NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想26週154話
2016年9月29日(木)放送

とと姉ちゃん26週テーマ「花山、常子に礼を言う」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで26週154話
9月29日(木)

「あなたの暮し」2世紀第32号は、特集記事を“戦争中の暮し”と銘打って発売されました。花山が命を懸けて完成させたこの特集号は、ついに100万部を超える売上を記録し、創刊以来の快挙を達成しました。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%af%e3%81%aa%e3%82%84%e3%81%be01154花山は「有り難いねぇ。」と、嬉しそうに読者からの手紙に目を通します。

これでゆっくりできますねと言う常子と美子に対し、花山は「次号があるだろう!準備を始めんと。」と言います。

そんな花山の顔を凝視する2人に対し、無理はしないと、花山は少しおどけた様子で答えるのでした。

昭和50年1月
あなたの暮し出版では、次号の出版に向け、社員達が交代で会社と花山の自宅を行き来する日々が続いていました。社員達は皆、花山に怒鳴られていました。しかし、一同はその事を笑顔で話し、花山に怒鳴られる事が久々で懐かしく感じたと、口々に話すのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%9f%e3%81%be%e3%81%8d154この日は、たまきが花山の元を訪ねていました。
会社に戻って来たたまきは、「怒鳴られた方がよっぽど良かったです・・・。」と暗い表情で答えます。

そして、花山が話した内容を原稿に代筆したが、今日はそれさえもつらそうだったと、花山の様子を報告するのでした。

花山宅にて・・・
ある雪の日の事。常子が花山の部屋で代筆をしています。

仕事も終わり帰ろうとする常子に、花山はもう一つ『あとがき』の代筆をして欲しいと頼みます。そして、それを自分が死んだ後の「あなたの暮し」に掲載して欲しいと言うのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e8%8a%b1%e5%b1%b1%e3%81%ae%e4%bb%a3%e7%ad%86154

何を言い出すのかと常子は濁しますが、常子にしか頼めない事だと花山から言われ承諾します。

乱れる呼吸を苦しそうにしながらも、ひと言ひと言思いを込めた花山の言葉があふれます。やがて『あとがき』を話し終えた花山は、すべてをやり終えたかのように大きく息を吐くと、「さぁ、もう帰りなさい。」と言うのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%b8%b8%e5%ad%90154  %e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e8%8a%b1%e5%b1%b115402

そんな遺言にも似た花山の『あとがき』を聞いた常子に、急に不安が押し寄せ「花山さん、もし花山さんがいなくなったら、私、どうしたら良いんですか・・・」と涙を浮かべます。

すると花山は「常子さん、大丈夫だよ。」と力強く答えます。
そして、悩んだ時は君の肩に語りかけろ、君に宿ってやるからと言うのでした。

常子が帰ろうと玄関で花山の妻・三枝子に挨拶をしていると、花山が玄関まで出てきます。忘れていたが次号の表紙だと言い、常子に表紙絵を渡します。

そして、真剣な表情で「常子さん、どうもありがとう。」と頭を下げるのでした。三枝子は、花山にいつもとは違う何かを感じ取っていました。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%af%e3%81%aa%e3%82%84%e3%81%be03154

花山は、「また来ますね」という常子に手を振り続け見送ります。帰り道、常子もまた、花山の所作に何か異変を感じ取っていたのでした・・・ つづく

 

 とと姉ちゃん26週154話・感想まとめ 

【唐沢さんに聞く「花山伊佐次」の魅力】
いよいよ残すところ2話となってしまいました。

とと姉ちゃんのドラマガイドを久しぶりに読み返しながらとても懐かしく、また終わってしまうという一抹の寂しさを感じるひと時でした。

唐沢さんが花山伊佐次の魅力を語られていたのでご紹介します。「尊敬出来て頑固だけれど天才的な人!俳優冥利に尽きる役」と話されました。花山さんは才能があり個性的、また表紙や文章作成や校正も何でもこなす天才的な編集者です。

唐沢さん自身とは、違う魅力の持ち主なのでとても尊敬できるとのコメントも掲載されていました。

いつも怒っているイメージで・・・。昔はこのようなおじさんはよくいましたよね。昭和だなぁと懐かしむ人も多かったのでは?しかし、この時代の男性にしては、花山さんは女性への敬愛の念もありますよね。

厳しい中にも優しさや女性に対しての尊敬・感謝の気持ちをちゃんと伝えてくれるのですごいと思います。花山さんの役は紙一重なのだそうです。常識にかけ離れたセンスを持っている花山さんを演じるのは、ビルとビルの間にピアノ線を引いてそれを渡っているような感覚だとのこと、面白い表現ですよね。

でも何となくわかるような気がします。唐沢さんって本当にアドリブが多いそうで、アドリブがどんどん出るということは、花山さんになり切っている証拠ですものね。

【寂しすぎた花山さんのバイバイ】
日に日に体調が悪くなる花山さん。今日常子に「ありがとう」とバイバイする姿に涙が出てしまいました。もう長くない・・・。そんな雰囲気が伝わり涙腺がやばかったです。

「初めて常子と会った日」編集者と作家の駆け引きが印象的でした。戦後「二度とペンをにぎらない」と珈琲店をはじめた花山さんを粘り強く説得した常子。

「女性の感覚を理解したいとスカートを履いて出社し度肝を抜かれたあの日」色んな花山さんとのエピソードが走馬灯のように思いだされてしまいました。

ドラマの中でもあなたの暮らし出版の社員が花山さんに叱られて嬉しかったとか懐かしかったという言葉がありましたね。いいものを作り上げることに対して妥協を許さかったからこそ厳しかった花山さん。皆に厳しくてもついてきてくれたのはいいものを作り上げてきたという自信があったからでしょう。

【当たり前に暮らせる有難さ】
とと姉ちゃんが始まってしばらくして熊本地震がありました。私事で申し訳ないですが、本当に全国の皆さんの励ましの言葉やボランティア・寄付などを頂いて有難い気持ちでいっぱいでした。

ととが言っていた当たり前の暮らしの大切さを身に沁みて感じる出来事でした。
私たちが今当たり前のように暮らせている幸せが崩れてしまうかもしれない現実もあるということ、家族と当たり前に暮らせる幸せに感謝する気持ちを忘れないようにしたいですね。

いよいよ明日は花山さんとのお別れのようです。
もう考えただけで目が潤んできます。先週は最愛のかかも亡くなり、大泣きしたばかりでした。今週で終了のとと姉ちゃん、しっかり見届けたいです。

最後は朗報です!「とと姉ちゃん」スピンオフ放送が決定しました。スピンオフドラマもう一つの物語「福助人形の秘密」11月19日(土曜日)19:00~BSプレミアムで放送です。舞台は森田屋さんということで、こちらは楽しみにしたいですね。

ではでは
感想byあさひめ

<前回153話次回155話>