とと姉ちゃん ネタバレ26週153話感想あらすじ【9月28日(水)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想26週153話
2016年9月28日(水)放送

とと姉ちゃん26週テーマ「花山、常子に礼を言う」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで26週153話
9月28日(水)

あなたの暮らし出版にて・・・
そんなある日の事、いつものように出社した常子は社員の島倉に急かされ二階へと上がります。

すると、病院にいるはずの花山が、編集長室で仕事を始めているではありませんか。心配する一同を前に、花山はいつものように仕事をすると言い、押し問答になります。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%b8%b8%e5%ad%90153「いいかげんになさってください!」常子の大きな声が編集長室に響きます。

二度の入院を経て、花山は医師からも自宅での安静と療養を厳しく告げられていましたが、それを無視するかのように振る舞う花山を見て、常子は心配のあまり声を荒げてしまいました。

その剣幕に押された花山が押し黙ります。

そして、自宅での静養などできない花山の性分を理解する常子は、読者から送られた「戦時中の体験記」を花山の前に並べました。
その手紙は数百通にも上り、花山もその量の多さに驚きます。

会議の報告と原稿はすべて花山の手元に届けると言い、さらに花山の企画「戦時中の暮らし」をまとめる仕事に、全面協力することを約束します。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e8%8a%b1%e5%b1%b1153そこまで言われると、さすがの花山も自宅での療養を受け入れざるを得ませんでした。

そんな花山が、できればここにある手紙を全部載せたい程だと言うと、それを聞いた常子の目が輝きます。

一冊丸ごと戦争特集で作ってみましょう」と、常子は花山に言うのでした。

その日から「あなたの暮らし出版」は戦争特集号の完成に向けて、一丸となって邁進するのでした。

やがて完成も間近となるころ、花山は再び入院生活を余儀なくされていました。それにも関わらず、花山は病院のベッドでも編集長の仕事を続けているのでした。

病院にて・・・
ある日の事、美子が一人で原稿を届けに花山の部屋を訪ねます。

早速、原稿に目を通す花山のその満足そうな顔に「その原稿は問題なさそうですね」と言うと、「いやー、だめだだめだ」と言い、まだ私の校正なしで掲載は無理だなと、嬉しそうに赤ペンを入れ始めるのでした。

美子はその元気そうな姿を、安堵の笑みを浮かべ見守るのでした。

小橋家にて・・・
その日の夜、常子が家で仕事をしています。鞠子がお茶を運んでくると、手伝えることがあったら言ってほしいと言葉をかけます。

そこに美子が帰ってきました。花山からの校正原稿を渡された常子は、その修正指示の赤ペンの多さに驚くとともに、その仕事ぶりに「元気そうで安心したわ・・・」と答えるのでした。

そして、鞠子に手伝ってほしいと資料の分類を頼むと、久しぶりに三姉妹揃って、仕事で一つのテーブルを囲むのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e4%b8%89%e5%a7%89%e5%a6%b9153

2ヵ月後の8月15日・・・
「戦争中の暮らし・特集号」が発売されました。
この時代に戦争テーマではあまり期待できないと踏んでいた常子たちの心配をよそに、特集号はナント初の100万部超えを記録するのでした・・・  つづく

 とと姉ちゃん26週153話・感想まとめ 

【雑誌の売上部数】
今日のドラマの中で、ついに「あなたの暮し」が100万部を売り上げました!この100万部とはどのくらいすごいのだろう?と思い、少し調べてみました。

まず、ここ数年、残念ながら雑誌の売上はどんどん落ちています。2016年に入り、雑誌の売上が32年ぶりに書籍の売上を下回った、というニュースもありました。

そして、休刊になる雑誌も少なくないのが現状で、かつて人気を博したファッション誌などでも、休刊が相次いでいます。

この背景には、インターネットの普及が大きく関係していると言われています。わざわざお金を払って雑誌を買わなくても、パソコンやスマートフォンですぐに新しい情報が見られる為です。また、紙媒体ではなく、手軽で便利な電子書籍に移行する人も増えているようです。

