、花山の机には原稿や書類が山積みになっていました。常子たちが、今日はやっと花山も戻って来る日だと話していると、そこに電話が入ります。

それは花山の妻・三枝子からの知らせで、花山が東京駅で倒れたというのでした。

病院にて・・・
常子と美子は、慌てて病院に向かいます。
2人が花山の病室に入ると、「やぁ、おふたりさん。」と言いながら、ベッドの上で原稿を書く花山の姿があるのでした。その姿に、2人は唖然とします。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e7%97%85%e5%ae%a4152

花山は、胸が苦しくなって腰を下ろしただけだ、倒れたなんて大袈裟だ、と言います。その元気そうな口ぶりに、常子と美子は安心するのでした。

やがて花山は、取材の目的について話し始めます。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%af%e3%81%aa%e3%82%84%e3%81%be15202戦争中の人々の暮らしを、記録として記事に残したいと言います。

歴史としての戦争ではなく、人々の日々を残し、世の中に忘れ去られないようにしたいと言います。人々が何を食べ、何を着て、どんな暮らしをしていたかといったものは、何も残されていないと話します。

そして、一人一人が暮らしを大切にしていたら、戦争は起きなかったのではないかと言い、二度と戦争が起きないように、戦後生まれの人達にきちんと伝えたいと話すのでした。花山は、終戦のあの日からずっと考えていたのでした。

そして、また来週にでも行くと言い出します。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e4%b8%89%e6%9e%9d%e5%ad%90%e8%8c%9cいい加減にしてよ、お父さん!」娘・茜が止めます。さらに、妻・三枝子も、強く反対するのでした。

すると花山は「死んでも構わん。現役の編集者でありたいんだ!」と言い、常子なら分かるだろうと、語気を強めて問い掛けます。

しかし常子は、その取材には賛成できないと答えるのでした。常子のその言葉に、花山もうなだれるしかありませんでした。

数日後の事
花山の病室を、常子と美子、水田が訪ねます。常子は、花山に取材をしたい気持ちはまだあるかと尋ね、もちろんだと言う花山にある提案をします。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%b8%b8%e5%ad%90152「あなたの暮し」の読者に、戦時中の体験記事を募集してはどうかと話します。

それで質の高い記事になるのかと疑問視する花山に、「読者を信じてみませんか。」と常子は答えるのでした。

それなら花山の身体に負担を掛けずに済むと、妻・三枝子も娘・茜も納得してくれます。

すると花山は、募集文は自分に書かせてくれと言い、常子の提案を受け入れるのでした。

2ヵ月が過ぎたころ、ある朝・・・
常子達が出社すると「常子さ~ん!大変です!」社員の島倉が大慌てで階段を降りて来て、とにかく2階へと急かすのでした・・・つづく
 

 とと姉ちゃん26週152話・感想まとめ 

【暮しの手帖と花森安治編集長】
もう最終回まで今日を含め3回となりましたが、花山さんがまた倒れ病院へ…。
病院のベッドで花山さんが熱い胸の内をあかし、語ったことは『私は死の瞬間まで編集者でありたい~現役の編集者でありたいんだ』との言葉…やはり、このドラマのモチーフとなった暮しの手帖の花森氏を想起させる言葉でしたねぇ。

以前にも花森氏のことは書かせていただいたことがあるのですが、間近に迫る最終回とドラマの中の花山編集の思いを託して、最後にもう一度、暮しの手帖と花森編集長を探索してみました。

【花森安治氏の人柄】
暮しの手帖社で創業者の大橋鎭子女史の下で、副編集長として働いた方が本を出しています。その方は、大学を卒業と同時に暮しの手帖に入社し、晩年の花森編集長とも8年間を共にした方です。

その本によれば、花森氏の性格は良く言えば情熱的なのだけれど、裏を返せば非常に激しい性格でキレやすかったとのこと。今でいうキレキャラだったのだそうです。(どこか花山さんにも通ずるものがあるような無いような…)

ある時、手造りでカヌーを製作しカラーページで掲載する企画を進行していたのだそうですが、パドル(櫂)の出来栄えが気に入らなかったのか、工作室に姿を見せた花森氏が、おもむろにそのパドルを踏み折ったとのこと…。

企画自体もスゴイ企画ですが、気に入らなかったからと言って、社員の方が一生懸命手造りしたパドルを折ってしまうなど、やはりキレキャラだったのでしょうね。

でも、一方で機嫌がいいと言葉遊びやダジャレで社員と一緒に楽しむという一面もあったようです。特に、言葉遊びでも大喜利でよく見る無理問答がお好きだったようで、『△△なのに□□とはこれ如何に』『○○なのに××と呼ぶが如し』と言うようなことをやっていたらしいですよ。

余談になりますが、風貌でいえばドラマの中の花山さんを演じている唐沢寿明さんとは似ても似つかず、決して、ハンサムさんではないようです。(ごめんなさい)全くの私見ですが、似顔絵の表紙のイラストや写真を拝見する限り、俳優のきたろうさんの髪の毛にパーマをかけて一回り大きくした感じの方です。
あくまでも私見です。・・・< (_ _)>

【暮しの手帖の社内の様子】
ドラマの中でも、社員を家族のように考えているという描写が多くあり、あなたの暮らしの編集部では花山さん、常子ちゃん三姉妹、水田さんと庶務の岡緑さんが会社で食卓を囲むシーンもありました。

実際、暮しの手帖社でも食事を一緒にとるなど、かなり家庭的な雰囲気が強いところだったようです。その資料によれば、1969年の入社時は、暮しの手帖には定年も組合もなく、タイムカードも残業手当もなかったのだそうです。

でも、その分とても家庭的で、入社の前日によっちゃんのモデル、三女の大橋芳子さんから『明日から社員でしょう、そこの銭湯に行ってきなさい』と、タオルと石鹸と入浴料を渡されたのだそうです。その心遣いが、嬉しかったと記されています。

食に関しても、営業担当の横山啓一氏(ドラマ中の水田正平のモデル)が、昼食時は会社があった銀座界隈のさまざまなお店に、「千疋屋レストラン」ならオニオン・グラタン、「天國」は天丼、そして、うな重なら「登亭」といった具合に連れていってくださったそうです。

もちろん毎日ではなかったようですが、すべて老舗ですねぇ。食べ物の記事を書くときにきっと役に立ったことでしょうね。

モチーフが暮しの手帖ですから、いろいろ重なるのは当たり前ですが、あなたの暮らしの編集室や花山さんとの類似点を見つけて、一人悦に入っております。
でももう、カウントダウンが迫っています。名残惜しいことですけれど…。

ではでは
感想by香風

<前回151話次回153話>