そんな現代では、20~30万部の売上があれば人気雑誌と言われます。漫画雑誌の「週刊少年ジャンプ」が200万部越え、「週刊少年マガジン」が100万部越えという売上を今も保っていますが、その他に100万部を超える雑誌は無いようです。
それだけ、雑誌が売れない厳しい時代になっているのですね。

「あなたの暮し」のモデルとなった「暮しの手帖」は、1970年代に100万部近くの売上を記録しました。広告を載せず、商品テストの経費が掛かる「暮しの手帖」は、他の雑誌よりも価格が高かったと思われます。

それでも、それだけの部数を売り上げ、読み終わった後も捨てる人が少ないと言われた「暮しの手帖」。2015年現在でも19万部を発行し続けているそうで、改めて、本当にすごい雑誌だという事が分かりますね。

【念願の100万部!】
読者からの戦争体験談は、段ボール箱10箱分も届きました。どれも読者の方の生の声で、歴史資料などでは見えてこない真実が書かれているのですね。今回は、単独のテーマで、しかも戦争という、誰もが思い出したくもないであろう暗い過去を扱いました。

今までの「あなたの暮し」とは、まるで違った内容ですよね。それでも、世の中に発表し、知ってもらわなければならない。目を背けてはならない。そんな思いが感じられました。

そして、8月15日、終戦の日に雑誌が発売されました。これは、戦争を体験した人にとっても、戦争を知らない世代にとっても、衝撃的な雑誌だったのではないでしょうか。常子さん達は、今までにない試みに、世の中に受け入れてもらえるのかと不安だったようですが、読者からの反響はすごかったようですね。

雑誌の売上が100万部だなんて、大変な事です。ついに、花山氏の夢が叶った訳ですね。「あなたの暮し」は、今回の戦争特集の号だけではなく、どの号においても、他には無い唯一無二の雑誌だったのでしょうね。

【編集の鬼・花山】
一時退院が認められたからと言って、すぐに職場に出て来た花山氏。家族や会社の仲間達がどれだけ心配しているのかという事を、本当に分かっていないのか、それとも分かっているけれど仕事を放っておけないのか、どちらでしょうか?いずれにしても、さすがにこれは見逃せませんね。

常子さんも、ついに堪忍袋の緒が切れたようでした。「部下を信じて任せる事も、上に立つ者の立派な責任」という言葉には、本当にそうだなぁと納得させられました。出来る上司は、部下や周りの人間に仕事を任せる事が出来る人、と言いますからね。

あなたの暮し出版には、花山氏の元で毎日原稿に携わってきた部下達がたくさんいます。編集者としての力も、怒鳴られてもへこたれない根性も、きっと彼らには付いているはずです。そんな有能な部下達の事、もっと信頼して任せても良いですよね。

常子さんに叱られた花山氏は、まるで母親に叱られた駄々っ子のようになっていました。失礼ながら、不服そうながらも「分かった。」と言う姿が、少し可愛らしくも見えてしまいました。

その後、また入院する事になった花山氏は、ベッドの上で書いていた何かを、訪ねて来た美子ちゃんに分からないようにそっと隠しました。あれは、一体何を書いていたのでしょうか?仕事の原稿なら、隠す必要は無いはずですよね。何だかとても気になり、少し嫌な予感さえするシーンでした。

それでも、花山氏の編集者としての魂はまだまだ現役、若々しささえ感じました。原稿の校正をする顔は活き活きとしていて、嬉しそうでした。本当に仕事が好きで仕方が無いのでしょうね。

それにしても、何度も入退院を繰り返すようになったというのが気掛かりですね。悲しいですが、もう長くはないという事でしょうか・・・

ではでは
感想byさら☆彡

<前回152話次回154話>

関連記事

    ネタバレあらすじ

【朝ドラfan】にようこそ!

ページ上部へ戻る